« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の8件の記事

2008/06/06

谷汲の参道を走る丸窓電車...の形をしたバス

谷汲の地を電車が走らなくなって数年。谷汲駅跡にはかつて谷汲線を走っていた電車たちが保存されている。そのうちの1両が「モ514」。

この514が谷汲山華厳寺の参道を走り始めた。といっても電車本体ではなく、丸窓電車モ514の形そっくりに作られたマイクロバスである。今月2日に走り始めたということで4日の日に観にいきました。谷汲駅跡から参道を登り、途中メインの駐車場にある観光案内所を経て華厳寺の仁王門まで。片道10分ほどかけてゆっくりと登っていく。この時期参道は緑の木立に囲まれており、赤い車体が良く映える。このバス、車体が丸窓電車そっくりなだけでなくナンバープレートまで514で揃えるという念の入れよう。実にかわいらしいバスである。

運行は平日のみ。しかも往路の登りのみ。帰りはゆっくりお土産やさんをのぞきながらどうぞということのようである。乗車できるのも上り坂がきついであろう高齢者や幼児と付き添いの方などに限定(もちろん付き添いの方はOK)である。平日は山門まで車で乗り入れも可能なため、どの程度利用者があるかは疑問ではあるが、福祉バスという名目なようなのでマスコット的な意味合いも兼ねてこれもありかなという気はしますね。

動画はこちら

Imgp7016rki Imgp7011rki Imgp7002ki Imgp7014rki

Imgp7013rki_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/05

樽見鉄道の廃車群-2008・6月

樽見鉄道本巣駅に留置されている廃車となった客車や機関車たち。どうもこれらの車両の現在の所有者はJR系の会社のようで、車両販売の告知もHP上でされたりしたのですが買い手がつかなかったのでしょうか。今週末に鉄道保存系の某団体主催でこれらのうちの何両かを対象に部品の解体即売会が行われるようです。

プレートや部品をばらして売ってしまうということは、その後車体等は解体スクラップということになるのでしょうか..。いずれにせよこのままの姿を見れるのは今週いっぱいということになりそうです。週末のイベントにはいけそうにないので4日の日に最後の姿を収めてきました。

動画はこちら

Imgp7023rki Imgp7051rki Imgp7059rki Imgp7062rki Imgp7064rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜のコミュニティーバス新路線

岐阜市が以前から行ってきたコミュニティーバス4路線の試験運行は、加納地区の路線は今年度から正式に本格運行となりました。他の3路線は利用者が目標数値に届いておらず今年度もダイヤやバス停の位置を見直しながら試験運行が継続されています。

そんななか今月から新たに4地区で試験運行が始まりました。藍川地区と芥見地区、こちらは昭和40~50年代に開発された団地を抱えており、他のニュータウン同様住民の高齢化が問題になっている地区です。黒野地区は路線バスが頻発する岐阜大学病院を乗り継ぎ拠点とした地域バスの実験のようです。そして市街地東地区、梅林・白山・華陽の旧市街の地区。このあたりも古い家が多く割りと高齢化率が高いにもかかわらずバス網の谷間になっていた地区です。

従来の路線バス網が入り込めなかったような住宅街の中を走ったり、高齢者に需要のある病院やスーパーの前に停留所を設けたりと使い勝手は悪くなさそうです。

福祉サービスと割り切って自治体が本腰を入れて運営していくのか、あくまでも採算性で切り捨てていくのか。今後の推移を見守りたいと思います。

【画像は梅林地区のバス】

Imgp6963rki Imgp6966rki Imgp6960ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線廃線跡-2008年06月・その1

名鉄谷汲線跡。先月訪問時に行われていたレールの撤去は完了しています。今回は前回の続きで赤石から先の状況です。赤石から先の道路幅が狭かった部分は線路敷の路盤を使う形で道路拡幅が行われました。もともと道幅のあった場所では一部料理屋さんの駐車場に転用された場所もあります。このあたりは比較的早く線路の撤去が行われたためその程度しか目立った変化はません。

Imgp6997ki Imgp6999ki Imgp7001ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線廃線跡-2008年06月・その1

名鉄揖斐線の廃線跡。先月の訪問時に全区間に渡ってレールの切断が行われていましたが、その後黒野側よりレールや枕木の撤去作業が進んでおり、今回(4日)訪問時には北方千歳町あたりまで工事が進んでいました。なぜか黒野駅の構内だけはレールが健在でしたが...。

また構造物の撤去も一部で始まっており、美濃北方駅の西側のコンクリート橋の撤去工事が始まっていました。

【画像1~3黒野、4相羽、5~6下方、7政田、8真桑、9美濃北方、10北方の西にある橋の撤去工事】

Imgp6989ki Imgp6993ki Imgp6995ki Imgp6986ki Imgp6983ki Imgp6980ki Imgp6976ki Imgp6970ki Imgp7073rki Imgp7065rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金華山・馬の背登山道、一時閉鎖を検討

岐阜市の中心部にそびえる金華山。市街地に近く..というか市街地の真ん中にあるため、日ごろから住民が散歩や体力づくりに気軽に登れる山です。手ごろな高さで時間的にも山頂まで往復で1~2時間。毎日多くの人が登ります。

さて山の方々から延びている登山道のうち、割と急坂の部類に入る「馬の背登山道」。岐阜公園側から登るルートのひとつですが、尾根伝いの道で山頂までほぼまっすぐに登るためほどほどに急勾配なルートです。散歩がてら登るにはちょっときついルートですが、体力づくりとなると逆にこれくらいの坂がいいという人も多く、利用する人もそこそこあります。問題なのは尾根なため表土が流されやすく、人が踏みしめていくため植生にも大きく目立った影響が出てきたことです。そこかしこで木の根が地表に出てしまっており、そこを登っていかざるをえないということもあります。登山道の道幅が指定されているわけでもないため思い思いに登りやすい場所を登っているということも山を傷める原因になっています。

市では金華山の自然を守るために一時的にこのルートを閉鎖することも視野に入れて検討を始めたようです。自然は壊れるのは一瞬、元に戻るまでには気の遠くなるような長い年月が必要になります。賛否両論があるようですがどうなるでしょうか。

2006042611363kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳ヶ瀬・東海銀行跡地再開発中

岐阜市の中心部柳ヶ瀬の北端、若宮町通りと神田町通りの交差点。以前東海銀行のあったところです。古くからあった銀行の建っていた場所はたいがい一等地と呼ばれていた場所で、ここももちろんあてはまります。繁華街が衰退したとはいえ現在でも中心部では交通量の多い交差点のひとつであり、使い道によっては一等地に違いありません。

現在ここではマンションの建設が行われています。低層部は商業施設になるようで某コンビニの募集看板が既に掲示されています。

ペルル跡の再開発も来年度着工予定で準備が進んでいるようです。柳ヶ瀬にはまだまだ空きビル、空き店舗、空き地が目立ちます。中心部居住をテーマに再開発するのもいいのですが、駅前も含めどの再開発も似たような内容。なにかもっと関心を集めるようなものはないものでしょうか。

Imgp6959ki Imgp6957ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/04

FC岐阜・青く染まったスタンド...

FC岐阜、第17節ホーム3連戦の最後は甲府を迎えての試合でした。FC岐阜がJに昇格して開幕戦を戦った相手だったわけで、こちらにしてみれば記念すべき最初の勝ち点を奪った相手、あちらにしてみれば新参者相手のドローで開幕早々けちのついた相手ということだったかもしれません。

高速道路で4~5時間とそれほど遠いわけでもないこともあってか甲府のサポーターの方がものすごい人数で岐阜まで来られました。甲府はJ1への復帰が今季の目標。うちとは狙ってるレベルが違います。にもかかわらず、現時点での順位が岐阜とチョボチョボということもあって並々ならぬ意気込みを持って岐阜へ乗り込んでこられたのではと思います。

当日はデーゲームだったのでリバーサイドに車をとめてスタジアムへ向かったのですが、南駐にズラッと並ぶ観光バス....すげェ~...あきらかに甲府サポの方とわかる自家用車もかなりの数。まさに大応援団。

スタに入ると、テント村にならぶ青い集団。あきらかに緑色より青色のほうが多い。もともと岐阜の観客は時間ぎりぎりにしかスタに来ない人が多いとはいえ、緑少なすぎ..。

売店でこの有様なのでスタンドもいつもとは違う雰囲気でした。なにがって..相手ゴール裏のかなりの範囲が青に染まっているのはバスの台数からも想定できましたが、バックスタンドの屋根の下がほぼ真ん中あたりまで青一色...。メインスタンドも記者席の周りに青色が多数..。ここまで相手のカラーで染まったのはおそらくはじめてなのでは..。ゴール裏の人数自体もどうみても相手のほうが多そうでした。

それにしても雨が降るとお客さん入りませんね..岐阜は..。甲府サポの方がたくさん来てもらえなければ2000を割り込んでいたかもしれません。

こういうときに限って、また善戦したりするんですよね。試合結果は散々圧されまくっていたにもかかわらず1-1のドローでした。決定的なチャンスも数回ありましたが決めきれず、決定的ピンチは数多くありましたが精一杯の守備と運でしのぎきり、甲府さんとは再び引き分け。

試合後岐阜側は拍手のほうが多かったですね。甲府側はブーイング..まあ目標が違うし仕方ないかと..。(このあとも甲府サポの方が居残ってフロントの方と話し合いをされたとか。甲府に戻られるのがかなり遅くなったのではないかと..)

FC岐阜は勝ち点1はなんとか獲りました。試合内容は..まぁ負けなかったからとりあえずよし..なのかな..欲をいえばきりがないけれど。

とりあえず最大の課題は、やっぱりどうやってお客さんにスタへ足を運んでもらうかということなのでしょうか。夏の間はデーゲームはなくすべてナイター。小さい子供連れのファミリー層は若干減るかもしれませんね。小学生くらいならともかく乳幼児連れだとさすがに厳しい時間設定です。逆に大人にとってはナイターのほうが行きやすいかもしれません。陽が沈むと川風が吹いて気持ちいいですしね。

観客を増やしてなんとか岐阜のスタンドも緑で染めたいですね。緑色のポンチョとかオフィシャルで売らないんでしょうかね。雨降りでも緑に染めれると思うのですがね。暗くても映えるように少し明るめの緑で...。

さあ、次のホームゲームは熊本との対決。その前にアウェーで愛媛戦。二つとも勝って波に乗りたいですね。

Imgp6945rki Imgp6953rki Imgp6955rki Imgp6951rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »