« 1次リーグ突破・決戦の地大分へ-FC岐阜 | トップページ | 線路撤去2006.11月その6・忠節橋北工区-岐阜の路面電車 »

2006/11/27

来年こそは横綱を止められるか-大相撲九州場所・千秋楽

終わってみれば今年も朝青龍の一年だった。

今場所は序盤こそ面白くなりそうな展開だったが、なにしろ白鵬が不在。立ち上がり今ひとつだった横綱に土をつけられなかったことが尾を引き、後半は追う側が星のつぶしあい。結局横綱の独走になってしまった。

終わってしまってから振り返れば、魁皇がカド番を脱出したこと、豊真将が活躍したことくらいしか目ぼしいことはなかった。あれだけ雁首を並べた関脇小結は振るわず、大関陣でさえ10勝程度しか勝てず、これでは面白くなろうはずはない。特に琴光喜のムラッケは大いに反省するべきだろう。6場所とも勝ち越しといえば聞こえはいいが、取りこぼしが多すぎる。15日間調子を保てないのはやはり精神的な面なのだろう。

今年は白鵬はあと一歩のところで綱とりに失敗。大関復帰を狙う雅山もあと一歩だった。一時のような大甘で昇進をさせていた時代なら十分昇進できていた成績ではあった。その意味ではそこそこがんばったともいえる。

把瑠都、露鵬など怪力自慢の力士や、稀勢の里、琴奨菊など技巧派の若手力士も育ってきた。来年も横綱をその他大勢で倒しにいく構図は変わらないと思われるが、追う側の人間が新旧交代しそうな気配である。古株の大関陣や三役の常連たちが淘汰されていくのではないだろうか。横綱を倒す一番手は白鵬、二番手は稀勢の里など若手力士になっていくだろう。

来年は白鵬の綱とりに期待しよう。

二強の時代になったほうが面白いに決まっているし、相撲界のことを考えても今の「一強多弱」状態が長く続くのは良くないだろう。

|

« 1次リーグ突破・決戦の地大分へ-FC岐阜 | トップページ | 線路撤去2006.11月その6・忠節橋北工区-岐阜の路面電車 »

スポーツ-相撲-2006」カテゴリの記事

コメント

たしかに今年の横綱は以前のような圧倒的な強さというわけではなかったですね。それでも勝ってしまうあたりがさすがとしか言いようがないのですが..
来年こそは、ほかの力士たちが今以上に力をつけて、面白い場所にしてくれることを期待します。

投稿: kojiro-railway | 2006/11/28 20:38

 こんばんは。結局朝青龍の全勝優勝で幕を閉じた九州場所でしたね。

 ただ、以前のような圧倒的な強さでの勝利ではなく、蹴たぐりで白星を挙げるなど万全な状態ではなかったと思います。それを考えれば、横綱を追い詰めるチャンスも多かったと思うんですけどね。

 やはり白鵬の休場が大きかったですね。来年の初場所はカド番ですが、脱出は当然のこと、優勝を争うような場面を見たいです。

投稿: mattoh | 2006/11/27 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年こそは横綱を止められるか-大相撲九州場所・千秋楽:

» 余裕の朝青龍がホイホイ寄り切ってめでたく全勝。まるで筋書きを見えないペンで書いたかのような… [銀河後悔日誌]
 あっという間に平成18年11月場所も千秋楽を迎えた。今年の大相撲本場所も今日で終わりである。 ・幕下  西15枚目の千代白鵬は6勝1敗で終了。東6枚目の高見藤は5勝2敗となり、ちょっと十両は遠いか? ・十両  西14枚目の玉飛鳥は勝っても7勝止まり。西幕下6枚目の雷光は敗れて4勝止まり。  一方で西幕下4枚目の武州山は5勝目、西8枚目の大真鶴は4勝11敗でこれは幕下陥落が必至。  五分同士は将司が勝ち越し、若兎... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 21:38

» 平成18年度九州場所〜まとめ [David the smart ass]
終わってみれば朝青龍というか、白鵬が休場ということで、始まる前から朝青龍だったと思いますが、朝青龍の全勝優勝を喜びたいですね。すばらしい。smart assなわたしが言うとあれだけれど、わたしは朝青龍のファンです... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 23:08

« 1次リーグ突破・決戦の地大分へ-FC岐阜 | トップページ | 線路撤去2006.11月その6・忠節橋北工区-岐阜の路面電車 »