« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の21件の記事

2008/11/30

今日は岐阜基地の航空祭です

今日は恒例の航空自衛隊岐阜基地航空祭です。【昨年一昨年ブルーインパルスなどの動画はyoutubeにたくさんupしてありますので参考にどうぞ】

今年は少し時期が遅いのですが、ブルーインパルスの演技は今年もあります。もちろん岐阜名物の異機種編隊飛行もあります。そして今年はエアロックもあるので楽しみですね。

心配された天気もなんとか持ちそうです。現在の空は曇っている部分と晴れている部分が半々くらい。アクロバット系の演目も大丈夫そうです。ただ少し寒いですね。

各務原市内は道路も電車も大混雑が予想されます。

なにしろ市の人口よりも多いような観衆が基地に集まるのですからね。

30日ということでイオンの感謝デーともかぶるので渋滞に拍車がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真央ちゃん圧巻の大差での優勝-フィギュアスケートNHK杯

GPシリーズ最終戦NHK杯

表彰台に上がればファイナル出場ということだったが、圧倒的な強さだった。

浅田真央がものすごい滑りをみせてくれた。

とにかくすごかった。

男子かと思うほどダイナミックで切れがある。手の使い方など魅せ方もかなり成長したような気がした。

ファイナルでこの滑りができれば優勝も可能だろう。がんばれ。

そしてなんと表彰台を日本勢が独占した。鈴木明子が予想以上にがんばってGPシリーズ初参戦で表彰台に上がった。なんというか表情が良かった。真央ちゃんたちではちょっとできないような妖艶な表情などが実に印象に残った。試合後のインタビューがなんとも初々しくてよかった。

中野も万全でないなりに3位に食い込みファイナル切符を手に入れた。争うライバルのミスにも助けられた形だがなんとなくいつも中野は運を持っていますね。

これで今年も女子ファイナルには日本勢が3人出場します。期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/29

JFLへの昇格争いも最終盤-地域決勝・決勝ラウンドはじまる

JFLへの昇格を争う地域決勝も、先週1次ラウンドが終わり昨日から決勝ラウンドが始まりました。

今年は将来のJ入りを目論むいわゆる物好きといわれるチームがぞろぞろと地域決勝に出てきたのですが、1次ラウンドを突破したのは長崎、町田、ロック、レノファの4チームでした。

長野、松本の北信越勢はあと一歩で突破できる成績だったのですが、残念ながら敗退してしまいました。さすがにどちらかは残れるだろうと思ったのですが..。先を越されたのどうのという遺恨を残さぬためにも今年一気に両方とも昇格できたらと思ったのですが叶いませんでしたね。これで来年も北信越は1枠しかありません。また過酷な北信越リーグになりそうです。

加古川、静岡は今年もこの舞台まで来ながらも昇格叶わずでした。

決勝ラウンドは長崎と町田が先勝。3チームが昇格できそうなのでこのあと連敗などという悪夢さえなければ大丈夫なのではないでしょうか。とはいえ、ロックのJFL復帰の意気込みも相当なものでしょうし、レノファも国体に向けて強化中ですからあなどれませんよね。

それにしても..戸塚監督がんばってますね。今回町田が昇格を手にすれば、「3年連続で別のチームを率いて地域決勝を突破してのJFL昇格」というすごいことになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週はJFL最終節-J2への最後の枠は岡山か鳥取か

明日30日はいよいよJFLの最終節である。

前節、富山が4位以内を確定。J2昇格要件の4位以内に入るにはあとは枠がひとつしか残っていない状況で最終節に突入する。

現時点の4位は岡山、5位が鳥取。どちらももちろん上を目指している準加盟チーム。勝ち点差はわずか2!

残り1試合で勝ち点差が2なら現在順位の上な岡山のほうが圧倒的有利なはずなのだがそうもいっていられない。岡山の最終節の相手は富山。対する鳥取の最終節が流経大。これは最後の最後までなにが起こるかわからない展開です。それぞれのサポーターや地域の方々は気が気でないでしょう。つくづく昨年のうちに昇格を手にできて岐阜は運がよかったとおもいます。

いずれにせよ来年のJ2は3チーム増になりそうです。どのチームも観客数は要件を満たしていますし、スタもちょっとした手直し程度でいけるでしょう。財政的なこともJ入りが現実になってしまえば自治体や地場の金融筋もメンツがあるので条件をぎりぎりクリアする程度の援助はするでしょう。

年間51試合の過酷なシーズンが現実味を帯びてきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安馬、文句なしの大関昇進-来年の大相撲は..

九州場所は終わってみれば結局白鵬が優勝であった。

朝青龍不在の場所を一人横綱で守りきった形である。

安馬は35勝に到達し横綱大関を総なめ。優勝決定戦にまで進んだ。35勝、優勝同点、上位陣に当たり前に勝つ安定感。場所後、文句なしに大関昇進を決めた。昇進を機に改名。日馬富士というしこ名になるそうである。幕内最軽量の小さな体のはずであるが、引き締まってずいぶん大きく見える。来年はさらに上を目指して欲しい。少なくとも現大関陣よりは伸びる余地もあるだろうし、朝青龍の力に翳りが見えてきた今こそ本気で横綱を狙って欲しい。

来年は把瑠都が次の大関候補になりそうである。強引一辺倒でなくなり落ち着いた相撲も取れるようになってきた。そのうえ相手を捕まえてしまえばあのパワーである。おそらく一番近い位置にいるだろう。

そうなってくると上位陣に日本人の顔が...。稀勢の里、豊ノ島、琴奨菊、豪栄道といったあたりに期待したいところだが、上位食いが多い割りに取りこぼしも多い。このあたりの安定感が増さないとなかなか三役どまりからの脱出は難しいかもしれない。

初場所は日馬富士のお披露目の場所だが、おそらく話題の中心は朝青龍の出方に集中するだろう。魁皇もカド番、怪我の様子から見てかなり厳しそうな気がする。

来年は新旧交代が一気に進みそうな予感がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/22

さらにその下は地域決勝が今日から始まる

JFLのさらにひとつ下のカテゴリー。地域1部リーグ。FC岐阜がまだほんの2年前に在籍したカテゴリーです。いわゆる4部に相当するリーグ。

今日からJFL入りを目指しての地域決勝が始まっています。

富山、栃木、岡山の3チームがJ2入りを果たせば地域組から3チームが入れ替え戦なしでJFLに自動昇格できるかもしれないとあって、どのチームも並々ならぬ思いで戦いに臨むことと思います。

今年の地域決勝にはJを目指すチームがぞろぞろ..。長野、松本の北信越組をはじめ長崎、町田、加古川、讃岐などが勢ぞろいです。

しかも組合せの妙(抽選ではないはずなので協会とかの思惑が見え隠れしますが)で、長野、加古川と元JFLのロック、今年九州1位のかりゆしが同じAグループで1次リーグを戦うことになってしまいました。決勝リーグに進めるのはこのうち1チームだけという狭き門。1次リーグさえ勝ち抜けば決勝リーグは3位以内に入れば昇格の目があるので、1次リーグこそが重要ともいえます。

Bグループは讃岐、長崎、アイン、日立栃木。

Cグループは松本、静岡、盛岡、レノファ山口。

Dグループは町田、ノルブリ、矢崎、佐川中国。

Aグループが異常に厳しいような気がしないでもありません。

短期決戦ですし必ずしも強いといわれているチームが勝ち残れるわけでもありません。

地域性を考えると信州勢にはぜひとも勝ち残って欲しいところですが..。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFLの昇格レースは佳境に

FC岐阜が昨年在籍したカテゴリーJFL。アマチュアにとっては最高峰のリーグであり、Jを目指すチームにとってはJ2のすぐ下、3部に相当するリーグです。

今年も岐阜、熊本に続けと多くのチームがJ2入りを目指して戦ってきました。

前期絶好調だった栃木が後期に入って失速、逆に出遅れたホンダや富山がじりじりと成績を上げ大混戦となりました。

結局後期絶好調のホンダが優勝を決めたため、J2昇格の条件である4位以内という枠は3つしか残らなくなりました。そんな状態で迎えた先週の後期15節。ここまで踏みとどまってきた鳥取が痛い敗戦。栃木、岡山は白星、富山はドロー。今シーズン残り2試合という最終盤になって現時点2位の栃木が今季4位以内を確定しました。運営や財政などの審査が通れば栃木は来年はJ2の舞台に上がってきます。そして現時点では3位富山、4位岡山、ともに勝ち点58。5位の鳥取が勝ち点54。数字上はまだ鳥取にも目はありますが、残り2試合となっては富山、岡山がかなり優位と言えるでしょう。今週は岡山-栃木、来週は岡山-富山という作為的なんではないかと思ってしまうような好カードが残っています。

いずれにせよJを目指すチームのうち3チームが4位以内に入ってきそうです。審査ではねられなければ来年のJ2は18チームでの3回戦総当りリーグ戦になりそうです。年間51試合...。きついですね。選手層が分厚くないと乗り切れなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安馬、33勝到達!大関は目の前-大相撲九州場所2008・13日目

年の納めの九州場所もはや13日目が終わりました。

朝青龍が不在のなか、最大の話題は安馬が大関獲りなるかです。

初日にいきなり白鵬に土がつくなど波乱の展開な九州場所。大関陣はもうメロメロです。安馬も前半はぱっとしませんでした。体調と言うよりは重圧でしょうかね。白鵬も前半はピリッとせず中日くらいからようやく横綱らしくなって来ました。前半戦は出島と雅山の元大関コンビが調子が良かったので何とか格好がついた形です。

それでもピリッとしないながらも踏ん張って13日目が終わってトップに立っているのは白鵬と安馬。悪いなりに結果を残すあたりはさすがですね。

安馬はこれで大関昇進の目安と言われている直前3場所33勝に乗せました。このところは大関の人数が多いため34~35勝ないと確実とはいえないようですが、安馬の場合内容と安定感が飛びぬけて良いため、もうほぼ確実と言っても良いでしょう。毎場所のように横綱大関陣を倒していて、現大関陣よりよほど安定感があるのは誰もが認めるところです。そしてなによりも人柄(品格?)が申し分ないですよね。

残り2日は琴光喜と把瑠都との対戦になることでしょう。ここまできたらぜひどちらも勝って、優勝もしくは優勝同点で花を添えたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・42節・内容より結果が欲しかった

FC岐阜、42節横浜FC戦

10000人の秋まつりとしてイベントもたくさん打ち、目標にこそ届かなかったもののいつもの3倍近い観客が集まった試合。正直なところ内容より結果が欲しかった。

初めて現地へ足を運んだ方も多かったでしょう。年に数回しか来れない方もいたでしょう。岐商のマーチングや「キング」観たさ、プレゼント目当て...観戦の動機は様々だったかもしれません。

いずれにせよ今シーズン一番観客が多かったのは確か。今年動員に伸び悩んだチームとしては来年に向けてどうしても勝ってアピールしたかったところでしょう。

もちろん選手はがんばっていたし、内容は悪くなかったと思います。でも、やはりまたホームで勝てませんでした。勝機はあったし見せ場も結構ありました。でもゴールは遠かった。同じ負けでも1点取っていれば、ゴールシーンを見せていれば..それほど関心の強くない方でもまたいつか観にこようと思っていただけるかもしれません。勝ち試合を見ればなおさらのこと。だからどうしても内容より結果が欲しかった。

今シーズンのホームゲームはあとは最終戦のみ。下のリーグにチームが所属していた頃からからJを目指して戦ってきた仲間たちのなかにも来シーズンは岐阜のピッチに立つことがかなわない選手が多数出ることでしょう。プロチームですから新陳代謝は仕方のないこと。なんとか、今年最後のホームゲームは勝ってシーズンを終えたいものです。

Imgp8248rki Imgp8247rki Imgp8250rki Imgp8246rki Imgp8249rki Imgp8253rki Imgp8255rki Imgp8243rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/09

FC岐阜・今日42節は「10000人の秋まつり」横浜FC戦

FC岐阜、10000人の秋まつり。いよいよ当日です。

まずいつもと違う点。屋台村は開門前の11時から営業開始です。早くから来場される方も昼食の心配はありません。つまり屋台村は柵の外となるようです(入場後の買い物は半券チェックでの再入場となるとおもわれます)。隣の野球場で行われる野球のOB戦を観ている人も屋台村の利用が可能ということでしょう。

そしてその影響で入場口の位置がいつもと違います。南側(芝生広場側)スロープが入場口となります。つまり入り口は1Fから坂を上がる形になりますのでご注意を。

もうひとつ、照明改修工事の影響でバックスタンドのアウェー側とホーム側の通り抜け(いわゆる緩衝帯付近)ができませんので、バックスタンドご利用の方はご注意ください。アウェー側に近い部分を利用されると買い物やトイレの際、ホーム側(電光掲示板側)経由になるのでかなり大回りになります。

さて、FC岐阜10000人の秋まつりということでイベントや来場者プレゼントがたくさんあります。

イベントは下記

11:00~ 屋台村営業開始(サンサンデッキ上)

12:30~ 開門

      KIDSパーク(芝生広場)

      メッセージボード

13:15~ 県岐商マーチング演奏

13:50~ 選手サイン会・3名予定

14:25~ グリーンエンジェルズ(FC岐阜のチアチーム)プレデビュー

14:30~ キックオフ

ハーフタイム 岐阜大学チアチーム

来場者プレゼント等は下記

・来場者先着2000名にドコモ提供の「サンプリンググッズ等」

【上記の配布場所は入場ゲート】

・画像と同様のチラシ(タウン誌プラザや各学校での配布等されたもの)持参の方、先着2000名に「マグネット」

・同じくチラシ持参の方にヒマラヤ提供の「応援グッズ」

・ドコモのワンセグケータイ持参の方先着1000名に「ドコモダケのメモ帳」

【上記3点の配布場所はインフォメーション】

・当日入場ゲートで配布するマッチデープログラムで当れば「応援グッズ詰め合わせ福袋」

【上記1点の引き換えはハーフタイム以降インフォメーションにて】

いろいろありますね。

岐阜近郊にお住まいの方は各家庭に配布されている「ぷらざ」というタウン誌の今月号に折込でチラシが入っていたはずです。また小学校等でも配布されたと思いますので探してみてくださいね。

小学校では試合指定の招待券(学校によって指定日が違います)も配布されています。今日のチケットが割り当てられていませんか?

さあみんなで長良川競技場へ行こう。

みんなでFC岐阜を応援しよう。

20081109001k3 20081109002k3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/08

FC岐阜・明日42節は「10000人の秋まつり」横浜FC戦

FC岐阜、明日11月9日は42節、長良川競技場でのホームの試合です。

FC岐阜「10000人の秋まつり」と題し、イベントも盛りだくさんです。

イベントの目玉はなんといっても「県立岐阜商業のマーチングバンド」がやってくることでしょう。全国大会の常連校で上位入賞もたびたび。国際大会で最優秀にも選ばれたことがある全国でもトップレベルの吹奏楽部です。NHKの密着取材が金とく(中部地方)で流れたこともあり(この番組は後に全国放送された)、道三まつりや信長まつりには毎年、ホッケーの五輪最終予選の開会式でも演奏があったので、ごらんになられたことのある方も多いでしょう。今年も先日11月1日に行われた東海大会では金賞を受賞し12月の全国大会へ駒を進めています。13時15分、キックオフの1時間ちょっと前からの予定だそうです。

そしてこの日はFC岐阜のチアリーディング「グリーンエンジェルズ」のプレデビューが14時25分、キックオフ直前にあります。

そしてハーフタイムショーはおなじみ岐阜大学のチアリーディング。

試合前には芝生広場で毎回好評のKIDSパーク。

そして来場者抽選(1500袋用意されているらしい)でFC岐阜グッズの福袋がプレゼントだそうです。

FC岐阜のホーム名物となった屋台村もいつも以上に力を入れるようですし、カレーや牛串をはじめとするアウェーサポにも大好評のスタジアムグルメも楽しめます。

となりの野球場ではFC岐阜の試合前に県岐商OB対岐高OBなんて試合が組まれたりもしています。こちらは入場無料。高木守道さんや甲子園でおなじみの後藤さん、岐商の監督経験者の面々などがそろうようです。開門前にこちらを見にいくのも良いかもしれませんね。

ホーム長良川での試合はこの試合を含めて今年はあと2戦を残すのみ。対戦相手はキング・カズや池元のいる横浜FC。盛り上がるには最高の相手です。FC岐阜は天皇杯名古屋戦でご覧の通り調子はよさそうです。

家族みんなでFC岐阜を応援に行きましょう。

さあ明日もがんばろう!

FORZA FC GIFU!

20081109001k2 20081109002k2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樽見鉄道の話題・2008.11月

樽見鉄道の話題をいくつか

ハイモ180の静態保存をしている鉄道文化村が準備が整っていよいよ今月25日にオープンするそうです。(各新聞ほかによる報道あり)樽見鉄道を守る会が運営する施設のようです。各駅のバリアフリー工事なども手弁当で行っているこの団体のことですから180も末永く愛されていくことでしょう。本巣の車庫から移送されて1年近くになりますが、またあのかわいらしい車両を見ることができるようになるようです。

さて、その樽見鉄道に新しい車両がやってきます。廃線となった三木鉄道の車両を応札。年内にはこちらに来るような事が以前新聞に出ていました。春の桜の季節までには新しい車両が登場することでしょう。

大垣駅は駅全体の改築工事が行われており、樽見鉄道の発着ホームが変更になりました。自由通路が建築中ですからいずれは樽見鉄道の専用改札(桑名のように柵で仕切るだけかもしれませんが)が設けられるのでしょう。

本巣市議会の9月の定例会で2007年度の決算が発表になり、9896万5000円の経常損失だったことが報告されました。相変わらず苦しいですね。モレラも駐車場が落ち着いた今では大半は車での来店ですし、根尾への観光客は春だけですし、コストも削減できそうなところはもう既に削ってあるでしょうし、追い討ちが燃料コストでしょうか。自治体の支援頼みとなるとこの先も苦しい状態は続きそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国鉄旧揖斐川橋、重文指定へ

東海道線の旧揖斐川橋が重文指定に向けて文化審議会から答申があった。

1886年完成と古いもので、1960年には道路橋に変更、いまでは歩行者と二輪車くらいしかわたることは出来ない。

新開鉄橋ともよばれ地元では愛着を持たれてきた橋。大垣と巣南の集落を結ぶ最短ルートだったが、下流にバイパスの橋ができ上流に鷺田橋ができると車は当然すれ違いの可能な橋を利用するようになり、この橋を利用する人は減った。すれ違いができないことや老朽化もあってその後四輪車が規制されますますひっそりした感がある。

トラス桁の美しい橋で幅や高さの狭さが前時代の産業遺産であることを思わせる。

重文に指定され保存の方向へ向かうのは喜ばしいことだが、なにぶん風雨や川の流れにさらされ続けている物件。老朽化の対策、安全対策や保全方法など金のかかる難題も発生しそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市橋周辺の話題・2008.11月・バロー跡地と、ふれあい会館横の病院新築工事

市橋のバローホームセンター跡地。というかミスドとMAPの跡地ですが、長い間放置状態でしたが現在工事が進められています。建物のつくりからいくと..なに風と言えばいいんでしょう..。飲食店のようには見えますが..。建物工事にあわせて交差点改良に伴う側溝の位置もはっきりしてきています。あとは反対側のロッテリアの敷地をどう収用するかですね。

藪田のふれあい会館東側にはヘリポートつきの大きな病院が新築中です。2月開院予定のようです。心臓外科と循環器科がメインのようですから県内外からの緊急搬送とかもありそうですね。

Imgp8215rki Imgp8213rki Imgp8219rki Imgp8220rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・いつぞやの番組で某選手がゲーム対決した...

いつぞやのゴォ~ルでK・K選手とK・T選手が対戦し、空気を読まずに岐阜を負かしたことがありました(笑)

そのときの視聴者プレゼントで配られたゲームソフトとサイン入りミニポスターです。くじ運はそう良くないのですがなぜか当ってしまいました。もっぱら遊んでいるのはチビたちのほうですけど..。

Imgp7732ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・応援ソングを歌われている「モーニンググローリー」

FC岐阜の応援ソングとしてスタジアムやラジオで流れている「ambitions」

ノリも良くて明るくて元気が出る曲ですが、この歌を歌っているのがモーニンググローリー(Morning Glory)という高山のバンドです。

ファーストミニアルバムはタワーレコードの限定発売でしたがセカンドミニアルバムは全国発売されています。セカンドの「I'm still green」にはambitionsも収録されています。

今月29日には名古屋ではじめてのワンマンライブを行うそうです。ぜひがんばってほしいですね。

ラジオ(岐阜放送1431)でも冠番組が10月から放送されています。日曜の夜22時からの放送です。

そして20日放送のゴォ~ルのもゲストで出るとのこと。こちらもぜひご覧ください。

先日のホームの試合の時には「ambitions」のサンプル盤が御本人様から手渡しで先着プレゼントされました。もちろん希望者にはサインをその場で書き入れて。娘がこの曲が好きでサビの部分をよく口ずさんでいるのですが、帽子にサインをしてもらってご満悦でした。快くサインしていただいたメンバーの方々ありがとうございました。

Imgp8157rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・天皇杯、豊田スタジアムでのグランパス戦は悔しい結果に

先週行われた天皇杯4回戦

FC岐阜が豊田スタジアムのピッチに立ちました。

選手もサポも並々ならぬ想いだったと思います。

こんなに早く豊田スタジアムのピッチに立つ機会が訪れるというのは、正直なところ信じられないといったところです。公式戦でグランパスとの対戦..これも組合せの妙なのですがJFAには感謝ですね。

さて絶好の試合日和となった11月2日。試合前に表の広場でイベントが行われており朝早くから結構な賑わいとなりました。10時前には既に現地に到着していたのですが、そこかしこに行列が出来ていたり..。「ゆるキャラ」が17体集結していたり、警察車両や消防車両の展示試乗ができたり、水族館ブースではペンギンの羽がもらえたり..チビたちは飽きることなく時間を過ごすことが出来ました。

さてスタに入ると..岐阜側サイドスタンドが..すげェ..緑だぁ。普段長良川ではバックスタンドやメインスタンドにおられるような層の方々もサイドスタンド側へこられたのか、おそらくこれだけゴール裏からサイドスタンドに緑色が集まったのは初めてでしょう。

なによりすごかったのはサポの1時間前ミーティング。長良川のときを思うと信じられないような数が集まりました。屋根の反響もありましたし気合を込める声が結構響き渡ったのではないでしょうか。試合前からテンションは最高潮でした。

試合は、前半はがっぷり四つ!名古屋が主力の何人かが欠場(怪我やらなんやら)とはいえJ1で優勝争いをしているチームですし守護神は楢崎。お互いの調子が万全なら勝ち目は薄い対戦のはずでした。しかし、モチベーションの違いというか明らかに優勢なのはFC岐阜のほうでした。前半終了時に沸き起こった名古屋側のブーイングの嵐。0-0の同点の状況で起こったブーイングが試合内容を物語っていたように思います。

後半に入るとますますFC岐阜が優勢になります。まったく名古屋らしくない試合運びというか、連係はいまいち、細かいミスも多すぎという状態になり岐阜が攻めている時間が多くなります。もちろんサポ席も大興奮。気合入ってましたね。屋根の反響も手伝って応援の声が響きます。もちろん名古屋側のほうが圧倒的にサポの人数も多く声も大きいはずなのですが、まったく気にならないほど岐阜側サイドスタンドには声が響いていました。

結果的に後半も大詰めのロスタイムにセットプレーから失点。あと2~3分耐えれば延長突入。延長になってしまえば気合の入りようが違う岐阜にも勝機があったかもしれません。ほんとうに悔しい1点でした。

しかしよくがんばりました。シュート数は名古屋の3倍!正直なところ試合内容は岐阜のほうが上でした。選手も自身にはなったと思います。それだけに余計に悔しい!

この自信と悔しさを胸にリーグ戦の残り試合を精一杯戦いましょう。

Imgp8199rki Imgp8201rki Imgp8200rki Imgp8202rki Imgp8209rki Imgp8211rki Imgp8176ki Imgp8161ki Imgp8164ki Imgp8190rki Imgp8163ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/02

FC岐阜・今日は豊田スタジアムでグランパス戦

FC岐阜

天皇杯4回戦

FC岐阜が豊田スタジアムのピッチに立ちます。

もちろん相手はグランパス。

名岐ダービーと銘打たれた隣県決戦。

FC岐阜にとってまさに夢舞台のひとつでしょう。

FC岐阜にはグランパスに過去に切られた選手も多数います。

思うところも多々あるでしょう。

相手はJ1で優勝を争っているようなチーム。戦力的には勝ち目は薄いでしょう。

そこがサッカーの面白いところ。一発勝負はなにが起こるかわかりませんよ。

思いのたけをぶつけましょう。

さあ豊田スタジアムへ行こう。

少しでも多くかけつけて客席に緑を増やしましょう。

Top081028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パノラマカー引退が前倒しで実施

名鉄の顔として長い間走ってきたパノラマカーがいよいよ定期運用から外れます。当初公表されていた予定よりも大幅に前倒しされ、来月のダイヤ改正で定期運用から外れることになりました。

同時にパノラマスーパーも運用から外れます。

最前部から運転手気分で車窓が楽しめることから子供たちに人気の車両だったのですが、老朽化..そして機器が旧式のためメンテナンスに熟練工が必要なこともあってこれ以上走らせることを断念するようです。

パノラマスーパーはすべて廃車、パノラマカーも2両だけ保存という形になりそうです。

かつては様々な形の電車が走っていて見ているだけでも楽しかった名鉄も、なんの変哲もない車両ばかりになってしまいますね。利用客の利便を考えれば当然の流れなのですが少し寂しい気もします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高橋尚子第一線から引退-引退後の初レースはいびがわマラソン

高橋尚子選手がマラソンの第一線からの引退を表明しました。

最近は調整が上手くいかず成績的には今ひとつでしたが、日本のマラソン界を牽引したことは間違いのない事実です。

年齢的なことも考えればここまで十分すぎるくらいがんばったと思います。長い間お疲れ様でした。

そんな高橋選手が11月9日のいびがわマラソンのハーフの部にスペシャルゲストとして参加します。まず最初に地元の大会に顔を出す。タイミング的なものもあったのでしょうが温かく迎えましょう。これからも全国の大会に顔を出して走ることの楽しさを次の世代に伝えていってくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本シリーズ西武が先勝

日本シリーズが始まりました

今年は中日が出ていません、というか関東勢同士の決戦なのでこのあたりにはあまり影響は出ないのですが..

中日-日ハムという3位同士のシリーズを心のどこかで期待していたのですがかないませんでした。西武、巨人ともに総合力で充実していますね。

さてシリーズは西武が先に勝ちました。上原-涌井というどちらもこの試合は落とせないという布陣だったのですが、湧井が快投をみせ巨人は大事な初戦を落としました。このまま西武が勢いに乗っていってしまうかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »