« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の22件の記事

2008/07/30

金華山から見た長良川の花火動画

2008.07.26長良川で行われた中日花火大会の動画です。

今年は金華山の中腹まで登り、上からのアングルでお届けします。

2008長良川中日花火大会 動画はこちら

Imgp7325rki

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/28

今年は花火を上から眺めてみる-第52回全国選抜長良川中日花火大会

夏の長良川の風物詩、2週続けての3万発の花火大会の第一夜が7月26日に行われました。

第52回全国選抜長良川中日花火大会。名前のとおり中日新聞が主催のほうです。ちなみに第2週の8月2日は岐阜新聞主催で同規模の花火が上がります。同じ場所で2週続けて3万発づつもの花火が上がる場所も珍しいでしょう。

今年は趣向を変えて花火を上から眺めることにしました。そう岐阜の花火はすぐ横に金華山という300m級の山があるため上からのアングルで花火を見ることもできるのです。山頂まではロープウェイもあるため山頂展望台や岐阜城天守閣は毎年観覧客であふれます。

ということで人ごみを避け山頂の少し下にある穴場のスポットへ向かいました。17時をまわってから自転車で岐阜公園へ、そして山道を40分強三脚2本他の機材を担いでえっちらおっちら...。現地着は一番乗り。ここへ来る物好きはそんなにはいないだろうと思っていたのですがあとから何人かおみえになりました。

写真を見ればどこの場所かは普段から金華山に登っている方にはわかると思います。空いていてゆっくり見られる場所ですが、なにしろ明かりひとつない真っ暗な山道。売店や自販機もなければトイレもありません。懐中電灯、足場を確認するステッキ(三脚を伸ばせば代用可)、運動靴、タオルや飲み物は最低限必要です。なにしろ夏の岐阜は35度を越えているのは当たり前。そんな中山道を登るわけですから水分補給は欠かせません。もちろん自販機などは山中にありませんから水筒などで持参になるのですがこれが結構重量的には負担になります。また300m程度の低い山とはいえ金華山北側の急斜面、真っ暗な夜道となれば話は別。道の曲がり方とかを覚えていないと沢に落ちたり遭難しかねません。ここで初めて見てみようという方は事前に昼間のうちにしっかり道を確認しておく必要があります。怪我をして歩けなくなっても助けは来ませんからね。

とりあえず写真のほうだけ掲載。

動画は後日。

Imgp7306rki Imgp7271rki Imgp7302rki Imgp7310rki Imgp7317rki Imgp7320rki Imgp7324rki Imgp7325rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと1勝・悲願の200勝投手へ山本昌

中日の山本昌が199勝目を挙げた。

いよいよ史上24人目の200勝投手まであと1勝である。

長年中日投手陣の顔としてがんばってきた想いが、今報われようとしています。

途中順風ばかりでもなく、出ると負けのような時期もありましたが、継続こそが力なりを地で行くようなタイトルまであと少しです。

子供たちが多く観戦する夏休みに偉大な記録を打ち立てれば、野球をがんばっている子供たちの大きな夢や目標になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鵬・難なく全勝優勝-大相撲名古屋場所2008・千秋楽

早々に優勝を決めた横綱白鵬。その後も難なく勝ち全勝優勝で名古屋場所は幕を閉じた。

白鵬は素直にがんばったといえる。

他の上位陣は来場所こそは奮起を期待したい。

朝青龍はさっさと休場、大関陣は琴光喜こそ11勝とまずまずの成績だが他の3大関は9勝どまり。横綱が一人しかいないのにこれはいただけない。三役陣も安馬10勝はまずまず、豊ノ島の10勝は上出来。稀勢の里、琴奨菊は6勝しか挙げれなかった。前頭上位陣が好調だったわけでもなくやはり物足りない。悪い意味で力が平衡化してはいないだろうか。

来場所は関脇二人は確定として、小結をどうするか..

9敗の関脇を小結で止めるかどうか。なにしろ上げれそうなのが2枚目で8勝の朝赤龍、5枚目で9勝の雅山、同じく5枚目で10勝の把瑠都の3人くらいしか見当たらない。いまいちインパクトにかける星勘定である。

十両との入替はおそらく3人。玉鷲、春日王、北太樹と玉春日、光龍、土佐ノ海。垣添と北桜をどうするかは微妙。

市原はなんとか14日目に勝ち越し千秋楽は休場。来場所も十両に残留できるのだが足の具合は良くなるだろうか。時には下がるのを覚悟で思い切って休むことも必要だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/27

FC岐阜・28節・耐えて勝ち点

FC岐阜、28節はアウェー仙台での試合。

J2では圧倒的な観客数を誇る仙台。まさにドアウェーなスタジアムでFC岐阜は相手の猛攻に耐え1-1でドロー。上位チーム相手に勝ち点を取りました。

コジ~片桐ラインで得点も取ったことですし、よかったと思うべきでしょう。

7月もまずまずの成績でくぐりぬけました。

それにしても、なかなか負けないチームになりましたね。

第2クールは戦力を見極められて苦戦するだろうといわれていたのですが、ここまで3勝3敗6引き分け。新規参入のチームとしては悪くない成績だと思います。

さて、次節はホーム長良川での試合。

花火の隙間を縫っての開催のため金曜ナイターです。

第1クールの対戦では勝利を挙げた水戸との対戦です。

岐阜の熱い夏は真っ盛りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/26

第52回全国選抜長良川中日花火大会・夜の部まであと2時間あまり

長良川中日花火大会

夜の部の開幕まであと2時間ほどとなりました。

今日の岐阜は37.5度まで気温が上がりました。気象台での数値ですので直射日光の当る場所では40度近いのではないかと思います。多治見では39度、大垣では観測史上1位の38.7度を記録しました。若干風が出てきましたがとんでもなく暑いことには変わりありません。

写真の場所は一日市場駐車場への進入路となる鏡島大橋です。16時30分現在まだ車は流れていますが、だいぶ交通量は増えてきました。17時を過ぎる頃から相当の混雑が予想されます。

ちなみに、ここも夜になると大勢の観覧客であふれます。ちょっと距離はあります(5kmほど)がのんびり見られる場所で、堤防の上からは特に障害物もなく見通せます。そしてここからは真後ろを見れば大垣の花火も同時に見ることができるため、近所の人はわざわざ長良橋あたりまで行かないことも多いようです。

きょうはどうしたものか...

行くとすれば自転車なのでギリギリでも問題ないのですが..暑いしなぁ..

長良川花火大会 打ち上げ予定プログラムはこちら

長良川花火大会 交通規制図はこちら

Imgp7260ki Imgp7261ki

| | コメント (0) | トラックバック (1)

岐阜代表は市岐阜商-夏の高校野球2008県大会

夏の甲子園

岐阜の代表は市岐商になりました。

第一シードだったわけですから、ある意味順当なのでしょう。よくがんばりました。

学校の存廃問題で揺れており、正直集中しきれるか、いらぬプレッシャーが増えないかと心配していましたが、有力校の固まったゾーンを勝ち抜き甲子園へのきっぷを手にしました。

甲子園でまだ白星がありません。

今度こその思いもあるでしょう。

7日目ということで日程に余裕がありすぎるので調整が逆にしにくいかもしれませんが、甲子園でもがんばって欲しいと思います。

各地の代表校も続々と決まっており、あとは東京や大阪など強豪ひしめく数地区を残すのみとなりました。

今年も組み合わせのあやで強豪校が初戦で散るということがあるかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

面白みの欠ける終盤-大相撲名古屋場所2008・14日目

名古屋場所も最終盤14日目の取り組みが行われています。

が..なんとも盛り上がりに欠けるというか..

13日目に早々と白鵬が優勝を決めてしまい、残り二日間の楽しみをどこに求めるか..。

2位以下とこれだけ差がついてしまうと面白みもへったくれもありません。

綱とりだった琴欧洲は精彩を欠き、せっかく朝青龍がいないのに中盤まで良かった琴光喜もついていけず、大関の足場をと思った安馬もずるずる..。

あ~もう..来場所、来場所!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第52回全国選抜長良川中日花火大会・当日の朝の様子です

岐阜市長良川の花火大会、2008年夏の第一弾「中日花火大会」がいよいよ今日行われます。いいお天気です。連日最高気温が全国ランキングに登場するような暑さが続いていますが、今日もものすごく暑くなりそうです。

