« FC岐阜・これも地道にファンを増やす活動? | トップページ | 国体・サッカーも高校野球もがんばれ »

2007/09/29

大相撲秋場所後も大騒動

大相撲秋場所が結局白鵬の優勝で幕を閉じ、三賞も豪栄道をはじめ割と大盤振る舞いでの受賞となった。朝青龍の不在を若手ががんばって盛り上げ結果としてはいい場所だったように思う。そのため大関陣の不調がよりいっそう目立ったともいえるのだが..。そう遠くない時期に新旧交代になりそうな気配であった。

さて場所後の展開。市原は無事に関取昇進となった。めでたしめでたし。

把瑠都も星勘定からいくと幕に戻ってこれそうである。

あとは...連日テレビなどのワイドショーやニュースで相撲の話題がトップに近い扱いがされている。

ひとつは朝青龍問題。やめさせろという強硬論もいまだくすぶり続けている。そんな中朝青龍は10月中旬にも日本に戻ってきそうである。今朝の新聞各紙が報じている。帰ってくれば当然記者会見で謝罪ということになるのだろうが、まだまだ茨の道には違いない。しかし、秋場所の上位陣の内容からも朝青龍期待論が依然あるのもまた事実である。

さて、それ以上に話題になっているのが時津風部屋の問題である。格闘技なのだからしごきはあって当たり前なのだが、どうやらエスカレートしすぎて頭を殴ったりしたような気配である。個人的にはさすがにやりすぎでないかと思う。かといってしごきをなくせばいいとは思わない。時津風親方も相撲歴は長いのに生命に危険を及ぼす場所とそうでない場所の区別くらいつきそうなものなのだが...。

この問題、理事長が大臣に呼ばれて指示を受けるという前代未聞の展開となってきている。もちろん親方をはじめ警察の捜査を受けており、このままいけば立件されそうな情勢である。相撲界全体、しごきという点ではスポーツ界全体に影響を及ぼす問題に発展している。当初は「立件されれば処分も検討」という方向だった協会も、大臣に直接指示を受け早急に処分の検討に入らざるを得ないようである。

まだまだしばらくは相撲をめぐる騒動は収束しそうにない。

どうせ話題になるなら、もっと明るい話題で盛り上がってほしかった。

|

« FC岐阜・これも地道にファンを増やす活動? | トップページ | 国体・サッカーも高校野球もがんばれ »

スポーツ」カテゴリの記事

スポーツ-相撲-2007」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81310/16604970

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲秋場所後も大騒動:

« FC岐阜・これも地道にファンを増やす活動? | トップページ | 国体・サッカーも高校野球もがんばれ »