« 補強も大詰め-FC岐阜 | トップページ | ぱるるプラザ岐阜・今日で閉館 »

2006/10/27

新庄・涙の最終打席-北海道・悲願の日本一

8回裏、超満員のスタンド、総立ちの観客席。打席に入った新庄の目は涙でかすんでいた。

勝利がほぼ確定的になったこの打席。おそらく最後の打席になることを誰もが思った。誰よりも観客というものを意識し続けた新庄。前代未聞の行動力には賛否両論あったのも確かである。しかし「お客さんに楽しんでもらえてなんぼ」ということを一番理解していたのもまた新庄であろう。プロスポーツにおおよそ縁のない北海道で、たった3年で地元密着を成し遂げた一番の功労者といってもいい。とにかく観客を飽きさせなかった。とにかく野球場へ行くことは楽しいことだというのを根付かせた。感化されてかチーム一丸となってお客さんへのサービスを心がけた。なによりも選手自身が野球もパフォーマンスも心の底から楽しんでいるように思えた。若さ、勢い、それらも優勝の一因だったのかもしれないが、相乗効果はいいほうへいいほうへと傾き、チーム・観客一体となって、北海道日本ハムファイターズ、悲願の日本一である。

優勝が決まりナインが集まる。マウンドではなく新庄のいる外野へ向けて...

胴上げ..最初に胴上げされたのは新庄。続いて小笠原...異例なのかもしれないが、これも今の日ハムのスタイルなのかもしれない。

今日は新庄の引退会見が予定されている。最後の最後にまたなんかやらかしてくれるのではないか...。常にサプライズ。仮に引退を取り消しても誰も怒らんと思うけど..さすがに無理でしょうね。

小笠原もFAで移籍するのではという噂が絶えないし、ヒルマン監督は大リーグの監督になるのが濃厚。来年は再出発の年になりそうである。新庄から1番を受け継ぐであろう森本をはじめとして、この日ハムスタイルの野球をどう受け継いでいくか、真価を問われるのはこれからである。

|

« 補強も大詰め-FC岐阜 | トップページ | ぱるるプラザ岐阜・今日で閉館 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

北海道に新しい風を吹き込み根付かせたのは
やはり新庄の力でしょうねぇ。
あ~、明日のサンデーモーニングで大御所方が
どういうコメントするか見たかったのに仕事が・・・
岐阜にもスポーツ文化が根付くといいんですが。

投稿: まりゅ | 2006/10/28 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81310/12446083

この記事へのトラックバック一覧です: 新庄・涙の最終打席-北海道・悲願の日本一:

« 補強も大詰め-FC岐阜 | トップページ | ぱるるプラザ岐阜・今日で閉館 »