岐阜長良川の花火は朝から徐々に打ち上げが始まり、第一弾の今日3万発、第二弾の来週も3万発が打ち上げられます。玉の大きさは川幅の都合で小さめですが、川幅が狭いということは花火そのものにも近いということでもあり、すぐ後ろに金華山がそびえていて音が反響するため迫力は十分。例年一日当たり30万人もの観衆を集める大イベントです。

花火会場となる長良川の場所取りの埋まり具合です。長良橋から金華橋にかけての一番花火に近い場所はすでに何日も前から場所取りが始まっており、今朝の5時半ごろの段階で下の画像のような状態です。まだ続々と場所取りに訪れる方が続いています。

きょうの長良川花火大会の交通規制図、打ち上げプログラムもあわせてご覧ください。

現地付近に駐車場はなく(公共駐車場は観客席になったり関係者用になったりであらかた閉鎖、いわゆるゲリラ駐車場はとんでもない金額です)、バスも行きはともかく帰りはほとんど動きません(例年12時くらいまで渋滞が続きます)ので駅、または柳ヶ瀬周辺の民間駐車場まで歩く覚悟が必要です。駅から会場まで徒歩で1時間くらいです。

Imgp7256ki Imgp7258ki 200807260012 20080726019 20080726003 20080726004 20080726005 20080726006 20080726007 20080726008 20080726009 20080726010 20080726011 20080726012 20080726013 20080726014 20080726015 20080726016 20080726017 20080726018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

FC岐阜・勝ちは逃したが..

2008-J2-27節

FC岐阜はホーム長良川競技場に湘南を迎えての試合。

前節はアウェーで広島にこてんぱんにやられたものの、その前のホームで勝利を挙げ呪縛が解けたことのほうがむしろ大きいか..。

そんな中行われた試合...。昼間の岐阜は連日のように全国の気温ランキングに顔を出す暑さ。夕方から吹き始めた風が気温を下げてくれ..というより昼間が暑すぎたため体感的に涼しくなったような気がする(?)意外と観戦日和な中で行われました。

湘南といえば1クールには敵地でこてんぱんにやられたわけですが、いやな外人は故障でお留守。さて勝機が出てきましたよ。

お客さんの入りもちょっと少なめではあるものの、夏休み最初の3連休の頭ということを考えれば悪くない。なによりもゴール裏からメイン寄りのサイドスタンドあたりにやたらとお客さんが多い。回を重ねるにつれ増えてきています。立ち上がったり声を出したりされる方も増えましたし、かなりメイン寄りの芝生席でも手拍子をされる方が多くなってきました。うちわが配布されているため手拍子しやすいということもあるのですが、いい雰囲気です。

試合は0-0でドロー。負けなかったとみるか勝てなかったとみるか..。日野も冴えてたし点をとられる気はしませんでしたが、勝ちたかった...。でも楽しめた試合だったとは思います。ただもっとシュートを打ってもいいと思います。ゴール前でパスをまわしても相手は元々Jにいたチームばかりですからつぶされる可能性のほうが高い。がんがん打てば士気も上がるし、むこうも人間ですからミスをすることもあるでしょう。

さて、長良川はこれから夏の花火シーズン。次回のFC岐阜のホーム戦は花火日程の隙間を縫って8月1日金曜のナイターになります。迎える相手は水戸。今年の目標順位を目指すためにどうしても勝っておきたい相手には違いありません。相手も上がり調子。ぜひ多くの声援で後押ししましょう。

Imgp7243rki Imgp7238rki Imgp7240rki Imgp7241rki Imgp7245rki Imgp7247rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安馬がんばれ、チャンスだぞ-大相撲名古屋場所2008・8日目

大相撲名古屋場所も8日目の折り返し。

今場所は朝青龍が不調、初日に負けその後も踏ん張れず早々に休場。横綱を狙った琴欧洲も早々と振り出しに戻ってしまった。

こうなってくると断然有利なのは白鵬。

でもそれでは夏の名古屋は面白くない。

ということで、無敗の横綱を1差で追いかける二人に注目。

大関の琴光喜と関脇の安馬。今場所は好調である。

琴光喜はご存知のように御当所場所。声援もいつも以上に多い。気が小さいためそれがプレッシャーになることも過去には多かったが、今場所は十分後押しになっているようである。下に取りこぼさなければ結構いいところまでいけそうな気配である。

そしてなんといっても今場所は安馬。1差はともかく既に2大関を撃破。相撲の安定感ということで見れば現在の4大関よりもはるかに上。性格も明るく気さくで、昇進時などにたびたび話題になる品格ということに関しても外国人力士とは思えない立派なもの。むしろ日本の力士にも見習って欲しいくらい。今場所13勝くらいで準優勝なら来場所はいよいよ本気で大関を狙えないこともない。朝青龍もいないし大関陣も琴光喜以外はそれほど調子が良いわけでもない。ぜひ目標を高く持ってがんばって欲しい。

十両の市原が痛々しくて見ていられない。先場所無理に出場して幕下転落は逃れたものの、足の状態の悪さはかなりのものなのではないだろうか。体が大きいだけに命取りにならなければいいと思うのだが...。一度下に下がってしっかり治したほうがいいように思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大波乱、大垣日大・岐阜城北・県岐阜商がそろってベスト8逃す-夏の高校野球岐阜県大会2008・4回戦

夏の甲子園を目指す高校野球の岐阜県大会。

昨日20日はベスト8を目指しての4回戦8試合が行われた。

今年の岐阜県大会は有力校の大半がBゾーンに偏る組み合わせになってしまったのは既報のとおりだが、異常な暑さの中消耗しきってしまったのか4回戦は波乱の結果となった。

この日最大の注目はそのBゾーン、春季1位の市岐阜商と注目の好投手伊藤準規を擁する岐阜城北の試合。どちらも甲子園への有力候補だったのだが4回戦で激突。決勝で見たいような組み合わせの試合なのだが、結果は延長10回まで接戦の末4-3で市岐阜商が勝ちあがった。尾藤を擁して甲子園で旋風を巻き起こした年と違い、今年は故障明けの伊藤がエースで4番のワンマンに近いチームだったため、組み合わせ的にこのゾーンはきつかったかもしれない。最後は伊藤の暴投で決勝点を与え甲子園への道が終わった。素材としては各プロ球団も目をつけている選手。尾藤が果たせなかった夢を追い続けてもらいたいと思う。

こちらも注目の試合は同じくBゾーンの大垣日大と美濃加茂の対戦。いわずと知れた去年甲子園で大旋風を巻き起こした大垣日大。阪口氏の魔術が冴えるかと思われたが、シーソーゲームの末わずかに届かず6-5で美濃加茂が勝った。毎年選手が入れ替わる高校野球で連続で甲子園を狙うことの難しさというものはやはりあるのでしょう。

そしてこちらも波乱。なぜか夏は強いといわれる県岐阜商。比較的有力校の少ないAゾーンのため上位進出の最右翼と思われたが、この日大垣南との対戦は投手陣がなんともならず5-2での敗戦。

甲子園でも名の知れた3校がそろってベスト8を逃す結果となった。

Cゾーンでもっとも有利と思われる土岐商は順調に勝ちあがり、Dゾーンでは中京が勝ち上がっている。今年はいいチームといわれていた岐阜工は4回戦で敗退。

今日からの準々決勝は下記の組合せとなった。

大垣南-富田

市岐阜商-美濃加茂

土岐商-大垣商

中京-本巣松陽

どこが勝ち残るでしょう。

この中からだと個人的には学校の存廃問題で揺れている市岐阜商に甲子園へ行ってもらいたいような気もしますが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/18

FC岐阜・ここもFC岐阜に染まって

前の記事にある神田町通りを中心にしたビッグフラッグ以外にもFC岐阜色に染まっている場所があります。

駅を利用になる方はご存知のように、JR岐阜駅前のバスターミナル。長良川競技場へのバスが発着する10番乗り場付近はFC岐阜の幟が常設されています。初めて岐阜を訪れるアウェーサポの方はもちろん、いつもは車だけど今回は電車でという方にもバス乗り場が一目でわかるようになっています。

そしてオーキッドパーク。いわゆるショッピングセンターなのですが、ここは建物のオーナー(デベロッパー)が家電量販店のエイデンという珍しいショッピングセンター。エイデンさんはご存知FC岐阜のスポンサー。普通はありえない共用部分の柱やベンチがFC岐阜仕様になっています。建物の向かい側にはこちらもFC岐阜のスポンサーであるドコモさんのビルがあり、FC岐阜の応援コーナーが東海一部の頃から設置されていて一番最初に選手と触れ合うイベントが開かれた場所でもあります。この地区はFC岐阜に縁深い場所とも言えるでしょう。

Imgp7181ki Imgp7222ki Imgp7223ki Imgp7224ki Imgp7225ki Imgp7226ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・商店街にはためくビッグフラッグ-2

前の記事で書いた子供たちの作ったビッグフラッグ以外にもこの区間にはFC岐阜の旗がはためいています。

なにしろ1km弱の神田町アーケード街には吊るす場所は山ほどあるのです。

商店街連合会のほうでも大量に旗を製作していただいたようで、こちらも多数のビッグフラッグが並んでいます。

神田町通り沿いにはフラッグアートサイズの大きなもの。徹明町から東西の旧電車通り沿いや高島屋の西側、千手堂などのアーケードには小さめのサイズの旗が並びました。

商店街のおもにバス通り沿いを中心にFC岐阜の旗が埋める展開となっています。花火の告知の旗より数的には圧倒的に多く並んでいます。

これだけ並べば興味のなかったような層の人にも目に留まりますね。花火で岐阜を訪れる方も多く歩かれる道ですし、知名度のアップに役立ちそうです。

19日に駅から長良川まで歩く人はもちろん、バスで向かう予定の方もぜひ柳ヶ瀬までは歩いてみることをお勧めします。

Imgp7189ki Imgp7196ki Imgp7170ki Imgp7200ki Imgp7210ki Imgp7216ki Imgp7214ki Imgp7199ki Imgp7221ki Imgp7206ki Imgp7167ki

Imgp7227ki Imgp7228ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・商店街にはためくビッグフラッグ-1

先日のホームゲーム開始前に披露された岐阜の子供たちが作った応援用のビッグフラッグ。岐阜市の中心部神田町通りのアーケード街にはためいています。

小学生の子供たちが書いた気持ちの伝わってくるようなものから、中学の美術部が作ったちょっと凝ったものまでありますが、サイズがサイズだけに通行する歩行者はもちろん、バスや車からも目に付きます。

名鉄岐阜駅前から柳ヶ瀬バス停付近までの間に展示されています。この区間は例年、日比野克彦氏も噛んでいる「フラッグアートコンテスト」が行われる場所でもあり、もともと大きな旗を吊るす機材が常設されています。

東側の歩道は南へ進む人に見えるように、西側の歩道は北へ進む人に見えるように展示されています。車の進行方向にあわせてあるんですね。これだけ大きければ十分見えますから。

19日の試合で会場へ行かれる方。駅からバスに乗るのも楽ですが、時間に余裕があれば柳ヶ瀬まで歩いてみませんか?ゆっくり歩いてもほんの15分ほどのことです。

Imgp7172ki Imgp7173ki Imgp7190ki Imgp7192ki Imgp7194ki Imgp7198ki Imgp7207ki Imgp7212ki Imgp7160ki Imgp7163ki Imgp7166ki Imgp7168ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こよみのよぶね・3シーズン目・今年は柳ヶ瀬のなかに工房を設置

FC岐阜のサポーターとしても知られる日比野克彦氏のプロデュースによるイベント「こよみのよぶね」の3シーズン目が始まります。

長良川に行灯を並べた船があつまる本番は今年も冬至の日(12月21日)ですのでまだまだ先ですが、行灯の製作などは毎年夏には始まります。

今年は柳ヶ瀬に製作工房が設けられました。その名も「こよみのよぶね造船所」。

昔、靴のマルトミがあった場所です。栗粉餅のベンテンドーからアーケード街に入ったところといったほうが判りやすいでしょうか。昨年まで工房として使われていた徹明ギャラリー(十六銀行徹明支店跡)から北へ50mくらいのところです。

今日18日の夕方に造船所開きのセレモニーが行われるそうです。

基本的には毎週土日に作業を行うようで、明日19日から製作作業が始まるようです。最初のうちは竹を使っての行灯の枠組みかと思います。紙を切ったり貼ったりは去年のパターンだと秋ぐらいからでしょうか。

市民参加型のイベントですので気軽に参加できるようです。「こよみっけ」という今年の思い出を短冊に書き綴るコーナーもあります。柳ヶ瀬付近へ行く機会があるようなら、チラッとのぞいてみられてはいかがですか。

今年の思い出...2月はグラとの長良川で試合をできたこと、3月はJの舞台での初勝利や初勝ち点...。いかんいかん思い出が偏っている(笑)

こよみのよぶね公式ホームページ は こちら

こよみのよぶね公式ブログ は こちら

Imgp7201ki Imgp7202ki Imgp7204ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・ホームで勝つっていいもんですね

FC岐阜は24節の7月6日、今シーズンホームでの2勝目を挙げました。アウェーではなぜか勝てるのにホームの長良川で勝てない状態が続いていたわけですが3ヶ月ぶりに勝てました。

2位の山形を迎えて戦ったわけですが、相手方の気合も並々ならぬものだったと思います。なにしろ岐阜のJ初勝利をホームで、しかも5点も取られて与えたわけですから是が非でも勝つつもりで岐阜へ乗り込んできたものと思います。

しかしこちらも負けていませんでした。ホームで勝とうという選手の気合はもちろんですが、ゴール裏を中心に応援するサポの気合(?)も並々ならぬものが..。

人数自体もいつもより多く、爆心地を中心とした総立ちエリアは当たり前のように。その横(メイン寄り)のいつもなら手拍子をする人がせいぜいだったようなエリアや後方の芝生席でも立って応援したり声を出したりする人が多数。その雰囲気につられてか途中から移動して集まってくる人も多数見受けられました。おそらく今シーズンの試合の中で一番いい雰囲気だったような気がします。

天候も微妙、日程(時間)的にも決して興行的にはベストなタイミングではなかったと思いますが、3000人を超える観客の下チームはがんばり、待望のホーム2勝目を挙げました。しかも2得点とも片桐!追いつかれて突き放す展開。喜びが倍増するような展開でした。

勝利の瞬間のゴール裏の盛り上がりっぷりといったら..。

やっぱりホームで勝つっていいもんですね。

次のホームでの試合は19日。夏休みの初日です。子供たちも夜更かししても大丈夫な日程。子供たちの多い夏休みの試合こそホームで勝ち続けて欲しいと思いますよね。

Imgp7142rki Imgp7143rki Imgp7144rki Imgp7146rki Imgp7147rki Imgp7148rki Imgp7152rki Imgp7154rki Imgp7158rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/06

FC岐阜・セカンド(second)チーム-矢崎バレンテ戦

FC岐阜のセカンドチームが全社の東海地域大会を戦いました。

昨日の試合は静岡市役所清水(静岡第7代表・静岡県1部)を相手に9-0で勝ち今日の試合に臨みました。

今日の相手は矢崎バレンテ(静岡第2代表・東海1部)、メンバーこそ違うとはいえ、2年前FC岐阜のトップチームでも苦戦した相手。昨年は全社の本大会で準優勝、今年も東海1部で3位につけているチームです。

矢崎が相手では見にいかねば..ということで浅中までいってきました。今日は2年ぶりにに座って観戦。トップチームの試合でもないのに思ったよりお客さんは入っていました。

FC岐阜セカンドとしては3カテゴリーも上に属しているチームの戦いというわけですが、試合が始まってみると十分互角。むしろ圧し気味の展開でした。

前半は0-0。後半も残りわずかというところで失点...。0-1での敗戦となりました。

カテゴリーの差を感じさせない試合でした。じつに惜しかった。ネットも一度揺れ、場内から歓声も上がったのですが直前のファールをとられノーゴール。他にも何度か点の入りそうなチャンスもありました。もちろん「あっぶねぇ~」というシーンも何度かありました。

負けは負け。今年の飛び級への挑戦は果たせませんでした。しかし4部相当のチーム相手に7部相当所属のチームが互角に渡り合えました。これから本番を迎える今年の県リーグでは圧勝を続け来年はまたカテゴリーを上げてくれることでしょう。正直なところ県リーグレベルのチームではありません。対戦する相手が気の毒なくらい。

そしてことしはまだ天皇杯県代表を狙い全国の舞台に立つという目標もあります。

そして数年後の岐阜国体では優勝を...先の話はこのへんにしておきましょう。

試合後、深々と頭を下げ続ける曽我部が印象に強く残りました。

まだ道は半ば。前を向いていこう。

Imgp7117rki Imgp7118rki Imgp7121rki Imgp7126rki Imgp7133rki Imgp7134rki Imgp7138rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/05

夏の高校野球岐阜県大会・今日開幕

今年もやってきました夏の高校野球の季節です。

オリンピックの都合で日程が前倒しになっている今年の大会。岐阜県大会も例年より早く今日7月5日に開幕します。

組み合わせは既に発表されていますが、今年も偏った組み合わせになってしまいました。

Bゾーンに、岐阜城北・市岐阜商・大垣日大・関商工・清翔・美濃加茂・長良などが集中してしまいました。

他のブロックでも有力どころが早い段階で対戦してしまう可能性が高く思わぬチームが勝ちぬけてしまうかもしれません。

明日2日目の長良川球場は第一試合に県岐阜商、第二試合に市岐阜商、第三試合に岐阜城北と長良が登場します。結構お客さんが集まりそうですね。

20080615yagura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・セカンド(second)チーム

FC岐阜secondチームが今日、全社の東海予選に登場します。岐阜県の第一代表としての登場です。

周知のように全社の本大会を勝ち抜けば地域決勝へ進むことができJFLへの飛び級の道が開けます。もちろんそんな簡単に開けるような道ではありませんが、トーナメント一発勝負ですし可能性がゼロなわけではありません。地域1部クラスのチームがぞろぞろいるわけですから現在のセカンドチームの力量を測る上でもいい大会なのかもしれません。7部相当の県リーグ2部に属するチームが4部相当のチームを相手に戦うのですから思い切って戦って欲しいですね。少なくとも現時点で属するリーグでみれば大半の相手は格上なわけですから。

7月5日 12時キックオフ 対戦相手 静岡市役所清水(静岡第7代表)

大垣浅中公園陸上競技場

勝てば明日6日も試合、おそらく矢崎バレンテ(東海一部・昨年全社本大会準優勝チーム)との対戦になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・新型の自販機登場

FC岐阜の応援自販機に新しいタイプが登場。いままでは既存の白い自販機に応援メッセージが埋め込まれただけのものだったのですが、今回登場の自販機はボディーそのものが緑!だいぶ様になってきました。

先週の土曜日の早朝に県庁バス停に設置されたばかりの自販機を見にいったのですが、待合所の建物の中に設置されていました。結構いいカラーリングです。側面にFC岐阜のロゴでもペイントしてあればなを目立つような気もしますが。今回は屋内なので暗く見えますが、外に設置できれば結構目立つのかもしれません。

Imgp7099rki Imgp7100rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・Jでの初シーズンも半分を過ぎ...

FC岐阜のJ参入最初のシーズンも半分を過ぎました。

今シーズンは42試合を戦い抜くわけですが、ここまでに22試合を消化。半分を過ぎたところです。現在の順位は9位。よくがんばっています。シーズン前の専門誌などの大方の予想が最下位予想をされていただけに、7勝6分9敗での勝ち点27は大健闘をしているといっても良いでしょう。正直できすぎの感さえあります。既に先輩の草津の参入初年度の「年間勝ち点」を超えているのです。昨年の最下位(徳島)の勝ち点が33でしたからこれを超えるのも時間の問題かと思います。成績的には初年度としては十分及第点な結果を残せそうです。難をいえば「外弁慶が過ぎる」ところでしょうか..。たいへんアウェーに強いチームですが、なぜかホームで勝てない。たまには勝って欲しいですね。

さて成績以外の面では、ユニスポがなかなか決まらないみたいですね。もう見慣れてきたとはいえやはりちょっと寂しいです。

観客動員も思ったほど伸びていません。昨年よりは増えているという見方をすれば伸びているのかもしれませんが、もう少し増えると思っていたのですが...。スタジアムが大きいだけに余計に空いているように感じるのかもしれませんが、もう少し客席が埋まるといいのですが。

ホームで勝てるようになれば少しはお客さんも増えますかね?

がんばれ!

【画像1~4は熊本戦、5~7は福岡戦、いずれも平日ナイターの客席..】

Imgp7088rki Imgp7090rki Imgp7091rki Imgp7092rki Imgp7094rki Imgp7095rki Imgp7097rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »