« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の34件の記事

2008/05/30

FC岐阜・メモリアルセンター長良川競技場駐車場案内とバス時刻案内など

FC岐阜のホームグラウンドである岐阜メモリアルセンター長良川競技場。JR岐阜駅から4kmほど北の市街地にあるスタジアムで比較的交通の便もよいところです。

しかしいかんせん岐阜は車がないと生活に不便な街。駅からスタジアムへのバスは数多く走っていますが、市内や近郊に住んでいる方は駅まで行くのがたいへん。そもそも自宅付近に公共交通機関が走っていない方(あるいは不便)も多いはず。メモリアルセンター長良川競技場にももちろん駐車場はあるにはありますが、決してたくさんあるわけではありません。近隣の方は自転車でいくなり、駅方面の人は極力バスでいくなり、車でしか来られない方のために少しでも駐車場をあけることも必要になってくるかもしれませんね。現状の観客数くらいであれば他のイベントと時間帯が重ならなければよほど大丈夫だとは思いますが、土日のデーゲームだと駐車場が埋まることも珍しくありません。もう少し駐車場に余裕があれば最高の立地ですが市街地なので拡張というわけにもいきませんよね。

行き帰りのバスの時刻表や乗り場案内、競技場付近の駐車場地図、遠征で岐阜へこられる方用に駅周辺の宿泊案内地図などをまとめてありますので、よろしければ観戦時のご参考になさってください。

【追記   2008.06.01.一部バス路線ダイヤ改正 対応済み】

岐阜メモリアルセンター長良川競技場 駐車場案内図・入庫経路図と料金表はこちら

岐阜メモリアルセンター長良川競技場への車でのアクセスルートはこちら

岐阜メモリアルセンター長良川競技場へのバス時刻表・岐阜駅と競技場周辺のバス停乗り場案内・臨時シャトルバス時刻などはこちら

岐阜駅周辺宿泊先地図・料金目安などはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠松競馬がけっぷちに・明け渡し訴訟は原告勝訴

存廃問題が取りざたされている笠松競馬場の土地明け渡し訴訟の一審判決が今日行われた。原告勝訴。つまり競馬場の土地を地主に返せというわけである。判決によれば、賃料で合意に至らなかったことで2005年度で賃借契約は終了、その後不当に占拠されていたとみなされるということなのだろう。今回の判決では、仮執行宣言はつかなかったため即差し押さえとはならないようであるが、一方的に賃料を下げた2006年度にさかのぼって坪当たり1500~1700円相当の損害金の支払いを命じている。これは今後も土地を明け渡すまで損害金が増えていくわけなので控訴して勝つ見込みがあるのならともかく、控訴審でも負けた場合支払額はさらに膨大になる。今回の原告団の土地には馬場そのものやスタンドの土地が含まれており、土地の返還イコール廃止を意味する。公有地がほとんどなく98パーセントが借地なのでいかんともしがたい。

笠松競馬の現在の経営状態はかろうじて黒字。とはいってもこれは土地代をまともに払わず、借金の返済も先延ばしにし、賞金額も大幅に削減して関係者の生活も圧迫しての数字。賃料を判決どおり払えばあっという間に大赤字である。もともと単年度赤字になったら即廃止という前提で開催されている今、ここらが潮時なのかもしれない。

裁判所は笠松競馬は既に役目を果たし終えたという見解である。どうやら今度ばかりはなんともならなさそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線廃線跡-2008年05月・その3(関市内の区間)

美濃町線の廃線跡、関市内の区間も撤去作業が進んでいます。小屋名の交差点から赤土坂の区間は昨年の7月に撤去済。2月の訪問時に撤去作業中だった白金の先の道路に併走している部分(画像1~2)は撤去作業が完了して道路拡幅や歩道の新設に使われました。現在、赤土坂から新田方向の道路に併走している区間(画像3~4)が作業中です。この区間はバス停の引き込みも右折レーンも無い状態ですので道路拡幅されて痕跡が消えることになりそうです。

撤去状況地図はこちら

Imgp6933ki Imgp6936ki Imgp6938ki Imgp6942rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線廃線跡-2008年05月・その2(下芥見~上芥見)

その先も芥見野畑の歩道橋(国道と分かれるあたり、下芥見バス停付近)まで撤去作業が進んでいます(画像1~2)。ここから先の岐阜市内の区間は急ぎで撤去しなければならないようには見えませんが、揖斐線や谷汲線の最近の撤去作業を見る限り順次北へ撤去作業が進んでいくのではないかと思われます。下芥見駅付近(画像3)はまだレールが残っていますが、線路を撤去すれば車が通行不可だった踏み切り後などの拡幅が可能になるためおそらく近いうちに撤去作業が進められるのでしょう。大カーブを抜けたところの鉄橋(画像4)はまだ残っていますが、県道の踏切部分はかなり以前に撤去済。その先の小さな踏切の部分までの線路も撤去済です。しばらく線路が残っている区間を挟んで、上芥見駅手前の専用軌道出口あたりも100mほども以前に撤去済。上芥見(画像5)から先の道路の橋に線路が併走している区間はところどころレールが埋められていたりします。津保川鉄橋へ続く集落内のカーブの部分(画像6)は線路が残っていますが、用水をまたぐ橋は撤去済。津保川の鉄橋(画像7)も河川改修の都合で両端が撤去された状態となっています。

撤去状況地図はこちら

Imgp6888ki Imgp6891ki Imgp6897ki Imgp6917ki Imgp6906ki Imgp6931ki Imgp6920ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

美濃町線廃線跡-2008年05月・その1(野一色~岩田)

美濃町線の廃線跡も線路の撤去作業が進んでいます。前回訪問時(2月)に長森本町の専用軌道の入り口あたりでちょうど始まったところだった岐阜市内の専用軌道部分の撤去作業は着々と進み、現在芥見野畑の歩道橋付近まで進んでいます。野一色(画像1~2)、琴塚(画像3)あたりの線路も撤去されました。日野橋付近(画像4)は早い段階で撤去済ですでに一部バスの引き込み等に供用されています。日野坂から岩田坂(画像5~6)、岩田(画像7)といったあたりも線路が撤去され枕木等がところどころに山積みされています。

Imgp6838ki Imgp6836ki Imgp6848ki Imgp6854ki Imgp6864ki Imgp6866ki Imgp6876ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/28

FC岐阜・前を向いて戦い続けよう..

FC岐阜、第2クールの初戦。前回アウェー長居で0-1で惜敗したセレッソ大阪との対戦。

相手は試合前の時点で2位につけるなど絶好調。こちらは正直成績は落ち目、といってもまだ8位につけていた。問題は主力クラスがぞろぞろと怪我で離脱していること。層の薄さは気合と走り続けることと連係でカバーするしかないわけで...。まぁこちらが不利な戦いなのは試合前から歴然。でも、サッカーですからね。どこかに転がっている数少ない勝機をなんとか掴もうとがんばるわけです。

FC岐阜は前半からけっして優勢ではありませんでしたが良く持ちこたえました。それだけにPKを与えたことは悔やまれますが、しょうがない。前半0-1は許容範囲でした。

しかし2点目を取られたあたりからなんとなくおかしくなり、終わってみれば0-5と惨敗。こてんぱんにやられたという感じです。絶好調で2位につけているチーム相手なのだから傍から見れば順当なのかもしれませんが...悔しい。PKの2点は余分だった。少なくともこちらにも決定機は数回あったにもかかわらず得点できなかった。むしろ悔しかったのは負けたこと以上に1点も取れなかったこと...。1点取ったところで負けは負け。確かにそうなのですが、この先もシーズンは続くわけですから意味合いは大きく変わったでしょう。

判定が微妙という意見もあるでしょうが、こればかりはどうしようもないし、それも含めてJ2なのでしょう。もちろん思うところはありますが...

それにしてもホームで勝てません。芝が不向きなのではという話もあります。まわりの期待が大きすぎて逆にプレッシャーを与えているのかなとも思ったりします。そりゃ勝ってくれればそれに越したことはありませんが、毎回勝てるなどとはこちらも思っていません。もちろん毎試合勝つつもりで臨みますが、やるだけやっての結果問題とは別。できる限りのことをやっての負けなら仕方ないと思っています。やることをやらずに負けるのは論外ですが...。

ゴール裏エリアあたりもずいぶん人が集まるようになってきました。声を出したり手拍子をしたりする人も増えてきたように感じます。実際今回の試合はよく声が響いていたのではないでしょうか?風向きや空気の澄み具合も関係してくるので一概にどうとは言えないのかもしれませんが。

昨年もこの話題に触れましたが、「いつかはやってくるなかなか勝てない時期」。FC岐阜には昨年もそんな時期がありました。それでもチームもサポーターも前を向いて戦い続け、そして今があります。ことしもなかなか勝てない時期にぶち当たっています。いや、新参者なのですから通年この状態なのがむしろ普通のことなのかもしれません。

前を向いて戦い続けましょう。後ろを向いたり下を向いたりしていても勝利はつかめません。

「FC岐阜!がんばれ!」

Imgp6825rki Imgp6821rki Imgp6827rki Imgp6818rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20万アクセス御礼

いつもご訪問いただきありがとうございます。

どうも先週末あたりに20万アクセスを超えたようです。記事の更新も不定期、アクセス解析やカウンターもただつけているだけでろくな管理もできていないため今日になって気づいた次第です。

今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠松競馬・明け渡し訴訟明日判決

存廃問題でゆれている笠松競馬。ほとんどの土地が借地なうえ地主が一枚岩でなく、借地の賃料が発端で土地の明け渡し訴訟に発展。明日いよいよ判決が言い渡される。

判決の内容によっては存続問題に大きくかかわってくるだけに注目される。単純に法律面だけに照らし合わせれば競馬場側が不利に見える。公共財としての判断がどう絡んでくるか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとも後味の悪い結末-大相撲夏場所2008・千秋楽

夏場所は琴欧洲悲願の初優勝。これはこれでよかったのだろうが、それが霞んでしまうような後味の悪さが残った。いうまでもない千秋楽の結び。横綱なんだから..二人とも。いいかげんにしてほしい。別に仲良くしろとはいわんが、土俵上であれはなかろう。大人気ない..。

