« 揖斐線跡2007.09月その12-相羽 | トップページ | 白鵬ついに単独トップ-大相撲秋場所2007・13日目 »

2007/09/20

安馬が立ちはだかる-大相撲秋場所2007・12日目

新入幕で快進撃を続ける豪栄道の前に安馬が立ちはだかった。

秋場所12日目。

今日一番注目された取り組みは豪栄道-安馬。

すでに明日の対戦相手は発表されており、豪栄道は大関戦が組まれた事を知っていたかもしれない。

立会いは..互角!

双方すごい迫力であった。攻めつ攻められつ。

安馬も危ない場面はあった。が、ここで持ちこたえたのは実力と経験の差。

どちらもすごい運動量である。土俵狭しと攻めの応酬。

最後は豪栄道は安馬に後ろを取られ万事休す。

思いっきり吊り上げて豪栄道を土俵にたたきつけた。

新参者に三役格のすごさをまさに身をもって思い知らせた感じであった。

これで安馬は白鵬と豪栄道という優勝争いの二人に土をつけたことになる。2大関にも勝っておりこのままいけば殊勲賞だろう。

豪栄道は明日は大関千代大海戦が組まれた。新入幕なのに...でも、見たいのは確かである。千代大海は調子が悪そうであるしひょっとすると...。いや、むしろ関心は14日目に横綱戦が組まれるかどうかのほうかもしれない。異例には違いないが、やはりこれも見てみたい気はする。

2敗の二人、白鵬と豪栄道。3敗は安馬、春日王、旭天鵬、垣添の4人。優勝争いはここまでだろう。大関陣が一人も入っていないのはなんとも淋しいばかり。

把瑠都が負けた。勝った若ノ鵬をほめるべきなのかもしれないが、把瑠都にも油断があったかもしれない。勝負が決まった瞬間、若ノ鵬は思わずガッツポーズ。把瑠都は礼も忘れて土俵下に消えた。若ノ鵬は来場所の入幕が確実になった。体格は恵まれているのだからきちんと自分の型が出来ればまだまだ上を目指せるだろう。把瑠都も全勝こそ逃したものの、優勝目前なのは変わりない。残りを全部勝てば1場所での復帰も夢ではない。十両上位で勝ち越しているのは若ノ鵬だけ。この先幕に上がれそうな星に到達できそうなのも若麒麟くらい。逆に幕から落ちて競うなのは3人になりそうな気配。把瑠都まで枠が回ってきそうである。

|

« 揖斐線跡2007.09月その12-相羽 | トップページ | 白鵬ついに単独トップ-大相撲秋場所2007・13日目 »

スポーツ-相撲-2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安馬が立ちはだかる-大相撲秋場所2007・12日目:

» 安馬vs豪栄道(秋場所12日目) [道楽者の徒然日記]
○安馬(送り吊り落とし)豪栄道●  豪栄道が2敗に後退した。相手は小結の安馬。新 [続きを読む]

受信: 2007/09/20 22:55

» 2007年 名古屋場所 12日目 [マレーシア 今日考えた事&思った事]
 12日目 「優勝争いを左右するきょうの注目取組から」 【解説】正面(幕内)舞の海秀平向正面(幕内)立浪【アナウンサー】正面(幕内)岩佐英治東:船岡 西:三瓶<副音声>【ゲスト】マービン・デンジャフィール【実況】マレー・ジョンソン取り組み結果幕下以下 ...... [続きを読む]

受信: 2007/09/21 00:28

» 秋場所十二日目 豪栄道はどうなった? [日々感動!]
十両 把瑠都●{/v/}若ノ鵬○ 寄り切り オオー ちょっとした隙か  若ノ鵬 盛り返した ガッツポーズも出たよ{/face_en/} 北桜●{/v/}時津海○ 下手投げ 攻めていったけど、土俵際、逆にやられちゃった 豪栄道●{/v/}安馬○ 送り吊り落とし  「楽しみに見ていてください」と言っていた安馬 その通りの?相撲 四つになり投げを打つ豪栄道 しかし上手が切れてしまった そして後ろに回られちゃった そして安馬は何をするかと思ったら・・・ 豪快に吊り落としを見舞った  横綱・朝青龍譲りだわ... [続きを読む]

受信: 2007/09/21 14:02

« 揖斐線跡2007.09月その12-相羽 | トップページ | 白鵬ついに単独トップ-大相撲秋場所2007・13日目 »