« 横綱・独走態勢へ-大相撲九州場所2006・10日目 | トップページ | さあ決戦の始まりだ-FC岐阜 »

2006/11/24

一人旅・朝青龍-大相撲九州場所2006・12日目

12日目を終えて、全勝横綱のみ。

2差で豊真将。あとは3差以下...

13日目にも優勝が決まりそうである。

序盤がいい展開になりそうだっただけに残念な終盤である。

琴光喜が前半とは別人のようにふがいない。このままではまた8勝どまりになりそうである。

栃東の足も心配である。責任感よりもここは休んだほうがいいと思うのだが...

魁皇がカド番脱出したのだけが明るい話題の気がしてならない。

あと3日...

|

« 横綱・独走態勢へ-大相撲九州場所2006・10日目 | トップページ | さあ決戦の始まりだ-FC岐阜 »

スポーツ-相撲-2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人旅・朝青龍-大相撲九州場所2006・12日目:

» 九州場所十二日目 [テレビの褌]
全勝:朝青龍関 二敗:豊真将関 星の差が開き、横綱の優勝が濃厚になってきましたが、対戦していない三大関は「冗談じゃ無い!」と奮起して欲しいですね。 ○嘉風 − ●土佐ノ海(11/23 NHK「大相撲中継」より) 土佐ノ海関は元気に動き回る嘉風関に翻弄されて押し出され、現役では魁皇関に次ぐ幕内1000回出場となる記念の一番を落とし負け越し。 ○玉春日 − ●鶴竜(11/23 NHK「大相撲中継」より) 序盤戦の勢いが見られなくなって残念な鶴竜関。 玉春日関が貫禄の押し出しで9勝目... [続きを読む]

受信: 2006/11/24 12:13

« 横綱・独走態勢へ-大相撲九州場所2006・10日目 | トップページ | さあ決戦の始まりだ-FC岐阜 »