« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の45件の記事

2007/01/31

最後の9桁電話番号、まもなく消滅

以前にも記事にしたが、日本で最後まで残っていた「9桁の電話番号」の地域が、まもなく2月1日から10桁化される。

最後まで残っていた地域は、箱根周辺の地域と奥飛騨の地域である。

それぞれの地域の加入件数が少なかったこともあって今まで9桁のままだったのだが、ついに10桁に統一される。現実的には10ケタ化してもメリットは特にないようにも思えるのだが...。むしろデメリットのほうが大きいかもとさえ思う。

神岡、上宝、奥飛騨温泉郷といったあたりは、市町村合併で自治体名が変わったばかりである。同じタイミングならまだしも、中途半端にずれたタイミングで今度は電話番号..。

もう少しなんとか調整できなかったものかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3人目、4人目、そして-FC岐阜

先週末27日に3人目の新加入選手が発表された。

J2ザスパ草津から「齋藤 竜」選手。DFで183cm、岐阜のチームでは背の高い選手の一人といえる。昨年の天皇杯でも直接対戦した選手である。これもなにかの縁だろう。

そして週があけて29日には4人目の新加入選手。以前から噂に上っていた「大友 慧」選手。そう、地域決勝でFC岐阜から得点をもぎ取り、TDK昇格の立役者となった選手である。J1で4試合、J2で161試合の出場経験があり、まさに即戦力である。地域決勝でがんばってくれた池元選手の抜けた穴を埋める形になるのだろう。

昨日の敵は今日の友といった感じで加入してきた二人である。

さて、チームのほうも先週から始まった自主トレにつづき、今週からは本格的に練習モードに突入。新加入の選手たちも参加しているようである。報道では6人新加入とのことだったので、まだまだ発表される選手がいるのだろう。情報が小出しにされていることもあって、連日のように新聞に「FC岐阜」の文字が躍る。オフシーズンにもかかわらずFC岐阜の文字が新聞に載っているので宣伝効果としてもいいのではないでしょうか。おそらくそれを狙ってのことだとは思いますが...。

29日にはGMが市長のところへ就任挨拶に行かれたそうで、なかなか好感触だったとの報道でした。なんでも、Jリーグの企画担当の方が同行されたようで、いい結果に向かいつつあるように思えます。市長!支援文書のほうもお願いしますね!

で、今日は5人目の新加入...といっても公式発表はされていませんが、静岡吉原商高のMF、鈴木選手がセレクションに合格して加入することになったとの新聞報道がありました。将来性ということで戸塚監督の目に留まったようで、アマチュア契約での入団のようです。将来性ということからも、おそらく最初はBチームでのスタートということなのでしょうが、がんばって欲しいですね。

おそらく今週中には新体制の発表がされるでしょう。もちろんその時点ではA、Bの振り分けもされていることだと思います。チームに残ることすらかなわなかった選手もいるかもしれません。

そして、2月20日前後には、準加盟申請が受理されるかどうかということも気になるところです。

そして今季の試合日程の発表もこのころのはずです。おそらく昨年と同じような日程の組み方だろうとは思いますが...。メモリアルセンターをうまいこと押さえられたかどうか(陸上競技などとの絡みが心配..)気になるところです。東濃や飛騨の開催があるかどうかも気になりますね。

昨年のパターンを踏襲すると日程はこんな感じでしょうか?期待と妄想いっぱいの(笑)予想日程を立ててみました。もちろんどこからも公式発表などはされていませんし、あくまでも個人的な予想ですので、半分も当たればいいところなのでしょうが(笑)

当たるか外れるか?予想日程表

想像をめぐらせて楽しめるのも今のうちだけでしょうね。シーズンが始まれば現実の勝敗に一喜一憂でしょうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/26

移籍加入二人目が発表される-FC岐阜

FC岐阜への移籍加入二人目は、

後藤裕司...

どっかで聞いた名前でしょう?

そう..岐阜工業のチームで選手権を戦ったメンバーです。

卒業後、J1のマリノスへ入団したのですが、怪我などもあり出場機会には恵まれず、昨年末戦力外通告を受けていました。とはいえ、素材としてはかなりの選手であることは多くの方が認めるところ。怪我をしない身体にさえなれば、少なくともJFLの戦いの場では大活躍が期待されます。

片桐と組んでピッチを攻めあがっていく後藤...。

なんか..夢を見ているような気になりますね。

選手権で活躍した面々が再び集まって、地元のチームを引っ張っていく...。

いいチームになりそうですね。

さて、話は変わって、今日はFC岐阜のセレクションが行われたようです。

いい逸材はいたのでしょうか?また、当落線上の面々はAチームに入れるのか?

ひょっとすると来週も発表が毎日小出しにされていくのでしょうかね。

毎日どきどきしながら公式ページを覗きにいく日々がまだしばらくは続きそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

路上禁煙、ついに岐阜もか...

全国各地で広がりを見せている、路上禁煙区域の設定。

このあたりでは名古屋市が駅前などを全面禁煙にして罰金まで徴収していることがゆうめいだが、ついに岐阜でも導入の方向なようである。

駅前と市街地中心部ということなので、JR岐阜駅一帯(駅西駐車場や建設中のタワー周辺もおそらく含まれるのだろう)から名鉄岐阜駅、神田町通り、柳ヶ瀬一帯、ひょっとしたら玉宮町通りや問屋町一帯も想定に入っているのかもしれない。もちろん岐阜駅南口一帯もだろう。

2007年度の議会に諮る方向で詰めているようだが、世の中の流れから行くと、禁止区域の調整で議論されることはあるだろうが、禁止区域を設けること自体はすんなり決まってしまいそうである。いまのところ罰金までは踏み込まない方向のようなので実効性には疑問は残るが、喫煙者にとってはますます肩身の狭いことになりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんと岐阜から二校!-選抜高校野球2007

いやぁ..びっくりしましたね...。

3月に開幕する今年の選抜高校野球に、岐阜県からなんと二校も選ばれました。しかも王国愛知がなんとゼロ!

中京高校は秋季大会でがんばったので当確だとは思っていましたが、希望枠で大垣日大高校まで選ばれるとは...。

岐阜から二校も出場するなんて...いつ以来?..ていうか、そんなことが過去にあったのだろうか...。

ちゃんと過去にはあったようです。おそらく記憶されている方もほとんどいないであろうほど前、なんと45年も前のことです。岐阜は長いあいだ野球が低迷していて、甲子園になんとか出れるレベルだったのが県岐阜商だけという時代が続きました。愛知の私学四強が顔を利かせていたこともあり、春の甲子園は岐阜の代表には手が届かないこともしばしばでした。

ところが昨年は岐阜城北が突然の大ブレイク。甲子園でベスト4という快挙。中京、大垣日大なども力をつけ、県岐阜商だけだった時代に比べ確かに底上げされてきた感はあります。

さあ、中京は昨年の城北の成績を上回れるか?。大垣日大も初めての甲子園で校歌を歌えるか?

今年も春の甲子園は楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/25

市内線跡2007.01月その4-新岐阜

新岐阜駅前。

交差点内は既に昨年中に撤去済み。

新岐阜電停から南、バスセンター付近までは残っていたのですが、このあたりも撤去が始まり、南から作業が進んでいます。

既に渡り線のあたりまで撤去が完了し、残りはホント停留所部分のみ。これもおそらく今週中に姿を消すでしょう。おそらくそのあと大急ぎで舗装のうち直しが行われるような気がします。2月4日の駅伝に間に合うように...。

駅ビルの解体工事はひと段落。現在は残工事というよりは瓦礫撤去の詰めの段階でしょうか。比較的静かな状態です。建築工事が始まればまたあわただしくなることでしょう。

一時閉鎖されていた駅前の地下道は、駅側の出入り口が新駅舎の構想にあわせた形で改築され、既に供用が始まっています。

Imgp1336ki Imgp1342ki Imgp1350ki Imgp1364ki Imgp1361ki Imgp1367ki

20070125現在撤去状況地図をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内線跡2007.01月その3-金町・徹明町・金宝町

千手堂のカーブは撤去されましたが、そこから東、金町へ向けての直線部分はまだ線路が残っています。

しかしこれも金町電停付近までの話。

金町交差点から徹明町側は既に跡形もなく撤去され、舗装も打ち直され痕跡のかけらもありません。

徹明町から南も、金宝町交差点、新岐阜交差点まで線路はなくなっており、舗装も打ち直し済み。きれいさっぱり痕跡が消えています。

2月4日には今年からコース変更でここを走ることになった名岐駅伝のランナーが走ります。

Imgp1317ki Imgp1320ki Imgp1326ki Imgp1329ki Imgp1331ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内線跡2007.01月その2-千手堂

千手堂のカーブの部分の線路は昨年のうちに撤去されました。

現在、本郷町から南下しながら進んでいる線路撤去工事が、西柳ヶ瀬の信号を過ぎ、今日はココストアの前あたりの撤去工事が行われていました。

千手堂の電停だった部分(電停部分はカーブとともに撤去済み)まで完全に撤去されるのもまもなくです。

Imgp1304ki Imgp1307ki Imgp1313ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.01月その8-金園町一帯

徹明町から競輪場にかけての金園町通りの線路撤去が続々と進んでいます。

徹明町の電停付近は一番最初に線路が撤去された部分で、すでに舗装の打ち直しも終わって痕跡すらない状態です。

そこから先も徐々に線路の撤去が進んでおり、現在金園町3丁目のあたり(ウスイ消防の前、若宮町の道路が合流するあたり)まで撤去済みです。

ここから竜田町交差点(金園町四丁目電停)まではまだ線路が残っています。

その先は竜田町交差点から始まった撤去作業が順次東へ進んでおり、金園町9丁目交差点(鶯谷トンネルの道が交差するところ)まで撤去が済みました。現在舗装のうち直しが竜田町交差点から進んでおり、今日は梅林電停付近の舗装工事でした。このあたりも痕跡が完全に消えつつあります。

九丁目から先は今のところ線路が残っていますが、なくなるのは時間の問題でしょう。

電停のグリーンベルト(というか、ペイント?)...岐阜の路面電車のものでしたが、もう残っているのは九丁目、競輪場、北一色、西野町の4箇所だけとなってしまいました。

Imgp1371ki Imgp1372ki Imgp1377ki Imgp1379ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.01月その7-新田・新関・関

新田、新関、関..。

このあたりもそれほどの変化はない。

架線関係は取り払われているが、ホームや線路はもちろん駅舎なども残っている。

このあたりの区間も並行道路が交通量の割りに右折レーンすらない状態で、線路敷を利用しての道路整備が待たれるところである。

Imgp1238ki Imgp1236ki Imgp1224ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.01月その7-黒野

黒野駅。

かつての交通の要衝は見る影もなくひっそりとしている。

駅舎は残っているし、ホームや線路もある。

しかし架線は既になく、なによりも検車区の屋根が取り払われてしまったっため、じつにがらんとして見える。

敷地はそれなりの広さがあるが、たいした需要があるとも思えないし、もうしばらくはこのままなのかもしれない。

Imgp1124ki Imgp1125ki Imgp1127ki Imgp1128ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローソンプラス・いよいよ明日開店

ローソンの新しいお店が明日オープンする。

「ローソンプラス」というタイプの店舗がいよいよ岐阜の街にもオープンである。

ローソンが昨年から全国40店舗ほどの実験店舗での経験を元に開発された、生鮮食料品も取り扱うタイプの店舗である。先日大阪に「ローソンプラス」としての1号店をオープンし、いよいよ全国に本格展開。東海地方も24日の名古屋を皮切りに、いよいよ明日は岐阜にもオープンの運びとなった。

岐阜での1号店の場所は、もともとのローソン柳ヶ瀬店を改装した場所である。ここは2階にローソンの岐阜事務所もあり、いわば岐阜の本店とも言えるような店舗である。岐阜に多店舗展開するかどうかはこの店の推移を見てからになるかもしれない。

Imgp1280ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超大物が加入-FC岐阜

FC岐阜に超大物が加入!

といっても選手ではありませんが...チーム全体のことを考えると、どんな大物選手を連れてくるよりもはるかにすごい人物が加入することになりました。昨日夕方のニュースなどでも流れましたし、もちろん今朝の新聞などにも載っていますのでご存知でしょうが、チーム全体をまとめる「 GM (ゼネラルマネージャー)」として、今西和男氏を迎えることとなったようです。

今西氏はJリーグ発足前からサッカー界の要所に立っておられ、名門チームであった東洋工業~マツダで選手や監督として活躍、J発足時においては「広島」を率いておられました。その後も大分や愛媛の立ち上げに関与されたり、サッカー協会の中枢で日本代表の強化に取り組まれたりされた、いわば日本サッカー界の「重鎮」のひとりです。

チーム全体のマネジメントはもちろんのこと、対外的な折衝(自治体、スポンサー、協会、他チーム...)において今西氏の経験と人脈というものは絶大な力を発揮することとなるでしょう。少なくとも信用力という面ではこれ以上の方はそうそういないのではないでしょうか。おそらく二の足を踏んでいたスポンサー候補の方々も一気に参画されるのではないでしょうか。歩みの遅い自治体側も腹をくくらざるを得ないでしょう。もちろん選手補強などの面や、さらに新たなるスポンサーの獲得などの面でも今西氏の人脈はすごい力となることでしょう。

いままでも顧問という形でアドバイスは受けていたようですが、正式にGMとして就任されたことは、このまだJFLにあがったばかりのFC岐阜というチームにとって最大の補強であることは間違いないでしょう。

しかも、昨日の記者会見で新コーチの招聘も合わせて発表された(公式ページではまだですが)ようで、こちらも実力者の一人である松永英機氏が就任されるようです。当時J1だったV川崎、J2時代の甲府、J1神戸などの監督経験もある方が「コーチ」として加入されるのです。若手の指導とトップチームのサポートと新聞に書かれているところからも、すでに長期的視野での育成も本気モードだということが伺えます。

今後も新規加入の選手が発表されると思いますが、一番のサプライズがGMなことは間違いなさそうです。

それにしても、他のJのチームからも引く手あまたであったであろうと思うのですが、よく岐阜一本という形で来ていただけた物だと思います。

「3年以内にJ2入り」とGMのコメントが出ていますが、もちろんそれは上限の話。厳しい戦いになるのは承知の上で、あくまでも少しでも早く、できれば今年上がることを目指して、本気モードの負けられない戦いが今年も始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/24

まず一人移籍加入-FC岐阜

Jリーグチームの今季の体制もほぼ固まり、下部リーグの移籍発表などがしばらく熱そうです。

FC岐阜にも、今季一人目の移籍加入が発表されました。

深津康太選手。グランパスからの移籍です。名古屋での出場には恵まれず、水戸や柏へレンタルで出されたりしていた選手です。Jで4年の経験があるといってもまだ22歳。まだ伸びしろはあるでしょう。岐阜の主力DF陣はベテラン勢中心ですので、若さを活かした活躍を見せてくれればと思います。

さて、他チームも続々と移籍発表がされているようです。昨季岐阜にいた橋元選手は、三重の昇格戦を手助けしてさらに次の戦いの場所へ移籍となるようですね。今月から来月にかけてセレクションなどを開催するチームも多く、まだまだ今から次々と発表されることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

岐阜市内線跡2007.01月その1-本郷町

岐阜市内線の線路はかなりの部分で跡形もなくなってきました。

現在本郷町付近が撤去作業中です。交差点内は既に撤去済み。その先南へ向かって西柳ヶ瀬の信号のところまでも撤去済みです。いまは交差点の北側部分が作業中といったところです。

確かにここの交差点も右折車が多かったりしますので早めに撤去されたのかもしれません。

この交差点や神田町通りが撤去完了となり道路がきれいになったこともあってか、2月4日に行われる名岐駅伝のコースが今年から変更になります。岐阜市内のルートが大幅に変更され、この本郷町交差点を横切り、柳ヶ瀬から新岐阜まで道路がきれいになったばかりの神田町通りを走り、東陸橋跡の道路で南下するコースになります。従来は高島屋側の道から岐阜駅前、そして西陸橋跡の道路で南下でしたので、がらっと変わることになります。いろいろな理由があっての変更でしょうが、道路がきれいになったから変更が支障なくできるというのも事実でしょう。

Imgp1262ki Imgp1265ki Imgp1267ki Imgp1272ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.01月その6-下方・相羽

こちらは、根尾川をわたって大野町に入りました。

鉄橋はまだそのまま残っています。

下方駅はほぼ手付かず、相羽駅は早い段階で上屋が撤去されてその後は動きなしです。

とはいっても、架線柱などはもちろんこのあたりも撤去済みです。

Imgp1119ki Imgp1117ki Imgp1120ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.01月その6-白金~赤土坂

いよいよ関市内。鉄橋を渡ってから白金を過ぎるまでは民家の脇などを通りながら。そこから先小屋名、赤土坂へと幹線道路に寄り添うようにして線路跡は延びています。

この辺りも特に変化は今のところありません。

白金から国道に合流するあたりまでは交通量から見てもそう急いで撤去する必然性はないでしょう。

しかしそこから先となると話は別。そこそこ交通量が多いにもかかわらず、右折レーンすら確保できない片側1車線の幹線道路。右折車が1台あれば詰まってしまうような状態なのです。小屋名駅周辺だけは以前に拡幅改良されているので問題ありませんが、それ以外の部分、特に国道が分岐した先の赤土坂、新田といったあたりは、右折レーンどころか歩道も満足に確保できていない状態で、しかもところどころに踏み切り跡の狭い道がいくつも合流するというお世辞にも安全な道路とはいえないところです。

線路敷きと、さらに線路の向こう側の道路の部分も一体化して改良すれば、かなり利用しやすい道路になるでしょう。安全面からもこのあたりこそ早めに手をうったほうが良いような気がします。

Imgp1211ki Imgp1214ki Imgp1241ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

がんばった豊ノ島-大相撲初場所2007・千秋楽

大相撲初場所も千秋楽。

優勝は昨日決まってしまったが、今日も注目の取り組みはいくつもあった。

カド番になるかの瀬戸際だった魁皇はなんとか勝ち越しで場所を終えた。栃東の調子がこんなでなければ立場はむしろ逆だったかもしれない。

注目といえば豊ノ島は三役陣で唯一勝ち越した琴光喜との対戦。豊ノ島が実にうまい相撲をとった。琴光喜が見事に肩透かしを食らって土俵に這った。技能・敢闘両賞受賞に花を添えるような一番だった。来場所は三役へのジャンプアップも期待されるが、朝赤龍とのバランスや前頭上位陣に勝ち越しが何名かいることを考えると、無理に張り出しを作ってまで小結に上げるという雰囲気ではないかもしれない。いずれにせよ、来場所は上位陣全員と顔をあわせる位置になることは間違いない。小兵力士の大暴れが見られることを期待しよう。

前半好調だった高見盛は結局負け越し。なんともムラが多い。

豊真将も期待されたが負け越し。こちらは良くがんばったほうだろう。この経験を活かして来場所以降の成長に期待したい。

十両は結局ラインが5敗まで下がって巴戦。豊響の優勝で幕を閉じた。十両力士の成績から観ると、来場所は幕内との入替は3、逆に幕下との入替も3~4といったところだろう。十文字、栃乃花あたりはいつもなら落ちるところを命拾いしそうである。

さらにもっと下では序の口で舛名大が優勝決定戦まで進んだが、こちらも上から落ちてきている経験者にはさすがにかなわなかった。

さあ、来場所こそは朝青龍をとめることができるか。白鵬の復活いかんにかかっているような気もするが、千秋楽まで優勝を争う展開になることを期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

納豆騒動は収束するか?

このところどこのお店へ行っても納豆が品薄...を通り越してほぼ手に入らないような状態だったのは皆さんご存知のことと思います。テレビの某番組で「ダイエット効果」として取り上げられたのがきっかけで、主婦層を中心に殺到したのが原因でした。

ところが、番組自体がデータ捏造だったことが発覚し一騒動になっています。バラエティー番組や芸人さん主体の番組では、やらせやお手盛りは常識的に行われていますし、視聴者側もわかってみていますのでさしたる問題はありませんが、この番組はバラエティーというよりは情報番組として視聴者には捉えられており、当然内容を信じて行動に移す方々が出たわけです。

それにしても、「ダイエット」という言葉が出た途端に踊らされる視聴者というのもどうだかなぁという気もしないでもありません。そんなに気になるのなら普段から生活に気をつけていればいいのに..。そもそも納豆が健康にいいのはもともとわかりきっていたことで、健康に気をつけていればもともと食べていたでしょうに...。突然商品が動き出すところを観ると、気にはなっていても具体的にはなにもしていないような方も結構多かったというところでしょうか。

そういえば、以前にもこの番組で「寒天」が取り上げられたときも同様の騒動になりましたね。どこへ行っても手に入らなくて...。しかもあの時はすぐに増産できるようなものでなかったことも災いして、本来必要としていた業者の方たちも入手に苦労されていましたね。

寒天騒動はその後落ち着いて今では普通に手に入りますが、今回の納豆はどう動くでしょう。各メーカーともに急遽増産体制を組んだところだったはずですが、反動で消費が落ち込めば徒労にもなりかねませんね。

納豆はもともと健康にいいのですから、これをきっかけに食べる方々が増えればいいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局...-大相撲初場所2007・14日目

結局、横綱朝青龍が千秋楽を待たずに優勝を決めてしまいました。

場所前には稽古不足をささやかれ、調子も決して万全ではなかったはずなのに..。

立ち上がりこそ今ひとつな感じで入った初場所も徐々にエンジンがかかり始め、終わってみればまだまだ敵はいないといった状態でした。若手が伸びてきてはいるものの、毎回横綱を脅かすほどではなく、ベテランの役力士陣はすでに横綱と渡り合うだけの力量はありません。強い白鵬の復活を待つ以外に正直手がないかもしれません。

前半好調だった高見盛が14日目も負けて7勝7敗で千秋楽に臨む。最後の相手はこちらも伸びが著しい琴奨菊。高見盛..下手すると負け越すかも。

稀勢の里も7勝7敗で安馬と、旭天鵬も7勝7敗で雅山と..さしあたって三役入替戦の様相である。

そして、豊ノ島。14日目敗れたものの十分すぎるくらい今場所は大活躍だった。千秋楽は琴光喜が相手である。豊ノ島にしてみれば、これに勝って12勝に乗せれば三役の期待が出てくる。琴光喜にしてみれば、負けるようだと「今年も万年8勝どまり」の幸先悪いスタートになってしまう。楽しみな一番になりそうです。

大関の魁皇は、意地で琴欧洲に勝ち、星を5分に戻して千秋楽。栃東が相手なのでなんとか勝ち越せる芽も出てきた。が、栃東が最後の意地を見せるようだと来場所は二人そろって...。

さあ、優勝は決まってしまったが、いろいろと目の離せない千秋楽である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/20

来場所もカド番大関が..-大相撲初場所2007・13日目

初場所13日目。天覧相撲。

予想されたことだが、栃東が負け越した。魁皇も6勝7敗と後が無い状態で大関対決を二つ乗り切らなければならない。下手をすると来場所はまたカド番が二人...。

毎場所誰かがカド番というのもなんだかなぁという感じがする。

大関陣がぜんぜん優勝戦線に食い込めていない。

今場所にいたっては、その下の役力士も今ひとつ...。

若手が力をつけたといえば聞こえはいいが..ベテラン勢もそろそろ引き際を考えるべき時期に来たのかもしれない。

さて、豊ノ島は今日も元気に星を伸ばした。これで11勝。三賞は確定だろう。優勝戦線にただひとり最後まで絡んでいることから、おそらく技能・敢闘のふたつになるだろう。

前半好調だった高見盛は今日は勝ったものの、後半に入ってズタぼろで三賞どころか勝ち越しも微妙になってきた。

玉春日も後半はメロメロである。

玉乃島は星はまずまずだが上位と当たっていないし三賞といった感じではない。

結局三賞は豊ノ島だけになりそうな公算が大である。

さて、十両は今場所は4敗~5敗といったところまでボーダーが下がってきており、4敗2人・5敗6人という混戦で14日目を迎えることとなった。これは..決定戦までいくかもしれない。

幕下の注目、市原がなんと予想外の2敗目。いや、ほんとに予想外。

来場所は十両との入れ替え枠はおそらく3。つまり対戦相手は今場所とほぼ同じ。全勝の境澤も今場所が19枚目だから来場所も幕下上位。2場所での通過も微妙になってきた。

もうひとり、ある意味鳴り物入りで入門してきた力士「舛名大」。序の口30枚目でここまで5勝1敗。来場所は順調に序二段に駒を進めそうである。国立大出身力士の挑戦は始まったばかり。

さあ、あすは14日目。

ここはひとつ豊ノ島に踏ん張ってもらって、なんとか最後まで盛り上げてもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

開幕日は3月18日-FC岐阜

FC岐阜の今シーズン、JFLでの戦いの開幕日が発表になった。

3月18日、アウェイの試合で今シーズンの幕開けである。

岐阜でのホーム開催は、3月21日の祝日が最初となるようである。

順当に通例どおり、昨シーズンの上位半分のチームがホームで開幕戦。下位半分のチーム(新規昇格組含む)が第2節にホーム開催となったようである。

さて、どことの試合になるかというのはまだ発表されていない。

前年度などの例から推測すれば、開幕戦はHondaと浜松で試合になるのではないだろうか。いずれにしてもあと2ヶ月で熱い戦いが始まる。

さて、17日に中部運動記者クラブなるところからFC岐阜が2006年度の奨励賞なるものをいただいたそうである。がんばりを認めていただけるというのはうれしいものですね。FC岐阜がいかに注目を集めているかも伺えようというものでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

美濃町線跡2007.01月その5-津保川鉄橋周辺

個人的には一番好きだったのがこの場所、津保川の鉄橋です。

橋そのものはまだ残っています。

南詰めの踏切跡部分の交通量は、道路の新しい橋ができて若干減ったような感じがします。それでもここの部分だけがボトルネック状になっていますので、いずれは改良しなければならないでしょう。前後の道路と同じ規格で幅をそろえるには、橋げたの撤去が不可欠です。

いずれ近いうちにこの橋の風景も見られなくなるでしょう。

Imgp1195ki Imgp1208rki Imgp1206ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.01月その4-下芥見・上芥見

美濃町線で..というより岐阜の600V線区のなかで一番「昔ながらの軌道」の雰囲気を残していたのがこのあたりの区間でした。

このあたりは撮影に訪れたことのある方も多いでしょう。

下芥見は線路やホームは残っていますが、駅舎はかなり早い段階で撤去されています。

上芥見も同様です。

前回からの特に大きな変化はありませんが、上芥見以北の併用軌道部分は、ところどころ線路の溝が埋められているところがあります。いずれは本格的に撤去されセンターラインつきの立派な道に生まれ変わるのでしょうが、とりあえず応急処置的にでこぼこのひどかった部分だけ手直ししたといった感じです。

Imgp1182ki Imgp1192ki Imgp1194ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.01月その5-真桑・政田

さらにすすんで本巣市内。樽見鉄道を過ぎれば今も田園地帯が続きます。

真桑周辺では少し変化がありました。主だった踏切のところが舗装を打ち直されています。

もともと踏み切りと並行道路の交差点が中途半端に近接していて危ない場所だったこともあり、割と早めに対策が打たれたようです。

それ以外にはこれといった変化はありません。

真桑、政田ともにホームや線路は残っています。

駅舎や上屋はかなり早い段階で撤去済みとなっています。

政田周辺は道路整備もだいぶ進んできましたが、郵便局の前あたりだけは民家が並びすぎていて拡幅ができていません。それほど交通量が多いわけではないので急ぎではないのでしょうが、前後の区間の道幅と比べこの区間だけがすれ違いもできないような道幅ですので、いずれは整備しなければならないでしょう。民家の立ち退きで拡幅するより政田駅を含む部分の線路跡と隣接する田畑を帯状に買収してバイパス状に新設したほうが、この区間に限っては現実的なのではないでしょうか。

Imgp1104ki Imgp1106ki Imgp1110ki Imgp1112ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.01月その4-北方

揖斐線跡、岐阜市を出て北方町内に入りました。

北方東口、北方千歳町、美濃北方...。

このあたりも特に大きな変化はありません。

線路、ホームは健在。北方駅舎も残っています。

Imgp1085ki Imgp1091ki Imgp1094ki Imgp1099ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/18

長良公園イルミネーション2006・動画公開中

長良公園イルミネーション2006年版の動画の編集が終わりましたので、

15号館で公開しています。

【長良公園イルミネーション2006動画 kojiro-railway 15号館にて公開中】

Imgp0647rki_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こよみのよぶね・動画公開中

昨年末に行われた、「こよみのよぶね」の動画の編集が終わりましたので、

15号館で公開しています。

【こよみのよぶね動画 公開中 kojiro-railway 15号館】

Imgp0709rki_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.01月その3-尻毛・又丸

川を渡って尻毛の側へ行くと、尻毛駅へ行く道路(国道から右折した部分)ががらんとしていました。尻毛橋の袂同様、ここも交差点改良で道幅を広げるようで土地が収容済みでした。

さて線路跡のほうは、尻毛は駅舎はかなり早い段階で撤去されありません。線路やホームは残っています。架線柱があらかた無いのはほかの区間と同じです。

又丸も同様です。変化はほとんどありません。

Imgp1083ki Imgp1081ki Imgp1132ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007.01月その2-近ノ島・旦ノ島

解体作業中の忠節をあとにすると、その先の近ノ島、旦ノ島といった辺りはほとんど変化はありません。

近ノ島、旦ノ島ともにホーム等は残っています。もちろん線路も。

架線柱はさすがにあらかた撤去されましたが、伊自良川橋梁や築堤の部分はまだ架線柱が残っています。

尻毛橋(国道のほうです)が改良予定のようで、西詰め(尻毛側)の道路わきの土地(民家のあったところ)が既に収容され更地になっています。この辺りの風景もがらっと変わるかもしれません。

Imgp1066rki Imgp1068ki Imgp1070ki Imgp1071ki Imgp1073ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.01月その3-野一色・日野橋

専用軌道部分に入ると、それほど大きな変化はありません。

野一色、琴塚、日野橋...。

線路もホームも残っています。

もちろん機器類や標識類はあらかた撤去されていますし、架線柱もコンクリート製のものが所々残っている程度です。

Imgp1169ki Imgp1176ki Imgp1180ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃町線跡2007.01月その2-長森本町

美濃町線跡は岐阜市内の路面電車部分は撤去作業が進んでいます。

前回お伝えした金園町工区は線路撤去作業中。田神線の競輪場以南は撤去完了。

そしてここ長森本町周辺もかなり早い時期に線路が撤去され、ご丁寧に舗装も完全に打ち直され、かつて線路があったとは思えないような状態になっています。

昨年このあたりのレポをしたときより線路の撤去部分はやや西まで行われ、当初線路部分を埋め戻しただけだった舗装が、道路幅全面を完全に打ち直した形になっています。

専用軌道に入った先は線路がそのまま残っていますが、知らない人はまったく気づかないまま通り過ぎてしまうくらい道路面がスムーズになっています。

Imgp1155ki Imgp1165ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ池元-FC岐阜

FC岐阜の昇格戦に助っ人として活躍してくれた池元選手が、なんと3階級特進といった感じでJ1復帰を果たした柏レイソルへの移籍が決まった。

本音を言えば、レンタルから完全移籍で岐阜に残ってほしい逸材だったのだが、もともと地域リーグレベルにいるのがおかしいような選手である。J1のチームの目に留まったのだから素直におめでとうというべきなのだろう。素質からいけば近い将来A代表に入ってもおかしくないだろうから、ぜひともチャンスをものにしてがんばってほしい。

一足先にJ入りを果たした池元選手。いずれはFC岐阜はチームごと上へ...。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがに今場所は勝てない・白鵬-大相撲初場所2006・11日目

初場所11日目。

結びは、横綱vs白鵬。

本来なら千秋楽で組まれるような顔合わせであり、また横綱に唯一対等に渡り合えるであろう力士が白鵬なのだが、さすがに今場所は怪我休場明けでまだまだ体調が万全には程遠いこともあり勝てなかった。なんとかカド番は抜けるであろうから来場所の復調に期待したい。

さて...栃東..やはり今場所は全休するべきだったのではないだろうか。結局負け越しで来場所はカド番ということになりそうである。全休しても結果は一緒だった。無理して出た分来場所が心配である。

しかし上位陣がふがいない...。

結局横綱の独走である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/16

美濃町線跡2007・01月その1-金園町工区線路撤去

美濃町線(徹明町線)の金園町工区の線路撤去作業が着々と東へと進んでいます。

竜田町交差点(金園町4丁目)から始まった工事は、昨年中に梅林電停付近まで進み、年が明けてから再開。現在金園町8丁目交差点に向けて撤去作業が進んでいます。おそらくこのまま競輪場交差点まで工事が続いていくものと思われます。

(画像 最初の2枚は年末に撮影・梅林電停付近、あとの3枚は年が明けてからの作業再開後撮影)

Imgp0852ki Imgp0849ki Imgp1141ki Imgp1147ki Imgp1148ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揖斐線跡2007・01月その1-忠節駅解体中

市内線の線路撤去が進む中、忠節駅一帯の解体撤去工事が始まり、既に駐車場棟の大半をはじめあらかたの部分が解体されました。主だった部分で残っているのは誇線橋と自転車置き場だった旧ホームくらいのものです。線路も駅西の踏切の部分まで撤去が進んでいます。

線路跡では珍しいまとまった敷地だったにもかかわらず、なかなか解体工事が着手されてきませんでしたが、昨年11月末に敷地内の最後の稼動施設だった交番が移転閉鎖されたことで、工事の段取りが組まれ更地にされることになりました。線路跡、駅舎跡、車庫跡、駐車場棟跡..全部合わせると結構な敷地面積になります。

Imgp1050rki Imgp1053rki Imgp1055rki Imgp1058rki Imgp1062rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市原に土-大相撲初場所2007・9日目

なんともう9日目である。

今年の相撲系の最初の記事になるわけですが、大相撲関連のファンの皆様、本年もよろしくお願いいたします。

さて、幕内ではなんとも精彩を欠いたふがいない相撲が散見されております。年の初めからこれでは先が思いやられるといったところでもあります。

中日で既に全勝が消え、5勝3敗のものたちが公式ページの成績優秀者に載るという体たらく...。9日目が終わってみれば、さらにずるずると脱落者が出て..なんのことはない横綱の単独トップ。調整遅れが心配されたが、悪いなりにそれでも他と比べればまだまだ力の差はある。

大関陣がなんともひどい。休場明けの白鵬はカド番は抜けれそうなのでまずまずとしても、場所前手術の栃東は全休するべきだったのではないだろうか。責任感から無理をして出てきているのだろうが、ぜんぜん踏ん張りが利いていない。正直見ていられない。今場所無理をしていることで治るものも治らない。悪循環である。

琴欧州も総見ではがんばっていたようで期待されたのだが、ふたを開けてみればこの体たらく。魁皇もがんばってはいるものの力の衰えはなんともしがたい。千代大海も然りである。

その下、雅山も衰えが眼に見えて目立つ。琴光喜はいつもの後半連敗癖がでて今場所も8勝どまりになりそうな雰囲気である。露鵬は今場所は今ひとつ星に結びつかない。稀勢の里は内容は良いが勝ち越せるかどうかぎりぎりといったところである。

上位陣がメロメロの中、高見盛ががんばっている。大勝ちした次の場所大負けというパターンが多いが、今回はなんとか持ちこたえられそうな雰囲気である。「玉&玉コンビ」も久しぶりの大活躍をここまで見せている。現在横綱と1差、8日目までは先頭を走っていたのだから大健闘をしているといっていい。

十両では...若の里が思わぬ苦戦を強いられている。怪我で十両下位まで落ちた先場所。さすがにあの位置では力の差を見せ付けた若の里が、今場所十両4枚目で4勝5敗と大苦戦。勝ち越しも微妙なところである。

今場所の注目はさらに下。アマチュア二冠の鳴り物入りで、史上初の幕下10枚目付け出しデビューをした市原である。体格などははなから十両力士並み。アマチュア二冠はだてではなく相撲もうまい。十枚目付けだしから史上初の1場所通過なるか..というのが話題であった。中日まで4連勝で勝ち越し、あと3つで...というところで9日目土がついてしまった。全勝の内規が満たせないため1場所通過は残念ながら夢と消えてしまった。しかしとんでもない大型新人が入ってきたのは確かである。下手すると今年の終わるころには幕に入っている可能性すらあるのである。楽しみな力士である。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

北方町長選挙・室戸英夫氏が当選

政治関連の話題は極力触れないようにしてきたが、今回は岐阜市の今後の展開にも影響するかもしれないので少しだけ...。

岐阜市に隣接する北方町の町長選挙が14日に投開票され、新人同士の一騎打ちは接戦の末、自民系でない室戸英夫氏が当選を果たした。室戸氏は長く町議を勤め、議長経験もある即戦力の町長誕生となった。

そもそもこの町で町長選挙になったのが24年ぶり...。前町長の死去に伴い行われた新人同士、それも自民推薦無所属VS民主系無所属の一騎打ちだったのだが、投票率は5割を超えた程度にしかならなかったようである。

北方町自体が面積的にも小さく、人口も18000人程度のお世辞にも大きくない町である。周辺の自治体はすべて合併により「市」になってしまい、孤軍奮闘といった感じさえする。そもそも北方町も岐阜市との合併話が進んでいたこともあったわけだが、岐阜市側のポカ...というと語弊があるかもしれないが、揖斐線の存廃問題で方針がかみ合わなかったところへ岐阜市に振って沸いた「産廃問題」。合併したら産廃処理の負担もいくらか負わされるのではという心理も当然働いたのだろう。住民投票の結果、合併話は白紙撤回。西側の自治体は既に本巣市と瑞穂市の二つに合併も最終段階。北方町は独自の道を歩むこととなったのである。

幸いにも北方町はインフラの面では、人口規模からいけばほぼ完成した形である。しかし旧市街の商店街は空洞化、とりたてた産業があるわけでもない。人口はベッドタウン化で増えたとはいえ、それは地元意識の薄いことも意味し諸刃の剣でもある。実際街の将来を大きく左右する選挙だったにもかかわらず、投票率は低かった。

室戸町長はどちらかといえば合併も選択肢の一つとして考えている側のようである。今回の選挙で破れた側の候補は合併反対派の支援を受けていたとのことである。いずれにせよ、合併話がすぐに再燃するわけではない。おそらく話が出るとすれば道州制が本当に導入されてしまった場合ぐらいなのかもしれない。そうなったときのために、それまでに街にどういった形で力を蓄えていくか。室戸町長の前途は決して楽な道ではないであろう。草の根政治家の手腕に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始の光景から・その4-左義長

そして、先週末13・14日あたりは左義長を行った神社が多かったのではないでしょうか。

私たちの集落の神社でも左義長が行われました。

一年間守っていただいたお札を返し、その火で餅を焼いて帰り、ぜんざいにしていただきました。

長良天神では昨年のイベント「こよみのよぶね」の行灯も左義長で燃したようです。今年もこよみのよぶねのイベントをやるようですので楽しみですね。

Imgp1257ki Imgp1261rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始の光景から・その3-岐阜駅イルミネーション

岐阜の街でイルミネーションというと、長良公園へ観に行く方が多いのですが、岐阜駅の表側もこの時期はイルミネーションを纏ってきれいです。

もちろん長良公園ほどの規模ではありませんし、名古屋駅前などのようなインパクトのあるものでもありませんが、それでも以前よりも駅前の空間が広くなったこともあり立派なイルミネーションです。

昨年度はぱるるプラザ側の歩行者デッキなどを中心に飾られたのですが、今年度は駅正面のデッキが完成したこと、ぱるるが閉館したこと、シティータワー建設の関連でぱるる前のデッキが工事中なことなどもあって、駅正面のデッキとその続きの玉宮町通りを中心として飾り付けがされていました。

来年度の冬はシティータワーも完成していることですし、どんな冬の顔を見せてくれるのかが今から楽しみではあります。

Imgp1015rki Imgp1016rki Imgp1032rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始の光景から・その2-伊奈波神社

年が明けての初詣は、今年は伊奈波神社に行ってまいりました。

岐阜の街の鎮守様というか総氏神のような神社です。

毎年正月三が日で55~60万人前後が参拝に訪れます。もちろん岐阜県内では一番多い参拝数です(お伊勢さんと同じくらいの数ですからね)。

元旦は相当な混雑ですが、2日の午後ともなるとなんとかスムーズに参拝できる程度の混み具合になります。今年は好天に恵まれ、昨年より8万人多い人出だったようです。

Imgp0985rki Imgp0998rki Imgp1007rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始の光景から・その1-除夜の鐘

年越しは除夜の鐘。

というわけで、毎年恒例の鐘つきに行ってまいりました。

鏡島や本荘地域に檀家さんの多いこちらのお寺では、毎年除夜の鐘をつきに多くの方が訪れます。檀家さんはもちろんのこと、幼稚園のお子さんとその家族、ご近所の方などここで年越しをするのが恒例になっている方も多いです。

Imgp0947rki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

昨シーズンのベストゲームは?-FC岐阜

あと2ヶ月で今シーズンの開幕を迎えるFC岐阜。

昨シーズンのベストゲームを選ぶ投票がFC岐阜公式ホームページで行われています。

皆さんはどのゲームをベストゲームにあげられるでしょう?

それぞれに思い入れもあるでしょうし、ゲームに対する見方もそれぞれかと思います。

順当にいけば、おそらく昇格を決めた入れ替え戦第二戦がぶっちぎりで1位に輝くことでしょう。実際、一番歓喜に沸いたゲームでしたし、メドウが満員になったこと、試合内容も良かったことなどからもおそらくこの試合を選ぶ方が多いでしょう。

私もこの試合に一票...と思ったのですが、あえて負け試合だった草津戦に票を入れさせていただきました。結果だけ見れば負け試合でした。しかしカテゴリーが二つも上の相手に互角に渡り合った点、良くも悪くも現在の岐阜のポジション・課題などを再認識させられた試合でもありました。結果が負けである以上ベストゲームではないと思われる方も多いでしょうが、後半の攻め込みっぱなしだった時間帯に、今後の可能性を感じさせてくれたということであえて選ばさせていただきました。

みなさんもぜひ思い入れのあったベストゲームにご投票されてみてはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/13

中津川・多治見はOK-FC岐阜

ずいぶん間隔があいてしまいましたが更新再開です。今年もよろしくお願いします。

さて、FC岐阜は予定通り今月10日にJリーグの準加盟申請を出したとのことです。提出が必須の「自治体の支援文書」が提出できなかったようですが、条件付ながら認められる可能性はあるようです。県、市ともに口約束では支援の方向ですので、支援内容をできる限り早い段階で具体化していただき文面化してもらえるかに今後の展開がかかってきそうです。正直なところ理念理想だけでは無理な段階に差し掛かってきています。早い話が金銭的、あるいは施設・物資など直接支援などが大きくのしかかってきます。ご存知のように岐阜は産廃問題・裏金問題・国会議員の内輪もめ...など、タイミング的には逆風的要素が大きいのも確かです。自治体としてみれば正直なところ金はないというのが本音でしょう。しかし、岐阜からステータス的なスポーツチームを送り出すおそらく最初で最後のチャンスです。ここはぜひ英断を下し思い切った支援をお願いしたいところです。

Jリーグの理事会は2月20日。そこでFC岐阜をはじめ準加盟申請したチームの処遇が議題にかけられます。施設面はおそらく問題ないでしょう。国体向けの改修をかねて客席等を少しいじれば十分対応できるでしょう。事業収入は、スポンサー契約的な部分は何とかいけるのでしょうから、あとはいかに毎試合観客を動員できるかに大きなウェイトがかかってきそうです。毎試合最低3000人くらいが目標になるのではないでしょうか。がんばって一人でも多くの方を誘って応援にいきましょう。

さて応援といえば、FC岐阜が今季JFLの試合を戦うにあたって県内何ヶ所かの競技場を試合会場として申請し、岐阜と大垣は文句なしにOKだったのですが、ほかに数箇所JFL側の視察まちだったところがありました。昨日視察が行われたようで、中津川と多治見はOKが出たようです。今季はFC岐阜は県内各地で試合を行いたいという方針でしたので、中津川と多治見はこれで試合が組まれることになるのではないでしょうか。さて問題は飛騨地方ですね。高山の会場がJFL側からいくつも注文をつけられたようです。おもに付帯設備的なことのようですが、すぐに改修とかできるものなのでしょうか..。なんとかFC岐阜の試合を飛騨でも行えるようになってほしいものです。

余談ですが、昨年がんばった(であろう)POP類をお役御免ということで年末に取り外しました。今年もなにか機会があったら自作POPなどやってみようかと思います。

Imgp1138ki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/02

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は樽見鉄道、神岡鉄道等寂しいことがありました。今年は養老線が近鉄本体から分離されるようです。

うれしい話題といえば、やはりFC岐阜。見事一年で次のステップへ昇格を果たし、いよいよ今年はJリーグへの挑戦です。

画像は、岐阜の街に昇った今年の初日の出を鏡島大橋から望んだものです。

FC岐阜も日の昇るような勢いで一気に夢に近づきたいものです。

今年はまず相撲の話題を主に入ることになりそうです(今週末には場所が始まりますからね)。

春を過ぎれば、冬までの長丁場でFC岐阜を追いかけることになるでしょう。

もちろん鉄道や岐阜の街の話題もお届けしますよ。

それでは、今年もよろしくお付き合いください。

Imgp09702rkit

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »