« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の67件の記事

2007/09/29

FC岐阜・得点力は上がる?

得点力不足が深刻といわれるFC岐阜に新加入選手。J2の札幌からFWの相川進也選手。J2で130試合ほど出場経験があるようです。高校選手権で片桐たちが決勝まで行った大会で、準決勝で対戦しているようです。どんなだったかは記憶にありませんが..。あのときの準決勝で萩の守っていた岐阜工ゴールにシュートを決めているようです。ある意味縁のある選手なのかもしれません。レンタル移籍ということで1月までの短い間ですが、FC岐阜がなんとか4位以内を死守できるよう活躍してほしいですね。本音を言えば、相川の加入で同年代の片桐が発奮してくれるといいのですが...。

さてBチームは明日国体の初戦。秋田県チームとの対戦です。

Aちーむは来週は天皇杯でJとの戦い。

チームとしては懸案の増資計画書や加盟申請を行った模様です。

先日は小学校で交流会。一緒にミニゲームをしたのは希望した男子だけだったようですが、なかなかいい雰囲気だったようです。5・6年生だけが参加した交流会でしたが、むしろ低学年の子達が休み時間に外からのぞいて興奮していたようです。まあ、監督の話などをおとなしく聞けるかとなると高学年限定も仕方ないかなとも思いますが、話ははしょって一緒に触れ合うほうに重点を置けば低学年対象でもできるかなという気はしました。いずれにせよ裾野を広げるという意味であちこちの学校でもこういったイベントが行われればいいと思います。

今シーズンの残りもあとわずか。昇格を信じてやれることをやりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

津屋川の彼岸花

津屋川の彼岸花が今年も川岸に咲いています。

今年は異常に夏が暑かったせいなのか開花時期が遅れているような感じがします。

堤防を埋め尽くすような一面の彼岸花..という状態には残念ながらなっていませんが、それでも結構な数には違いありません。

動画をYoutube版で公開中

Imgp4343rki Imgp4334rki Imgp4342rki Imgp4340rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西濃地区の交通体系大幅に再編

10月1日から近鉄養老線が養老鉄道に替わるほかにも大垣を中心とした西濃地区では交通機関に大きな変化がある。

まず岐阜バスが大垣地区から撤退。岐垣線が名阪近鉄バスに譲渡される。古くは岐阜から大垣への直通バスさえあった路線であるが、現在では途中で分断され流通センターから大垣への路線となっていた。この路線は10月からは名阪近鉄バスによる運行となる。

そして同じく岐阜バスの南濃線。大垣から海津市の高須を結んでいた路線は廃止となる。

Imgp4328rkiImgp4324rkiImgp4326rki

さて岐阜バスから路線の譲渡を受けた名阪近鉄バス自体が近鉄の直系から三重交通の傘下へと移る。桑名あたりに拠点を持つ三重交通との一体化で効率を上げるのが目的だろうが、近鉄グループが岐阜から徐々に資本を引き上げているようでならない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

近鉄養老線最後の秋・いよいよ明日で幕

近鉄養老線がいよいよ明日で幕を閉じる。

10月からは新たに設立された近鉄の子会社「養老鉄道」による運行となる。

電車自体が走らなくなるわけでもなく、運行者が変わるだけ。なにかが大きく変わるというわけではないのだが、近鉄本体から切り離されたことでよりいっそうシビアな状況になることは間違いない。

養老線の年間赤字は7億8千万程度。到底黒字化は見込めない。

今後の赤字を6億まで圧縮して、半額を自治体からの補填というのが当面の目標である。自治体も決して財政状況がいいわけでもない。当面の支援は決まっているものの将来的に新たな負担が発生するような場面になったとき(たとえば災害とか)再び廃線話が浮上しないとも限らない。

動画をYoutube版で公開中

Imgp4367rki Imgp4359rki Imgp4352rki Imgp4320rki Imgp4356rki Imgp4333rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その14-旦ノ島

名鉄揖斐線旦ノ島駅跡

Imgp4023ki Imgp4027ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その13-近ノ島

名鉄揖斐線近ノ島駅跡

Imgp4037ki Imgp4035ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線跡2007.09月その05-赤石

Imgp3980ki 名鉄谷汲線赤石駅跡

線路はおろかホームも取り払われ、以前の状態を知っている人でないとここがホームだったとはわからないかもしれません。築堤は残っている部分も多いですが知らずに見ればただのあぜ道に見えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国体・サッカーも高校野球もがんばれ

秋田わか杉国体が今日開幕です。

サッカーはFC岐阜のBチームを主体に編成された県選抜チーム。初戦は開催県の秋田県チーム(TDK?)との対戦が明日30日に組まれています。開催県相手ですからかなりの苦戦が予想されますが、岐阜国体に向けての県のレベルアップのためにもがんばってほしいところ。

高校野球は大垣日大が出場。10月6日の初戦の相手はなんと帝京..。まあ、甲子園の上位校だけが出場するのでどこと当っても強いには決まっていますが。それにしてもまた帝京と試合とは..。森田たち3年生の最後の晴れ舞台。1日でも長くこのメンバーでの試合が出来るといいですね。

他にもホッケー、セーリング、フェンシングなどは上位への進出が可能な競技でしょう。岐阜国体まで5年。出来る限り多くの競技のレベルアップが期待されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲秋場所後も大騒動

大相撲秋場所が結局白鵬の優勝で幕を閉じ、三賞も豪栄道をはじめ割と大盤振る舞いでの受賞となった。朝青龍の不在を若手ががんばって盛り上げ結果としてはいい場所だったように思う。そのため大関陣の不調がよりいっそう目立ったともいえるのだが..。そう遠くない時期に新旧交代になりそうな気配であった。

さて場所後の展開。市原は無事に関取昇進となった。めでたしめでたし。

把瑠都も星勘定からいくと幕に戻ってこれそうである。

あとは...連日テレビなどのワイドショーやニュースで相撲の話題がトップに近い扱いがされている。

ひとつは朝青龍問題。やめさせろという強硬論もいまだくすぶり続けている。そんな中朝青龍は10月中旬にも日本に戻ってきそうである。今朝の新聞各紙が報じている。帰ってくれば当然記者会見で謝罪ということになるのだろうが、まだまだ茨の道には違いない。しかし、秋場所の上位陣の内容からも朝青龍期待論が依然あるのもまた事実である。

さて、それ以上に話題になっているのが時津風部屋の問題である。格闘技なのだからしごきはあって当たり前なのだが、どうやらエスカレートしすぎて頭を殴ったりしたような気配である。個人的にはさすがにやりすぎでないかと思う。かといってしごきをなくせばいいとは思わない。時津風親方も相撲歴は長いのに生命に危険を及ぼす場所とそうでない場所の区別くらいつきそうなものなのだが...。

この問題、理事長が大臣に呼ばれて指示を受けるという前代未聞の展開となってきている。もちろん親方をはじめ警察の捜査を受けており、このままいけば立件されそうな情勢である。相撲界全体、しごきという点ではスポーツ界全体に影響を及ぼす問題に発展している。当初は「立件されれば処分も検討」という方向だった協会も、大臣に直接指示を受け早急に処分の検討に入らざるを得ないようである。

まだまだしばらくは相撲をめぐる騒動は収束しそうにない。

どうせ話題になるなら、もっと明るい話題で盛り上がってほしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

FC岐阜・これも地道にファンを増やす活動?

FC岐阜との交流会なるものが小学校であるらしい。授業の一環として(当然非公開)なのでおそらく総合学習の枠という扱いなのでしょうが。2時限ぶち抜きで5・6年生が参加らしいです。

サッカークラブや少年団へ出向いてのサッカー教室とかは時々聞きますけど、学校へ出向いてサッカーとかに興味がない子も含めての交流会って今までやってましたっけ?

いずれにせよ興味を持ってくれる子供達が少しでも増えれば、子供達が家に帰ってから「サッカー選手と遊んだ」と嬉しそうに話してもらえれば、いいことにはちがいないですよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

白鵬ついに単独トップ-大相撲秋場所2007・13日目

秋場所13日目

新入幕豪栄道は大関千代大海と対戦。さすがに大関が意地を見せた。そりゃ、これに負ければ「やめてしまえ」という声も出かねないので気合は入って当然。豪栄道にまったく相撲を取らせなかった。

豪栄道が負けたことで単独トップに立った白鵬だったが、琴光喜相手にかなりヒヤッとした。このまま負けるのではないかと思ったほどであった。土俵際の逆転で白星にはなったが、決して強い横綱相撲ではなかった。

明日は異例中の異例、新入幕力士が横綱と対戦することになった。豪栄道、負けてもともとなので思い切った相撲を期待したい。

稀勢の里が負け越した。これにより筆頭の豊真将は残り2日のうち1勝して勝ち越せば三役の座がついに手に入る。

十両は把瑠都が優勝。幕内昇進は若ノ鵬に続いて2番手の星勘定なのでおそらく来場所は幕内復帰である。現時点で3つは枠がありそうなので多分大丈夫だろう。

幕下市原は6勝1敗。八木ヶ谷に土がついたため市原が優先順位1番になった。十両の枠は3つ空くことになりそうなため新十両は決定といってもいいだろう。

明日は旭天鵬が安馬と対戦。ということで少なくとも一人は3敗勢が残ることになる。豪栄道が万が一横綱に勝ってしまったりすれば、千秋楽はとんでもなく盛り上がりそうな気がする。

気は早いが三賞は..豪栄道の敢闘賞は確定だろう。明日勝つようなら殊勲・技能もあわせて総なめになるだろう。あとは安馬に殊勲賞。三大関を倒した力士は何人かいるが白鵬・2大関・豪栄道を倒したということでやはり安馬だろう。他は該当なしだろう。豪栄道が目立ちすぎて、いつもならもらえるかもしれない内容でもかすんでしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/09/20

安馬が立ちはだかる-大相撲秋場所2007・12日目

新入幕で快進撃を続ける豪栄道の前に安馬が立ちはだかった。

秋場所12日目。

今日一番注目された取り組みは豪栄道-安馬。

すでに明日の対戦相手は発表されており、豪栄道は大関戦が組まれた事を知っていたかもしれない。

立会いは..互角!

双方すごい迫力であった。攻めつ攻められつ。

安馬も危ない場面はあった。が、ここで持ちこたえたのは実力と経験の差。

どちらもすごい運動量である。土俵狭しと攻めの応酬。

最後は豪栄道は安馬に後ろを取られ万事休す。

思いっきり吊り上げて豪栄道を土俵にたたきつけた。

新参者に三役格のすごさをまさに身をもって思い知らせた感じであった。

これで安馬は白鵬と豪栄道という優勝争いの二人に土をつけたことになる。2大関にも勝っておりこのままいけば殊勲賞だろう。

豪栄道は明日は大関千代大海戦が組まれた。新入幕なのに...でも、見たいのは確かである。千代大海は調子が悪そうであるしひょっとすると...。いや、むしろ関心は14日目に横綱戦が組まれるかどうかのほうかもしれない。異例には違いないが、やはりこれも見てみたい気はする。

2敗の二人、白鵬と豪栄道。3敗は安馬、春日王、旭天鵬、垣添の4人。優勝争いはここまでだろう。大関陣が一人も入っていないのはなんとも淋しいばかり。

把瑠都が負けた。勝った若ノ鵬をほめるべきなのかもしれないが、把瑠都にも油断があったかもしれない。勝負が決まった瞬間、若ノ鵬は思わずガッツポーズ。把瑠都は礼も忘れて土俵下に消えた。若ノ鵬は来場所の入幕が確実になった。体格は恵まれているのだからきちんと自分の型が出来ればまだまだ上を目指せるだろう。把瑠都も全勝こそ逃したものの、優勝目前なのは変わりない。残りを全部勝てば1場所での復帰も夢ではない。十両上位で勝ち越しているのは若ノ鵬だけ。この先幕に上がれそうな星に到達できそうなのも若麒麟くらい。逆に幕から落ちて競うなのは3人になりそうな気配。把瑠都まで枠が回ってきそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

揖斐線跡2007.09月その12-相羽

名鉄揖斐線相羽駅跡

昼間はほとんど人通りもない集落の中に、ホームがぽつんと鎮座している。

ホームの上屋はなくなっているが線路は健在。

Imgp3921ki Imgp3923ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜市内線跡2007.09月その07-新岐阜駅前

名鉄岐阜市内線新岐阜駅前電停跡

駅舎が新しくなり、道路もきれいになり、バスターミナルも今ではJRの駅前が中心的に機能しているため、このあたりの人の流れはかなり変わってしまった。

線路がなくなってから車道がきちんと整備され、右折禁止などの規制も解除されたため車で走る分にはかなり走りやすくなった。

Imgp4096ki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジュンスカじゃん!

なにげにテレビをつけていたら某番組がなつかしい話題で盛り上がっていたのでそのまま見ていた。

えっ!

ジュンスカじゃん!

あ~驚いた。

再結成の話は知っていたが、こんなところで(といったら失礼か..)見ることが出来るとは...

とげとげしさが若干丸くなったあたりが月日を感じさせはするが、なかなか良かった。

というか、再結成とかベスト盤の発売とか..ブームなのかな?最近やたらとそういう話を聞くけど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神岡鉄道・線路切り離しへ・再開へ暗雲

観光鉄道としての再開へむけて模索中の神岡鉄道。

猪谷駅構内の神岡鉄道接続分の線路が撤去される方向なことが飛騨市議会で明らかになった。(中日新聞にて報道)

なんでも安全対策上JR側が再開後の猪谷への乗り入れを拒み猪谷構内の線路を撤去する意向だそうである。これを受け飛騨中山から温泉口の17.6kmでの再開を目指して準備を進めているのだそうだ。しかし飛騨中山の駅はああいう構造であるし、現実的には茂住、あるいは漆山から温泉口ということになるだろう。完全にJRと接点がなくなることで利用し易さという点でも集客に影響が出るだろう。

もちろん再開したとしても鉄道だけでの黒字化は見込めず、観光事業の一部として全体での収支が採算に合うかどうかという面で検討されているのだが、前途は多難そうである。

12月中にも神岡鉄道を観光鉄道として再開するかどうかの最終判断がされるようであるが、見通しはかなり暗いのではないだろうか。このまま鉄道は断念ということになりそうな気がしてならない。

高山線の不通区間が復旧したことでそちらの面では飛騨市を中心としたこの地域では明るい話題が合ったばかりだが、こちらはどちらかと言えば暗い話題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに新入幕単独トップ・豪栄道-大相撲秋場所2007・11日目

大相撲秋場所11日目

俄然注目を集め始めた新入幕の豪栄道。さすがに今日こそは負けるだろう..と思って何日目だろう。10日目の時点で白鵬と並んで優勝争いのトップ。誰が予想したろう。この日は今場所好調の豪風が相手。大勢の相撲ファンが注目する中...あろうことか土俵に上がろうとする女性...どよめく館内...。優勝を争う大事な一番になんということ..。新入幕の豪栄道が気持ちを乱されていなければいいが..と思ったが、本人は気づいてもいなかった様子。むしろ気持ちが乱れたのは豪風のほうだったようで、いつもの押し込みは見られず引いてしまう。そこを豪栄道が押しまくり勝利。たいした集中力である。

これで俄然横綱戦に注目がいく。そんななか大関陣がばたばたと負ける。なんとも嫌~な空気が流れる。白鵬は豊ノ島と対決。豊ノ島が押し込む。白鵬あわてず受け止める...が余裕ぶっこきすぎて土俵の外へ...あらららら..。相手を甘く見たか?

なんと新入幕の豪栄道、11日目段階で単独トップである。新入幕力士が終盤になって単独トップに立つのは史上初らしい。豪栄道は確かに今場所すばらしい相撲をとっているが、なんとも上位陣がふがいない。こんなことではまた朝青龍待望論が持ち上がってきてしまうだろう。今日は小結安馬が豪栄道の前に立つ。

さすがに今日こそは負けるだろう..と思うのだが..。

そもそも新入幕力士が三役と割を組まれるあたりがそうそうあることではない。しかも単独トップに立ったことでおそらく13日目は琴光喜か安美錦あたりと組まれるだろう。新入幕で大関戦..現実味を帯びてきた。

十両は把瑠都が..全勝。怪我の功名で相撲に無茶がなくなり安定感が増しているのでそうそう負けるようにも思えない。しかも3敗勢が全員負け星4つ開いた。下手をすると12日目に優勝が決まってしまいそうである。史上初の2度目の十両全勝優勝まであと少し。

幕下市原が行事差し違えの末5勝目を挙げた。八木ヶ谷が全勝を守って6勝目のため依然2番手ではあるが、十両が3枠空きそうな気配が漂ってきたのでおそらく今度こそ昇進できるだろう。

12日目の注目は、単独トップの豪栄道-3敗で踏ん張る安馬。ただひとり2敗で追う白鵬-こちらも3敗で戦線に残っている安美錦。3敗の豪風-不調の琴欧州。

あとは十両の把瑠都の優勝なるかといったところか。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

揖斐線跡2007.09月その11-北方東口

名鉄揖斐線北方東口駅跡

このあたりも大きな変化はありません。踏切部分のレールの溝が埋められているくらいでしょうか。

Imgp3876ki Imgp3879ki Imgp3874ki Imgp3877ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その10-北方千歳町

名鉄揖斐線北方千歳町駅跡

北方の集落の中心部だったこのあたりも、いかんせん道路が狭い(昔のままの門前町)ため車社会の中で郊外に人が流れ商店街も衰退しています。

跡地の利用がしにくいこともあるのでしょうがこの駅周辺はたいした変化もなく形をとどめています。

Imgp3881ki Imgp3883ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/18

FC岐阜・天皇杯1回戦突破

FC岐阜は天皇杯の1回戦を突破。とはいっても福岡教育大を相手に3-1。なかなかすっきりとはいかないようで...。しかもまた怪我人...大丈夫?コミさんと哲さん両方ぬけたらきつくない?

2回戦は北海道で大体大、それに勝てれば3回戦はJ2徳島...なんだけど。若手は不調、ベテランは怪我人続出では、正直天皇杯どころでない気もしますね。かといって、現状で最大の問題である資金確保のためには全国にアピールしなけりゃならんし..。

若い衆、もっとがんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

把瑠都がとまらない-大相撲秋場所2007・10日目

大相撲秋場所10日目。

十両は予想通りというか...把瑠都が大独走中。

ここまで無傷の10連勝。追うものは1敗どころか2敗すらいない。把瑠都は十両9枚目。そうそう幕内との割を組むわけにもいかず3敗勢との対戦が組まれるものの...実力差は歴然。空前の2度目の十両全勝優勝へ向けてまっしぐらである。まだ足は万全ではないはずで、振り回せば勝機もありそうなものなのだが、なにしろあのパワーショベルのような腕でまわしをとられればなにもできない。怪我さえなければ三役級の身体能力。この位置では土はつきそうにない。十両は3敗勢もたったの3人。うち一人は明日把瑠都と対決。場合によっては12日目に優勝が決まるかもしれない。

幕内は全勝がいなくなり、1敗で白鵬と豪栄道。豪栄道、新入幕の場所で10日目の段階でトップ並走。明日2敗の豪風に勝つようなことになれば敢闘賞は確定なのではないだろうか。正直できすぎ。

2敗は豪栄道をふくめ5人、3敗が4人。顔ぶれからして優勝争いは2敗までの7人だろうか。白鵬がやや優位かもしれない。

というか...琴光喜はどうしてしまったのか。今日も負けて4敗目。優勝戦線に名前すら上がらない。以前の状態に逆戻りか?

幕下市原はここまで4勝1敗で昇進レースの2番手につけている。目下の一番手は15枚目で全勝の八木ヶ谷。東筆頭の市原が現在の星勘定からいくと3番手以降の力士に抜かれるとは考えにくいため、十両から二人落ちてくれば昇進できる計算になる。休場で落ちてくる1枠はほぼ確定なので、もう1枠...微妙な情勢なのが3人いるので誰か一人くらいは落ちてきそうな気もするのだが。市原はとにかくひとつでも多く星を重ねておくことだろう。微妙な判断になったとき6勝と5勝では大きく立場が変わってくる。

序盤好調だった舛名大は今日も負けて3勝2敗...あれれ?!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ママでも金・ヤワラちゃん

有言実行。

ママでも金。

ヤワラちゃんこと谷亮子選手である。

本当に獲ってしまったのだからたいしたものである。

育児をしながらトレーニングをしていたそうである。

子供を足に乗せて腹筋をしたり、背中に乗せて腕立てをしたり...

決して子育てをおろそかにしているわけでもなく、工夫と努力でつかんだ復活の金メダル。

おめでとう。

さあいこう。北京でも金を目指して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳ヶ瀬南街区

以前に再開発の話題で記事に取り上げた柳ヶ瀬の南街区。高島屋の南側のエリアである。

柳ヶ瀬が繁華街として全国に名をはせたのは遠い昔の話。今では高島屋とその動線上くらいしか元気はない。この南街区あたりも電車がなくなってから一段と人通りが減った。高島屋から放射状に人の流れが出来てしまうため、このあたりはその隙間にはまってしまっている。

再開発計画は高島屋と一体化した街づくりを目指しているようである。この辺りは老朽化した建物が多くいずれ再開発しなければ廃れていくばかりなのは確かである。再開発ビルはは34階建て、120mである。1・2階を商業施設、3~6階に公共施設。7階以上は140戸の住居となる予定。もっとも本当に着工できるのだろうか。街中の住人を増やそうという考えはいいのだが、需要がそこまであるのかが疑問である。タワー人気の二匹目のどじょうを狙っているのだろうが少々不安でもある。

Imgp4083ki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その09-美濃北方

名鉄揖斐線美濃北方駅跡。

駅舎・ホーム・線路ともに健在です。駅横の踏切辺りも交通量がさほど多くないことが幸いしているのかレールは残っています。

Imgp3884ki Imgp3886ki Imgp3888ki Imgp3891ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その08-下方

名鉄揖斐線下方駅跡。

駅はそのまま残っています。場所が場所だけに撤去しても利用価値はないかもしれません。

駅横の踏切部分(堤防道路)は線路が撤去され車が通りやすいように舗装されています。

Imgp3918ki Imgp3917ki Imgp3916ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線跡2007.09月その04-管瀬川

名鉄谷汲線跡、赤石~長瀬間の管瀬川橋梁付近です。

橋そのものはだいぶ前に撤去されました。橋台の部分がかすかにここに橋が架かっていたことを偲ばせます。この先踏切から長瀬の大カーブのあたりも線路はとっくに撤去されており、残された築堤が線路のかすかな痕跡といえるでしょう。

Imgp3951ki Imgp3953ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜市内線跡2007.09月その06-徹明町

名鉄岐阜市内線徹明町電停跡。

岐阜市内の路面区間で真っ先に撤去工事が行われた徹明町周辺。舗装の直しなどもいち早く行われ線路の痕跡など残っていない、ごく普通の街中の交差点になっています。

バスの右左折が多い交差点のため電車が走っていた頃は道路が詰まる一因にもなっていましたが、今では右折レーンもでき交差点が詰まることはほとんどありません。

Imgp4094ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜市内線跡2007.09月その05-金町

名鉄岐阜市内線金町電停跡。

このあたりも線路撤去後、舗装が打ち直されて右折レーンつきの普通の交差点に替わっています。線路の痕跡は微塵も残っていません。

Imgp4076ki Imgp4080ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/15

魁皇・来場所は進退を懸けて-大相撲秋場所2007・6日目

大相撲秋場所6日目

魁皇が休場。来場所は地元九州で進退を懸けることになった。九州のファンの前でみっともない状態になれば即引退というまさに背水の陣になる。現在の状態ではかなり厳しいものになるだろう。

さて横綱と大関が1名ずついなくなった6日目。琴光喜に土がついた。相手に上手くかわされたというか...よくなかった。前半で2敗目。まだまだである。

安安は今日も良かった。安美錦は単独トップに立った。

そして今日も会心の相撲だったのが豊響。恵まれた体格を活かし迷わず相手を押し込んでいく。迷わずというのがなんともいい。これは有望な若手が出てきたものである。

十両では把瑠都が...さも当然のごとく全勝を守っている。

幕下でここまで3連勝の市原は、明日は同じく全勝の栃ノ心と対戦。勝てば来場所の昇進はほぼ確実だろう。平常心でいけるかが鍵。

輝面龍はここまで3連敗勝ちなし..さすがにこの位置でとるには年齢を重ねすぎたか..

序二段舛名大はここまで3連勝と好調。明日勝ち越しを懸ける。

今日は結びの一番で立会いの呼吸が合わなかった。相手が相手だけにお互いに思うところもあったのだろうが..。3度目の立会いのときは手つき不十分。4度目に成立して白鵬は勝ったものの、最後に駄目押しで稀勢の里を突き飛ばしたのはなんとも後味が悪かった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/09/14

自転車タクシー運行中

岐阜の街の中を自転車タクシーなるものが走っている。

あくまでも実験段階なので今月と来月の2ヶ月間ではあるが、見かければ目を引く乗り物ではある。

ただ純粋な移動手段として使うには料金設定も割高なので、あくまでも街をゆっくりと見ようという方への観光補助手段だろう。となると、運行区域をわざわざ駅前まで持ってこずに岐阜公園や川原町の周辺を主体にしたほうがいいような気もしないではない。鵜飼開催中の期間は特にそうだろう。梅まつりの期間に梅林公園と柳ヶ瀬をピストン輸送するにはちょうどいい乗り物かもしれない。いずれによ本格的に運用しようとすればまだまだ工夫が必要だろう。

運行詳細は岐阜市役所HP内

Imgp4104ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樽見鉄道・貨物引込線跡

樽見鉄道の貨物引込線跡

住友セメントのヤード付近です。

積み込み線だった工場の敷地の部分はコンクリートの壁で囲われています。

外側の留置線の部分も線路はすべて取り払われ更地になっています。

Imgp3982ki Imgp3984ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線跡2007.09月その3-長瀬

名鉄谷汲線長瀬駅跡

駅の設備や線路はとうの昔に消え去り、封鎖された広場の片隅に自転車置き場だった建屋だけがぽつんと残っています。知らない人が通ってもここに駅があったとは思わないでしょう。

代替バスも廃止されスクールバスくらいしかここへは来ません。

かつては谷汲への一本道だったこの道も、谷汲山大橋ができてからは直接木知原へ抜けてしまうため車もほとんど通りません。

Imgp3957ki Imgp3958ki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その07-伊自良川

名鉄揖斐線旦ノ島-尻毛間の伊自良川橋梁

鉄橋は今も現存です。

Imgp4011rki Imgp4013rki Imgp4016rki Imgp4017rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その06-尻毛

名鉄揖斐線尻毛駅跡

駅舎はかなり早い時期に撤去されました。

駅南側の国道の交差点改良や県道の拡幅などが行われ、踏切部分のレールが撤去されました。

Imgp4000ki Imgp4003rki Imgp4008rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜市内線跡2007.09月その04-本郷町

名鉄岐阜市内線本郷町電停跡

線路の撤去後舗装も打ち直され、右折レーンも設置された普通の交差点になっています。

線路の痕跡はまったく残っていません。

Imgp4068ki Imgp4071ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・ヒマラヤでトークショーとサイン会

ヒマラヤ本館で17日にFC岐阜のトークショーとサイン会が行われるようです。

参加予定の選手は森山、小島、日野。

森山氏は当然として、コジがトークショー...どんな話が飛び出すやら!

スグルは今シーズン一番働いている(というと他の選手に失礼かもしれないが..)といってもいいので人気も急上昇?!

時間は14時からのようです。ヒマラヤ本館1階のいつもの場所です。

当日にグッズを買うとサインをしてもらえるようです。サインはその日に購入したグッズのみとのことですので、今回は色紙やすでに持っているグッズの持ち込みは無理なようです。

200709130012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/13

安安は絶好調-大相撲秋場所2007・5日目

大相撲秋場所5日目

安馬が絶好調!今日も大関を倒した。番付的に序盤は横綱大関戦ばかり。なんと3勝2敗で乗り切った。1横綱2大関を倒したのである。体重も増え絶好調といった感じである。今日の相撲などどっちが大関かわからないような内容だった。三役定着どころか次の大関候補に名乗りを上げそうな勢いである。残りの10日間も今の状態ならそうそう星を落とすこともなさそうである。10勝まで行けば殊勲賞、ひょっとすると上がつぶしあっている間に優勝戦線に絡んでくるのではないだろうか。楽しみな展開である。

安美錦もここまで5連勝。まだ上位戦がないものの現時点でトップである。横綱大関陣を差し置いて...。こちらも横綱大関相手でも互角に渡り合える実力。この星勘定で中盤まで持ちこたえれば...

十両は予想通りというか...把瑠都の独壇場になりそうである。ただ一人全勝である。この位置では桁違い。簡単にはとめられそうにない。

幕下市原は今日も勝って3連勝。今度こそは大丈夫だろう。この際全勝優勝でもして文句の付け所のない昇進になったらと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

FC岐阜・応援フラッグ?

名鉄岐阜駅前の一等地(?)にFC岐阜のフラッグがはためいている。

あたらしくなった駅舎のまん前の良く目立つ場所である。

ロゴからみると三輪中の生徒さんの作品らしい。

いずれにせよ、いやでも目に付く位置であり駅の利用者へのアピール効果は抜群だろう。

街のあちこちにこういったフラッグなど応援するものが増えればいいなと思ったりします。

現状は認知度はまだまだですからね。

Imgp4103ki Imgp4106ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駐車監視員の区域拡大・岐阜市

今月から岐阜市における駐車監視員の活動区域が拡大された。

岐阜でこの制度を採っているのは岐阜中署だけである。

いままでは市街地の中心部だけだったのだが、今月からは東は156バイパスのあたりまで、西は環状線のあたりまで拡大された。北は長良川まで(橋向こうは北署管内)、南はJRの線路際まで(線路の向こうは南署管内)である。鏡島大橋のあたりまでが区域に含まれたわけである。

もっとも今までと同じ人員体制で区域を広げたようなので、頻繁に見かけるわけではない。中心部ではむしろ手薄になったのではないだろうか。まあこの手のものは、実際にどうこうというよりはアナウンス効果が大きいので、抑制効果にはなるのかもしれない。

ただ問題なのは、有料駐車場などの多い中心部と違い、郊外部にはコインパーキングやパーキングメーターすらない。あまり杓子定規に運用されると街が衰退するのではと思ったりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樽見鉄道・本巣駅の廃車群

樽見鉄道本巣駅

貨物扱いのあったことをうかがわせるローカル線にしては広大な敷地。かつてセメントホキが並んでいた構内には役目を終えた廃車群が並んでいます。

レールバス、機関車、客車....もう使われることの無い車両です。

機関車などはまだ比較的程度もよいのですが、客車は...塗装もひび割れて剥げ落ち、窓も一部割られた跡があります。正直使わないものに手入れをするような余裕はないでしょうが、あまりにも無残な気がします。

Imgp3987rki Imgp3990rki Imgp3991rki Imgp3992rki Imgp3995rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜市内線跡2007.09月その03-千手堂

Imgp4072ki 名鉄岐阜市内線千手堂電停跡

線路の撤去後舗装も全面的に打ち直され、右折レーンもしっかり設置されました。西進車両の右折(つまりもともとの線路と同じ方向)が結構多いこの交差点は朝晩を中心に混雑が激しかったのですが、右折レーンができたことで直進車も走りやすくなり混雑は緩和されたように感じます。

Imgp4074ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜市内線跡2007.09月その02-早田

名鉄岐阜市内線早田電停跡

以前の記事でも書いたとおり、路面部分の線路は撤去が完了しています。

現在忠節橋北詰の早田電停跡付近では道路の改良工事が行われています。歩道が大変狭い上に通学時間帯を中心に自転車の交通量も半端でないこのあたり。橋に通じる坂道部分の横(空中)に鉄骨を組んで張出す形で歩道を拡幅する模様です。工事に伴い車道の交通規制もされておりしばらくの間混雑しそうです。

Imgp4056ki Imgp4054ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その05-真桑

名鉄揖斐線真桑駅跡

駅の前に代替バスのバス停があるため通学時間にはそれなりに人が集まります。日中は閑散..といっても周囲の道路はそれなりに通行量がありますので静寂というわけではありません。

並行して走っている県道の交差点改良もあって、周辺の踏切部分はレールの撤去されている部分が何箇所もあります。踏切が交差点の直近だったために信号の設置が出来なかった交差点も今では信号がついています。踏み切りだった部分が信号待ち車両の停止位置になっています。

Imgp3899ki Imgp3900ki Imgp3895ki Imgp3903ki Imgp3906ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その04-政田

名鉄揖斐線政田駅跡

駅の西側の踏切二つとその間の部分のレールが撤去されています。駅舎はかなり前に撤去されました。

レールの撤去のされ方から推察すると変則的な県道交差点だった部分の道路改良に当てられるのではないかと思います。

Imgp3908ki Imgp3910ki Imgp3912ki Imgp3913ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その03-黒野

名鉄揖斐線黒野駅跡。

その後大きな変化はありません。駅舎も健在です。検車区のあたりはがらんとしてしまっています。

駅がなくなってこのあたりは人通りもまばらです。谷汲線の廃止時に代替運行されたバスもすでに廃止されています。本揖斐方面のバスは名阪近鉄バスから切り離され揖斐川町の自主運行バスに変わっています。岐阜方面は岐阜バスが代替輸送していますが1時間に1本しかありません。

Imgp3926ki Imgp3928ki Imgp3929ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/12

岐阜市内線跡2007.09月その01-西野町

名鉄岐阜市内線跡、西野町電停付近

市内の道路にあった線路はすでに姿を消し、道路の舗装も全面うち直しがされ線路の痕跡がまったくなくなった場所が増えています。

ここ西野町も路面にマーキングがされており、近々舗装が行われそうです。

かすかに残っていた乗降用の緑にペイントされていた部分も姿を消しそうです。

Imgp4064ki Imgp4067ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十六銀行徹明支店跡

柳ヶ瀬にある十六銀行徹明支店跡

店舗の統廃合で空き家になったのですが、往年のいかにも銀行らしい建物で取り壊すには惜しく、まちおこしの一助にということで市民ギャラリーとして生まれ変わりました。

Imgp4093ki Imgp4092ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わり行く岐阜駅前-パルコ跡

新岐阜駅前にあったパルコ跡地

こちらも解体作業が進んでいます。

Imgp4101ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わり行く岐阜駅前-新岐阜解体後期工事

新岐阜駅ビルの解体工事は後期分に入りました。

前期分の解体後、新駅舎が建設され、いよいよ南側部分の取り壊しです。跡地には低層の商業施設が建設され食品スーパーなどが入る予定です。屋上には駐車場も設置されるそうです。

これにあわせ南側にあったバス案内所も閉鎖され、仮設の案内所に業務を移しました。航空センターとしてなじみのあった建物も取り壊される運命のようです。

Imgp4098ki Imgp4110ki Imgp4111ki Imgp4112ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わり行く岐阜駅前-タワー43入居始まる

岐阜駅前に建設中だった「岐阜シティ・タワー43」

工事はほぼおわり最終段階の内装や微修正が行われている。

2階の歩行者デッキもだいぶ形が出来てきている。

昨日11日からは中上層部の住居部分の入居も始まっている。

いよいよ街の雰囲気が変わってきそうである。

工事がひと段落したことで表の道路は中央分離帯の設置工事が始まっている。地下道も補修中。その上には空中歩道の設置工事中。空中歩道の駅正面部分に当るところのU字の部分もだいぶ形になってきた。

タワーは来月本オープン。駅前整備も年度内には完成予定。

来年度以降は周辺街区の再開発事業でまだまだ街の様子は大きく変わっていきそうである。

Imgp4116ki Imgp4124rki Imgp4128ki Imgp4132ki Imgp4131ki Imgp4115ki Imgp4130ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わり行く岐阜駅前-じゅうろくプラザ

今月頭に岐阜駅前に「じゅうろくプラザ」という建物がオープンした。

優勢民営化のあおりで閉鎖された「ぱるるプラザ」を岐阜市が買い取り再オープンしたものである。建物自体は比較的新しいので大して改装もしていないようである。

岐阜市としてはじめてのネーミングライツ物件となったわけだが、なかなか応募が無く決まるのに苦労があったようである。結局地元を代表する企業、十六銀行が受ける形になったそうである。

とりあえず、駅前に巨大な空き家があるよりはいい。使い勝手は結構いい施設なので結構な稼働率になるのではと思っている。

Imgp4119ki Imgp4117ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

養老鉄道・運賃と新ダイヤ発表

いよいよ来月に迫った近鉄養老線の新会社養老鉄道への移管。

先月末に申請どおり認められた新運賃に続き、移管後の新ダイヤが発表された。運行本数的には極力現行ダイヤに近いものになっているようである。JRとの接続時間の見直しなどで若干時間がいじってあるようではある。

運賃のほうは本体から切り離されたローカル線にしてはまずまずの設定。他の第三セクター路線などと較べればまだ良心的な設定と言える。

公式HPも公開され、いよいよ間近に迫ってきた感じである。

養老鉄道として再出発と言っても突然大きな変化があるわけではないが、今度は地元が本腰を入れて守っていかなければ鉄路が消えることにもなりかねない。大都市に直結しているわけでもなく、突然需要が伸びる要素もないので、決して先行きが万々歳というわけではない。

Imgp2731rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっちが本当の百々ヶ峰・80年ぶりの名称復活

岐阜市の最高峰「百々ヶ峰」

標高417m。

決して高い山ではないが、金華山より高く岐阜市の最高峰である。

しかしこの最高峰に名前がなかったことはご存知だろうか。「そんなはずはない。あの山はもともと百々ヶ峰だ。」という方も多いだろう。実際これまでもそう呼ばれてきている。しかし登録上というか地形図上はこの最高地点ではなく西側にあるもうひとつの頂が百々ヶ峰として登録されてきたのである。そちらは標高341mにすぎない。実態と合わないまま80年のときが過ぎてきたわけですが、地元研究家などが江戸時代の文献などから417mのほうこそ百々ヶ峰だという資料を見つけ出し、ようやく変更になったそうである。

これでようやく「百々ヶ峰」は名実ともに岐阜市の最高峰となったわけである。

2006052510445kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・またも勝てず

後期第9節、FC岐阜はFC刈谷と対戦。

一発レッド、PK、一人少ない状態。逆転を許す...

下位相手に決めきれず、退場者を出して一層不利になり...って春先にも見たような..。

すんだことは仕方がない。

もうほんとにひとつも負けられない。

アローズに勝ち点で追いつかれた。ホンダ、ジェフも1節でひっくり返されるような位置に迫っている。

アローズはすでに上位対戦はすべて終わっている。岐阜は佐川、YKKを残している。客観的に見て著しく不利な状況に違いない。

天皇杯でリーグ戦は1ヶ月間が空く。立て直せるか?

例年のごとくギリギリの、首の皮一枚の状態で運をつかめるのか?

なんとしても今年上がっておきたい。

なにしろ来年に夢を持ち越してしまえば、アローズ・YKK連合という最大最強のライバルと枠を争わなければならなくなる。

泣いても笑っても今シーズンはあと3ヶ月足らず。やれる限りのことをやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理事長!それはやりすぎでしょう!

杉山邦博氏。相撲放送の世界では知らない人はいないほどの大物である。NHKのアナウンサーとして大相撲の実況を1994年までの45年間も務めた方です。定年後もテレビ中継で花道のあたりが写ると杉山氏の姿をよく見かけます。根っからの相撲好き。おそらくファンの目線にも一番近いのではないかという気がします。

さて杉山氏、現在も相撲関係のご意見番のような形でテレビ出演などの機会も多く、相撲記者クラブの会友として本場所の取材証もお持ちだったわけですが、朝のワイドショー(ありていに言えば朝ズバなんですが)で協会に批判的な意見にうなづいたとかなんとかで、北の湖理事長が取材証を取り上げたとの報道が新聞各紙等でされています。杉山氏のコメントとしては別の理由も挙げられているようですが、なんとも波紋を呼びそうな...。

以下毎日新聞より一部抜粋

(1)8月中旬の朝の民放情報番組で「朝青龍への処分に対しては弁護士や識者を入れて決めるべきだ」というコメンテーターの発言に杉山さんがうなずいたのは相撲協会批判にあたる

(2)テレビ出演の際の肩書が「相撲評論家」「相撲ジャーナリスト」となっているが、こうした立場の人には(記者でないので)取材証を発行できない――

と、返還させた理由を説明。杉山さんによれば10日、協会の女性職員に「理事長が発言を気にしているので返してほしい」と言われ、杉山さんは「お立場も分かるので預けましょう」と言って返したという。

やりすぎではないでしょうか?杉山氏は決してどちらかに偏った意見を述べられているわけでもありませんし、むしろ杉山氏の意見や発言のほうが世間の目線に近く、正論な気もするくらいなのですが。おそらく親方衆など関係者の中にも杉山氏のほうが正論だと思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

規律を守らない朝青龍に対する処分と今回の杉山氏の一件はまったく性格が違うものに思えます。今回ばかりは理事長の勇み足ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

今場所は混戦か-大相撲秋場所2007・3日目

大相撲秋場所3日目。そう、もう3日目である。

朝青龍の騒動を引きずったまま迎えた東京場所。マスコミからも世間からも大変な注目を浴びている。少々異様な雰囲気と言えなくもない。本来、新横綱の東京お目見え、新大関誕生など明るい話題で注目を集めるはずだったのが、なんとも重苦しい空気がそこかしこに漂っている。

初日の優勝旗・賜杯の返還には朝青龍の代理として師匠の高砂氏が土俵に上がった。先場所の優勝者が休場や引退で親方が代理になるのならサラっと進行してしまうのだが、今回はそうもいかなかった。なんとも重苦しい異様な空気の中返還が行われた。館内から「朝潮~!」という声援もあったかと思えば、罵声のようなものも飛んでくるというなんともいえないものだった。しかもこういうときに限ってお客さんの入りも早く、升席はあらかた埋まっていた。

さて、そんな状況で始まった本場所。いきなり初日に白鵬に土がつくという波乱の出だし。詰めが甘かった..というか安馬がうまくとった。安馬は3日目の今日も新大関の琴光喜に土をつける大活躍。このまま行けば殊勲賞は間違いないところ..って気が早すぎますね。このまま三役に定着しそうですね。

琴光喜は今日こそ負けたものの決して状態が悪いわけではなさそうですね。白鵬も持ち直しましたし...心配なのは魁皇。3連敗スタート。体が思わしくなさそうです。今場所踏ん張れば来場所は地元。なんとか九州まで帰りましょう。今場所は関脇や小結なども含め上位陣の力が拮抗していそうな感じですので、終盤までもつれそうですね。上との対戦が早めに終わる安馬あたりがスタートダッシュを決めると案外優勝戦線の中核になるかもしれませんね。

十両は...あの位置に把瑠都はやはり反則でしょう..大勝ちしそうな勢いです。

幕下筆頭市原は2連勝スタート。今度こそ文句をつけさせない星勘定で関取に上がりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

YouTube版-本格運用始めました

6月から試験的に運用してきましたYouTube版のkojiro-railwayですが、本格的に動画のupをはじめました。右側フレーム内のリンクよりお入りください。

過去に公開したものなども含め順次移動予定です。YouTubeにupすると圧縮がかかるようで、当HPで公開しているときのような画質・音質が確保できないのは難点ですが、総容量を気にする必要がないので本格的に使うことにしました。1本あたりの容量には制限があるようですので、尺が10分を超えるものは分割して公開する形になります。

今日までに移動し終わったのは下記の動画です。よろしければごらんください。

・手力の火祭2007

・手力の火祭・夏2007-01~08(御神燈、滝花火、火みこし、地割れ花火、手筒花火、山焼き..など)

・池ノ上みそぎまつり

・岐阜梅まつり

・2006岐阜基地航空祭(前編、中編、後編。ブルーインパルス、異機種大編隊など)

・神岡鉄道最終日(前・後編)

・樽見鉄道貨物最終日(前・後編)

以後順次upしていく予定です。幣ブログ、幣HPともどもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

FC岐阜・国体初戦は..秋田と対戦

FC岐阜のBチームを軸に編成されいる国体の岐阜県選抜チーム。

今年は見事国体切符を手に入れたのだが、初戦の対戦相手が秋田県チームに決まった。

.......。

それって..TDKのことじゃん!

今年のBチームには松江や櫻田がいるとはいっても相手はJFLで戦っているチームの本隊。しかも開催県で並々ならぬ意気込みのはず。

これは勝つのは厳しそうである。

まぁ、サッカーだから勝ち目がゼロなわけではないと思うが..

がんばれ。

岐阜県代表チームと秋田県代表チームの試合は9月30日12時20分キックオフ。秋田・八橋球技場にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜-今日は刈谷戦

FC岐阜、今日はFC刈谷と試合。

今年はどちらも天皇杯切符を手にしている。

FC岐阜は4位以内確保のためひとつも負けられない。

FC刈谷は残留のためにひとつも負けられない。

前回の対戦も決して大差がついたわけではない。

気を抜いちゃいかん!

絶対に勝つんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井鉄道・鉄道の存続困難に

福井鉄道。岐阜で走っていた車両たちが最活躍の場としてがんばっている鉄道です。

中日新聞の記事によれば、福井鉄道が鉄道の存続が困難になったとして沿線自治体と協議会を設けることになったそうである。もともと経営状態が良いとはいえない鉄道だったわけだが他の部門の利益や自治体の支援などでなんとか鉄道を残してきたようなものである。

自治体に赤字補填を願ったところ支援を受けられず、今回他社への委譲も視野に入れて検討することになったようだ。他社への委譲と言っても簡単なことではないだろう。借入金が30億、累積赤字は22億...。普通に考えれば引き受け手はないだろう。一応鉄道存続の方向で検討とはいうものの、岐阜と同様に自治体と意見が合わずに廃止なんてことにならないことを祈りたい。

いっそのことえちぜん鉄道とまとめて県と岡山電軌で三セクにする...とかはだめでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校野球秋季岐阜県大会-組合せ

来年の春の甲子園を目指しての戦い、高校野球の秋季県大会の組合せが発表されました。

各地区大会を勝ちあがってきたチームたちです。このなかで3位までにはいれば東海大会へ。東海大会で決勝まで行けば春の甲子園が見えてきます。

さて組合せ、中京と大垣日大が同じブロックになりました。つまり順調に勝ち上がったとしてもどちらか片方しか3位以内の可能性はないわけです。夏の県大会で善戦した関商工と岐阜総合もどちらかしか目がありません。

3年生が抜け新チームということでメンバーも変わり、おそらく一番注目されるのは岐阜城北でしょう。夏にノーヒットノーランをやってのけた伊藤準投手は健在です。大垣日大をはじめ主力ががらっと入れ替わりチームをまとめていく段階とあっては城北がやや有利な展開になるのではないでしょうか。185cm70kg、145kmのスピードボール..。今年活躍した大垣日大の森田とは少々毛色の違うタイプですが、伊藤準も十分全国レベルでも戦える投手かと思います。あとは打線や守備陣が支えていけるかどうかでしょう。昨年今年と守りと打撃の要だったセンターラインの3人が抜けた穴を上手く埋めることが出来れば、全国レベルでも台風の目になりそうです。

20070907002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線跡2007.09月その02-北野畑

谷汲線内で唯一交換設備のあった北野畑。

山間部で平地は狭く、山すそからすぐに駅の敷地、となりに1.5車線程度の道。あとはセメント工場の付帯設備と川。まさになにもないところです。民家なんざありません。その分自然と電車がいい具合に溶け込む駅でした。

さて夏の間はこの辺りは雑草が伸び放題(日当たりがいいので)ですから藪に埋もれてなにも見えないと言うのが当たり前ですが、たまたま草刈をされた直後だったようでホームも敷地の広さもはっきりと確認できる状態でした。営業していた頃でもここまで草のない状態というのはなかったような気がします。

この広大な敷地は使い道があるのでしょうか?あればとっくに使っているのかもしれませんが...

道路の拡幅といっても..広げるほど交通量ないですしね...

Imgp3939rki Imgp3940rki Imgp3946rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷汲線跡2007.09月その01-谷汲

名鉄谷汲線の終着駅だった谷汲駅。

なんとも名鉄らしからぬ雰囲気をかもし出している路線の、いかにも終着駅といった感じの駅でした。晩年は駅舎が新しくなったこともあって終着駅の雰囲気が若干薄れましたが、なにしろ路線のすごさが補って余りあるような状態でしたので、最後の最後まで名鉄の中では異端な路線でした。

終着駅の谷汲駅は廃線後も保存され、管理もかなりのレベルで行き届いているほうに思えます。往年の車両も2両保存されており、駅のホームやレールも消耗度の低い路線だったことが幸いして歴史の語り部となっています。

今年5月には、谷汲駅の駅そのものや保存車両などをひっくるめて「推薦産業遺産」というなんとも立派なものに認定されました。この状態で残っていたこと自体が貴重だということかと思います。

2両の電車には産業遺産認定を記念して、かわいいマークが飾られていました。

夏休み中や土日は訪れる方もそこそこあるのでしょうが、さすがにずぶの平日は閑散としたもので、風鈴の音色だけが響いていました。風も通って涼しいですし、ホームのベンチでボーっと過ごすにはいい季節かもしれません。

Imgp3962rki Imgp3973rki Imgp3968rki Imgp3963rki Imgp3971rki Imgp3976rki Imgp3979rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その02-萱場踏切

揖斐線の近ノ島-旦ノ島間にあった大きな踏切。岐阜環状線の萱場の踏切跡です。

廃線となった岐阜の600v線区の中で一番大きかった踏切です。交通量がかなり多く別の信号が直近にあり渋滞で踏切内に車が滞留したりしないように踏み切り信号までつけられていたほどでした。

さてこの踏切跡、今週深夜にレールが撤去されました。線路部分は応急的に舗装されています。ご丁寧に分離帯部分のブロックまで設置済みです。マーキングがすでにされていますので来週は舗装の打ち直しとなりそうです。

Imgp4032ki Imgp4031ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.09月その01-忠節

かつて名鉄揖斐線の始発駅、市内線の終点として小さいながらもターミナル機能を持った駅だった忠節。全盛期は立派な駅ビルすらありスーパーが入居していたこともあった。周辺が住宅地で高校も多かったことから結構人通りは多い場所だった。

人の流れが変わり、スーパーが撤退。駅ビルは取り壊し。こじんまりした駅舎に変わったものの廃線。立体駐車場のスペースや電車の車庫だった部分など敷地面積が結構あったこともあってスーパーが新築されることになり、廃線区間の中でもいち早く整地が行われた。

建築が進んで大体の雰囲気はつかめるようになってきています。かつて立体駐車場だったあたりから駅舎のあったあたりまでのバス通り面はいっぱいいっぱいまで建物になり、屋上駐車場へのスロープは西側(近ノ島側の踏み切りのあったところ)からの進入になるようです。早田側の専用軌道への入り口だったあたりまでの細長い部分はすでに駐車場になっています。

Imgp4042ki Imgp4047ki Imgp4050ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樽見鉄道・樽見駅舎再建案発表される

春に不審火による焼失というなんともいえない事件のあった樽見鉄道の樽見駅。

このたび駅舎の再建プランが発表された。駅舎の再建とともにイベントも行える広場に整備するようである。ただ残念なことに、前のようなログハウス風の駅舎ではなく普通ななんの変哲もない小駅になりそうである。あの木造の駅舎がなんとも根尾の雰囲気にあっていて好きだったのですが...おそらくコンクリート製かなにかの耐火性のあるもので作られるのでしょう。

9月議会で議決後すぐに着工、来年の桜の時期までの完成を目指すそうです。

(下記 9月7日付中日岐阜版より)

20070907001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

神岡鉄道・引込線の鉄橋撤去へ

高山線が3年ぶりに明日から運行再開ということで、奥飛騨を訪れられている方も多いかと思いますが、同じ奥飛騨でも昨年廃止された神岡鉄道のほうからは貨物引込線の鉄橋の撤去工事が始まったとのニュースが入ってきました。

利用価値がない以上いずれはなくなるべき運命のものだっただろうとは思いますが、神岡の街を象徴する建造物のひとつだっただけに残念でなりません。

なんでもこの鉄橋は1911年製で東海道線大井川鉄橋として使われた後この地へやってきたという歴史のあるものだそうです。使いもしないものに保守でお金をかけるわけにもいきませんし仕方ないのでしょうね。

(画像は昨年撮影のもの)

200508271236kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »