カテゴリー「岐阜の街-長良川」の42件の記事

2011/04/05

長良川中日花火大会のほうも中止

【中日新聞からのお知らせ】

第55回長良川中日花火を中止

2011年4月5日掲載

 7月30日に開催予定の全国選抜長良川中日花火大会は、東日本大震災の影響により中止を致します。被災されました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 問い合わせ 普及事業部=(電)052(221)0671(受け付け平日午前10・00〜午後6・00)

 中日新聞社

今年は軒並みイベントはアウトですね。

これは夏の火祭りもだめかな。
春も中止だし..

| | コメント (1) | トラックバック (1)

夏の長良川花火大会も中止

夏に二度ある長良川花火のうち、岐阜新聞主催のほうが早々に中止が決まりました。
前週に行われる大垣花火も中止です。

この調子だと中日新聞主催のほうも中止になりそうですね。

▼▼第66回全国花火大会と第55回大垣花火大会
中止のお知らせ
 東日本大震災は、かつてない甚大な被害を及ぼしています。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。未曽有の大災害の影響により、夏に開催予定の「第66回全国花火大会」(8月6日、岐阜市・長良川河畔)、「第55回大垣花火大会」(7月30日、大垣市・揖斐川河畔)は、中止させていただきます。
 皆さまのご理解とご協力を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

岐阜新聞・岐阜放送

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/07

6/12~6/14海づくり大会関連・岐阜市内ほか交通規制図

FC岐阜の次節ホームゲームの予定日は6月12日ですが、

昨日の(ラボのほうの)日記でも触れたように海づくり大会の関連で交通規制があります。

地図を貼っておきますのでご参考になさってください。

なお翌13日、14日にも岐阜市、関市、美濃市、土岐市などで交通規制がありますのでご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/18

FC岐阜・札幌戦・花火と試合のコラボ(動画あり)

FC岐阜第2クールの最後の試合はホーム長良川競技場にコンサドーレ札幌を迎えてのゲーム。

あろうことか順延されてきた花火との同時開催となってしまいました。危惧されていたようにお客さんの入りはいまひとつ..まぁしょうがないですね..こればっかりは..。

試合のほうは..残念ながら久々にホームで黒星となってしまいました。まぁいつかは負けることもありますからそれ自体は仕方ないですかね。よく11試合も負け無しでこれたもんです。次から気持ちを切り替えて10位以内を目標にがんばりましょう。

動画 FC岐阜・試合と花火のコラボ

動画 試合終了直後の花火

動画 メモリアルセンターから花火を観る

Imgp0131rsi Imgp0116rsi Imgp0115rsi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/23

岐阜市まちなか博士認定試験

ご当地検定というものが全国各地にありますが、岐阜市にもそんなようなものがあります。

岐阜市まちなか博士認定試験というものです。

観光ガイドのボランティアになれそうな人を発掘する意味合いもあるようですが、結構県外から受ける人もいるようです。

毎年1月に試験が行われていますが、今年は日程の都合がついたので受けに行ってみました。こんなブログやHPを書いているので市内ならたいていの場所は行ったことがありますが、興味の薄い分野とかは知らなかったことや忘れていることがまだまだあると思いました。

初級は4択の試験ですし、それなりに出歩かれる方なら合格するのではないでしょうか。合格基準も70点とラインが低いので、合格率も結構高いです。受験は無料ですので知識の再確認がてら受けてみられてはいかがでしょうか。

Imgp8932kim

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

いよいよ今夜開催・手力の火祭・夏・2008

夏の風物詩のひとつ「手力の火祭・夏」が今年も開催されます。

春の本祭のあの雰囲気も良いですが、はじめてみる方や子供づれの方にはこちらがお勧め。春の火祭りは狭い神社の境内が舞台なため後ろのほうからではほとんど見えないのですが、夏は長良川の河川敷で行われるため堤防の斜面が観覧席となります。後ろのほうからでもはっきり見えますし、なにより座って見ることが出来ます。今年は日程が犬山の花火とかぶったためお客さんの分散も考えられますので案外穴場かもしれません。

2週連続の長良川花火に続く、長良川での日の祭典も最終章。ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょう。

2008手力の火祭・夏 プログラム(予定)はこちら

午後6時45分~ 開会

午後6時50分~ 美濃の国羽島太鼓演奏

午後7時30分~ 神輿デモンストレーション

午後7時50分~ 仕掛け花火点火

午後7時55分~ 御神燈点火

午後8時20分~ 滝花火及び花火神輿点火

午後8時35分~ 地割れ花火点火

午後8時40分~ 手筒花火点火

午後8時50分~ 山焼き花火点火

午後9時00分   終了

※荒天・増水により8月11日(月)に順延した場合は、午後7時30分からの「神輿デモンストレーション」から始まります。

【画像は過去の手力の火祭・夏のもの、堤防の階段状のところに座って観覧できます】

2006081320432kd Imgp3711rki Imgp3718rki Imgp3686rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

長良川で第63回全国花火大会が行われました

岐阜市の長良川で「第63回全国花火大会」が行われました。

毎年恒例の2週連続の長良川花火大会の第二夜です。

例によって多くの観衆で賑わったことと思います。

今回はちょっと不精をして現地へ出向かず、家の裏の堤防から家族でのんびりと花火を楽しみました。

鏡島大橋付近ですので打ち上げ会場から直線距離で4kmほどでしょうか。

ちょっと遠目ではありますが花火そのものは十分楽しめます。

肉眼だとちょっと小さめなことと音が少し遅れて届くこと、ナイアガラなど低い位置の仕掛けは当然見えません。縁日などは当然ないので祭の雰囲気を楽しみたい方には不向きなのかもしれませんが、時間ギリギリでも場所は十分ありますしのんびりと見られる場所です。例年は地元の人間くらいしかここで花火を観る人はいないのですが、今年はずいぶん車で乗り付けてみている方がおられました。(といっても15台くらいしかとめるスペースはないので知れてますけどね)

とりあえず1枚だけ花火の画像を。

300mm相当程度のレンズならこのくらいの大きさで写真を撮ることが可能です。

まあ写真を撮ろうということが目的の人はたいがい現地まで行きますよね。

今回は動画はありません。残りの画像は後日。

Imgp7529rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/02

いよいよ今夜・長良川で第63回全国花火大会

岐阜・長良川の夏、2週連続での3万発規模の花火大会も今夜が第二夜。

今日は岐阜新聞主催の第63回全国花火大会です。交通規制図、プログラム、市街地の観光案内図などは下記をご覧ください。

先週行われた中日花火大会と若干趣向(?)も異なるので、どちらが好きかというとそれぞれの好みなのですが...。私は個人的にはこっちのほうが好みです。

以前は第2週のこの花火、日程的に毎年名古屋矢田川の花火と同日開催だったのですが、矢田川花火がなくなってからは名古屋方面から見に来られる方が以前にも増して増えたようです。

というわけで今週も長良川一帯は喧騒に包まれます。

「第63回全国花火大会交通規制図」はこちら 

20080802001 20080802002 20080802003 20080802004 20080802005 20080802006 20080802007 20080802008 20080802009 20080802010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/30

金華山から見た長良川の花火動画

2008.07.26長良川で行われた中日花火大会の動画です。

今年は金華山の中腹まで登り、上からのアングルでお届けします。

2008長良川中日花火大会 動画はこちら

Imgp7325rki

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/28

今年は花火を上から眺めてみる-第52回全国選抜長良川中日花火大会

夏の長良川の風物詩、2週続けての3万発の花火大会の第一夜が7月26日に行われました。

第52回全国選抜長良川中日花火大会。名前のとおり中日新聞が主催のほうです。ちなみに第2週の8月2日は岐阜新聞主催で同規模の花火が上がります。同じ場所で2週続けて3万発づつもの花火が上がる場所も珍しいでしょう。

今年は趣向を変えて花火を上から眺めることにしました。そう岐阜の花火はすぐ横に金華山という300m級の山があるため上からのアングルで花火を見ることもできるのです。山頂まではロープウェイもあるため山頂展望台や岐阜城天守閣は毎年観覧客であふれます。

ということで人ごみを避け山頂の少し下にある穴場のスポットへ向かいました。17時をまわってから自転車で岐阜公園へ、そして山道を40分強三脚2本他の機材を担いでえっちらおっちら...。現地着は一番乗り。ここへ来る物好きはそんなにはいないだろうと思っていたのですがあとから何人かおみえになりました。

写真を見ればどこの場所かは普段から金華山に登っている方にはわかると思います。空いていてゆっくり見られる場所ですが、なにしろ明かりひとつない真っ暗な山道。売店や自販機もなければトイレもありません。懐中電灯、足場を確認するステッキ(三脚を伸ばせば代用可)、運動靴、タオルや飲み物は最低限必要です。なにしろ夏の岐阜は35度を越えているのは当たり前。そんな中山道を登るわけですから水分補給は欠かせません。もちろん自販機などは山中にありませんから水筒などで持参になるのですがこれが結構重量的には負担になります。また300m程度の低い山とはいえ金華山北側の急斜面、真っ暗な夜道となれば話は別。道の曲がり方とかを覚えていないと沢に落ちたり遭難しかねません。ここで初めて見てみようという方は事前に昼間のうちにしっかり道を確認しておく必要があります。怪我をして歩けなくなっても助けは来ませんからね。

とりあえず写真のほうだけ掲載。

動画は後日。

Imgp7306rki Imgp7271rki Imgp7302rki Imgp7310rki Imgp7317rki Imgp7320rki Imgp7324rki Imgp7325rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