« 熾烈な優勝争い-大相撲九州場所2006・13日目 | トップページ | 一発勝負・勝ったほうが決勝リーグへ-FC岐阜 »

2006/11/26

朝青龍優勝-大相撲九州場所2006・14日目

九州場所14日目。

朝青龍が優勝を決めた。

唯一追いかけていた豊真将はこの日も勝ち12勝目、権利を残したまま結びの一番を待った。しかし今場所の琴欧洲に横綱を止められるわけもなくあっさりと優勝は決まった。優勝戦線に最後のひとりとなるまで踏みとどまった豊真将は賞賛に値するだろう。これを自信にして来場所以降さらなる成長を期待したい。

琴光喜の9勝目が遠い...今場所も8勝で終わるのだろうか。

雅山に至っては勝ち越しをかけての千秋楽である。相手は魁皇、楽には勝てまい。

普天王、3大関を破りながらすでに9敗、勝ち越せば三賞に手が届いたかもしれないが残念。

となると今場所の三賞は...

豊真将、敢闘賞と技能賞

高見盛、千秋楽に勝てば敢闘賞

といったところだろうか。

琴奨菊など9勝組は、千秋楽に勝って10勝に乗せても、横綱大関戦での殊勲がないのでアピールに乏しいだろう。

十両のほうは十文字が優勝を決めた。千秋楽に若の里との1差対決になるはずの取り組みが組まれたのだが、14日目若の里は新鋭豪栄道に破れてしまった。来場所こそ期待しよう。

さあ、千秋楽です。

|

« 熾烈な優勝争い-大相撲九州場所2006・13日目 | トップページ | 一発勝負・勝ったほうが決勝リーグへ-FC岐阜 »

スポーツ-相撲-2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍優勝-大相撲九州場所2006・14日目:

» 朝青龍V19(九州場所14日目) [道楽者の徒然日記]
 今日は私は用事があって外出したので、相撲はライブでは見ていない。今録画を見なが [続きを読む]

受信: 2006/11/26 08:34

» 九州場所:14日目 [情の道]
幕下の若ノ鵬と白石が勝ち越してる。若ノ鵬は東の筆頭だから十両昇進決定だな。 [続きを読む]

受信: 2006/11/26 09:17

» 青の優勝 [Kio -朔北-]
弱者が強者を破って、座布団を投げる。これは観客の喜び。でも、今日の青の優勝による座布団の投げ込みは、観客の喜びには、見えなかった。私だけだろうか?本当に心底、相撲をしているのか?心技体とも認められて綱を張っているのか?はなはだ疑問である。... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 11:09

» 九州場所十四日目 決めた! [日々感動!]
幕下の若ノ鵬○{/v/}北勝岩● はたき込み  ちょっと受けたけど、懐が深いね 幕下筆頭で4勝3敗 来場所十両昇進決定的{/ee_1/} 若の里●{/v/}豪栄道○ 寄り切り ( ̄〜 ̄;) ウーン若手にやられた 大真鶴○{/v/}猛虎浪● 寄り切り 4勝目だ 玉力道○{/v/}宝智山● 寄り切り 宝智山が時間前に突っかけて玉力、土俵下へ転落してしまった 首の具合がおかしくなったみたい けど冷静に取ってた 十両は十文字が優勝を決めました! さす... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 12:30

» 九州場所十四日目 [KBP大相撲中継]
十四日目の注目の一番 豊真将-玉春日 ・・・ 大活躍の豊真将関の取組。負けた時点でも横綱優勝決定の一番 館内からは豊真将関への大声援。 立ち合いはやや玉春日の方が良かったが、前傾姿勢での押し合いになりました。玉春日関が浅く右を差し、その腕を豊真将関がつかんだ両... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 12:41

» 九州場所十四日目 [テレビの褌]
朝青龍関が19回目の優勝を3場所連続の14日目で決めました。 一方十両でも十文字関が新鋭栃煌山関を寄り切って優勝を決めました。 しかし、場内は優勝決定ということに気がついていないのか拍手もまばら... 十文字関は十両優勝を手土産に来場所は返り入幕。 ○豊真将 − ●玉春日(11/25 NHK「大相撲中継」より) 敗れると横綱の優勝が決まる一番ということで、平幕豊真将関にとっては嬉しいながら重い一番となりました。 引かない玉春日関を絞りながら押っつけ続け、体が離れた次の瞬間に押し出し長... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 19:01

» 相撲史上最後の横綱が、50回目の九州場所を制して自身19回目の優勝を決めたのでありました。 [銀河後悔日誌]
 今週はあまり仕事が忙しくなく、今日は14時で退勤してしまった。  すぐに帰れば幕内に間に合うが、買い物をしてから帰ると16時50分頃になった。  と言うわけで、平成18年11月場所14日目。 ・幕下  大翔山は3勝4敗で終えた。「大翔山」って襲名するような名前かな(失礼)。出羽鳳は2勝5敗と、今場所も大敗。 ・十両  東幕下4枚目の白石が西14枚目の玉飛鳥を破って勝ち越し決定。玉飛鳥は負け越し�... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 22:01

« 熾烈な優勝争い-大相撲九州場所2006・13日目 | トップページ | 一発勝負・勝ったほうが決勝リーグへ-FC岐阜 »