« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の82件の記事

2007/07/31

156号岩戸高架橋工事

岐阜市内をぐるりと囲む岐阜環状線の工事も大詰め。

岩戸トンネルの2本目の掘削工事と岩戸高架橋の上り線の架橋工事が行われています。岩戸トンネル、岩戸高架橋ともに現在は暫定の片側1車線のため時間帯によってはかなりの長さの渋滞になりますが、この工事が終われば相当スムーズに流れるようになるでしょう。30年越しの壮大な工事も今年度中には完成予定です。

Imgp3166rki Imgp3167rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その13-競輪場付近

岐阜市街地の路面からレールが完全に消えました。

美濃町線跡・競輪場付近

岐阜市街地のいわゆる路面電車だった区間の中で最後までレールが残った競輪場前東側の部分の撤去が昨日行われました。

これで市街地部分の路面上からは完全にレールが消えたことになります。美濃町線・揖斐線の郊外の専用軌道部分も、交差点改良や道路拡幅、バス停の引き込みなどで必要な部分から撤去工事が行われています。

Imgp3509rki Imgp3510rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・トンネルの出口は見えたのか?

FC岐阜は29日に太陽が丘で前期に苦杯をなめさせられた佐川印刷と対戦。リベンジの思いを胸に対決したものの残念ながら引き分けに終わったそうです。引き分けたということよりも1点も取れなかったことのほうが気にはなります。

なかなか勝ち星が拾えませんが復調の兆しとかは見えてきたのでしょうか?和正が戻り、小島が戻りといったあたりは好材料なのでしょうが、いきなり元のように動き回れるわけでもないでしょうし...。よくなりつつある..というのはあちらこちらの記事とかで目にしますが...

さて今週はまたまた金曜ナイターです。土日は花火の都合もありますので仕方ないことですが...お客さん集まるかな?花火の前日というのがなんとも間が悪い。片桐とジョルジの二人とも出場停止なのも興行的には...というより誰がFWやるんでしょう?。櫻田・木島?いっそのことゴリ・小島とか...いや、ほんとにどうするんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜は大垣日大-夏の高校野球2007岐阜大会

日曜に行われた決勝。岐阜の代表は大垣日大に決まりました。

準決勝での苦戦が嘘のような試合内容。森田は投打に大活躍。大垣日大、強い!と思わせる内容での圧勝でした。

岐阜から春夏連続出場の代表が出るのは12年ぶり。春の経験を活かして甲子園でも活躍してくれたらと思います。

さて、他県では大阪桐蔭が決勝で敗れたり、横浜や早実が決勝にすらたどり着けず敗退したりと必ずしも最有力と言われていた学校が甲子園切符を手にしたわけではありません。春夏連続出場を決めたのは昨日までに32校中7校のみ。現在勝ち残って戦い続けているのも3校のみ。昨夏出場校の夏連続出場は昨日までに12校。戦い続けているのが4校という状態です。続けて甲子園にたどり着ける学校はそう多くはありません。

大垣にはそれほど頭抜けた選手がいるわけではありませんが、春を経験しているという経験値は確実にあると思います。春同様のびのびと野球ができれば...期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/28

長良川の花火・画像

全国選抜長良川中日花火大会が無事に行われました。

例年同様、自転車で18:00ごろ乗り付けて、川原をえっちらおっちら..水位が低かったおかげで川原が目いっぱい使えたこともあってか思ったほどの混雑ではありませんでした。お気に入りの場所も空いてましたので川に足を浸して涼みながら楽しんできました。

とりあえず画像を3枚ほど..。残りの画像と動画は編集して後日UP予定です。

Imgp3477rki Imgp3484rki Imgp3494rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長良川の花火・3時間前

全国選抜長良川中日花火大会

いよいよ3時間後に迫ってきました。

今日の岐阜は35.2度まで気温が上がりました。

風が若干吹き始めましたが暑いことには変わりありません。

現在の風向きのままなら西寄りの風。風上は金華橋側になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城北2年越しの夢散る-夏の高校野球2007岐阜大会

岐阜大会準決勝2試合目

前半どちらも攻めきれず投手戦の様相を呈したこの試合。

後半双方点を取ったものの結果は7-3。

8回表の岐阜総合6点が大きく効いた。

岐阜総合4度目の決勝戦。

今度こそ悲願の甲子園にいけるか!

明日はいよいよ決勝。

どちらが勝っても夏の甲子園は初出場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長良川の花火・夜の部まであと5時間

全国選抜長良川中日花火大会。夜の部のスタートまであと5時間あまり。

会場のほうもそろそろ混雑していることでしょう。岐阜はかなり気温が上がっています。13時現在ですでに34度近くまだまだ上がりそうです。風もそよ風程度にしか吹いていません。花火開始の19時頃でも30度くらいの気温になりそうです。

今からお出かけの方は暑さ対策は万全に...

【おおまかなプログラム・アクセス方法等はこちら】

【おそらくすでにいっぱいとは思いますが会場周辺の公共駐車場はこちら】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準決勝第一試合は大垣日大が辛勝-夏の高校野球2007岐阜大会

高校野球岐阜大会準決勝第一試合は

大垣日大が3-2でかろうじて勝ちを収め、決勝に駒を進めました。

逆転され追いかける展開になったときはどうなることかと思いましたが、とりあえず勝ち進みました。今日は森田の調子が今ひとつだったような気がします。打線もうまいことやり込められた感じでした。

第二試合はどちらがくるでしょう。城北は捕手水川が先発。苦戦中です。ボールもちょっと浮いた感じですし、球を受けるのが一年生というのもあるのでしょうか..

先制され追いついたところ。4回終わって1-1の同点です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新岐阜跡地の新施設にパレ

名鉄岐阜の新駅舎も無事供用が開始され、いよいよ南側部分の解体作業が始まろうとしている。

跡地には低層の商業施設を造る事はすでに公表されていたが、キーテナントにパレマルシェが入ることになったとの新聞報道があった。

パレマルシェというと聞きなれないが、岐阜市内にもなじみのあった名鉄パレの流れを汲む会社である。もちろん食品スーパーである。

駅前周辺は再開発で高層マンションが次々と建設されているが、駐車場が確保できないこともあって食品系スーパーの空白地域でもある。市街地中心部は住民の年齢層も高く、自動車に乗れないお年寄も多い。近くにスーパーができるのはありがたいだろう。

駅で乗降する人はもちろん、近隣の自転車圏の住民にとっての利便性もやっと良くなりそうである。

Imgp3147rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その12-市ノ坪

美濃町線跡・市ノ坪

土壌汚染のため開発が当分延期になっている市ノ坪。

その後大きな変化もなく草むらとなっています。

前後のレールが消えてしまった後も、構内にはわずかばかりのレールが残っています。

Imgp3401rki Imgp3403rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その11-競輪場周辺

美濃町線跡・金園町九丁目~競輪場前一帯

岐阜市内の路面区間で最後まで線路が残っていたこのあたり。

北一色地区の撤去完了後、金園町九丁目から156バイパスの下へ向けて行われてきた撤去工事も最終盤。残すところ30m程度となりました。工程的には1日あれば十分撤去できる長さです。今日行われるのか..さすがに花火当日なので月曜日にまわすとは思いますが、いよいよ岐阜市内の道路からレールの姿が消えます。

Imgp3395rki Imgp3398rki Imgp3400rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その10-野一色

美濃町線跡・野一色

駅西側のポイントがあったあたりのみレールが撤去されました。本格的な撤去にしては中途半端ですしなにか別件の工事の都合かもしれません。

Imgp3393rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その9-上芥見・下芥見

美濃町線跡・上芥見と下芥見

部分的にレールの溝が埋められたりはしていますが、本格的な工事はまだ行われていません。

Imgp3387rki Imgp3389rki Imgp3390rki Imgp3392rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その8-白金

美濃町線跡・白金

さすがにこの季節は草に埋もれています。

Imgp3384rki Imgp3385rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その7-小屋名

美濃町線跡・小屋名

赤土坂から始まった工事は、小屋名のやや東。百年公園への交差点あたりまで撤去が進んでいます。

この先156の踏み切りあたりまで工事が進むと思われます。ここの線路がなくなれば大規模な交差点改良が可能になり、現在の変則的な三叉路を三つ組み合わせた交差点が南北に156号・東西に高富-関という普通の十字交差点になることでしょう。

Imgp3373rki Imgp3371rki Imgp3368rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その6-赤土坂

美濃町線跡・赤土坂

前回訪問時の直後から撤去工事が始まったようで、赤土坂駅跡はきれいに更地。架線柱だけがさびしげに立っています。

工事は赤土坂東側の分岐のあたりから西へ進んでいます。

Imgp3376rki Imgp3379rki Imgp3381rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国選抜長良川花火大会・当日です

全国選抜長良川中日花火大会。いよいよ当日となりました。

いい天気です。

午前6時15分現在の会場の様子です。すでに相当な数の場所取りが行われています。毎年のこととはいえご苦労様なことです。堤防上の平面部分は埋まりつつあります。階段部分などの座りやすい部分も人気のようです。いい席はお早めに。今日も観衆は市内全域合わせれば例年通り30~40万人近くいきそうです。

【花火の大まかなスケジュール、アクセス等は前回の記事をどうぞ】

【メモリアルセンター付近の公共駐車場の場所はこちら】

Imgp3406rki Imgp3408rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/27

準決勝の組合せ決まる-夏の高校野球2007岐阜大会

準決勝の組合せが決まりました。

第一試合

大垣日大-関商工

第二試合

岐阜城北-岐阜総合

ちょっとほっとしたような...

いきなり日大-城北とかにならなくて..

| | コメント (2) | トラックバック (1)

明日は長良川の花火です

明日7月28日は、毎年恒例の長良川の花火です。

全国選抜長良川中日花火大会。

打ち上げ数は30000発と豪勢です。

場所が街中で川幅もそれほど広くないため、消防法やその他の事情のため4号玉しか打ち上げれないということはありますが、そのぶん近くで打ち上げられますし、バックに金華山が控えていることもあって反響する花火の音は豪快なものがあります。

明日の長良橋周辺は花火一色。朝9時の号砲から打ち上げが続きます。昼間のうちは音だけの花火ですので見た目にどうというわけではありませんが、街中まで音は響いてきますのでいやがおうにも雰囲気は盛り上がっていきます。

17:30からは色のついた花火が徐々に打ち上げられていきます。このころには会場の正面の当たりはごった返して足の踏み場もなくなっていきます。堤防の斜面や平らな舗装された場所等で見ようという方はこの時間ではすでに出遅れです。

18:55に最初のスターマインが上がります。

そして19:00からは本格的な打ち上げが10分間ほどの間に100発続きます。

運営側の挨拶の後19:15からいよいよ夜の部の本番開始。このころには長良橋の上流から忠節橋当たりまでは堤防上も川原もぎっしりのお客さんで埋まります。

これ以降は花火が次々と連打されていきます。

仕掛け花火やスターマインは5~10分毎。

通常の花火がその5~10分間にさらに150~200発見当で打ち上げられていきます。

20:00以降はだいたい1分間あたり100発見当の打ち上げ数があり、まさに火の饗宴となります。

まさに間断もありません。ものすごい迫力がありますよ。花火は一筋づつ上がるのが風流という方には逆に合わないかもしれませんけどね。

主だったところでメニューは下記

19:15 開幕スターマイン(2基同時点火)

19:34 特大スターマイン

19:40 創作花火コンクール

19:58 上流と下流での同時スターマイン

20:04 スターマインコンクール

20:20 特大スターマイン

20:34 特大スターマイン

20:37 メロディー花火

20:41 ナイアガラの滝

20:43 特大スターマイン

花火をどこから観ようかお悩みの方

もちろん会場の川原ならよく見えますが、金華山の上から見る花火というのも変わっていてよいかもしれません。花火を上から眺めるというのは早々できませんしね。

会場の混雑がちょっとという方は、メモリアルセンターの中からというのはどうでしょう。仕掛け花火など低いところの花火は見えませんが、打ち上げ花火は十分すぎるくらいはっきり観ることができます。芝生広場はもちろん、例年通りなら競技場のスタンドから見ることもできると思います。

なにも近くでなくてもという方は、ご自宅近くの高いところからでもちょっと遠目にはなりますが見られるでしょう。上流なら鵜飼大橋あたり、下流なら鏡島大橋あたりまでなら十分楽しめます。街中ですと高島屋の屋上はもちろん金華山を普段見通せるような場所からならどこでも見ることができます。鏡島大橋あたりは岐阜の花火と大垣の花火が左右両方で見ることができます。

会場へのアクセスについて

当日は市内全域で大規模な交通規制がかかります(そのうえ明日はイオン各務原がグランドオープン当日なので南部の国道を中心に交通量も拍車がかかると思われます)。会場周辺の一帯は幹線道路以外は歩行者専用となり一般車両は入れなくなります。会場付近の公共駐車場はメモリアルセンターのあたりのみ(それも一部は使用不可)ですが高校野球の準決勝があることもあり早い時間に埋まってしまうでしょう。花火の夜の部開催中と終了後は会場周辺の道路はまったく身動きが取れなくなります。長良橋・金華橋あたりは車で橋を渡ろうと思うと20~30分かかることもあります。渋滞がはけるのは23~24時ごろになるでしょう。どうしても車でないと来れない方は駅前や柳ヶ瀬あたりの有料駐車場にとめるのも手でしょう。会場から歩いても30~40分くらいです。一日市場と県庁にも臨時駐車場が設けられシャトルバスが運行されますが、シャトルバス自体が大渋滞に巻き込まれることもありますのでご注意を。

道路事情が上記のような感じですので、極力公共交通機関でお越しになることをお勧めします。行きは路線バスや臨時バス。本数は山のようにあります。17時以降はバスが渋滞に巻き込まれますので、手前の岐阜公園あたりで降りて歩かれたほうがいいでしょう。

帰りは駅まで歩いたほうがはっきり言って早いです。長良橋から岐阜駅まで1時間くらい、柳ヶ瀬までなら30~40分で歩けます。順番待ちしてバスに乗れても、バス自体が渋滞で少しずつしか動きませんから、バスの中ギュウギュウ詰めで立っているよりは自分のペースで歩かれることをお勧めします。

地元の方で会場へ行かれる方は..やっぱり自転車が一番いいでしょうね。私も現地へいく場合はそうしていますし。直近まで乗り付けると帰りに苦労するのでちょっと離れた所に置いていくのがコツですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

甲子園組対決は大垣日大に軍配-夏の高校野球岐阜大会

夏の高校野球岐阜大会、準々決勝の2日目。

Cゾーンの関商工-美濃加茂とDゾーンの大垣日大-中京の試合が行われました。

第一試合は関商工の守り勝ち。美濃加茂が終盤に追い上げたものの、2回から6回まで三者凡退が続いたのを取り返せず5-4で関商工の勝ちとなりました。関商工、8年ぶりのベスト4です。

第二試合は春の甲子園組同士の直接対決。大垣日大-中京の大一番となりました。大垣・森田を中京が打ち込めるか、大垣打線は爆発するかなど興味の多い試合でした。

試合は1回表、大垣日大は満塁まで持ち込むも点を取れずじまい。対する中京も2回裏に三塁まで進むもこちらも得点できず。両チームピンチをしのいだ形になりました。

4回表大垣日大攻撃中に雨で3分間中断。この雨で一息ついたのが大垣日大に流れを呼ぶ。内野ゴロが悪送球になって二進、このあと野選があったりして走者三塁。ここで大垣・安井が手堅くスクイズ。タイミング的にはアウトにもできそうなタイミングだったがグラブトスが山なりのボールになってしまい..先制は大垣日大。このあと平野が左中間へ二塁打。芝がやや湿ってボールが転がりきらなかったのが幸いとなったか一番奥深いところへ転々。この間に好走塁で2点目。些細なミスがきっかけで大垣日大が2点を取った。さすがにこのあたりのたたみかける攻撃はさすがである。

しかし中京も黙っていない。4回裏一死後三塁打。これを手堅くスクイズ。ボールをとりにいった森田がタイミング的にホームは間に合わないと踏んで見送ろうとしたが、湿った土でボールは転がらず..2-1となった。

5回表大垣日大。とられた分は取り返せとばかりに森田がレフト奥フェンス直撃の二塁打。内野ゴロの間に三進。そしてまたスクイズ。なんとも手堅く3点目である。

5回裏中京。ヒットの走者を一塁に置き、バント失敗でキャッチャーフライ..だったが、捕球体勢を崩したのを見て一塁走者タッチアップで二塁へ。中京も抜け目ない攻撃。この後今江が右中間へ二塁打。走者かえって2点目。そして敬遠とボークで二死二・三塁。一打逆転のチャンスであった。ここで森田が踏ん張り奥田を三振に切ってとる。ここが大きな勝敗の境目になった気がする。

6回表、流れを引き寄せた大垣日大の猛攻。中京の投手川口が崩れ始める。先頭打者が四球で出塁。吉岡の打球はなんでもないレフト前ヒットだったが走者一気に三塁へ。中継が乱れボールはファールグランドへ..その間にホームイン。打者走者も二塁へ。続く平野の打席でワイルドピッチで三進。二死になったあと大林の打球はライトへの大飛球。ライトが追いついたかに見えたタイミングだったが、ボールを見失った感じでボールはフェンスを直撃。これが二塁打になり5点目。三進後、今度は森田が左中間フェンス直撃の三塁打。これで6点目。細かいミスに長打。大きな3点が転がり込んだ。

7回表の大垣日大。またも先頭打者が四球で出塁。続けてヒット。ここで中京・川口は降板、滝川が投げることに。送りバントで二・三塁。これは想定範囲。そして打者吉岡、スクイズは見透かされてはずされた..が、大きくはずされたボールへ飛びつくように片手でスクイズ!ボールは絶好の場所へ転がる。大きな7点目。中京バッテリー、スクイズを読みきったにもかかわらず取られたこの1点は大きな動揺を与えたに違いない。

7回裏中京。大垣日大が7点目を上げ、流れは完全に大垣..となったはずだったが、気持ちの隙、というかいきなり先頭打者・水野がホームラン。森田の球も若干高めに浮き始める。ヒット、四球などで二死満塁。攻める中京、守る大垣。双方にとって重要な場面となる。ここで試合は動くのか...。栗木が当てた打球は..ショートフライ。森田がなんとか踏ん張りきった。ここまで7-3。差は4点で最終盤の好守となる。

8回表大垣。またも先頭打者は四球で出塁。その後一死二・三塁となって、スクイズ~!...は失敗。スリーバント失敗でダメ押しはならず。

しかし、7回に少し調子の出なかった森田が息を吹き返す。というか、ふっっ切れたかのように直球で全力勝負。8~9回の2イニングで4三振を奪い、力で中京打線をねじ伏せる。9回裏には本来なら中京のエースになっていたであろう小亦が高校生活最後の打席に代打で入る。森田の渾身の一球。小亦は三振で高校野球の舞台を終えた。

終わってみれば7-3。大垣日大が甲子園での成長を見せつけた形となった。

これで4強は大垣日大、岐阜城北、岐阜総合、関商工となった。

準決勝以降の組合せ抽選はまもなく10時から。

どんな組合せになるか。

準決勝は明日28日、土曜日で花火の当日でもあり大観衆になるかもしれません。

決勝は29日日曜日。

今年の甲子園切符は誰の手に渡るでしょう。

今年の春甲子園に出場した学校で昨日の時点で勝ち残っているのは大垣日大はじめ32校中17校。すでに半分の学校は2季連続出場を逃しています。

昨夏甲子園組も49校中24校しか残っていません。

続けて甲子園にいくということの難しさを物語っていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/26

岐阜城北・ノーヒットノーラン-夏の高校野球2007・岐阜大会

高校野球岐阜大会は準々決勝1日目。

第一試合はAブロックの準々決勝。岐阜総合-市岐阜商。結果だけ見れば6-3で岐阜総合が勝ったというだけの試合に見えるが、岐阜総合の拙攻が目立った試合でもあった。あれだけヒットを重ねながら6点だけ。市岐阜商がよく守ったともいえる。6回裏に市岐阜商がワンチャンスで追いついたときなど、流れが変わってひょっとして岐阜総合が負けるのではないかとも思ったくらいである。岐阜総合、投手陣はまずまずよかったが打撃陣は反省点が多そうである。

第二試合はBブロックの準々決勝。岐阜城北-清翔。

どちらも投手がいいだけに、チャンスを確実にものにできるかが勝負の分かれ目と思われたが、よもやあんな展開になろうとは..

打撃も決して弱くない清翔打線がまったく打てない。あれよあれよという間に回は進み、なんと1本も打てないまま試合終了。岐阜城北・伊藤準投手、なんと準々決勝でノーヒットノーラン達成である。もちろん一人で達成したわけではない。何度もヒットになりそうな当たりはあったのだが、捕手・水川、二塁・間宮、中堅・丹羽の昨春甲子園組を中心に好守で伊藤を支えた。昨年は春の甲子園で旋風を起こした後、夏は甲子園にたどり着けず悔しい思いをしたこのチーム。尾藤達が抜け、甲子園経験者が残る最後の夏にかける思いも強そうである。正捕手で控え投手の水川の守りのセンスは健在。今年はキャプテンとなった間宮の守りは群を抜いている。スイングスピードでは全国でもトップクラスの怪力、主砲丹羽の打撃も調子を維持している。伊藤準が試合中足を気にしていたのが少々気にはかかるが、全体としては今年はいいチームに仕上がっているように見える。準決勝でどことあたるか楽しみである。

さて、今日準々決勝2日目は、Cブロック美濃加茂-関商工。Dブロックはなんと大垣日大-中京の今年春の甲子園組同士の対決です。壮絶な試合になるかもしれません。

が..現在岐阜は小雨が時折ぱらつく状態です。試合は予定通り開始されたようですが、雨の影響で些細なミスが出ないことを願うばかり...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A代表・準決勝で散る-アジア杯

残念というしかない。

連覇がかかっているとはいえ、このレベルの対戦だと相手国もそれなりに強いところしか残っていないわけだし、ちょっとしたきっかけで負けることだってある。

前の試合オーストラリア戦が「事実上の決勝戦」とかいわれていたこともあって精神的にも体力的にも消耗していたのかもしれない。あの試合だって、川口に神が降臨しなければ敗退していたかもしれない。決して日本は頭抜けて強いわけではない。

負けたのがこの大会で、まだ良かったと思おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝青龍・そりゃまずいだろう-大相撲名古屋場所2007・番外編2

場所中後半、腰の調子が思わしくなかった朝青龍が夏の巡業を休場している。なんでも疲労骨折とひじの痛みだそうで、怪我では仕方ないかと思う。

が、モンゴルへ帰国中の当の朝青龍がサッカーイベントで走り回っていたとかなんとか..。

あ~ぁ..また叩かれなきゃいいけど..

母国での数少ない顔見世の機会だから気持ちはわからなくもないが、巡業蹴ってるわけだし協会も頭が痛かろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「力戦奮闘」大関琴光喜誕生-大相撲名古屋場所2007番外編1

昨日、無事に大関琴光喜が誕生した。あの成績なのだから文句のつけようもないだろう。

注目の口上は「力戦奮闘」

結局四字熟語を入れることにしたようである。

力戦奮闘...琴光喜らしくてよいのではないだろうか。

超スロー出世となってしまったが、まだまだ体が衰えているわけではない。年はとっても気持ちは若手。

綱を目指して..なんていうと、またプレッシャーになってしまうので、のびのびとやってほしい。実力を出し切れればまだまだ強いのだから。

さて、西幕下筆頭で4勝3敗と勝ち越した市原。通常なら十両に優先的に上がれる成績なのだが、今回は十両下位の成績が思ったほど悪くなく、結局転落者がなし。引退で空いた1枠に東筆頭で勝ち越した琴春日が上がるのみとなった。市原の星が6勝1敗とか5勝2敗とかであれば、はかりにかけて十両下位の負け越し力士と入替という目もあったのかもしれないが、4勝ではさすがにアピール不足だったか...こればかりは運もあるので致し方ない。来場所こそは文句なく昇進を決めてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/24

岐阜大会はベスト8出揃う-高校野球夏の甲子園2007

夏の甲子園を目指す高校野球岐阜県大会。

22~23日に3回戦16試合、そして今日24日は4回戦8試合が行われベスト8が出揃った。

3回戦では有力校がほぼ順当に勝ち進んだ。岐阜城北は11-1、帝京可児は10-0、大垣日大は8-1など圧勝という試合も多かった。そんな中美濃加茂は各務原を相手に10-7。各務原は大善戦といっても良いのではないだろうか。そして注目のDブロックでは3回戦で当てるにはなんとももったいない中京-県岐阜商という対戦があった。さすがに圧勝とはいかず結果は6-3で中京の勝ち。今年は例年より小粒だった県岐阜商が早々に姿を消した。

さて今日の4回戦。なんといっても注目の試合は大垣での第一試合。シード枠の帝京可児と昨年話題になった岐阜城北の対戦。これもこの位置ではもったいない組合せといえる。2回戦・3回戦と圧倒的な打線でコールド勝ちをしてきた帝京可児だったが、ふたを開けてみれば0-3。なんと完封負けである。岐阜城北がうまくかわしたといったところ。Dブロックのチームが消耗気味なのでひょっとすると...

大熱戦だったのが長良川の第一試合。岐阜総合-中津商。立ち上がりに中津が先制。5回に岐阜総合が追いつき、そのまま1-1で延長に突入。岐阜総合・竹内と中津商・新田の投げあいとなった。最後は満塁策からヒットが出て岐阜総合が粘り勝った。

思わぬ苦戦をしたのが美濃加茂と中京。美濃加茂は昨日1ヒットで勝ち上がってきた東濃実を打ち込めず、3-2で辛勝。中京は岐阜工と中盤まで7-5と競り合い、7回にようやく打線爆発で試合を決めた。

そして、大垣日大-岐阜第一。勝ち上がれば次は中京と当たるこの組。消耗は避けたいところであったが、終わってみれば11-2で大垣日大。なんだかんだいってもここは強い。

明日、あさっては準々決勝が2試合ずつ行われます。

岐阜総合-市岐阜商

岐阜城北-清翔

美濃加茂-関商工

大垣日大-中京

甲子園出場経験のある学校がぞろぞろと名を連ねています。ベストの状態であれば春の甲子園を経験した2校(大垣日大・中京)が経験値的には高いのでしょうが、ここで対戦してしまうため準決勝にいくころには消耗しきっているのではと要らぬ心配をしてしまいます。そうなるとどこが勝ち上がってきても勝機はあるといえるでしょう。どれも好ゲームになりそうです。

他県ではPLが早々に姿を消し、今日は早実も負けてしまいました。どちらもくじ運で比較的早い段階で有力校同士の対戦となってしまったためですが、岐阜も他人事ではないですね。春の甲子園に出た学校同士が準々決勝で当たってしまうのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

ヘリにボート・長良川で大救出作戦

つい今しがたまで岐阜市内の長良川で大救出作戦が行われていました。

水難事故かなんかがあったのだろうと思われます。

大縄場大橋あたりから鏡島大橋あたりまでの両サイドの堤防には消防車や救急車が配置され、川面には救命ボートが2隻、空からは防災ヘリも出動という大掛かりなものでした。

日没直後の薄暗い空の下、30分ほどヘリの爆音が鳴り響いていました。

捜索対象はどうやら鏡島大橋のやや下流のところでボートに発見されたようで、ボートから合図の明かりが振られた後ヘリは現場をあとにしました。

このあたりの長良川では毎年数回、水難救助等での出動があります。これからの暑い時期、身の安全には十分お気をつけください。

Imgp3361rki Imgp3360rki Imgp3362rki Imgp3364rki Imgp3365rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜-なにをやっとるねん

FC岐阜、栃木SCを迎えての一戦。

試合開始時間ごろまで小雨が降り続いたこともあり、動員作戦のかいもなく5000人すら届きませんでした。中日新聞さんがはがきで募集して配布された招待券こそ試合指定の招待券でしたが、それ以外の大部分の招待券は5試合共通券ですし、「観にはいってみようと思うけど、なにもわざわざ雨の日に..」という理由で先延ばしした方もいるかと思われます。しかし、小学校経由で招待券を配布したことは一定の効果があったのではないでしょうか。いつもはカテ2がもう少し入りが良くて、カテ3のバックスタンドあたりは隙間が目立つというパターンですが、カテ3の屋根の下はびっしり。それも小さい子供づれの家族がかなり目立つという状態でした。おそらくその大半は「子供が券をもらってきたことだし」という理由で観に見えた方なのではないでしょうか。子供がいつもより多くていい感じでした。長い目で見ると子供が大勢興味を持ってくれるチームになっていくことが一番いいことでしょうし、そもそもチームの方向性が「子供達に夢を」ですから。

そんな状態だったからこそ、絶対にいい内容で勝ってもらいたかったところなのですが、肝心の試合はあの体たらく...。

なにやっとるねん!

せっかく初見のお客さんが大勢来てもらえて、アピールする機会やったのに。あの内容で子供達が「面白かった」「また観にこようね」と思ってくれるやろうか...。なんか、パスはつながらんし、シュートは打てんし..。ゴールを狙えそうなとこまできたら自分で打てばいいのにパスを出してみたり。あんなピッチやったからクリアミスやパスミスがある程度出るのはしょうがないやろうけど、走り負けとるっていうのはどうやねん。運動量では圧倒的に負けてたんとちゃうか?なんか全員で勝つんだという意識が前より落ちてるような...。選手はせいいっぱいがんばっとるんかもしれんけど、相手の動きと較べるとどうしてもそう見えてしまう。なんか他人任せで、攻撃はFWにボール渡したら任せっぱなし、まともそうな攻撃に見えたのはなおきさんが突っ込んできたときくらいなものだったし..。肝心の守備のほうも鉄壁はどこへ行ってしまったのやら。優がいくらがんばっても捕れんもんは捕れん。なんか攻めてるときも守ってるときも、パワープレーをされてるような感じだった。なんで?..誰も退場してないのに...。

内容的には...普段ならまだともかく、動員作戦を打った試合としては最悪。はじめて見た人には「なんだこんなものか」と思われたに違いない。野球なら外野いっぱいに大量のメガホンが投げ込まれてもしょうがないような試合だったと思う。実際怒っている声、ブーイングなどをする人もいた。

そんな中、拍手とコールで迎えられたということを選手はもっと悔しがってほしい。正直ブーイングで迎えられたほうが選手も気は楽だったかもしれない。されてもおかしくない試合だったのだから。温かく迎えているサポーターの心の奥の悔しさは選手に伝わっているのだろうか...。

シーズン途中での監督交代、戦術の変更..すぐにはものにできないのもわかるが、いたずらに時間だけが過ぎてしまうと取り返しがつかない。多分なにかきっかけがあれば一気によくなる気がするが、そのきっかけすらどこにあるのか..。

チームはついに5位に落ちた。まだシーズンは長いが..このチームはよほどギリギリとか背水の陣とかがすきなのだろうか...。まあ好きでそうなっているわけではないだろうが...。

次こそは目の覚めるような勝利を期待したい。

Imgp3349rki Imgp3351rki Imgp3358rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/22

終わってみれば朝青龍-大相撲名古屋場所2007・千秋楽

名古屋場所千秋楽。

土俵入りから場内は割れんばかりの拍手が鳴り響く。大関昇進を確実にした琴光喜への祝福と優勝への期待であった。

で、本割。琴光喜も勢いよく当たってはいったのだが、稀勢の里が上手くとったとしか言いようがない。琴光喜は立会いまわしを取るのに失敗。あとは防戦一方。館内に悲鳴とどよめきが渦巻いた。優勝に手が届くところまでいきながら負けてしまった。

これで精神的に楽になったのか、朝青龍はなんともあっさりと白鵬に勝利し優勝を手に入れた。朝青龍、満面の笑みであった。

優勝こそ手にしそこなったが琴光喜は今までのことを思えばよくがんばったと思う。相性の良くない地元の場所で大関を手に入れた。盛り上がりという点では琴光喜のがんばりによるところが大きい。豊真将も取り組みの都合で二桁勝利は逃したものの大健闘だった。新入幕の豊響にいたっては出来過ぎである。稀勢の里も今場所の調子が維持できれば来場所も相当活躍するだろう。

心配なのは白鵬。重圧が重すぎたのか終盤失速。腰高や相手を見すぎているところが気になった。結局11番止まり。来場所こそは落ち着いた相撲をとってもらいたい。

さて来場所の番付は三役をどうするだろう。安馬の7勝8敗をどう扱うかで決まってくる。前頭に落とすのであれば、枠が3つ空くので朝赤龍・豊真将・稀勢の里の3人とも上がれる形になる。安馬の8敗と豊真将の9勝をはかりにかける形になる。

十両との入替はおそらく5人で落ち着きそうである。下位の3人と把瑠都・里山が転落、12勝の3人と春日錦・若ノ鵬が上がってくるだろう。

その下、幕下からの昇進は2枠か..。高見藤引退で空いている1枠は確実で幕下筆頭の琴春日が決定だろう。問題は西筆頭で勝ち越した市原を上げるかどうか。上げるとなるとはかりにかけられるのは十両11枚目で9敗の琉鵬だろう。これは微妙なさじ加減になりそうである。

さて、大勢とは関係ないところで..数少ない岐阜出身力士のひとり輝面龍が幕下24枚目で勝ち越し、来場所は幕下上位に戻ってくるかもしれない。このところ三段目といったり来たりだったので、じつに3年ぶりになる。過去には4枚目まで上がったこともあるが、いまだ関取になることはかなっていない。もうすぐ38歳になろうかという大ベテランであるがまだまだ元気。あと二場所続けて勝ち越せればひょっとして...

琴光喜の昇進は25日に決まる。どんな口上を述べるのだろう。苦労しただけにさまざまな思いがあるだろう。来場所も優勝争いの一角としてがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琴光喜と朝青龍の一騎打ちに-大相撲名古屋場所2007・14日目

14日目

琴光喜は、栃乃洋と対戦。目を疑うような内容だった。緊張の糸が切れたかのような...土俵際まで押し込まれ、あわやという展開だった。そこは、今場所は運が向いているというか、なんとか勝つことができたが、今場所一番悪い相撲だったことは間違いないだろう。これがいい薬になって千秋楽に万全の相撲が取れることを願おう。といっても、相手は稀勢の里。今場所も調子はまずまずよさそうなので簡単にはいかないか...。

朝青龍は本来なら魁皇と対戦する予定の日だったが、休場のために急遽組まれたのは豊真将戦。横綱が危なげなく勝った。ここは経験値の差である。

千秋楽、いよいよ優勝争いも決着がつく。というより、優勝争いが千秋楽まで続くこと、結びが横綱同士の対戦で締めくくれること(もう遠い昔のような気が..)。盛り上がったままいい形で場所を終えれそうである。対戦相手的にはどちらに優勝が転がり込むかは五分五分だろう。琴光喜の相手は平幕だが調子がいい。朝青龍の相手は調子を崩しているとはいえ新進気鋭の新横綱。どうなりますやら。

個人的な希望としては、本割を両者勝って決定戦。そして直接対決で琴光喜、涙の優勝賜杯...となれば話題性も上がって相撲人気の一助になるような気がするんですがね。朝青龍も3場所ぶりの優勝に向けて必死、白鵬もこんな形で新横綱の場所を終えたくないだろうから必死だろう。稀勢の里にしたところで三役復帰やその後の足がかりを作りたいところである。楽しみな千秋楽になりそうである。

さて、幕下の市原の十両昇進が微妙になってきた。誰も落ちてこない可能性が出てきたのである。そうなると枠は高見藤引退でできた1枠のみ。東筆頭で勝ち越した琴春日だけで埋まってしまう。市原の命運は千秋楽の十両の取り組み、片山・琉鵬・十文字の星次第である。この三人、千秋楽は幕下力士との対戦が組まれている。負けた奴は落とすという意思表示なのかもしれない。

えぇ~..豊真将が可哀想すぎます..あの番付で本来あたる筈のない上位力士との対戦(ラスト3日が琴光喜・朝青龍・千代大海なんて..)が続き星を伸ばせずにいます。魁皇休場のあおりを喰らったわけですが..番付半枚違いの稀勢の里に有利すぎます。三役争いは豊真将・稀勢の里・朝赤龍、そして安馬の4人で3枠を争う形。それぞれの千秋楽の星の兼ね合いで決まります。

三賞は技能賞は琴光喜で確定でしょう。殊勲賞はやはり琴光喜か。敢闘賞は豊響にあげたいですね。新入幕二桁はよくがんばりました。

暑い名古屋の熱い場所は見所満載で千秋楽です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今日は3回戦-高校野球岐阜県大会

夏の甲子園へ向けての高校野球岐阜大会。

16~17日には2回戦32試合が行われ、おおよそ順当に有力チームが勝ち進んだ。ただ美濃加茂や帝京可児のように圧勝だったところもあれば、市岐阜商や岐阜城北などのように1点差で辛くも勝利というところもあった。

さて、前回の記事でがんばってほしいと思っていた学校。恵那南は2-5で敗戦。統合前の旧岩村高校野球部最後の選手たちは残念ながら白星を手にできなかった。部員不足に悩む2校、池田と岐阜各務野。池田は初戦の相手が強敵岐南工。さすがに1点を取ることさえできなかった。各務野は岐阜第一と対戦、こちらも1点も取れないかと思ったがなんとか2点を挙げた。

3チームともがんばったが初戦敗退であった。

この後、終業式などの日程の都合も考慮しあらかじめ日程が空いていた上に雨で1日延期。中4日あけて今日から3回戦である。3回戦の1日目は8試合を予定。面白そうなのは市岐阜商-岐南工でしょうか。そして明日、3回戦2日目は大垣日大-大垣商。そしてなんといっても中京-県岐阜商でしょう。こんなところであたるにはもったいないような気もしますが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/21

FC岐阜・さあ当日です

岐阜の街は昨日からの雨がいまだに降り続いています。量的にはたいした降りではないのですがカッパなしではつらいかなという程度の降りではあります。気象レーダーに映らないほどの弱い雨雲が前線の北側に広がっているせいなのですが、前線は徐々に南に下がっており、ひょっとするといつものように試合前に雨が上がるのかもしれません。いや、そう期待しましょう。まだ8時間ありますからね。

さて、夏休み期間に入っての土曜日、18切符のシーズンでもあります。栃木SCのサポさんたちもおそらく大勢おみえになるでしょう。夜行で往復するのに便利な位置関係ですし、多分もう岐阜入りしてみえる方もいらっしゃるでしょう。

栃木は今シーズンの動員数では岐阜をはるかに上回っています。開幕戦では昨年の岐阜の動員作戦のときと同じくらいの大勢の動員をしています。岐阜も負けてはいられません。チーム運営の経験値では先輩の栃木のほうが成熟しているでしょう。だからこそ、成績も応援も動員も運営も..さまざまな面で追いつきたい、いや負けたくないところですね。

今日もがんばって応援しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万感の思い・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・13日目

名古屋場所も最終盤13日目

前日大関昇進の最低ラインに到達した琴光喜は豊真将と対戦。勝てば12勝目、3場所通算でも34勝となり文句のない数字になる大一番。場所前に理事長から目安とされていた勝ち星でもある。これを勝てば大関は間違いないという状況には、さすがに今場所冷静さを保ってきた琴光喜も緊張したか待ったが2度続いた。結果的にはあせらず待ったをしたことで白星をつかむことができた。おそらく無理に立っていれば...。緊張するなというほうが無理である。

万感の思いが沸いてきたのだろう。取り組み後風呂から号泣する声が聞こえたと新聞各紙に書いてあった。道のりが長かった、何度も手が届きそうなところまでいきながら達しなかったところへようやくたどり着けたのである。前回の昇進をかけたときは星数は達成しながらも、平幕に負けたという些細な印象を理由に認められなかった。長い間勝ち越すのがやっとという時期が続いた。大物新人は三役に定着したまま年齢も30を超え、おそらく本人もチャンスはもう来ないかもしれないと思っていただろう。

理事長も「内容は最高」という評価をしていただいているそうである。話題の新横綱と大関二人を破っている。今回は仮に優勝を逃しても昇進の話が立ち消えになったりはしないだろう。

まだ残り二日ある。せっかくのチャンスである。優勝ももぎ取って大相撲の歴史に残る一ページにしてもらいたいところだ。

白鵬は、なんとも精彩がなかった。今場所を通じてであるが..。なんというか守りに入っているというか..切れがない。横綱はどっしり構える..というのは悪いことではないのだが、今場所の白鵬はそれとはちょっと違ったような..。やはり新横綱で優勝に絡んでいくのは重圧がすごいのかもしれない。

魁皇はやはり休場。残念だが年齢も年齢だけに無理はしてもらいたくない。来場所元気な姿を見せてくれることを..

朝青龍-千代大海の一番は..なんともかんとも..。千代大海も待ったをするならするで立たなければいいわけだし、双方手つき不十分なのだから行司も止めるのが本筋だろうし..。なんとも締まらない一番だった。審判長席は師匠の九重氏。表情があからさまに怒っている。千代大海、さぞ怒られたことだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2007/07/20

FC岐阜・明日は栃木SCとメモリアルで対戦

明日7月21日

FC岐阜はメモリアルセンター長良川競技場に栃木SCを迎えての決戦です。

ご存知のように栃木SCはFC岐阜と同じく「J」の舞台を目指しているライバルです。

栃木SCはこのところ勝ち星がなく必死に向かってくることが予想されます。

わがFC岐阜もとても他人事ではなくこのところ勝ち星がありません。内容は良くなりつつあるといわれていますが、なかなか結果に結びついていないようです。

明日は長良川競技場への大動員作戦です。今朝の中日新聞には全面広告が出ています。昨年の7月16日のようにおおぜいの観客で埋まるといいですね。

天気予報はあまり思わしくありません。前の記事に書いたようにイオンのオープンもあります。なにより同じ時間にアジアカップのテレビ中継があります。柳ヶ瀬では祭りがあり盆踊りなどがあります。集客に好条件とはとても言いがたいですが、がんばって応援に行きましょう。

苦しいときだからこそ、多くの観客で応援をし、チームに元気を与えましょう。

Imgp3347ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イオン各務原・明日ソフトオープン

各務原市に明日「イオン各務原」というSCがオープンします。

国道21号線沿いの広大な敷地に立地し、売り場面積はキリオやカラフルタウンと同規模の49000平米。駐車場は4000台という大規模なものです。東海北陸道の岐阜各務原インターすぐ横という好立地でもあります。キーテナントはもちろんジャスコですが、家電量販店、大型スポーツ店、映画館をはじめ186の専門店が入っています。

明日からの1週間はカード会員や地元のかた相手のソフトオープン(いわゆる内覧会)ということになっていますが、入り口でチェック等があるわけでもなく行けば誰でも入れます。このあたりの人は木曽川町のキリオやイオン扶桑などで慣れてらっしゃいますので、あたりまえにソフトオープンからいかれることと思います。グランドオープンにどこから入ってどう店内を回るかの下見も兼ねてですが。

駐車場が4000台ということですので、平均滞在時間3時間として4回転くらいだと12000台、3人平均で乗ってみえるとして36000人。徒歩、自転車等の方や電車から無料バスを乗り継ぐ方を合わせれば50000人近い来店客があることでしょう。

駐車場が埋まるかどうかは別にして、21号線を中心に旧国道や県道も相当な交通量の増加が見込まれます。このあたりを通られる方はご注意を。

ちなみにカード会員にはすでに案内状が届いており、今朝は新聞折込でチラシが入りました。我が家は西岐阜のあたりなのですが、このあたりまで折込が入ったところを見ると、ソフトオープンから相当な広範囲からの来店客が見込まれるでしょう。

20070720001 Imgp3346ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星勘定は到達・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・12日目

前日11日目、琴光喜は朝青龍に投げ飛ばされ黒星を喫し、3人が1敗で優勝を争う展開となった。この取り組み、琴光喜もいつもよりはがんばったとは思うが、なにしろ立会いから横綱の体勢になったこともありどうにもならなかったようである。しかし朝青龍のほうも完勝とはいい難く、取り組み後奥の通路でかがみこみむせかえる朝青龍の姿があった。

さてそんな状況で迎えた12日目。

なんといっても琴光喜。この日は千代大海と対戦。立会いまわしを取りそこなった琴光喜は千代大海の突き放しに応戦。突き押し得意の千代大海と互角に渡り合い白星。これで星勘定的には昇進の最低ラインはクリア。1横綱2大関を破っており、首位並走。内容も今のところ問題なしである。上位対戦もすでに終わり優勝争いでも2横綱よりは有利な立場に立ったといえる。しかし問題は今からの3日間。下の者との3連戦を取りこぼすようなことがあれば一気に悪印象が広がる。13日目は絶好調の豊真将が相手。これを勝てばほぼ当確となるだろう。その後の2日は朝赤龍・出島・雅山の3人のうちの2人だろう。大関昇進戦ということを考えれば大関経験者の二人との対戦となるだろう。残り3日間、詰めを誤らないように、まさに正念場である。

白鵬-魁皇の一戦は、あわや白鵬土か..という内容だったが取り直しになった。魁皇が足を痛め、取り直しの一番はまったく踏ん張りが利かない状態。正直、白鵬は星を拾ったといえる。むしろ、魁皇の足が心配である。とりあえず勝ち越していることだし無理せずに休んだほうがいいような気がする。

十両は旭天鵬が独走中。そりゃそうだろう。調子が悪くて番付を下げたわけではないのだから、この位置では破格である。

さて、その十両昇進をかけた争い。幕下西筆頭の市原。最後の7戦目で勝ち越しを決めた。筆頭で4勝3敗。昇進の優先順位は現在2番目といったところ。ほぼ確実だろう。問題は落ちてくる力士が少なそうで、現在確実な枠は空席(引退による)の1つのみ。微妙な力士が2~3人..残り3日の星しだいである。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007/07/18

よっしゃぁ~・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・10日目

思わず出た「ガッツポーズ」

ここぞとばかりに舞う座布団の嵐

この日の館内は異様な静けさであった。いつもは歓声の上がる出島の取り組みでさえ静かだった。平日にしてはまずまずのお客の入りだったにもかかわらずである。

嵐の前の静けさ。

この日のお客さんの最大の目的は..そう..

結びの一番、タダ二人だけの全勝同士の対決。

かたや新横綱白鵬。こなた大関獲りの琴光喜。

今のりにのっている二人の対決。

どちらが先に上手を取れるかが勝負の分かれ目。

場内は割れんばかりの手拍子と琴光喜コール。

立会い前から額を流れ落ちる汗。

今場所の大一番のひとつであることは間違いない対決。

先に体勢を作ったのは琴光喜。得意の右ではなく、あえて左でまわしを取った。白鵬に得意の形にならせないことを最優先に考えたそうである。

大歓声の中、白鵬の体が投げ飛ばされる...

琴光喜思わずガッツポーズ。

大関へ向けてこれ以上ないアピール材料を手に入れた。

あとはもう星勘定だけ。残り5日で2勝すればまず文句は出ないだろう。

「まだまだこれから..」といいつづける琴光喜。

いよいよ現実味を帯びてきた昇進。

最大の敵は、自分の心。いかに落ち着いて相撲を取れるかにかかってきた。

11日目は、最もいやな相手朝青龍。これに勝てばもう当確も同然になる。負けると、ずるずると引きずりかねない。今日も大事な一番になる。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007/07/16

水入り・取り直し-高校野球・沖縄

今日全国のトップを切って沖縄代表が決まりました..となるはずが..

熱戦は延長戦に突入の上、雷雨で再試合に。

金属バットは危険との判断で試合を止めたそうです。

高校野球ですから賢明な判断かと思います。

というわけで代表決定はあさって18日に延期です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「思いきりいくだけ」琴光喜-大相撲名古屋場所2007・9日目

名古屋場所9日目

琴光喜、いつもならこのあたりで下位に取りこぼし、それをきっかけにズルズル..というパターンになりかねないのだが、今日はそんな雰囲気は微塵も感じさせず強かった。いつものような攻めの遅さもなく、すでに大関相撲である。明日は白鵬との全勝対決。白鵬のほうは勝ち続けてはいるものの決して強いときの勝ち方ではない。勝機がないわけではない。

「思い切りいくだけです。」

がんばれ、今度こそ夢をつかもう。

白鵬は全勝をキープ。朝青龍は楽な展開ではなかったが1敗をキープ。同じく1敗の豊真将もまったく危なげなく勝った。2敗の魁皇は納得のいく勝ち方ではなかったろうが勝った。調子が思わしくないなりに勝ち方を体が覚えているのだろうか。とにかくこれで初土俵からの通算勝ち星の記録も大横綱に並んだ。2敗だった稀勢の里が脱落し、現在の調子から見れば優勝争いはこの5人に絞られたとみていいだろう。

いずれにせよ10日目の白鵬-琴光喜が大きな鍵となってきそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

FC岐阜・なかなか勝てない時期

台風の影響で延期されていたFC岐阜-流通経済大学戦が行われました。

結果は1-2で敗戦とのこと。

なかなか勝てない時期から抜け出せていません。

3強といわれていた時期は過去のものとなり、下のグループに完全に飲み込まれたような形になってきました。かろうじてまだ3位にいるものの、2位との差は勝ち点で9。1位とは11も開いてしまいました。逆に4位との差はわずか2。1位との差と同じ勝ち点11差だと10位のチームまでが含まれてしまいます。いよいよ尻に火がついてきたような感じです。

今日の流通経済大学は、ほんとに1軍が登場してきたようです。大学リーグが休みの期間だったこともあるのでしょうが、某サイト(習慣)の背番号を見る限りでは総理大臣杯を優勝してきたレギュラーメンバーとその控えに入っていた選手。いわゆる1軍メンバーだけで構成されていたようです。大学日本一のメンバーです。さすがに強かったようですね。2点を取られた相手のFW武藤選手は1年生唯一の1軍メンバーで、昨年は武相高校のキャプテンを務めていた選手のようです。

いつかはなかなか勝てない時期もあるとは思っていましたが、思っていた以上に重症なのかもしれません。

本音は今日勝って、来週の動員に弾みをつけたいところでしたが、残念です。

うじうじ言っていても仕方ないので、気持ちを切り替えて来週こそは快心の勝利といきたいところですね。

苦しいときこそ熱い応援をおくりたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・仕切りなおし

昨日の試合が台風の影響で1日延期になり、今日の午後から仕切りなおしとなります。

ぜひ勝って帰ってきてほしいものです。

来週の動員にむかって勢いをつけるためにも...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中京白星発進・高校野球岐阜大会開幕

高校野球岐阜大会が開幕しました。

台風のため1日遅れの開幕です。

台風一過で嘘のような晴天となりグランド状態も一気に回復、開会式が午後から行われ、続く開幕戦には春の甲子園にも出場した中京高校が登場。1試合だけ組まれた1回戦の試合は中京高校が勝ち夏の甲子園に向けての戦いが始まりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストレートで給金直し・白鵬・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・8日目

名古屋場所中日8日目

横綱白鵬、新横綱がストレートで給金直しにこぎつけた。四人目の快挙である。相撲内容はあいかわらずぎこちなく、この日もじっくり見すぎて体勢を崩されひやりという場面もあった。豊ノ島の足腰が万全の状態のときだったら負けていてもおかしくなかっただろう。それでも勝ちを続けていることはいずれ自信になるだろう。新横綱の場所としては上出来の部類に入るだろう。

琴光喜は...今日は圧巻の大関相撲だった。こんなに強かったかと思うくらいいいできだった。魁皇を相手にあの相撲ができたのだからこのまま勢いに乗りそうでもある。残り7日間を4勝3敗で乗り切れば...。こういうときに限って下位のものに取りこぼすのがいつもの琴光喜。今場所はいけるか?..

豊真将も優勝戦線に残っている。ここまで1敗は上出来すぎである。9日目はは若の里が相手。今の勢いだと新旧交代を象徴する一戦になりそうである。

新十両の境澤が怪我のため休場。残念ながら来場所は幕下で出直しになりそうである。靱帯を傷めたということだが、他に骨折とかが見つからないことを祈る。

幕下西筆頭市原。先場所は十両昇進の最後の枠を争ったものの、幕下上位に好調力士が偏りすぎて涙を飲んだ。今場所はそのあおりでまわりは十両経験者がずらり..。正直苦戦中である。ここまで2勝2敗。星勘定的には今場所も昇進候補の4~5番手当たり。来場所の枠は現状だと4~5くらいになりそうで、またもや当落線上です。

序二段舛名大は壁にぶちあたたっか..ここまで1勝3敗。あせらずじっくり体つくりからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/07/15

長良川増水中・広場は水没

台風が今東海地方に一番近づいています。台風の左側のためそれほど風は強くありませんが雨は先ほどまで降り続いていました。

岐阜市内を流れる長良川もかなり水位が上昇しています。雨のほうは峠を越えたようですが、上流に降った雨が今からさらに流れ込むと思われます。長良橋付近の6時20分現在の水位は18.28m。水防団はすでに待機中、氾濫注意水位まであと30cmくらいしかありません。鵜飼観覧用の船は昨日のうちに大半がクレーンで陸揚げされています。川原は水没、花火のときに観覧会場となる長良川公園の広場や駐車場も水没しています。川幅もほぼいっぱいに広がり、堤防道路の低い部分は今にも水につきそうな勢いです。いつもの清流長良川の雰囲気はどこにもありません。

金華山トンネルから納涼台方向への道路(左岸道路)は通行止めになっていました。名鉄や近鉄も線路点検中とのことで始発からまだ動いていないようです。

【今朝の長良川 動画はこちら  kojiro-railway15号館にて】

(画像は今朝5時半ころの長良橋付近)

Imgp3303rki Imgp3304rki Imgp3306rki Imgp3313rki Imgp3318rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/14

FC岐阜・大動員作戦発動中

ちびたちが学校でカテ3のチケットをもらってきました。どうやら教育委員会経由で学校の子供達に配布したようです。招待券をもらって子供が行きたいといえばたいていの親は夏休みだし連れてってやるかとなるでしょう。

21日の栃木戦は中日新聞が動員をかけていただいており、1000組2000名にカテ3の券が配布されました。はがきを出さないともらえない、ということはむやみやたらに配った券とは違い、ある程度行ってみようという意思を持った人に配布されたと見ても良いのではないでしょうか。

8月3日は岐阜新聞が担当で動員をかけてくださるようです。

またスポンサーさんなど向けの招待券も夏の5連戦共通招待券のため、天候さえよければそれなりに観に来ていただけるでしょう。

最初のきっかけなんて話の種に程度でもいいのです。タダ券をもらったからという理由でもぜんぜんいいと思います。これをきっかけに年に1試合くらいなら、2試合程度なら観に行ってみようかという人がたくさん増えれば、それだけでも相当な人数になります。必ずしも全試合見に行かなければならないなんてことはないのです。飛騨地方や東濃地方からだと毎回というわけにもなかなかいかないでしょう。毎年開幕戦と最終戦だけは行くなんて人がいてもかまわないと思います。夏休みに家族連れで行ってみようという応援だってありだと思います。チームを応援する気持ちさえあればどこにいてもサポーターだと私は思っています。

さあこの夏休みは同じJの舞台を目指すチームとの対戦が組まれています。

岐阜のチームを応援してみませんか。

20070714002k

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FC岐阜・嵐の予感

FC岐阜、明日は龍ヶ崎で流通経済大学との対戦。

大学リーグは現在前期と後期のハザマで休み。総理大臣杯は流経大の優勝で幕を閉じすでに天皇杯切符も大学シード枠を手に入れている。となると1軍の面々が出てくるのか、1軍は休養なのか...。1軍が出てくるとなると勝つのは至難の技になりそうである。最も天候が天候ですし無理に1軍は出してこないとは思いますが...。逆に悪天候時用の練習とか言って出てこられてはたまりませんが..

さて、本気で天候が怪しそうです。

このまま台風が進めば試合の時間は思いっきり暴風域圏内です。試合が日曜夕方なのがかえってあだのようです。あれだけ強い台風だとそうそうコースも変わらないでしょうから今回ばかりは避けがたそうです。

現地まで行かれる方、十分お気をつけください。特に自力で車を転がされる方、トンネル出口と長い下り坂、そして由比の海岸べたは特にお気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割れんばかりの手拍子・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・6日目

名古屋場所名物というと琴光喜の手拍子。

地元の絶大な応援ともいえるのだが、本人は緊張するのでやめてほしいらしい。場所前にインタビューでそうもらしたこともありお客さんのほうも自粛気味だったのだが、昨日はかなり大きく手拍子が鳴り響いた。勝ったから良かったが、取り組み後の談話でやはり緊張したともらしていた。絶大な応援は力士もありがたいとは思うのだが、それがかえって緊張させることになってはと思わなくもない。特に琴光喜はああいう重圧に弱いタイプの力士なので緊張させすぎると勝てる星を落としかねない。毎年名古屋で調子が今ひとつなのも絶大な応援が重圧となっていないともいえなかろう。今回くらいは落ち着いて相撲を取れるようにしてやりたいものである。

さて、昨日安泰だった上位陣はまた崩れてしまった。どうも名古屋は上位陣が不調になる傾向がある。話題の二人が勝っているからいいようなものの、あまりふがいないと客足に影響しかねない。奮起してほしいところ。

豊真将・豊響のふたりは今日も勝ってここまで5勝1敗。上々の出来である。このまま自分の相撲が取れれば勝ち越しは間違いなさそうである。いや、いっそ二桁を目指そう。豊響は新入幕二桁なら敢闘賞だろう。豊真将も二桁なら三役の目も出てくる。せっかくのチャンスである。がんばってもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

高校野球岐阜県大会今日開幕..のはずですが..

夏の甲子園に向けての高校野球岐阜県大会がいよいよ今日開幕..のはずですが、なにしろこんな天候で...

おそらく開幕試合は運が良くて明日夕方、多分あさってに延期でしょう。

さて岐阜は出場校数の関係で1回戦は開幕戦の1試合のみ、大半の学校は2回戦からの出場となります。

4つの島に分かれてトーナメントが組まれ、準決勝以降の分は再抽選で組合せが決まります。

なんといってもDゾーンに注目です。強豪といわれる学校が集中してしまいました。春に甲子園を沸かせた大垣日大がシード校として入っているこのゾーンに、中京、県岐阜商、大垣商、岐阜、岐阜第一、岐阜工などが入ってしまったのです。どこが勝ち上がるにせよ準決勝にたどり着く前に消耗してしまいそうです。春代表だった大垣日大は初戦は加茂、2戦目は岐阜-大垣商の勝者、3試合目はおそらく岐阜第一、準々決勝はおそらく中京か県岐阜商でしょう。この後まだあと2戦勝たないと甲子園には行けない過酷なゾーンとなりました。前途は多難そうです。

というわけで他のゾーンはこのゾーンに較べれば楽といえないこともありません。

Aゾーンはシード校が岐阜総合。有力校としては市岐阜商くらいでしょうか。おそらく岐阜総合が勝ち抜けるでしょう。

Bゾーンはシード校が帝京可児。他に清翔、大垣西、岐阜城北といったところでしょうか。有力校同士は4回戦まで当たらない組ですので消耗は避けられるでしょう。

Cゾーンはシード校美濃加茂。あとは土岐商、各務原くらいでしょうか。現有戦力的には美濃加茂が抜けそうです。

個人的に注目しているのはAゾーンの恵那南。岩村と明智商が統合された新設校で旧岩村高時代からの3年生と昨年中学県大会優勝の明智中などからの新1年生13人からなるチーム。2年生の部員がいません。今年どこまでやれるか、そしてチームが若いだけに来年以降への下地が作れるかに注目したいところです。

若いチームといえば池田と岐阜各務野。どちらも秋になると公式戦さえままならない少人数のチームです。池田は3年2人、2年1人、残りは1年生のチームです。各務野は2年5人、残りは1年で3年がいません。部員数自体も13人に過ぎません。どちらのチームも正直1勝を挙げるのも難しいでしょう。点が取れるかどうか、どこまで抵抗できるか。がんばれ。

天候がよければ28日決勝の予定で組まれていますが、いきなりこれですからひょっとすると8月までかかるかもしれません。

20070714001k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/13

めざせ琴櫻・琴光喜-大相撲名古屋場所2007・5日目

名古屋場所5日目

琴光喜は苦手の時天空戦。

上手くあしらった。後ろへ回り込んでしまえばさすがに負けない。

序盤を白鵬とただ二人全勝で乗り切った。

先代親方は琴光喜が大関昇進した際には琴櫻を継いでほしい意向を持っておられる。先代自身遅咲きの出世をしたかたである。琴光喜は昇進を果たせばもちろん史上最高齢での大関昇進である。おそらくラストチャンス。地元名古屋でなんとか大輪の花を咲かせてもらいたいものである。

横綱大関陣はようやく安泰であった。魁皇は幕内701勝目。貴乃花に並んだ。

豊真将、豊響のふたりが元気である。このふたりは同郷出身(下関・豊浦町)の力士だそうである。豊真将は先場所上の壁につき返されてリベンジの場所。素材は申し分なく経験値があがれば三役に定着しそうである。新入幕の豊響も予想外の快進撃である。先場所は「安安」、今場所は「豊豊」の活躍となるか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/07/12

世界のイチロー・千両役者

世界のイチロー

大リーグオールスター戦でやってくれました。

なんと偉大な大リーグの歴史に足跡を残す偉業です。

オールスター戦で史上初のランニングホームラン!

もちろん日本人としての初ホームランでもあります。

3安打2打点と大活躍。もちろんMVP。

「(トロフィーが)こんな小さいとは思わなかった。」「副賞の車は大きいけど。」

「2割2分でよければ(ホームランは)40本。」

口も滑らか..メディアのあしらい方も超一流ですね。

まさに千両役者。

今後の契約をどうするかに注目が集まっていますが、ますます箔がついたイチロー。

1億ドル単位の巨額更新になりそうな気配です。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

調子が出てきた?琴光喜-大相撲名古屋場所2007・4日目

はやくも全勝が二人だけになってしまいました。

白鵬と琴光喜です。

白鵬は顔にこそ出しませんが重圧の中なんとかがんばっています。

琴光喜は、ようやく自分らしい相撲で勝ちました。気負いすぎるとプレッシャーで自滅するタイプなので、気楽にいってほしいですね。

露鵬が腰を痛めて休場。まわしもつけれない状態とか..ちょっと心配ですね。前日の熱戦でいためたようですが、相手だった千代大海も足を痛めたようですし...まさに痛みわけでしょうか。

意外だったのが朝青龍、不戦勝になるのが初めてだったそうで、なんともいえない顔つきでしたね。

魁皇が幕内700勝を達成した。史上6人目のことである。長く幕内に在位し続けていることの証でもあり喜ばしい。記念の白星は納得のいく勝ち方ではなかったろうが、長持ちするのも立派なことである。最強ともいわれたこの世代の力士達(貴乃花・曙・若乃花など)の中で現役で残っているのはいまや魁皇ただ一人だけ。胸を張っていい記録だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

選挙戦の始まり

いよいよ参議院選挙の選挙戦がはじまります。

しばらくは街中が喧騒に包まれそうです。

若者の選挙離れ、投票率の低下...都市部で特に顕著です。

よくわからないから、興味がないから..などの理由でいかないのかもしれませんが、

投票しないということは、税金が上がろうが、年金がもらえなかろうが、極端な話をすれば徴兵されようがなんだろうが言われたとおりにしますということなのです。

政治が信用できないから投票に行かないというのは大きな誤解なのです。投票に行かないというのは白紙委任に過ぎないのです。

今回は投票日が夏休みの真っ只中、夏まつり等の地域もあるでしょう。

投票日に都合が悪い方は事前に投票を済ませましょう。

最低でも投票率が5割を切るような地域がないようにしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/11

達目洞のヒメコウホネ

今年もヒメコウホネがきれいに咲いています。

ここは金華山のふもと達目洞。岐阜駅からでも車で10分ほどで行けてしまう岐阜市の中心近くです。

ヒメコウホネは水がきれいなところでしか生育できないため、これほど街が近いところで自生できるのは奇跡に近いことなのかもしれません。このあたりは条例で特別自然地区にも指定されており、自然が極力手のつかない状態で保護されています。この自然を守るために幹線道路さえこの地域は高架橋で通り抜けています。

いつまでも守っていきたい岐阜の自然のひとつです。

Imgp3247rki Imgp3253rki Imgp3250rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

因縁の対決・露鵬-大相撲名古屋場所2007・3日目

名古屋場所3日目。

因縁の対決、露鵬-千代大海。本人たちは平静を装っていたが、まったく気にならないと言えばたぶん嘘になるだろう。力の入った一番は同体取り直し。千代大海が実に良くない。取り直しの一番、露鵬が千代大海を突き放して勝利。千代大海の立会いに迷いがあったように見えた。

さて大熱戦になったのは北桜-春日王。今日の一番に挙げてもいいような一番であった。終始有利に攻めたのは春日王。春日王が内掛けに出るも北桜が必死にこらえ膠着状態に。根負けしたのか迷いが生じたのか春日王は内掛けをやめる。その後も春日王ペースで進むのだが土俵際一発。北桜が春日王を土俵下まで投げ飛ばした。両者とも精も魂も尽き果てたといった感じでしばらく立ち上がれないほどだった。1分17秒の熱戦だった。

ライバル対決の琴奨菊-豊ノ島は琴奨菊の勝ち。豊ノ島もろ差しになったもののやや浅かったか..キメられて負けてしまった。

琴光喜は今日は強かった。いささか慎重すぎる気がしないでもないが、大事にとっていると思っておこう。

白鵬は曲者若の里戦。一瞬若の里がもろ差しになるも、白鵬が実に落ち着いていた。まったく危なげなく勝った感じである。

さあ、毎日役力士に土がついている。明日こそは上位安泰となるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/07/10

駅前ツインタワー化へ

岐阜駅前に姿を現したシティタワー43。

向かい側で構想が練られていた再開発計画の概要が決まった。

なんとこちらも37階建て、136mの高層ビルとなる。シティタワーと道路を挟んでツインタワーとなる。もちろん空中歩道で直結である。低層部にはアパレルを中心とした商業施設、要するに問屋町の機能を集積したいようである。7階から上は分譲マンション約200戸となる予定である。シティタワーの分譲が即日完売になったことから需要があると踏んだようである。

そして柳ヶ瀬の再開発でも高層ビルが出現する。高島屋の南側の地区である。こちらは34階建て、120mである。1・2階を商業施設、3~6階に公共施設。7階以上は140戸の住居となる予定。

中心部では他にも駅東の河合塾周辺や柳ヶ瀬の中心部でも高層ビルが予定されており、すべてが姿を現すころにはガラッと雰囲気が変わりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予約型路線タクシー・明日発車

「デマンドタクシー」というのをご存知だろうか。

予約があったら運行するタイプの路線タクシーである。客がいなくても運行しなければならない路線バスと違い、需要のあるときだけ運行するため経費が節約できる利点があるのである。逆に言えば、その程度でさばける程度しか需要が見込めないともいえる。

岐阜県西部の大野町(揖斐線の黒野駅のあった町です)で明日からいよいよ運行が開始される。電車は廃止、路線バスは次々と撤退し町内の公共交通網が壊滅状態になったこの町。当初はコミュニティーバスを走らせることができないものかと実験を行ったのだが、思うように需要が伸びず今回の形態をとることとなった。

一応路線や停留所の位置は決まっているものの、予約制の強みで利用のある停留所までの最短コースを走るなど柔軟な対応となるようである。コースは南北2系統、各1日あたり4便が設定されており、料金は1回100円である。あらかじめ予約がないと運行されないので注意が必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボランティアの力でバリアフリー化工事・樽見鉄道

貨物輸送の廃止などで依然厳しい経営の続く樽見鉄道。

このたび東大垣駅と北方真桑駅のバリアフリー化工事が民間の市民団体の力で行われることとなった。工事を行うのはNPO法人樽見鉄道を守る会。それほど大掛かりな工事というわけではないが、本来鉄道会社が行うであろうスロープの設置などの対策を市民団体が行うのは珍しいのではないだろうか。自分たちの鉄道は自分たちで守らなければというわけである。

設計もボランティアでやっていただき、施工もボランティア。重機も無料で貸していただくそうである。工事費用はコンクリートなどの実費のみしかかからないそうである。

ローカル線を守るのも大変である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

養老鉄道・開業まであと2ヵ月半

近鉄養老線が幕を閉じ、養老鉄道として再スタートを切るまであと2ヵ月半。

10月1日からは新たなスタートとなる。

先月27日に運営変更が国土交通省に許可された。あとは運賃の値上げ(2割程度を軸に協議中らしい)をどの程度にするかである。

電車そのものが無くなる廃線とは違うので、それほど大きな変化はおきないだろう。

西濃地区では唯一の南北軸の鉄道であり、なんとかがんばってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC岐阜・次節の出停は

ソンホが4枚たまってしまったので次節の流経戦は出停です。

3枚リーチが北村、片桐、山田、中尾、和多田の5名。

怪我人が多い上に出停で主力が抜けたりするとさすがに苦しくなるかもしれません。

かといって安全策で勝てるような試合はありませんし...

今後の予定は、流経大・栃木・印刷・武蔵野・琉球・熊本と続きます。

なんとか乗り切れるでしょうか...

次節の出停

岐阜   16

熊本   23

鳥取   31

北陸   5

ジェフ  6

水島   18

仙台   7、14

刈谷   10、11

印刷   14、19

琉球   6、15

【FC岐阜 累積警告数一覧】

【JFL 各チーム累積警告数一覧】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールが遠い・アジア杯

アジア杯カタール戦。A代表の試合です。

ボールもよく回っていたし内容的には悪くなかったように見えるのですが...

点が入らない..結構攻めてたのに..

決定的な場面を決めきれない、パスミスから攻め込まれる、不用意なファールからセットプレーを与える、守りの一瞬のほころびから点を与える...

なんか身近に似たようなチームが...レベルこそ格段の差がありますが...

結局、数少ないチャンスを確実にものにできるかなんですよね...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

把瑠都休場-大相撲名古屋場所2007・2日目

名古屋場所2日目。

初日に変な態勢で敗れた把瑠都。古傷のひざを痛めて休場。せっかく幕に戻ってきたのに残念である。どうも癖になっているらしく心配である。

序二段で注目の一番があった。国立大出身力士同士の対戦、一ノ矢-舛名大である。かたや最年長のベテラン力士。舛名大は入ったばかりのひよっ子である。年の差は倍にもなるが、相撲が好きで飛び込んできた二人。どちらもがんばってほしいところ。今回は大先輩の勝利。

さて、十両では旭天鵬。連勝スタート。当たり前である。成績が悪くて落ちてきたわけではないのでこの位置では正直反則級の強さである。

琴光喜は万全とは言い難いがまずまずの出来で白星。前半戦を全勝でいけるかどうかが鍵。

朝青龍はなんとか持ち直したか。いつもほどの強さではないが無難に勝利を挙げた。

横綱として初めての結びの一番となった白鵬。こちらも無難に勝った。緊張するなというほうが無理だと思うが、よくやっているのではないだろうか。万全ではなさそうだが落ち着いて取れているように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/07/09

FC岐阜-即退場!

ポスターの話です。

選手が退場になったわけではありません。

FC岐阜が警察と協力する形で交通安全運動というわけです。

「飲酒運転はレッドカード、道路上から即退場!」

というわけです。

街中の結構あちこちに掲示されています。

露出が増えるのはありがたいことですが

FC岐阜の選手たち自身がレッドカードをもらうのも(もちろん試合の話)極力避けたいところですね。

Imgp3176rki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時の鐘-岐阜空襲から62年

62年前の今日。7月9日。

岐阜の街は空襲されました。

B29、71機編隊による2時間あまりにわたる空襲。

真夜中に空爆され街は真っ赤に燃え上がったといいます。

12日には2回目の空襲。これも夜遅くに行われました。

市街地の80パーセント、170万坪が空襲され、燃えた家屋は20426戸、罹災者数は86577人にのぼった。死者863人、負傷者520人。

街は焼け野原となった。

空襲から62年目の今日。権現山の「時の鐘」でセレモニーが開かれた。この行事は毎年この日に行われている。

地元の中学生が大勢参加している。当時を知る方から直接惨状を聞く機会は貴重な体験になるだろう。この子達の祖父世代はおそらく戦後生まれ。戦争の体験談など聞いたことがない子達も多いだろう。メッセージの朗読、平和を祈っての合唱、そしてみんなが平和を願って鐘をついた。

岐阜市内の130あまりの寺院でも午前9時を合図に鐘が打ち鳴らされた。

今、国会などでは憲法9条の問題が話題に上っている。自分の国を守る力は必要だろうが、世界に誇れる憲法を変えることの意味というものを国民がみんなで考えなければならない。平和と安全の意味の違い...平和になるのなら..それに越したことはないですね。残念ながら、安全でこそあれ平和には程遠いのが現実ですが...

Imgp3258rki Imgp3279rki Imgp3275rki Imgp3288rki Imgp3295rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007・岐阜の花火日程一覧

2007年の岐阜で行われる花火の日程一覧です。

日程は天候や主催者の都合で変更される場合もありますのでご注意ください。

7月21日   各務原市   おがせ池夏まつり花火大会

7月28日   岐阜市    第51回全国選抜長良川中日花火大会

7月28日   大垣市    岐阜新聞大垣花火大会

7月28日   郡上市    ビアフェスティバルIN中ノ島2007

7月28日   坂祝町    さかほぎ祭り2007

7月28日   恵那市    第36回恵那納涼夏祭り

7月28日   高山市    栃尾温泉やまびこ花火大会

7月29日   大垣市    もんでこかみいしづ花火大会

7月29日   多治見市   多治見市制記念花火大会

8月1日   美濃市    第45回美濃市中日花火大会

8月1日   高山市    第50回飛騨高山花火大会

8月3日   下呂市    下呂温泉花火ミュージカル夏公演

8月4日   岐阜市    第62回長良川全国花火大会

8月4日   関市     第25回関市ふるさと夏まつり花火大会

8月5日   山県市    いじら湖夏まつり

8月5日   揖斐川町   いびがわの祭り

8月5日   八百津町   蘇水峡川まつり花火大会

8月7日   郡上市    郡上八幡城下町花火大会

8月9日   高山市    第24回飛騨高山手筒花火打ち上げ

8月10日  各務原市   日本ライン夏まつり納涼花火大会

8月11日  本巣市    第14回根尾川花火大会

8月11日  川辺町    川辺おどり花火大会

8月11日  可児市    可児夏まつり2007

8月11日  瑞浪市    みずなみ市民祈願大花火大会

8月12日  岐阜市    手力火祭り・夏

8月12日  中津川市   おいでん祭り花火大会

8月12日  飛騨市    飛騨古川花火大会

8月13日  関市     第25回関市民納涼花火大会

8月13日  中津川市   つけち夢まつり花火大会

8月13日  下呂市    飛騨金山花火大会

8月14日  羽島市    濃尾大花火

8月14日  関市     武芸川ふるさと夏まつり花火大会

8月14日  関市     サマーフェスタIN日本平成村

8月14日  恵那市    明智町納涼花火大会

8月14日  飛騨市    第37回飛騨神岡夏まつり

8月14日  高山市    飛騨あさひ納涼フェスティバル

8月14日  郡上市    第16回郡上長良川夢花火

8月14日  郡上市    ふるさとサマーフェスタ花火大会

8月15日  郡上市    ふるさとサマーフェスタ花火大会

8月15日  笠松町    笠松川まつり

8月15日  高山市    ひだ桃源郷くぐの納涼夏まつり

8月15日  高山市    花火大会

8月16日  恵那市    爪切地蔵尊奉納花火大会

8月18日  美濃加茂市 おん祭MINOKAMO 2007夏の陣

8月25日  七宗町    いこ舞ひちそう夏まつり

8月25日  下呂市    馬瀬川花火大会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたのお宅は大丈夫?-もし堤防が切れたら

最近九州地方の豪雨被害がすごいですね。毎年どこかの地方で豪雨被害があります。

岐阜も他人事ではありません。山や川が多く、ひとたび大雨になれば危険な区域は多いのです。

岐阜市内でも長良橋周辺などは数年に一度くらい大水になります。大垣あたりもよく水に浸かりますね。

ご自分の住んでいるところが、万一の場合どれくらいまで浸水するかご存知ですか?

川の近くにお住まいの方は、堤防が切れるようなことがあれば、堤防の高さくらいの水が押し寄せてくると思ったほうがよいでしょう。もちろんめったにあることではありません。しかし大雨と地震が同時に来ないとも限りませんし、知識として知っておいても損はないでしょう。

岐阜県の防災関連のホームページで浸水予想地図が公開されています。一度除いてみても損はないと思いますよ。

【岐阜県 浸水想定区域ポータル】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型SC戦争白熱-岐阜西濃地区

岐阜・西濃地域は全国的に見ても巨大な郊外型ショッピングセンターが集中している地域だが、今月下旬にはさらに各務原に県内最大級のイオンのSCがオープンする。

岐阜地区のSCの郊外化は全国的に見ても早い段階で始まった。岐阜市北部の「マーサ21」がそれである。もともと駅前にあったジャスコが郊外移転した形である。今でこそ見劣りがするものの当時は相当大きなSCであった。

その後も岐阜県南部では郊外型SCが次々と増えていった。道路事情が比較的よく、車依存型の地域だったこと。斜陽化した紡績系の工場が相当数あったことから、海外移転・業務縮小などで余った広大な土地があちらこちらにあったことが特にこの地域でSCが集中するようになった背景にある。

当初は市街地に比較的近い工場跡地などがSC化されていったが、流れを変えたのは真正町(現本巣市)にできたリオワールド。当時そのあたりは田園地帯。道路こそ立派なものができつつあったが周囲は見渡す限りの田畑であった。田園立地型のおそらく全国でも初めてのこのケース、足元人口の少なさから物笑いの種にさえなった。しかしふたを開けてみれば大盛況。道路事情さえよければ足元人口が少なくても成功することを実証してのけた。

リオワールドの周りにはその後、カーマをはじめとした大型の商業集積が進み、この一帯に来ればなんでも揃うようになり、ますます誘客が進んだ。はじめにSCありきで街づくりが進んでいったのである。リオはその後アウトレットを中心としたモールを隣接地に開業。駐車台数があわせて6000台規模、売り場面積も双方合わせて68000平米という巨大なSCとなった。

その後もこの地域では20000平米を越えるようなSCが次々と建ったが、カラフルタウン(柳津町・現岐阜市)が、トヨタとヨーカドーが組んで全国的に初めての形態で出店。県内だけでなくかなりの遠距離からも来客が集まるようになった。売り場面積49000平米の建物にはトヨタ系列の新車販売店が全系列SC内にあり、SCの通路に新車がズラズラと並んでいる様はおおよそSCらしくない。隣接地にはトヨタ系の中古車販売店もあり、SCの新しい形の提案となった。

その後の転機はモレラ岐阜(本巣市)。なんと売り場面積76000平米。建物の南北が500mもある。完全にひとつの街である。隣接する鉄道に新駅まで作ってしまった。

そして春先のイオン大垣(大垣市・43000平米)に続いてイオン各務原が夏休みにあわせてオープンする。売り場面積は49000平米である。

秋には大垣駅前にアピタを中心にしたSCもオープン予定。マーサ21(岐阜市)は来春に向けて増築工事中(増築後42000平米に)。

人口だけ見ると明らかに供給過剰な気がする。

改正都市計画法の施行を11月に控え、駆け込みでSCの建設が進んでいる。岐阜市ではさらに踏み込んで準工業地域への出店も規制する方針である。今後は逆に中心市街地がどうなっていくかに焦点が移る。特に岐阜市中心部は国に活性化策が特例として認められており、大型店の出店に必要な届出すら不要。商店街活性化支援事業として総事業費の3分の2の補助も受けられる。今後の動きに注視したい。

この地区の主なSC

モレラ岐阜-76000平米

イオン各務原(今月オープン)-49000

カラフルタウン岐阜-49000

ダイヤモンドシティ・キリオ-49000

イオン大垣-43000

リバーサイドモール-42000

マーサ21(来春リニューアル後)-42000

アクアウォーク大垣(10月オープン予定)-26000

リオワールド-26000

ロックシティ大垣-26000

バロー羽島-25000

岐阜高島屋-24000

サンサンシティ・マーゴ-23000

アルプラザ鶴見-21000

ジャスコシティ柳津-20000

PLANT6-20000

アピタ北方-18000

ヤナゲンFAL-16000

ヤナゲン本店-15000

アピタ岐阜-15000

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海津の100円温泉・幕へ

100円で天然温泉に入れる珍しい施設、海津苑。

ピーク時には年間70万人が訪れる人気施設だったが老朽化から利用者が減少。

現在、新入浴棟を建築中で12月にも完成予定である。この新施設のほうは500円になる予定。現行の施設も9月から改修に入り来夏リニューアル予定。その際値上げとなるようである。

相場からいえば破格の値段だったここも、よその温泉と同程度の値段となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金華山ドライブウェイ・夜間完全閉鎖へ

金華山ドライブウェイ。

岐阜市の真ん中にそびえる金華山系の中腹を走る道路である。

岐阜城から見る夜景はきれいですが、ロープウェイであがる必要があるため、気軽に夜景を楽しみたい方々がこのドライブウェイを使って中腹の展望台へ夜景を楽しみにお見えになります。もちろんタダ。

このドライブウェイ、現在は東側区間(水道山~岩戸公園)はゲートがついており夜間は閉鎖されています。ただ、すでに過去になってしまいましたが当時水道山にユースホステルがあったこともあり、西側部分はゲートがつけられませんでした。

このため、この種の道に付き物の走りを楽しむ方や、ごみの不法投棄をする方が後を絶たず、金華山の環境保全もあって来年春までに西側部分もゲートをつける方向となりました。

もちろん夜10時半(現行どおりなら)までは通れますので夜景は楽しめます。

2006061411242kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シティタワーの展望台は無料開放へ

岐阜駅前に姿を現した「岐阜シティ・タワー43」

最上階の展望スペースが無料開放される方向で話が進んでいるようである。

100mを超えるような高さの展望台が無料開放されるのは珍しいのではなかろうか。

岐阜を訪れた方が気軽に街並みを眺められるのはいいことである。

ただ問題は乗降用のエレベーターが20人乗りらしい。外の景色を眺めながら乗れるのは面白いが、長蛇の順番待ちになりそうな気配である。

無料で夜景も楽しめるとなると、金華山のパノラマ夜景の集客に影響が出るかもしれない。もちろん金華山のほうがきれいであるが、気軽さという点では駅前に分がありそうである。

Imgp3157rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR岐阜駅北口再開発大詰め

JR岐阜駅北口の再開発が大詰めの段階を迎えている。

東側の空中歩道やバスターミナルはすでに供用開始。現在西側の空中歩道やシティータワー前の2階デッキの工事が行われている。

シティータワーそのものはすでに外観は完成、内装が進められており10月オープン予定である。

9月には市文化産業交流センター(旧ぱるるプラザ)もオープン予定。こちらの話題になっていたネーミングライツは結局十六銀行が応札した模様である。おそらく「JUROKUプラザ」とかなんとかといった名前になるのではないかと思われる。

シティータワー前の2階デッキは秋までに、西側部分の空中歩道も年度内に完成予定。あとは1階部分の広場の植栽などを残すのみとなる。

Imgp3152rki Imgp3154rki Imgp3156rki Imgp3158rki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

十六銀行徹明支店跡・その後の活用

柳ヶ瀬の南側にある岐阜市指定重要建築物の十六銀行旧徹明支店の建物。

往年の銀行そのままの建物で風格がある。

中心部の活性化のひとつの手段としてこの建物を使おうということになり改装などが行われる。

十六銀行側も地元への社会貢献ということで無償での提供をしていただけるとのことである。

さる2月に行われたイベントでは1ヶ月弱の間に2700人もの来場者があり、昨年末の日比野克彦氏のイベントの際も多数の来場者があった。

9月に開館予定。秋にはすでにイベントでの活用が予定されている。

Imgp3139rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その5-関市内

美濃町線白金~関。岐阜市を出て関市内の区間です。

特に変化はありません。

道路拡張なども緊急性が薄いということでしょうか。

Imgp3193rki Imgp3195rki Imgp3196rki Imgp3197rki Imgp3198rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その4-津保川

美濃町線上芥見-白金間の津保川橋梁付近。

前回訪問時に工事中だった堤防道路は工事が完了し、踏み切り付近も2車線の道路になっています。

踏み切り南側の線路と用水にかかっていた橋も撤去されています。

Imgp3186rki Imgp3184rki Imgp3187rki Imgp3191rki Imgp3188rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その3-上芥見

Imgp3182rki Imgp3183rki 美濃町線上芥見。

このあたりはその後大きな変化はありません。

ところどころレールの溝が埋められているくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その2-日野橋

美濃町線日野橋。

国道の渋滞緩和のためもあって専用区間としてはいち早く撤去されたこのあたり。

日野橋駅跡はバス停に変わり、南北の区間も線路は撤去されところどころバス停や歩道の拡幅がされています。

Imgp3179rki Imgp3178rki Imgp3177rki Imgp3180rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.07月その1-金園町9丁目・北一色

美濃町線岐阜市内路面区間で最後まで線路が残っていた区間です。

6月から工事が再開され、競輪場から北一色付近の線路はすでに撤去完了。(画像1,2)

最後に残った金園町9丁目から競輪場付近の区間が撤去中。(画像3)

まもなく路面区間から線路が姿を消します。

Imgp3174rki Imgp3171rki Imgp3160rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜パルコ跡

岐阜パルコの跡地。

向かい側の名鉄新駅舎が仕上がったこともあり、いよいよこちらが取り壊しに入るようです。

すでにネオンの類は撤去され、外壁はすべて囲いがされています。

Imgp3146rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名鉄岐阜・新駅舎

旧駅ビルが取り壊され建築中だった名鉄岐阜駅の新駅舎がお目見えしました。

7月14日から供用開始予定で、今は急ピッチで仕上げが行われています。

以前のビルが大きかっただけにこじんまりして見えますが、駅機能だけに絞り込んでしまえばこれでも十分な規模でしょう。なんとなく雰囲気は金山総合駅に似た外観です。

Imgp3141rki Imgp3147rki Imgp3148rki Imgp3149rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜市内線跡2007.07月その1-本郷町

岐阜市内の路面電車だった部分に残された線路は、競輪場付近の数百mのみとなっています。

忠節線の本郷町交差点は舗装が打ち直され、右折レーンができました。もともと右折車が多い交差点でしたので流れがスムーズになることが期待できます。

Imgp3208ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明暗・両横綱-大相撲名古屋場所2007・初日

今年も暑い夏がやってきました。大相撲名古屋場所初日。

場所前には白鵬が無事横綱昇進を果たし、琴光喜は名古屋で大関獲り、把瑠都は幕に復帰など明るい話題が合った反面、高見藤の私生活の問題による引退、時津風部屋での悲しい事故などもありました。

今場所の見所は、やはり両横綱、そして琴光喜が柱になって来るでしょう。

その琴光喜は初日、苦手の若の里との対戦。過去の対戦は五分。大関に向けて序盤を全勝で乗り切りたい琴光喜にとってはいやな相手。案の定...若の里有利で展開。あぁ~、こりゃだめかも...と思ったがなんとか勝利、というより星を拾った。琴光喜本人でさえ「まずい」と思ったようで決してほめられた内容ではなかった。それでも勝ったことは大きいだろう。

注目の白鵬。場内を異様な雰囲気が包む。白鵬が土俵に上がった際、歓声がほとんど上がらないどころか拍手も一呼吸送れて沸き起こった。立会いの瞬間、静まり返った場内。あれほど無音な瞬間は最近の相撲では珍しいくらいだった。行事の声以外なにも音が聞こえない一瞬。まさに固唾を呑んで見守る瞬間。立会い、そして一瞬離れてのにらみ合い、まわしに手がかかる、白鵬勝った...。割れんばかりの大歓声。白鵬落ち着いていた。新横綱の初日。土俵入りだけでも頭の中はいっぱいだったろうに..。白星スタートである。

結び朝青龍。先場所苦杯をなめた安美錦が相手。立会い、横綱の調子がおかしい、どちらかというと防戦気味。土俵際もつれた...勢いあまって横綱の足が土俵外に流れる...。なんと黒星スタートである。

それぞれの大事な初日。明暗が分かれた。今の勢いを象徴するかのような取り組みであった。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

FC岐阜-勝ちが遠い...

シーズン前に「いつかは来るであろう、なかなか勝てない時期...云々」という記事を書いたが、まさに今がそんな時期なようである。

FC岐阜のここ1ヶ月ほどの成績は1勝2分3敗...勝ちが遠い。

この間に監督の交代もあり、チームの戦術なども変化しつつある。残念ながらまだ過渡期といった感じで、よく言えばチームプレイになりつつある、悪く言えばまだまだ中途半端。

怪我による離脱者が多く万全の体制が組めないことや、不用意な赤紙などで出停のものがでるなど、松永新監督も大変だとは思う。

戸塚前監督の思い描いているサッカーができるのであればそれに越したことはない。見ていても面白いに決まっているし...。残念ながらそれができる選手が日本にそれほど多くないのも事実。現実問題としては松永氏のような組織サッカー重視にならざるを得ないのかもしれない。

FC岐阜は現在3位。といっても勝ちから遠ざかっている間に佐川・熊本に水をあけられ、追いつくのは至難のわざとも思われる状態になりつつある。むしろ尻に火がついて、4~7位グループに飲み込まれかねない位置になってきている。悠長に体制を整える時間はない。怪我人の復帰を待つ余裕もない。とにかく現有勢力で1-0でもなんでもいいから勝つこと。新体制になったばかりで、攻めようという姿勢もある程度見えるので今は勝てなくても拍手をもらえるが、さすがに次のホーム戦でも勝てないようだと拍手はもらえないのではないかと思う。

さて次節はアウェイでの流通経済大学戦。総理大臣杯を優勝で終え天皇杯出場も決めた。大学リーグも9月の後期開始まで休み。おそらく相手は調整がてら1軍が出てくるだろう。正直いって強いに決まっている。でも、それでも負けるわけにはいかない。

FC岐阜、現在勝ち点37。残り全試合を勝ったとしても昨年優勝時のHondaの勝ち点83には届かなくなった。現在首位佐川との勝ち点差が8...。普通に考えれば追いつけない。しかし今年はなにが起こるかわからない要素も多く、今節の佐川-刈谷戦も3-2で佐川が落としてもおかしくないような結果であった。差は大きいが決して届かない距離でもない。

がんばれ

岐阜の夢を乗せて

Imgp3200rki Imgp3201rki Imgp3202rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯・代表決まり始める

第87回天皇杯の代表が決まり始めた。

JFL枠のシード権は前期1位の佐川急便がすでに決まっていたが、大学枠のほうでは先日の総理大臣杯を優勝した流通経済大学が出場権を手にした。

そして昨日、地区代表としての一番乗りとして島根県で決勝が行われ、FCセントラル中国が4年連続4回目の出場権を手にした。

すでに次が決勝という県や次は準決勝という県もちらほらと現れてきています。大半の県では8月26日もしくは9月2日が決勝となる予定です。

【内部リンク   第87回天皇杯 地区予選(県予選) 状況一覧表】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »