« 天皇杯・代表決まり始める | トップページ | 明暗・両横綱-大相撲名古屋場所2007・初日 »

2007/07/09

FC岐阜-勝ちが遠い...

シーズン前に「いつかは来るであろう、なかなか勝てない時期...云々」という記事を書いたが、まさに今がそんな時期なようである。

FC岐阜のここ1ヶ月ほどの成績は1勝2分3敗...勝ちが遠い。

この間に監督の交代もあり、チームの戦術なども変化しつつある。残念ながらまだ過渡期といった感じで、よく言えばチームプレイになりつつある、悪く言えばまだまだ中途半端。

怪我による離脱者が多く万全の体制が組めないことや、不用意な赤紙などで出停のものがでるなど、松永新監督も大変だとは思う。

戸塚前監督の思い描いているサッカーができるのであればそれに越したことはない。見ていても面白いに決まっているし...。残念ながらそれができる選手が日本にそれほど多くないのも事実。現実問題としては松永氏のような組織サッカー重視にならざるを得ないのかもしれない。

FC岐阜は現在3位。といっても勝ちから遠ざかっている間に佐川・熊本に水をあけられ、追いつくのは至難のわざとも思われる状態になりつつある。むしろ尻に火がついて、4~7位グループに飲み込まれかねない位置になってきている。悠長に体制を整える時間はない。怪我人の復帰を待つ余裕もない。とにかく現有勢力で1-0でもなんでもいいから勝つこと。新体制になったばかりで、攻めようという姿勢もある程度見えるので今は勝てなくても拍手をもらえるが、さすがに次のホーム戦でも勝てないようだと拍手はもらえないのではないかと思う。

さて次節はアウェイでの流通経済大学戦。総理大臣杯を優勝で終え天皇杯出場も決めた。大学リーグも9月の後期開始まで休み。おそらく相手は調整がてら1軍が出てくるだろう。正直いって強いに決まっている。でも、それでも負けるわけにはいかない。

FC岐阜、現在勝ち点37。残り全試合を勝ったとしても昨年優勝時のHondaの勝ち点83には届かなくなった。現在首位佐川との勝ち点差が8...。普通に考えれば追いつけない。しかし今年はなにが起こるかわからない要素も多く、今節の佐川-刈谷戦も3-2で佐川が落としてもおかしくないような結果であった。差は大きいが決して届かない距離でもない。

がんばれ

岐阜の夢を乗せて

Imgp3200rki Imgp3201rki Imgp3202rki

|

« 天皇杯・代表決まり始める | トップページ | 明暗・両横綱-大相撲名古屋場所2007・初日 »

FC岐阜-2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FC岐阜-勝ちが遠い...:

« 天皇杯・代表決まり始める | トップページ | 明暗・両横綱-大相撲名古屋場所2007・初日 »