協会の後始末の不手際が余計に印象を悪くした。なぜこう後手後手なんだろう。

肝心の場所のほうは、横綱二人は体調面もあって到底満足のいく成績ではなかった。大関陣は琴欧洲の好成績が目立ったが、これも横綱が不調だったから目立っただけ。他の大関は散々な成績。

若手が力をつけているの一言では済まされない。

いいかげん発奮するか身を引くか決断しなければいけないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/25

FC岐阜・山中製菓で飴まつり

FC岐阜のスポンサー「山中製菓」さんで恒例の飴まつりが行われました。午前中から地元の子供たちを中心に賑わいましたが、昼ごろからはあいにくの雨模様に...。午後は若干少なめの来場者。

飴すくいで袋いっぱいの飴がお土産に渡され、棒飴の成型を体験できるコーナーや綿菓子つくりなど子供たちは結構楽しんでいたようです。

14時頃からはこちらも恒例となったFC岐阜の選手によるトークとサイン会。今年は北村選手と嶋田選手でした。トークでは面と向かって聞きにくいような話題(うわぁ、社長その話題振る?)も出たりして...。サイン会は色紙、旗、ユニ、Tシャツ、エコバック、ボールなど思い思いのものにサインをしてもらって、時間的にも余裕があったのでお一人で2~3点持ち込んでサインをもらっている方もおみえでした。サイン会の後で選手とのじゃんけん大会、子供限定(苦笑)。まあこのイベントは地元の子供たちが主たるお客さんですから仕方ないですね。さて、もらったオレンジ券をどうするか...1枚だけだしねぇ...。

雨で来場者は少なめでしたが、ローカルなイベントなだけにかえってアットホームでいい感じでした。

さて今日から第二クール。FC岐阜はいきなりセレッソ大阪との対戦で幕開けです。前回の対戦では0-1での敗戦。あわよくばひっくり返せるような差に見えますよね。少ないかもしれませんが勝機はあるでしょう。

第二クールもがんばってFC岐阜を応援しましょう。

Imgp6809rki Imgp6806rki Imgp6810rki Imgp6801rki Imgp6793rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琴欧洲・悲願の初優勝-大相撲夏場所2008・14日目

夏場所14日目

琴欧洲、悲願の初優勝!

素材は抜群で大関まではトントン拍子に出世したものの、靱帯を傷めてその後は力を十分に発揮できないまま年月が過ぎたが、今場所はカド番なこともあり自分の相撲をとることに徹したのが好成績に結びついた。もちろん朝青龍が場所前から万全の体調でなかったことや白鵬が場所も佳境に入ったところで足を痛めるという運もあった。

いずれは琴欧洲も引退するときが来る。大関まで上って優勝が一度もないままでは少し寂しいだけに、なにはともあれよかった。横綱の調子いかんでは今後も優勝の目がないわけではない。来場所以降も自分の相撲でがんばって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/22

FC岐阜・セカンドチーム岐阜県2部リーグ日程

FC岐阜のセカンドチーム。先日の全社県大会は見事優勝。東海地区予選は7月の5日、6日に大垣・浅中公園陸上競技場にて行われます。初戦は7月5日12:00キックオフ。相手は静岡第7代表の静岡市役所清水(静岡県1部)。勝ち上がれば次の相手は静岡第2代表の矢崎バレンテ(東海1部)と愛知第3代表のトヨタ蹴球団(東海2部)の勝者。7月6日11:00キックオフ。勝ち抜けば全社の全国大会へ行けるわけですが、正直厳しい戦いでしょう。

FC岐阜セカンドチームのメインとなるリーグ戦のほう、岐阜県2部リーグが開幕。FC岐阜セカンドチームは8-0で白星発進でした。同期昇格のオリベ多治見も白星発進のようです。FC岐阜セカンドチームの岐阜県2部リーグの日程は下記のとおり。

5月18日10:00 各務原勤労者グランド  対戦相手 岐阜蹴球倶楽部

6月29日10:00 各務原勤労者グランド  対戦相手 セイカFC

10月19日12:00 各務原勤労者グランド   対戦相手 岐山OB

11月2日11:00 各務原勤労者グランド  対戦相手 美濃FC

11月9日11:00 高山・中山競技場    対戦相手 古川クラブ

11月16日14:00 各務原勤労者グランド  対戦相手 加茂FC

11月23日12:00 各務原勤労者グランド  対戦相手 岐商FC

11月30日12:00 各務原勤労者グランド  対戦相手 KFC

12月14日14:00 各務原勤労者グランド  対戦相手 FCオリベ多治見

秋から冬にかけてがほとんどですね。オリベとの対決が最終日の最終戦..なにか作為的なものを感じないでもありません。

セカンドチームとはいえ高山での試合が組まれているのはいいことかもしれませんね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・今年も山中製菓で飴まつり

今年もFC岐阜のスポンサーでもある山中製菓さんで飴まつりが行われます。もうすっかり恒例行事になってしまいましたね。

飴つくりの体験ができたりするので地元の子供たちのなかには楽しみにしている子も多く、今年も午後からはFC岐阜の選手のサイン会が予定されています。誰が来るのか楽しみですね。

先週末の中日新聞に折り込みチラシが入っていました。おそらく今年も鏡島・市橋あたりの地区に折り込まれているはずですので、該当地区の方はぜひチラシを探して子供さんに裏の塗り絵をさせて持たせてください。

現地には駐車場はまったくありませんのでご注意ください。消防署がすぐ裏にありますので周辺の路上駐車もご遠慮を。

20080521001 20080521002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・第1クールは8位で終了

FC岐阜の第1クール最終戦は18日にホーム長良川で行われた。対戦相手はザスパ草津。2年前の天皇杯で当時東海1部だったFC岐阜がJへの初挑戦をした相手である。あの時は見事にはじき返されましたが、それでも岐阜が果敢に攻め込んでいた時間帯もあり「いつか、また挑戦を」との想いを持つには十分な戦いぶりでした。

あれから1年半。FC岐阜はカテゴリーを2つ上げてついに同じリーグで草津への再挑戦。並々ならぬ想いをもっていた方も多かったのではないでしょうか。

再挑戦の試合は..またはじき返されました。点差こそ0-1でしたが内容的には今シーズンの中でも悪いほうから数えたほうが早いような...。劣勢の中時折攻め込むも決めきれず、PKも外し、バーに助けられ...。それでも確実に2年前のような差はなさそうです。まだ挑戦は始まったばかり。経験を積み重ねていきましょう。

試合以上に悔しかったのが応援...。草津さんも相当な意気込みだったのかものすごい人数で岐阜まで応援に駆けつけられました。こっちのほうが少ないんじゃないかと思うくらいに..。わざわざ遠征されるくらいですから声出しの精鋭ぞろいなのでしょう。ものすごい声量でした。当面の目標とする応援レベルを見せていただいたような気もします。群馬から遠路お疲れ様でした。

21日には15節が行われFC岐阜は日程の都合で今節は休み。FC岐阜はとりあえず一通りすべてのチームとの対戦を終えたところで5勝7敗2分けで8位。Jに上がったばかりなことを考えれば成績的には上々な気もします。しかし勝てそうな試合を勝ち切れなかったりもしていますので欲をいえば勝ち点がもう少し取れていたのではという気もしないではありません。

できればホームゲームでも勝って欲しいですね。確率的にいけばそろそろ勝ちが見られる頃なような気が...。

次節の相手セレッソ大阪とは前回は0-1で惜敗。現在2位と好調な相手とはいえこちらにも勝機は多少はあるはず。少ないチャンスを確実にものにして、精一杯走って、守って。私達も精一杯声を出したり手拍子をしたり...。

さあ第2クールもがんばろう!

Imgp6786rki Imgp6787rki Imgp6788rki Imgp6789rki Imgp6790rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんと琴欧洲がトップに立つ-大相撲夏場所2008・11日目

大相撲夏場所11日目

今場所落ち着きが見られあわよくば全勝優勝も..という感じだった白鵬に10日目に土がつき、しかもそのときに足を少し痛めたようでどんな具合かが心配された11日目。千代大海との対戦は若干足の影響があるかとは思われたが、それでも勝って1敗を守った。

結びは琴欧洲が朝青龍に勝って全勝を守り単独トップを守った。場所前に誰がこんな展開を予想したろう。大関になってからぱっとしなかった琴欧洲が一花咲かせられるか?

明日12日目は白鵬-琴欧洲の直接対決。白鵬が勝てば千秋楽までもつれる可能性が大。琴欧洲が勝てば...星二つ差があれば優勝は現実味を帯びそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/17

FC岐阜・北西部運動公園での練習

FC岐阜、今日の練習場所は北西部運動公園のAグラウンドでした。たまたま別件(前の一連の記事のため)で出かける途中、いつものように抜け道でグランドの横を通ったところ「グレーにピンクラインのトレーニングウェア」を発見!.....

せっかくなので少し観ていこうと駐車場へ車を入れ1時間ほど見学を..。っていうか、ここで練習するのって初めてなんじゃ...。

この北西部運動公園は前々から話題になっていた練習場です。FC岐阜に利用してもらおうという芝のグラウンドを含めて岐阜市が整備した場所です。芝のAグラウンド(FC岐阜はほとんどこちらを使うことになるでしょう)と土のBグラウンドがあります。Bグラウンドでは少年サッカーの試合中でした。Bグラウンドは夜間照明つき、屋根つきのベンチあり。芝のAグラウンドは....。まあ練習は日中だし、芝さえ良い状態なら文句は言いませんよね?まわりは田園地帯で空気もいいし、駐車場もそこそこ広いし、トイレは目の前にあるし、これであと飲料自販機があれば最高!

さて肝心の練習のほうは試合前日なので軽め。誰がいたのかは試合前なので控えます。

ギャラリーは最初10人くらいでしたが、20人くらいになったのでしょうか。練習場所がスケジュールに出てなかったはずなのになぜか続々と...。

さあ、明日は草津と2年越しのリベンジマッチ。2年前はカテゴリーが2つも違う「まさに挑戦」でしたが今回は同じカテゴリー。勝ちにいきますよ。

【画像1~3に写っているのが芝のAグラウンド、画像4~6が土のBグラウンド】

Imgp6663rki Imgp6658rki Imgp6652rki Imgp6653rki Imgp6656rki Imgp6657rki Imgp6659rki Imgp6660rki Imgp6662rki Imgp6661rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今場所は白鵬っぽい-大相撲夏場所2008・7日目

大相撲夏場所。もう7日目です。今場所も優勝争いは両横綱が軸ではありますが、朝青龍のほうがなんともピリッとしません。場所前から体調を懸念はされていましたがなんとか勝っているかなという印象。強い横綱というイメージからは程遠い内容です。白鵬のほうは万全。毎回懸念される初日のつまづきもなく、なんともどっしりと落ち着いた相撲をとっています。どっちが先輩横綱かわからないような状態ですね。

大関陣は多くは期待していないので、まぁ今場所もこんなもんかという感じです。

把瑠都が上位との連戦で結局一人も大関を倒せなかった...。二人くらいはいけるかなと期待していたのですが...。気を取り直してなんとか勝ち越しを目指しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線廃線跡-2008年05月・その3(八王子坂~北野畑)

谷汲線の廃線跡、大野町内の一番北の区間、平野から山間部へと雰囲気が一気に変わるあたりです。モーターを唸らせて登っていた八王子坂付近(画像1)のレールも撤去されました。交換設備を持つ山間部にしては比較的敷地の広い北野畑(画像2~4)のレールも撤去されまとめられていました。山際にへばりついている駅の印象が強かったこの駅も、ホームはかろうじて残っているものの、駅舎もなくなりレールもなくなると結構広く感じます。

Imgp6732ki Imgp6736ki Imgp6737ki Imgp6739ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線廃線跡-2008年05月・その2(稲富・更地)

谷汲線の廃線跡、稲富(画像1~2)から更地(画像3~4)のあたりです。このあたりもレールは撤去され枕木も山積みにされています。ホームは形を残しており、なによりも更地の桜の木が健在なのはなによりでした。

Imgp6720ki Imgp6722ki Imgp6724ki Imgp6726ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線廃線跡-2008年05月・その1(黒野北口・豊木)

谷汲線の廃線跡。こちらは揖斐線の全廃よりも以前に廃止されたため既に廃線後6年半の歳月が流れたことになる。黒野から北野畑あたりまでの大野町内の区間はつい最近までレールの残っている部分が多かった。その先赤石あたりから谷汲までの区間はかなり以前に線路が撤去済である。

この谷汲線の大野町内の廃線跡のレールの撤去が、この春美濃町線や揖斐線のレール撤去と時を同じくして行われている。いままで6年以上も放置しておいてなにゆえ今頃?という気もしないでもないが、ついでにまとめてやってしまったほうが割安だからなのか、鉄が高騰しているうちに売り払ってしまおうという算段なのかは定かではないが、鉄道遺構はまもなくただの空き地に姿を変える。

今日の訪問時にはちょうど黒野北口(画像1~2)と豊木(画像3~4)で枕木の撤去作業中でした。レールは既に取り払われてまとめられていました。

Imgp6712ki Imgp6713ki Imgp6716ki Imgp6718ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線廃線跡-2008年05月・その4(下方・相羽・黒野)

揖斐線の廃線跡、今回の最後は大野町内の区間です。

藪川(根尾川)の橋梁(画像1)は大部分が撤去され東側の一部のみが残っています。下方(画像2)、相羽(画像3~4)、黒野(画像5~7)とこのあたりもレールは切断済みです。ポイント付近の複雑にレールの交わっていたあたりは釘を抜いたときの作業の流れでか、レールの断片がばらばらの方向を向いてまばらの転がっており、いよいよ撤去なんだということを感じさせられます。

この跡は谷汲線の廃線跡へ。

Imgp6697ki Imgp6700ki Imgp6701ki Imgp6702ki Imgp6708ki Imgp6704ki Imgp6706ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線廃線跡-2008年05月・その3(真桑・政田)

揖斐線の廃線跡、次は旧真正町(本巣市)の区間です。

真桑(画像1~3)から犀川橋梁(画像4~5)、政田の大カーブ(画像6)、そして政田駅(画像7)。真桑周辺の県道直近の踏み切りは既に以前に改良済み。政田駅付近も以前に改良済み。それ以外の区間もレールがカットされました。

Imgp6680ki Imgp6679ki Imgp6682ki Imgp6684ki Imgp6686ki Imgp6688ki Imgp6694ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線廃線跡-2008年05月・その2(北方東口・北方千歳町・美濃北方)

揖斐線の廃線跡、続いては北方町内の区間です。このあたりもレールは切断されています。北方町内はかなり広範囲で区画整理が行われており、門前町の旧市街で道幅の狭い駅周辺は線路敷を使って道路改良が行われるかもしれませんね。

北方東口(画像1~2)、北方千歳町(画像3~4)、美濃北方(画像5~7)ともにホームや駅舎は現存しています。北方の駅舎の入り口が頑丈に木が打ち付けられたのがちょっと変化があった部分です。

Imgp6666ki Imgp6664ki Imgp6669ki Imgp6671ki Imgp6673rki Imgp6676rki Imgp6677rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線廃線跡-2008年05月・その1(近ノ島・旦ノ島・尻毛・又丸)

揖斐線の廃線跡。年度末の頃から鉄橋の撤去などが各所で行われてきましたが、揖斐線の撤去作業が佳境を迎えようとしています。レールの残っていた区間のほぼ全区間でレールの切断(カット作業)が行われ、釘も抜かれて回収するばかりという状態になっています。

