« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月の12件の記事

2009/04/25

新境川のさくら・各務原桜まつり

各務原の新境川といえば堤防沿いに何キロもに渡って桜並木が続く桜の名所です。

動画はこちら

桜まつりの時期は遊覧船も運航され水面から花見をすることもできます。また市民公園では様々なイベントが催され賑わいをみせます。

Imgp9501rki Imgp9472rki Imgp9475rki Imgp9478rki Imgp9481rki Imgp9483rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道三まつり2009・やななも登場

今年も4月頭に道三まつりが柳ヶ瀬一帯で行われました。

動画はこちら

今年は市制120周年ということで岐阜祭りで奉納される山車が若宮の歩行者天国に登場しからくり人形を披露しました。昼間に披露されたのはおそらく初めてではないでしょうか。

音楽隊パレードには話題のゆるキャラ「やなな」が登場というか先導していました。恒例の県岐商のマーチングパレードもありました。

みこしパレードはあいにくの雨の中となってしまいましたが子供たちをはじめ勇ましい姿をみせてくれました。

Imgp9398rki Imgp9399rki Imgp9402rki Imgp9411rki Imgp9422rki Imgp9436rki Imgp9443rki Imgp9449rki Imgp9452rki Imgp9456rki Imgp9464rki Imgp9431rki Imgp9429rki Imgp9396rki Imgp9392rki Imgp9387rki Imgp9390rki Imgp9393rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鏡島三心も工事開始

こちらも秋のオープンを目指す鏡島の三心。

現店舗を営業しながらの工事ということで敷地を東に伸ばすようです。駐車場の東側の田んぼを埋め立てています。西荘公園の南側の田んぼをすべて埋め立てて拡張するようです。高圧線の鉄塔はずらしようがないのであのあたりは駐車場の一角になるのでしょうね。とすると公園側(北側)に新店舗でしょうか。現店舗の倍くらいの広さの店舗を作るようですしどういう向きにするのでしょうね。ただ、南面の道路はそれなりに広さがあるので良いとして、東面の道路は普通車のすれ違いがやっとなくらいしかありませんがどうするのでしょうね。隣接する公園で遊ぶ子供たちが危なくないようにしてもらいたいですね。

Imgp9553ki Imgp9556ki Imgp9555ki Imgp9544ki Imgp9548ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市橋2丁目交差点付近-2009年04月

建て替え工事中の市橋バロー。今月はじめには建物の解体も終わっての更地の状態(画像1~3)でしたが、今週はいよいよ工事が始まり(画像4~7)パイル打ちが始まりました。秋にオープン予定のようです。

ミスドやMAPのあった部分はMAPカフェというものが既に完成、オープンしました。(画像8~9)

交差点の改良工事も完成し右折レーンのほか両サイドに歩道が設置されました。(画像10)

少し北へ行ったユニー系の衣料品店がずっとあったところはサイズマックス(紳士服のAOKIの経営)という大きいサイズ専門店に変わりました。以前バローの南側にありました(そのころはTORIIの経営でしたね、その後AOKIに吸収合併されたと思いますが)からこの地区へは再出店ですね。(画像11)

Imgp9522rki Imgp9523rki Imgp9524rki Imgp9557ki Imgp9560ki Imgp9563ki Imgp9569ki Imgp9570ki Imgp9571ki Imgp9573ki Imgp9578ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜second・2009全社県予選1~2回戦結果

FC岐阜secondの今シーズンが始まっています。

現在戦っているのは全社(全国社会人サッカー選手権)の県予選です。この戦いを勝ち抜いて東海予選を勝ち抜けば全国大会。そこで運良く勝ち抜ければ地域決勝(JFL昇格戦)への道が開けます。あわよくば2段階飛び級でJFLということもあるわけです。そんなに甘いルートではありません。昨年は県大会は勝ち抜いたものの東海大会で東海一部の矢崎に破れ全国大会へは進めませんでした。一番夢のあるルートですが現実はかなり厳しいルートでもあります。

さてこの戦いは岐阜県の場合天皇杯にもつながっています。優勝しないと天皇杯への道が断たれてしまいます。どちらかといえばモチベーション的にはこちらのほうが重要なのかもしれません。

FC岐阜second 2009シーズン各大会日程はこちら

全社県予選1回戦結果(4月5日、12日)

FC岐阜second 2-0 加茂FC

FC岐阜教員 3-0 FCカジュアル

AC 0(4PK3)0 FC桜Kick

若鮎FC 5-0 パワーアップブリバリーズ

テクノ渡辺FC 1-0 池田FC

FC川崎 1-0 長良クラブ

FC.Kalma大垣 2-1 古川クラブ

FCリバース 2-0 セイカFC 

FCオリベ多治見 3-0 岐阜蹴球倶楽部

SEKI.SC 4-1 八百津FC

LIBERTA 1-0 各務原BROTHERS

NK可児 1-0 GOUSHIRO.STARS

養老クラブ 3-0 1998長良

Morishin'sFC 1-0 FCフォレスタ関

岐阜可児FC 2-1 SAAS

江東クラブ 1(5PK3)1 寿FC

全社県予選2回戦結果(4月19日)

FC岐阜second 7-1 FC岐阜教員

FC.Kalma大垣 3-0 FCリバース

FC川崎 2-1 テクノ渡辺FC

FCオリベ多治見 2-1 Morishin'sFC

NK可児 4-0 LIBERTA

養老クラブ 10-0 江東クラブ

AC 4-1 若鮎FC

SEKI.SC 1-0 岐阜可児FC

【FC岐阜secondの結果は公式より、その他は新聞発表より引用】

3回戦(準々決勝)組合せ(4月26日大垣南公園実施予定)

FC岐阜second - AC

FCオリベ多治見 - SEKI.SC

NK可児 - 養老クラブ

FC.Kalma大垣 - FC川崎

予想通りというか..県1部のチーム同士が早い段階で当って消えたりはしましたが、大方予想されたチームが勝ち残っていますね。Jを目指す前のFC岐阜に在籍した選手が移籍していったチームがぞろぞろ残っています。こういった意味ではFC岐阜は地域の底上げには力になっているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・2008年度の決算

FC岐阜の昨年度(J2初年度)の決算が昨日の株主総会で公表されたそうです(新聞各紙)

単年度赤字が8600万だそうです。ユニスポが最後までつかなかったのが一番大きな要因でしょうか。相場からいけば胸、背を足すとこれくらいの金額になるのではないでしょうか。ホームで勝てなかったことが観客動員に響いたのも要因でしょう。企業にしてみれば観客が多ければ宣伝効果も上がるのでしょうが、折からの不況もあって今年も広告宣伝費は思い切り緊縮でしょうし厳しくなりそうです。いっそのことユニスポの金額を前年順位実績による変動性とかにしたらどうでしょうか?結果を残せば翌年の身入りが増えるなら選手もより発奮するのではと素人考えしてしまいます。

あとこちらはなかなか難しいことですが県民は200万人いるわけですが、単純計算なら1人頭年100円の募金でも2億の軍資金になるわけです。2億あれば最低限の人件費は賄えるわけですからスポンサー収入の分でより単価の高い選手を呼ぶとか..。年100円とかだとお年寄とかでも興味さえ持っていただければ出してもらえないような額でもないのではと思ったりします。となるとやはりどれだけ精力的に県内を回って身近に感じてもらうかということになってきますかねぇ..。やはりまずは関心を引くことなのでしょうね。東海三県はどちらかといえば野球文化のほうがまだまだ強い地域なので簡単にはいかないのでしょうが、県民一体になって応援できるようなチームに早くなってもらいたいですね。サッカーに特に興味がない人でもいいじゃないですか。岐阜のチームだから応援するで十分だと思います。高校野球とかでも縁もゆかりもなくても岐阜のチームが甲子園に行けばなんとなく気になったりする人は多いとおもいます。最初はそんな感覚で気にかけてくれる人々を増やしていけば十分ではないでしょうか。

累積赤字が3億弱、資本金を相殺して計算すると現時点での債務超過が1億4000万だそうです。まずは単年度黒字を目指しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・2009第9節

FC岐阜2009第9節湘南戦

2-2

映像を見た限りではあわよくば勝てたのではという試合だったようです。

勝ち点を稼いでくるのは嬉しいですが..

ホームのときもせめて無得点だけは逃れて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・2009第8節・スタはちょっと寂しかったが..

FC岐阜2009第8節仙台戦。

久しぶりの生観戦になりました。昨年のホームゲームは皆勤でしたが今年はなかなか見にいけていません。

平日ナイターということもあってかかなり観客数は少なかったですね。スタがでかいだけに余計に少なく感じます。定員の1割も入っていないのですからガラガラです。2000人を切ったのは昇格後はじめてでしたね。

サポの声援は良く響いていましたのではと思います。というか平日夜の長良周辺ってこんなに静かだったかと思うくらい雑音が少なかったので余計にそう感じたのかもしれませんが..。

試合内容は..奮闘はするものの詰めが甘いといったところなのでしょうか。よく動き回っていると思います。結局この日も結果だけ見れば0-2で負けてしまいましたが、見てて楽しいですね。活きがいいだけに「ひょっとしてなにかが起こるかも..」と期待させてくれるだけの戦いはしていると思います。あとは、ホームで勝たなければというプレシャーを過度にかけず落ち着いて試合が出来ればそこそこの結果がついてくるのではと思います。

平日夜にもかかわらず遠路岐阜までこられた仙台サポの方々ご苦労様でした。

Imgp9531rki Imgp9530rki Imgp9529rki Imgp9532rki Imgp9543rki Imgp9538rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・2009第6~7節

FC岐阜2009第6節福岡戦

0-2

ホーム開催でしたが見にいけずでした。

第7節水戸戦

3-3

今年も外弁慶なのかと思わせるような試合でしたね。よく追いついたものです。若いチームははまると結構やりますね。できればホームのときにいい具合にはまってくれるとなお良いのですが..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/02

決勝進出は投手力の2チーム-春の甲子園2009・11日目

甲子園11日目、準決勝。清峰-報徳、花巻東-利府。正直なところこの4チームになると予想した人は少なかったのではないでしょうか。組合せのあやで強豪同士が早い段階で潰しあったり、予想外の展開になったりで優勝候補のチームが次々と消えていきました。

そんな中、ミラクル利府は目立った存在でした。21世紀枠で甲子園にきて快進撃。決して大技があるわけではありませんが小技が高い確度で決めれたりして準決勝まで来ました。残念ながら東北対決で花巻東に破れ決勝進出はなりませんでしたが、最後まで笑顔でした。

そして決勝に駒を進めたのは東西の好投手を擁する花巻東と清峰。清峰は九州1位で選抜され優勝候補の一角でしたが、福知山、慶応、国士舘などのブロックが当たり厳しい展開になるかと思われました。慶応が初戦で消えたりしたこともあるのでしょうが、抜群の投手力で失点を抑えたことが勝ちにつながったのかと思います。

花巻東はプロ注目の投手を擁してはいますがこちらもPLや鵡川と同じブロック、しかも鵡川と初戦対決ということで厳しかったのですが、鵡川、明豊と菊池君が連続完封。菊池君はリリーフした南陽工戦も無失点。準決勝の利府戦ではじめて失点しましたが、ホームランの一撃だけでその後無失点という驚異的な快投を見せています。しかもとられた点を自分のバットで取り返すあたりすごいですね。

どちらが勝っても初優勝。いよいよ決勝です。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

FC岐阜・2009第4~5節・ホームでの勝利とGK退場

FC岐阜2009第4節はホームでの草津戦。3連勝スタートだった草津相手にギリギリのところで染の一蹴りで決勝点を挙げ今シーズンのホーム初勝利。平日な上この時期のナイトゲームではかなり寒かったはずですが観客も2000は超えたようです。観にいきたかったなぁ..。卒業式やらなんやでそれどころじゃなかったですししょうがないのですが。

第5節はアウェー徳島戦。あちらさんも岐阜同様メンバーがガらっと入れ替わってチームを作り直したところ。といってもこちらは新卒中心。あちらはJ経験者がぞろぞろ。昨年の対戦成績はまったく当てになりません。FC岐阜は前半にGK恭平が黄紙2枚で退場という予定外の展開だったようで敗戦。映像で見ましたが、恭平一人を責めるわけにもいかないですね。

さて今週末はホームで福岡戦です。天候が少し気になりますが、それよりも気になるのは駐車場..。長良川周辺の桜がちょうど満開になったので花見客がどれくらいになるのか..。それに道三まつりと日程がかぶっているので集客的にも心配が..。前日の4日の天候が晴れればよいのですが、雨天順延で5日に神輿パレードなんて事になるとバスは迂回運転、子供たちは地域の神輿を担がなきゃいけないなど集客面で悪影響が出かねませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大関陣に喝!-大相撲春場所2009

大相撲春場所は白鵬の全勝優勝で幕となった。大方の予想通りであった。朝青龍は一時期のような圧倒的な強さはやはりない。が、それでも最後まで優勝を争ったのが朝青龍だけなところを見ると横綱を辞めろというほど弱いわけでもない。

問題なのは大関陣のほう。千代大海は散々だった。負け数にしてもカド番の回数にしてもワーストな記録を更新して「かける恥はすべてかいた」などといっているべき状況ではないだろう。大関の格もへったくれもない。大関がこれだけいると全員が全員いい成績を残すのが難しいというのは判らないではない。しかし毎場所のようにカド番大関が出現するのはいかがなものだろう。場所後の横審で異例の大関に関する発言が出たのも仕方ないことだろう。

来場所こそは奮起を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »