カテゴリー「岐阜の街-池上みそぎまつり」の3件の記事

2009/02/07

池ノ上みそぎまつり2008・昼・夜(過去の未掲載記事)

昨年12月13日に行われた「池ノ上みそぎまつり」の模様です。

岐阜市内の葛懸神社の例祭で、裸男が真冬の長良川で禊を行います。1日に3度行われるのですが、今回は1回目と3回目を撮影しました。1回目の昼の部はさすがに観客が多いですね。22時スタートの3回目はほとんど地元の方だけといった感じです。

動画 池ノ上みそぎまつり2008・昼の部

動画 池ノ上みそぎまつり2008・夜の部

Imgp8373rki Imgp8364rki Imgp8371rki Imgp8376rki Imgp8380rki Imgp8384rki Imgp8388rki Imgp8390rki Imgp8393rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

池ノ上みそぎまつり(過去の未掲載記事より)

2007.12.08

岐阜市池ノ上の葛懸神社の例祭である「池ノ上みそぎまつり」が行われました。

裸男が長良川の冷たい水で清めの禊を行います。

池ノ上みそぎまつり2007年版 動画はこちら

Imgp5259rki Imgp5268rki Imgp5267rki Imgp5276rki Imgp5287rki Imgp5291rki Imgp5295rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/10

池上宮みそぎまつり(岐阜はだか祭り)

毎年恒例となっている池上宮みそぎまつり(岐阜はだか祭り)が本日行われました。

岐阜市の中心部を流れる長良川のほとり、池ノ上にある葛懸神社の例祭です。路面電車はなくなってしまいましたが、忠節橋のやや下流といえば大体の位置は見当をつけていただけるかと思います。

どのようなことが行われるかは祭りの名前を見ておおよそ見当がつくと思いますが、裸の男衆が寒風吹きすさぶ長良川で身体を清め、罪・穢れを払うと同時に自分達の幸福と五穀豊穣を神に祈願するものです。いつから行われているのかは詳しくはわかりませんが、応永年間(1394年)の大飢饉の頃からは重要な祭儀として行われてきたようです。当時は今と川の流れなども大きく違ったようで、みそぎも神社の前にあった池で行われていたようです。現在は神社での儀礼のあと長良川へ移動してみそぎの儀式をし、その後神社へ戻って禰宜(ねぎ=神男のこと)を拝殿に奉納するという手順で行われます。

今年は平年より寒い日が続いていますが、今日はやや気温も高めに感じました。とはいっても冬の長良川ですから当然冷たいわけで、大人はともかく子供の裸男たちは寒そうにしていました。

毎年12月第2土曜開催、バス停池ノ上下車すぐ。

【関連ページ  kojiro-railway-18号館にて 動画と画像 公開中】

http://www.geocities.jp/kojiro_railway018/index.html

20051210_042kd 20051210_048kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)