« 手力の火祭り・2009・動画 | トップページ | 柳津のこいのぼり »

2009/06/03

神岡鉄道・その後

神岡鉄道。廃線以後訪れないままになっていますが、地元飛騨市でも今後の取り扱いに苦慮しているようです。

廃線時には当時の市長は観光鉄道としての再開を目指していましたが、なにしろ山間僻地で日頃それほど観光客が多いわけでもなく採算性は当初から疑問視されていました。それでもなんとか復活できないかという思いを抱いていたのも市長が神岡の人だったこともありますし解らないではありませんでした。その後の選挙で鉄道の復活をしないことを公約に掲げた古川側の市長に交代し、復活の話は潰えました。

が、ここにきて撤去費用に莫大な金額がかかることが明らかになり、財政の厳しい自治体は苦慮しているようです。そもそも廃線時に神岡鉱山側から将来の撤去費のために基金として寄付された金額がそれなりにあったのですが、改めて試算したところ耐用年数の過ぎる橋梁部分の撤去だけでも足が出るのだそうです。鉄道を復活させるにも橋の補修で金がかかり、撤去するにも税金からの持ち出しが必要。

飛騨市がどう舵を切るかが注目されます。

今年もGWに自転車を改造したトロッコで線路上を走るイベントが開催されたようです。それなりに盛況だったようですが、このイベントも橋が無くなればできなくなってしまいますよね。

【画像は在りし日の神岡鉄道】

20050827056kc

|

« 手力の火祭り・2009・動画 | トップページ | 柳津のこいのぼり »

鉄道-神岡鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神岡鉄道・その後:

« 手力の火祭り・2009・動画 | トップページ | 柳津のこいのぼり »