« 機関車、解体-神岡鉄道 | トップページ | 鏡島凧揚げ大会2007 »

2007/02/05

名岐駅伝-今回から一部コース変更で開催

冬の岐阜の街を駆け抜ける「名岐駅伝」が昨日(2月4日)に開催された。

今年で61回目を数える由緒ある大会で、第一回はなんと1930年(昭和5年)と戦前から続いている大会である。名前の通り岐阜と名古屋を結ぶ駅伝で、現在は大垣から旧国道で岐阜市内へ入り、市街地を走った後、旧国道で名古屋市まで走るというコースで実施されている。今回、岐阜の市街地区間のコースが一部変更され、一般部門の2区・3区(高校部門では1区・2区)の部分が変わった。2区は昨年まではJRのアンダーパス以外にはほとんどアップダウンのないコースだったのだが、今回のコース変更で長良川を2回渡らなければならないというたいへん厳しいコース設定に変わった。逆に3区は昨年までの国道21号ルートがなくなったため、ほぼ平坦なコースとなった。岐阜市中心部のコースどりも、高島屋前からJR岐阜駅というコースから、神田町通り(旧電車通り)へ変更された。これにより徹明町から名鉄岐阜駅前というメインストリートを通ることとなった。

今回は、新しいコースとなった鏡島大橋で観戦させてもらいました。画像でもお判りのように結構高低差があるため選手の中には苦しそうな方も見受けられました。

Imgp1420ki

Imgp1423rki_1 Imgp1426rki_1 Imgp1432rki Imgp1434rki

|

« 機関車、解体-神岡鉄道 | トップページ | 鏡島凧揚げ大会2007 »

スポーツ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81310/13791932

この記事へのトラックバック一覧です: 名岐駅伝-今回から一部コース変更で開催:

« 機関車、解体-神岡鉄道 | トップページ | 鏡島凧揚げ大会2007 »