« 樽見鉄道・大赤字の見込み | トップページ | 寒の..戻りすぎ?! »

2007/03/02

最大の改善点はここだったか-FC岐阜

昨日(1日)、FC岐阜のチームからJリーグ準加盟を目指しての改善策が発表されたようである。

一番最初に情報が出てきたのは毎日新聞のネット版。どうやら経営基盤の弱さを指摘されて継続審議になっているというような記事であった。スポンサー確保の難航や給料の遅配なども書かれていた。前々からいわれていたスタッフの常勤化と増資などの改善策をうつという内容の記事であった。

少し遅れて公式HPで発表があり、やや詳しく書いてあった。やはり組織の整備(スタッフの常勤化など)と経営基盤が継続審議になった大きな点だったようである。県内の銀行からつなぎ融資を受けるとも書いてあった。

これだけの選手をそろえているのだから当然金はかかっているにもかかわらず、昨年は入場料収入がなかったのだから、年度末のこの時期が一番金銭的に苦しい時期なのは確かであろう。

GMのコメントとして「3月10日までに全てをクリアするのは難しい。」とあり、半年後までに改善の具体的成果があれば準加盟が認められる可能性もあるとのことである。

半年後までに認められる可能性..というのがどういう意味になるのか...。

いずれにせよ、体裁だけ取り繕えば..というような状況ではないようである。

運営面、経営面といった内容が最大の問題のようであるから、ここはスタッフの方々にがんばっていただくしかないだろう。正直われわれが直接的にどうこうできるような問題ではない。

選手にはがんばってよい成績を残してもらう。われわれサポは、できるかぎり試合を観に行く。強いチームを大勢の観衆が応援するようになれば、おのずとスポンサーもつくだろう。まずは、それぞれができる範囲で、できることをする。がんばろう。

|

« 樽見鉄道・大赤字の見込み | トップページ | 寒の..戻りすぎ?! »

FC岐阜-2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最大の改善点はここだったか-FC岐阜:

« 樽見鉄道・大赤字の見込み | トップページ | 寒の..戻りすぎ?! »