近ノ島(画像1~2)、旦ノ島(画像3~4)あたりはレールはカットされているもののまだ雰囲気は残っています。伊自良川橋梁(画像5)は河川改修工事で鉄橋が半分ほど撤去された状態です。尻毛(画像6~10)はかなり雰囲気が変わってしまっています。国道交差点の改良、県道の拡幅とバス停の引き込みに伴い踏切部分がかなり前に撤去され道路も改修済みです。又丸(画像11~12)もホームは現存しています。

Imgp6770ki Imgp6772ki Imgp6763ki Imgp6765ki Imgp6760rki Imgp6752ki Imgp6750ki Imgp6746ki Imgp6751ki Imgp6747ki Imgp6741ki Imgp6742ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・我慢、そして..

FC岐阜、GWホーム連戦の2戦目は怪我人などの事情もあっていつもと違う顔ぶれで臨んだ鳥栖戦。はっきりいって圧されっぱなしの展開だったが我慢してよく耐えたほうなのではないだろうか。上位争いをしているチーム相手にPKの1失点だけに抑えたのだから、勝てはしなかったが許容範囲の出来だったと思います。

この試合も子供が無料だったことや子供向けのイベントなどもあって、比較的子供連れのファミリー層が多かったように思います。なによりもゴール裏(サイドスタンド)で観戦されている家族連れがいつもより多く感じました。これも芝生席がある気軽さでしょうか。「ネットを揺らせ..」のタオルを振り回すときは、結構スタンドのあちらこちらで子供たちが一緒に振り回していましたね。小さい子供たちに2時間ずっと集中して応援しろといっても無理ですし、ところどころでも「今日の試合の応援は楽しかった」と思って帰ってもらえたのなら、これはこれでよかったことだと思います。雰囲気から入るのもありですよね。

さて、ホーム連戦のあとは昨年来のライバル熊本戦。FC岐阜はやってくれました。相手の退場もあって2-0で勝利。ホントこのチームはアウェーに強い...っていうか、ホームのときにこの爆発力があればもっと子供たちが喜ぶのに..などと思いつつ..。

とりあえず現在8位。

FC岐阜は次の草津戦で1クール目の14試合を戦い終えます。草津戦に勝てば1巡目は勝率5割ということになります。新規参入チームにしてはよくがんばっていますね。

【画像は5月6日鳥栖戦のもの。ゴール裏エリアがいい感じに家族連れで程よく埋まって..】

Imgp6638rki Imgp6640rki Imgp6643rki Imgp6645rki Imgp6647rki Imgp6648rki Imgp6650rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/06

FC岐阜・今日は鳥栖と対戦・子供は無料

FC岐阜ホーム2連戦の2戦目。今日はサガン鳥栖を長良川に迎えての試合です。今日もいいお天気です。前回よりは気温もやや低めの予想のようです。

今日もJリーグのファミリーjoinデイズに連動しており子供向けのイベントがいっぱい。子供先着プレゼントもあります。

FC岐阜の試合は今日も子供は無料です。連休の最終日、今日の試合は16時開始ですから午後からゆっくり出かけて、のんびりとFC岐阜の試合を観戦してから晩御飯を食べに行くのもいいかもです。今日はメモリアルセンターの他施設も野球のベーブルース杯くらいしか来場者の集まりそうなものはないので駐車場もそれほど混雑しないでしょう。もちろん駅からの臨時バスもあります。近所の子も自転車でどんどん集まれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・5月3日は鬼門?

FC岐阜、ゴールデンウィークホーム連戦の1戦目は愛媛を迎えての対決..でしたが、負け。

スタンドに入ってまず目に飛び込んできたのは愛媛スタンドのダンマク。ぜんぶ逆さ。うわぁ~..すごい意気込み..。死ぬ気でやれってか?これは手強そうな雰囲気。

試合が始まると立ち上がりからなんかいつもと違うチーム。運動量もいつものようではないし、攻守にわたってキレがないというか精彩を欠く。なんか昨年の一時期のような状態。先制点を取られるのはさすがに見慣れたのでなんとも思わなくなったし、いつもならこれをきっかけに火がつくのだが今回は...。ゴール前の混戦から追加点を取られたあたりも人数はこっちのほうが多かったのに..。この季節にしては異常な暑さではあったが、これは相手もお互い様だし、連戦の疲れというのもお互い様。前節の水戸戦の内容がよかっただけに今回も勝って波に乗りたかったところなのだが、むしろ今季一番悪い内容だったような。

後半は結構攻めていた。せめていたんだけれど切れがないのでシュートまでいっても点に結びつかない。

まあ終わった結果は仕方がないですね。長いシーズンですしこんなこともあるでしょう。

負けたことよりもむしろ痛いのは怪我人が続出したこと。ゴリさんは顔だけなので大丈夫でしょうが、リュージと吉村は足をやってしまったようで全治2~3週間とのこと..。フルパワーで出られるまでに1~2ヶ月かかるんでしょうかね..。コジもいないし嶋田もいない、さらに二人抜け、藪田も本調子には程遠いし..。しばらくは我慢かな。こんなときこそチャンスなので控え組みにがんばって欲しいですね。

5月3日...昨年もろくでもなかったような..客は入らんわ、負けるわ、内容は悪いわ。来年の5月3日ははアウェーになりますように...

いや、案の定というか連休初日は客の入りは悪かったですね。昨年は2000ちょいでしたからそれにくらべれば3500は増えたといえば増えましたが、子供が無料だった割にはそれほど子供の数が多くも感じませんでした。おまけにこの暑さでバックスタンドも前のほうはガラガラ、屋根の下だけがアウェー側に近いところまで大入りの状態。余計にすいているように見えました(苦笑)

さて、この日は子供向け(?)イベントがたくさん催され、そのうちのひとつ「選手とハイタッチしよう」というイベントが当ったので、チビをつれて参加してきました。15分くらいピッチの入り口の炎天下にいたでしょうか..たいへん暑かった(笑)。おみやげに入り口で配っていたものと同じレジャーシートと牛乳..?なにうえ牛乳?と思っていたら、サプライヤーが増えたんですね。ありがたくいただきました。

Imgp6632rki Imgp6633rki Imgp6634rki Imgp6635rki Imgp6636rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・secondチーム・県予選突破

FC岐阜のセカンドチーム。全社の県予選を1位通過しました。

東海予選の枠は岐阜県には2枠割り当てがあるので、決勝に進んだ時点で東海予選への出場は確定していたのですが、1位通過できるかどうかで次の組み合わせが左右される上、なによりも天皇杯の県代表決定戦へは1位通過のチームしか進めないとあって今回の決勝戦は重要な意味を持っていました。

決勝は1-0と僅差の勝利だったようです。相手は昨年の県1部覇者だったわけですが、とにかく勝ってよかったと思います。これで天皇杯アベック出場への望みがつながりました。

1位通過ということで夏に行われる全社東海予選でもホーム開催(といっても浅中ですが)の枠になり優位に進めるのではないでしょうか。例年通りの組合せなら初戦は静岡6位(静岡県1部クラスのチーム)、2戦目が静岡3位(東海1部の藤枝市役所)と愛知2位(東海1~2部クラスのチーム)。岐阜県リーグのレベルからみるとハードルはかなり高いですがこれを勝ち抜けば全社の本大会です。正直なところ今回の県決勝で圧勝できるくらいでないと東海予選の段階で既に微妙な気もしますが、がんばってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊達公子・岐阜では優勝と準優勝、そして福岡へ

岐阜で行われていたカンガルーカップ。伊達公子選手の復帰戦はシングルス準優勝、ダブルス優勝とまだまだ日本では十分通用する実力の持ち主であることを示して終わった。予選から8日間で12試合、後半は毎日シングルスとダブルスの両方を連日戦い抜くという過酷な日程を勝ち抜いたのだから、年齢やブランクのことを考えると信じられない結果なのだが...。

優勝を決めたその日のうちに福岡へ移動。中一日で6日からは福岡の大会に出場である。なんというタフな人でしょう。若手にいい影響が出ることを期待したいですね。

伊達公子選手、福岡の大会ではシングルスはもちろんですが、ダブルスは今度は土居選手と組んでの出場です。普段は奈良選手と組んでいる子です。次代の日本女子の中核になるだろう二人と一緒に戦うことで奈良・土居の二人の選手がなにかを掴み、世界の舞台でジュニアのときと同様にはばたいてくれるといいですね。

伊達選手シングルス初戦の相手はクリッツ選手。岐阜ではダブルスの準決勝で対戦しています。順調に勝ち進めば2戦目で藤原選手、3戦目で中村選手と岐阜の大会と同じような相手と戦うことになりそうです。

ダブルスの初戦はバイ・クリッツ組。こちらもクリッツ選手が初戦です。岐阜の準決勝の相手です。今度は土居選手とのペアで対戦することになります。勝ち上がれば2戦目はおそらく久見選手の組。久見選手は岐阜では土居選手とペアを組んでいましたね。

シングルス、ダブルスともに岐阜からの転戦組みが多数。伊達選手の戦いぶりは十分判っているはずですからなんらかの対策を練ってくるでしょう。なによりも伊達選手のスタミナや体調が少し心配ではあります。

伊達公子選手、今日6日から福岡に登場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

伊達公子・決勝へ

伊達公子選手がついに決勝へ駒を進めました。

すごいですねぇ...というか、他の選手達はなにをやっているんだか..。

シングルスの決勝は世界ランキング86位の選手ということで、先日当たった中村選手と同等程度のランキングということになりますね。大きな大会(ウィンブルドンとか)でも16強程度までは何度も進んでいるベテラン選手ですから、相当熱の入った試合になることが予想されます。

ダブルスは昨日のシングルス準決勝であたった相手を含むペア。世界ランキング(ダブルス)で191位と240位の選手です。昨日対戦しているだけに要注意かもしれませんね。

もうここまできたら優勝しちゃってください。日本のテニス界のレベルを露呈する形になってしまっても仕方ないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

FC岐阜・さあ愛媛戦・子供無料

FC岐阜、ゴールデンウィークのホーム連戦。一つ目の愛媛戦の日がやってきました。岐阜はいいお天気です..というか相当暑くなりそうです。

今日のFC岐阜の試合は小学生以下はバックスタンドは無料、メインスタンドも保護者同伴なら大人の分のチケットだけで入場できます。

昨日うちの地区の小学校は今年度最初の授業参観で、おきまりのPTA総会があったのですが、その場で演壇の先生方からも「明日はサッカーを観に...」という話が出るわ出るわ。校長先生からも「明日のFC岐阜の試合は子供さんは無料なので..云々」という話が保護者が集まっている総会でさも当たり前のように話題に出ました。うちの小学校は他の小学校に先駆けてFC岐阜を招いて児童との交流会を2度も開いたのは既報のとおり。その後もなにかにつけFC岐阜の話題を校長先生が子供たちの目や親御さんの前ででるほど校長先生はじめ先生方が好意的。そんなこんなで試合を観にきている子も結構いるようです。飴屋さんのお膝元なこともあり余計に身近なのかもしれませんが..(飴屋さんの前を通ればFC岐阜ののぼりが自然に目に入りますしね..)

テニスの伊達さんが勝ち残っていることもあり、今日のメモリアルセンターはたいへん賑わいそうです。他のスポーツがらみで来場している方も多い今日こそ、盛り上がり振りをアピールして「一度FC岐阜も観にいってみようか」というかたを増やすチャンスかもしれません。

さあ、きょうもがんばろう。

いくぞ!FC岐阜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊達公子・ついに準決勝へ

伊達公子選手

準々決勝でなんと勝ってしまいました。それもシングルスもダブルスも両方...。

シングルスの相手は現役の日本ランキング3位、国際ランキングでも80位の中村選手。ダブルスの相手は国内ダブルスランキングで6位と8位の選手のペア。いくら元世界4位とはいえ予選から連戦の伊達選手にはきつかろうと思っていましたが。シングルス、ダブルスともに粘り勝ち!すごいというかなんというか...

長年のブランクや年齢というハンデがあってこの成績。脱帽です。

今日の準決勝はシングルス、ダブルスともに外国選手との戦い。シングルスは世界ランキングで159位の選手。本戦1回戦であたった藤原選手(国内7位)より上ですから、国内ランキングに置き換えるとベスト5くらいに相当する選手です。ダブルスの相手はダブルスの世界ランキングで374位と512位とはいえ油断は禁物。気温もかなり高くなりそうですし体力勝負になるときついかもしれませんね。

2000人収容のセンターコートは今日も1600人ほどの大入りの観衆とたくさんの報道陣でにぎわいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/02

FC岐阜・明日はホームで愛媛戦・小学生以下は無料

FC岐阜、明日3日はホーム長良川競技場で愛媛FCとの戦いです。

小学生以下はバックスタンド(ゴール裏も)入場無料。近くの子供たちは友達同士で自転車で見に来るといいですよ。他にも子供向けのイベントがいっぱい。詳細はFC岐阜公式ホームページでご確認を。

子供が小さいからと二の足を踏まれていた方も遠慮なく気軽に観戦をどうぞ。長良川競技場は芝生席もありますし、普段のホームゲームから家族連れ(小さい子供もたくさん)が多いので、ピクニック気分で観戦されるのもいいかと思います。

雰囲気を楽しみたい方は遠慮なくゴール裏エリアへ。総立ちで声を出すも良し、その横あたりで手拍子だけしてみるも良し。来られてみると判ることですが、このエリアにも予想以上に小さい子供がたくさんいます。むしろ歌や手拍子があることで子供たちが飽きないという面もあったりします。

岐阜駅からは臨時のシャトルバスもありますし、路線バス自体が10分毎程度の間隔でありますのでさほど不便でもありません。

駐車場は..明日は様々なイベントがあるのでゆっくりいくとないかもしれません。(もともとそれほどの台数がないので)。テニスで伊達選手が勝ち上がるかどうかにも大きく左右されそう(伊達選手見たさに2000人くらい観客を集める)ですが、250チーム参加の卓球大会や柔道、空手、社会人野球、プールの無料開放などもあり、メモリアルセンターはかなり賑わいそうです。会場から2~3キロ県内に住まれている方は自転車で来場するのが時間的にも一番確実かもしれませんね。自転車置き場はいっぱいあります(入場口のすぐ下にも置ける)から。

相手チームのイメージカラーはオレンジ色です。この色の服を着ての観戦はは極力避けましょう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊達公子・準々決勝へ

岐阜で行われているカンガルーカップ。

伊達選手はシングルス、ダブルスのどちらも勝ちあがりました。

今日はどちらも準々決勝。

シングルス、ダブルスともに今大会の第一シードとの対戦、最大の山場といえるでしょう。

シングルスは中村藍子選手との対戦。国内ランキングでは現在3位、国際ランキングでも80位の選手です。今大会に出場している選手の中では一番強いはずの優勝候補の選手です。

ダブルスは米村・波形組、国内シングルランキングで6位と11位(国際ランキング180位と220位)、国内ダブルスランキングで6位と8位というペアとの対戦です。

どちらの試合も勝つのは難しいかとは思いますが、勝ってしまったとしたら伊達選手すごいですね...というか現状の日本女子のレベルが...という話になりそうな...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »