« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の73件の記事

2006/09/30

いよいよ明日は...-FC岐阜

いよいよ明日は10・1。

FC岐阜東海リーグ最終戦。今年岐阜で行われる最後の試合である。

伊藤哲也選手のバースデーゲームでもあり、リーグ1位通過を決めたチームの凱旋試合でもある。

入場整理券もとうの昔に配布が完了してしまい、注目度の高さがうかがえる。

心配なのは、客席があふれるのではないかということ。観客が多いということはチームとしてはなんともうれしい悲鳴なのだが、なにしろメドウは設計上の定員は3500人ほどしかない。いつぞやのメモリアル動員計画のときの3分の1ほどの観客で満員になる計算である。チームのほうも、まさか今年一年でここまで注目度が高まるとも思っていなかったようである。まさにうれしい悲鳴ではある。

もうひとつ心配なのが天気。今日あたりから徐々に下り坂である。最新の天気予報では明日は曇りのち雨。いまのところ本格的に降り始めるのは夜になってからのようである。試合中だけでも降らずに済むように祈りましょう。

観戦にお越しの方は念のためにカッパ(100円ショップで売っています)を持ってこられることをおすすめします。メドウは屋根のある場所はほとんどありません。また混雑が予想されるため、事故防止のため試合観戦中のかさの使用も基本的には控えていただけたらと思います。FC岐阜はまだ地域リーグのため、チケットを発行すること自体が珍しいため周知徹底されていませんが、Jリーグなどではそれが当たり前のマナーなのです。楽しみに試合を観に来て怪我をして帰ったんでは台無しですからね。ご協力をお願いします。

【天皇杯3回戦はツアーバスが出ます。詳細はFC岐阜公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top061001_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

後援会・会員募集開始-FC岐阜

FC岐阜の後援会が会員の募集を始めたようである。

個人年会費は一口5000円、法人年会費は一口30000円とのことである。

会費収入の60%はFC岐阜の財政支援に当てられるという。

詳細は公式ホームページをご覧ください。

われこそはと思う方はどうぞご支援を。

【天皇杯3回戦はツアーバスが出ます。詳細はFC岐阜公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/29

鏡島郵便局・まもなく無集配局化

郵政民営化による合理化の一端として、多くの集配局が無集配局化されることが決定され、いよいよ10月から全国あちらこちらで実行に移されようとしている。

岐阜市内でも鏡島郵便局が集配業務を岐阜中央郵便局に統合され無集配局化される。

明日の土曜日が最後の集配業務となる。この郵便局から配達のバイクが駆け出していく風景も明日で終わりである。

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

200609291008kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニティーバスの試験運行

岐阜の街で新たにコミュニティーバスの試験運行が行われる。

10/1から岐阜市内の4つの地域で行われるのだが、そのうちのひとつが西岐阜駅を基点に運行される市橋地区のバスである。コミュニティーバスというように運営主体は岐阜市なのだが、運行にあたるのは委託を受けた観光バス会社である。マイクロバスに近いサイズのバスで運行される。あくまでまだ試験運行という段階であり、実際に定着させることが出来るかはまだまだ不確定要素のほうが強い。

今日も習熟運転をしているバスを見受けることが出来た。

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

200609290930kd 2006092909412kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西岐阜駅・エレベーター設置

JR東海が各地で進めている駅のバリアフリー化。

東海道線の西岐阜駅でもエレベーターの設置工事、多目的トイレの設置などの工事が行われていたが、このたび完成した。

まだところどころペンキを塗る作業をしていたり、電気工事をしていたりするものの、エレベーターは既に電源が入っており利用も可能である。南北のロータリーにあるバス停へ続く階段も新設され利用可能である。小さいながらも駅前広場が整備されてきたといった感じで、県庁や多くの文化施設への玄関口の駅として恥ずかしくない様相になってきた。

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

2006092909313kd 2006092909363kd 2006092909343kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長森本町・線路撤去2006・09月-岐阜の路面電車

美濃町線の路面部分から専用軌道へ入る場所、長森本町。

徹明町に続き二番目に線路撤去が着手された。

徹明町より一週遅れで始まった工事だが、単線一本な事、工区自体が短いこともあり、ほぼ完了に近いところまで工事は進んでいる。専用軌道との分界点から長森本町バス停(サークルKのあたり)まで既に撤去済みである。

【関連ページ kojiro-railway 1~13号館 市内線ほか画像や動画】

【kojiro-railway9号館にて、ここで紹介したもののほかにも廃線跡画像公開中】

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

2006092912002kd 200609291201kd 2006092912022kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹明町・線路撤去第四報-岐阜の路面電車

岐阜の路面電車跡の線路撤去が進んでいる。

一番最初に着手されたのは、岐阜の路面電車の要でもあった徹明町交差点。

今月頭から開始された撤去作業は、美濃町線側から交差点部分までは完了。

現在は南側の部分(新岐阜側)レールを撤去している。

【関連ページ kojiro-railway 1~13号館 市内線ほか画像や動画】

【kojiro-railway9号館にて、ここで紹介したもののほかにも廃線跡画像公開中】

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

200609291119kd 2006092911222kd 200609291120kd 2006092911252kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市ノ坪跡地2006・09月-岐阜の路面電車

岐阜の路面電車たちの基地だった市ノ坪。

市内各所での線路の撤去開始と相前後して、市ノ坪の建物等の解体工事も行われた。

すでに建物が跡形もなく、整地等の工事が行われている。

【関連ページ kojiro-railway 1~13号館 市内線ほか画像や動画】

【kojiro-railway9号館にて、ここで紹介したもののほかにも廃線跡画像公開中】

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

2006092911413kd 2006092911452kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新岐阜駅ビル・解体中-2006・09月

新岐阜駅ビルの解体工事が進んでいます。

12月中旬までに駅ビルの北側部分の解体を終え、新しい駅舎の建設にかかるそうです。名鉄のホームページで新駅舎のイメージ図が公開されました。ずいぶんシンプルで、本当に駅機能のみといった感じの建物のようです。

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

2006092912314kd 2006092912261kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよあさっては...-FC岐阜

いよいよあさって、10/1は東海リーグ最終戦です。

FC岐阜が今年岐阜で行うおそらく最後の試合となります。

前人気が高く、既に入場整理券はすべて配布が終了しています。

当日はこの入場券がないとは入れません。

おそらく満員になるでしょう。状況によっては券があるのに入れないという場合も出るかもしれません。お早目のご来場をおすすめします。また一人でも多くの方が観戦できますよう、できるだけ席を詰めてご観戦ください。

またこの日はメモリアルセンター一帯は様々なスポーツイベント(ラグビーのトヨタvsコカコーラ戦など)が開催されており、駐車場も相当な混雑が予想されます。

さて、当日は岐阜放送とCCNで生中継も行われます。券が手に入らなかった方、岐阜まで足を運べない方はぜひテレビでの応援を。

昨夜は岐阜放送で特別番組(30分枠)が放映されました。今季の戦績を振り返ったり、選手や監督のインタビューがあったりでした。片桐をはじめとする選手達が食事をしながらインタビュー(歓談?)を受けているシーンもありました。サポの方々も結構写っておりました。

おとといはJ1清水と練習試合を行ったようです。完全非公開の中で行われたようですが、前半は相手方もトップチームだったようで、おそらく負傷離脱者の穴埋めを模索されておったのでしょう。双方いろいろと思惑も絡んだ練習だったのでしょうが、トップ相手の前半は0-0、若手相手の後半は0-2だったそうです。FC岐阜としてはまずまずいい形の練習になったのではないでしょうか。

さあ、あさっての最終戦。満員のメドウで選手を迎えましょう。

チケットが余ってしまった方はぜひ会場までお持ちください。観戦したいのにチケットが手に入らなかった方が大勢おみえになります。ぜひ譲ってあげてください。

都合により観に行くことがかなわなくなった方も、ご近所の方などいけそうな方に声をかけてみてください。

メドウを満員にすることで選手を激励するのはもちろんのこと、今季を支えていただいたスポンサーの方々に、そして来年をどうするか迷っているスポンサー候補の方々に、「来年もよろしくお願いします」とアピールしましょう。

【3回戦はツアーバスが出ます。詳細はFC岐阜公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top061001_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/28

大逆転、マジックついに一桁へ-ドラゴンズ

勝ちました。

逆転されたときには、今日はだめかなと思いましたが、ひっくり返しました。

これで、マジックは9!

ついに一桁に突入です。

明日からは甲子園で直接対決。

全部勝つことが出来れば、そのあとの名古屋での試合で胴上げ...が濃厚ですね。

2勝1敗でも、なんとか名古屋で...。

もう少しです。がんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさらながら新庄効果は..

いまさらながら、新庄効果はすごい...。

日本ハムがパリーグを1位通過した。もちろんこのあとプレーオフがあるのだが、1勝分のアドバンテージがあるのだから相当有利なことには違いない。

シーズンの早い時期に引退発表をするという前代未聞の展開を見せた今年の新庄。最後の1年を思い切り楽しんでいるように見えた。大観衆の詰め掛ける球場。例年以上にかみ合う歯車。結果的にはあの時期に新庄が発表したことがいいほうに目が転んだようである。

最後の最後に新入団当時の背番号での登場。いかにも新庄らしい演出。興行のなんたるかを一番理解しているようにも思える。ある意味では、まさにプロ中のプロである。

さて、このまま順調に行くと日本シリーズの相手は中日である。こちらもすでにマジック10と秒読み段階である。新庄は最後に甲子園で試合をしたいらしいが、これはかなわない確率が高そうである。

プレーオフに勝てば、日本ハム25年ぶりのリーグ優勝である。もう手の届くところまできている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親方の独立が厳しくなる-大相撲秋場所番外編

琴欧州が改名するそうである。新しいしこ名は「琴欧洲」。さんずいを加えたそうである。読み方は変わらないのだが、このところ今ひとつの成績が続いているだけに、画数的なこともあって心機一転、改名といったところのようである。これを機に元気な相撲を見せてもらえればと思う。

沢井が新十両になることが決まった。所要11場所、もちろんスピード出世の部類である。これを機に沢井も改名するそうで、新しいしこ名は「豪栄道豪太郎」...なんとも勇ましい名前である。下の名前は本名だからともかく、頭にも「豪」の字を持ってきた。「栄」は出身校の埼玉栄高校からだそうで、「道」は相撲道の道だそうである。名前負けしないように豪快に勝ち進んで欲しいものだ。

さて、今日の本題は、親方が独立して新しく部屋を興す際の基準が発表されたことである。これまで部屋を引き継ぐ場合の基準はあったのだが、独立する場合については明記がなかったそうである。このところ問題になっているマナーの低下が一因となってこのたび基準を明文化することになったようである。

独立できる基準は、①横綱や大関経験者、②三役経験が通算25場所以上、③幕内経験が通算60場所以上、というとても高いハードルとなった。三役25場所というと丸々4年以上である。普通それだけ経験があれば大関になっていても不思議はない。また、幕内60場所..丸々10年である。大卒で入ってきた場合、すんなり幕に上がれたとしても33~34歳くらいまで幕内をキープしないとだめということである。

既存の部屋を継承する場合は現行どおり幕内12場所、もしくは関取20場所とハードルは低い。横綱大関クラスのものは引退すれば部屋を当然のように継ぐだろうし、三役25場所・幕内60場所をクリアできる力士はごく限られてくる。部屋がむやみに増えることは事実上なくなってくるのではないだろうか。そのあたりも狙っているのかもしれない。

いずれにせよ、このところのマナー・モラルの問題が発端となったには違いない。国技として恥ずかしくないものになってもらえるのなら、少々基準は厳しいがやむをえないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凱旋門賞は少数激戦に-ディープインパクト

日本競馬会の最高傑作といっても過言ではないディープインパクト。

凱旋門賞に出走するため遠い異国の地へ出張中なのであるが、今日出走場が確定し発表された。

様々な思惑や事情があるのだろうが回避馬が続出。ひところは30頭近い馬が出走するなど欧州のG1レースの中では出走場が多いほうの部類に当たるこのレースが、今年は8頭立てとなってしまった。出走頭数が一桁になるのはなんと60年ぶりのことだそうである。

ライバルとなりそうな馬は、連覇を狙うハリケーンランと、そのハリケーンランを下したことのあるシロッコの名前が挙げられている。

ディープインパクト、世界一を目指して大一番を迎える。

レースは10/1。日本時間では深夜になる。なんとNHKが海外のレースとしては異例の生中継をしてくれる。ぜひ応援しようではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/26

前橋へ行こう・その2-FC岐阜

夢のJのチームとの対戦。FC岐阜を応援に行こう。

ということで、前橋までのアクセスを考える第2回です。

① 公式バスツアー、発表されましたねぇ。岐阜発22:00、美濃太田駅と中津川市役所でも乗り降りできるそうです。朝、現地着。試合観戦後の岐阜到着は22:30ごろ予定との事。帰りの足さえ確保できれば、やはり公式バスが便利そうです。大人10000円、高校生6000円、小中学生4000円で、なんとチケット代込の大盤振る舞い。定員80名ということなので、お早めにお申し込みを。

② 名古屋からの夜行バス。運行は日本中央バス。大阪から名古屋経由で群馬へ走る路線バスです。

名古屋23:35・金山23:50~05:55前橋駅。早朝に前橋入りできます。時間は余裕たっぷりですね。片道6900円です。前橋駅北口のコンビニ(ampm)は6:00開店、吉野屋は24時間営業です。

帰りもこのバスを使われる場合、前橋駅22:50~05:25名古屋となります。

予約等詳細は日本中央バスのページへどうぞ。

③④ ドリーム号、ムーンライトながら等の夜行でいったん東京へ出て前橋に向かうルートは、夜行の部分が既に満席のようですので時刻は省きます。運良く既に手に入れられた方。ムーンライトから鈍行乗り継ぎで行くと、最速の場合で07:20に前橋に到達できます。ドリーム号の場合、東京を06:00ごろの電車に乗れれば08:20、07:00過ぎの電車に乗っても09:42に前橋に到達できます。

⑤ 新幹線で往復するルート。値段は少々高くつきますが(往復で30000円くらい)、岐阜・名古屋近辺からなら日帰りが出来ます。

名古屋06:20~08:16東京0824~09:19高崎09:28~09:42前橋、これが当日一番早い列車です。東京から先を鈍行乗り継ぎで行っても11:21には前橋に到達できます。

このあと、名古屋発06:52、07:08、07:25、08:10とつづきます。

名古屋08:25~10:06東京10:32~11:23高崎11:31~11:45前橋。このあたりがぎりぎりのラインかと思います。

帰りは、前橋16:04だと名古屋へ19:33着。前橋発16:14、16:43、17:09などがあり、

前橋17:40~17:55高崎18:04~19:00東京19:13~20:55名古屋、といったあたりまででおそらく帰ってこられるでしょう。

さて、公式バスはいいとして、自力でいくと前橋駅から敷島公園まで約4.5kmの距離があります。路線バスも一応走っています。

前橋駅から総合スポーツセンター行きに乗車。競技場入り口(バス停にして11個目くらい)下車。目の前が敷島公園です。

前橋駅発の時刻

08:20、09:10、09:55、10:30、11:05、11:45、12:50。所要時間は20分弱です。

本数が少ないので人数さえまとまればタクシーでも良さそうです。

またザスパの公式戦のときはシャトルバスや定額タクシーが運行されているようですので、ひょっとして天皇杯の日もあるのかもしれません。

参考までにシャトルバスが運行された場合の時刻。

前橋駅南口(北口ではないので注意)、10:10、10:30、10:50、11:10、11:30、11:50、12:10、12:30。片道240円。運行されるかどうかはわかりません。

定額タクシー(これも運行されるかどうか不明です)

前橋駅から1200円、だそうです。

あとは食料等の調達ですが、敷島公園付近にはローソンが2軒(どちらも400mくらい)とセブンイレブンが1軒(600mくらい)があります。もっとも、混雑すれば欲しいものがあるとは限りませんが...。

さあ、10000円で10/1の優勝報告会へ行くか、それとも公式ツアーで前橋へ行くか。私は後者の予定です(笑)

【日本中央バス ホームページはここから】

【関越交通バス(前橋駅-敷島公園)のページはここから】

【敷島公園ホームページはここから】

【ザスパ草津 ホームページはここから】

【3回戦はツアーバスが出ます。詳細はFC岐阜公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top061008

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/25

1強多弱-大相撲秋場所2006・千秋楽

大相撲秋場所が終わった。

期待された白鵬の綱とり、雅山の大関とりも早い段階で夢と消え、優勝戦線には横綱以外は平幕ばかりという、なんとも情けない場所であった。

魁皇はいよいよ相撲人生も終わりなのだろうか。来場所地元九州で進退をかける。負けが込んでしまえばその場で引退となるであろう。

他の大関陣も勝ち越しこそしたものの、とても大関の役割を果たしたとはいいがたい成績である。全員が5敗以上。情けない限りである。

関脇小結が全員勝ち越した。これまた珍しいことである。大関陣がいかに星をばら撒いたかが良くわかる結果である。大関の5人、関脇小結の4人に露鵬、安馬、安美錦あたりまでの12人くらいが横一線の力関係になってきたということである。良くも悪くも....。

三賞は敢闘賞安馬、これは最後まで優勝戦線に残ったのは安馬だけなのだから当然の受賞。安美錦に技能賞、活躍内容からいけばこれも当然。殊勲賞に稀勢の里....横綱と白鵬にに土はつけたが8勝どまりだし無理にあげなくてもいいのではとも思う。

来場所も上位陣の顔ぶれは変わらない。今場所のようなつまらない展開が繰り返されないよう願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

前橋へ行こう①-FC岐阜

さて、FC岐阜の天皇杯3回戦の行われる前橋敷島へのアクセスを考える第1回。

想定されるルートは

①公式ツアーバスを使う

②群馬行きの夜行バスを使う

③ドリーム号で東京まで行きそこから電車

④ムーンライトで東京へ行き電車

⑤新幹線で往復

といったあたりだろうか。

① おそらく値段的には一番安く上がるのが公式ツアーバス、チケット込みで10000円くらいになる見込みである。定員に限りがあることと、乗車場所までの移動手段が確保できないと利用しづらいことがある。出発は岐阜22:00予定である。詳細は今日公式ページで発表されるはずである。

② 名古屋からだと、群馬行きの路線バスという手がある。大阪から名古屋経由で高崎・前橋方面へ走るバスです。のりばは名古屋駅新幹線口側の道路です。名古屋23:35発で前橋に05:55に到着する。片道6900円往復割引だと12420円である。行きはこのバスを使い、帰りは新幹線というのもひとつの手だろう。日本中央バスが運行しており要予約である。昨夜の時点ではまだ空席は残っていました。

③ ドリーム号で東京まで出て、そこから電車という手もあります。ドリーム号は3列シートなので比較的仮眠を取りやすいことや、女性専用の便もあることがメリットです。名古屋から東京までで片道6420円。その先が鈍行列車の乗り継ぎで行けば片道1890円・約2時間半である。問題は連休なこともあり東京方面へ遊びに行く人などでほぼ予約が埋まりつつあることである。

④ ムーンライトを使う手もある。こちらも難点は予約がほぼ埋まっている状態な事である。往復両方の指定券が手に入りさえすれば、実はこのルートは公式バスと大して変わらない金額で往復できるのである。指定券は510円なので往復両方の分で1020円。切符は普通に買ってはいけません。「鉄道の日きっぷ」というのを買ってください。10/1~10/15が利用期間の18切符のようなものです。18切符の3枚つづり版だと思ってください。これが9180円ですので指定券を合わせて10200円です。あくまでも往復両方の指定券が手に入らなければこのコースは無理でしょう。

⑤ 新幹線で往復。当日の朝しか出られない方はこのコースでしょう。のぞみで東京まで行き上越新幹線で高崎へ、さらに電車で15分ほどで前橋。名古屋から約3時間半、片道15270円です。往復すると3万円もかかるのできついですね。このルートを使うしかない方は金券ショップなどで割安な切符を探すといいかもしれません。ちなみにこのコースだと名古屋08:25ののぞみに乗ると11:45に前橋に到達できます。もちろんそれより前の新幹線に乗れば余裕を持って到着できます。

公式ツアー以外のどのコースも共通ですが、前橋駅から敷島公園までは約4キロ半ほどの距離があります。路線バスで20分ほどなのですが、1時間に1本くらいしかありません。ザスパの試合なので臨時のシャトルバスとかも出るのかもしれませんが。2~3人まとまるのであればタクシーのほうが良いかもしれません。

おすすめは公式バスですね。試合会場まで乗り付けるので手間がかからないことと、チケット付で割安なことがメリットです。

各ルートの時刻などは、また今夜にでも別記事で上げようと思います。

【3回戦はツアーバスが出ます。詳細は月曜日に公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top060923_1 Top061008_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トークショーその2-FC岐阜

前の記事の続きです。

トークショーでは例によってDJI氏の司会で進められたのですが、随所に笑いを誘う場面が...。

今はまっていること。

片桐 「ボウリングですね」

みんな 「みたことない」(笑)

片桐 「このまえ222いきました」

DJI 「森山さんは」

森山 「100きります」(大笑)

なんてやりとりがあったり

会場のお子様からリフティングの質問が出たときのやり取りが

中尾 「僕はあんまりやらないですけど、100回ぐらい...云々」

DJI 「ちなみに僕はどれくらいできるの?」

お子さん 「600回くらい」

大爆笑になったのはいうまでもありません。

また、おしゃれの話のときだったか

「遠征のときに私服で集まったら、松江選手が迷彩柄のパンツに...以下略」

爆笑&苦笑なんてシーンもあったりで

結構楽しめました。

初めて間近に選手を見た方も親しみを持ってもらえたのではと思います。

「天皇杯で勝っても上に上がることは出来ない」「今年の目標はJFLに上がること」「リーグ戦に主眼を置く」などの発言があったように、あくまで今年の最大の目標は上へ上がること。天皇杯も勝ち進めればそれに越したことはありませんが、無理をして怪我をしたりしてもそれは本末転倒。もちろん草津戦も全力を出さなければ自分達の力を量ることは出来ませんが、それがもとで決勝リーグを棒に振るなんて事にならないようにだけは気をつけてもらいたいものです。

【3回戦はツアーバスが出ます。詳細は月曜日に公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top061001

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/24

ヒマラヤ本店でトークショー開催-FC岐阜

昨日天皇杯を戦ったばかりのFC岐阜ですが、今日ヒマラヤ本店にて選手8名参加によるトークショーが行われました。

参加選手は、森山・吉田・伊藤・平岡・小島・中尾・佐藤・片桐の8名。えらく豪華なラインナップでした。

トークショー、質問コーナー、じゃんけん大会(景品は藤枝での優勝記念写真サイン入りを5名)、そして商品(レプユニまたは新作のゴリゴール仕様のTシャツ)お買い上げの方対象のサイン会と続き、約1時間の内容でした。

サインも大盤振る舞いで8名全員のサインを次々と書き入れてもらうというものでした。Tシャツはデザインが3種類、色も白、黒、レプユニに近い色の緑とあり合計9種類の中から選んで、そのうちのひとつを購入してサインもありがたくいただいてきました。

観客ははじめから最後まで見ていた方だけで150名くらいでしょうか。買い物途中にチラッと見ていかれた方を含めれば結構な数でしょう。

さあ、次週は最終戦です。超満員のメドウで選手をたたえましょう。

【3回戦はツアーバスが出ます。詳細は月曜日に公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Vfsh0003 Vfsh0006 Vfsh0007 20060924_001 20060924_002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

薄氷・冷や汗・とにかく負けなかった-FC岐阜

昨日、FC岐阜の出場した天皇杯2回戦が行われた。対戦相手は関東大学2部リーグ首位を走る神奈川大学、場所は思いっきりアウェイの神奈川県である。

残念ながら私は運動会があったため応援にいけなかったのだが、運動会にFCのTシャツを着ていき(思い切り目立っていた・笑)怪しい念を送っていた。

以前に私の記事で「勝って当たり前という感覚は持たないほうがいい」「一段と気を引き締めて」という内容の記事を書いたのだが、ホントに冷や汗物の勝利となったようである。

開始4分でGK退場なんて...そうあるパターンではないが...こんな時間帯に退場者が出てほとんど1試合まるまる10人で戦ったようなものである。しかも決して相手は弱いわけではない。そもそも退場シーンの発端はDFの裏を突かれて1対1の場面になってしまったことにあるらしい。曽我部の判断には賛否両論あるのだろうが、それしか手がなかったのだろうと思いたい。むしろ深刻な問題なのはDFラインか。伊藤、平岡が怪我で離脱中、山田は上手いとは言えチームに合流してまだ2試合目にしかならない。さすがに2試合で阿吽の呼吸を求めるのは酷である。頼みのソンホも1回戦につづき黄札を貰ってしまったので肝心の3回戦には出られない。せっかくJのチームと力試しが出来るところまできたが、ベストの状態で戦うのは無理そうである。

しかし、昨日の試合はある意味いい経験になったと思う。決していつも有利な展開になるわけではない。守りに徹した試合なんて今年初めてだったのではないか。一番大事な決勝リーグでも10人で戦わなければならない場合も出てくるかもしれない。いまここで貴重な経験を積めたことを糧に、さらにチームには成長して欲しい。全力で戦っている以上、無駄な経験はない。

さあ、気を引き締めて前橋へ行こう!

【3回戦はツアーバスが出ます。詳細は月曜日に公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top060923

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/23

Forza FC-GIFU

いよいよ今日は天皇杯2回戦です。

FC岐阜は神奈川大学との対戦です。

ムーンライト組は、そろそろ東京に着いた頃でしょう。

ドリーム号組は横浜あたりでしょうか。

鈍行組、新幹線組などはこれから出発でしょう。

現地へ赴けない方々はそれぞれの地から勝利を願って。

Forza FC-GIFU

がんばれ

そしてみんなで群馬へ行けるよう勝利を願おう。

【2回戦を突破した場合、3回戦はツアーバスが出ます。詳細は月曜日に公式ページで】

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/22

朝青龍・明日にも優勝へ-大相撲秋場所2006・13日目

大相撲秋場所も13日目、最終盤になってきた。

優勝戦線は1敗で横綱、1差で追っていた安馬は今日の直接対決に敗れたことで2差の3敗に。3敗だった3人はいずれも敗れ脱落。もう横綱の優勝は決まったようなものである。

さて、三賞は誰の手に渡るだろうと考えてみたが、わたしても良さそうなのは安馬と安美錦くらいしか見当たらない。安馬は優勝戦線に最後まで残ったので敢闘賞。3大関2関脇を倒した安美錦は敢闘賞か技能賞のどちらかだろう。琴光喜は4大関を倒してはいるが、長年三役をやっているのだから評価はされないだろう。露鵬、黒海も3大関を倒しているが、10勝に載せないことには安美錦より見劣りがするので今回は無理だろう。

明日、横綱が勝つか安馬が負けるかの時点で優勝が決まる。今場所も千秋楽を待たずに決まってしまいそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ついに一人旅・横綱-大相撲秋場所2006・12日目

大相撲秋場所12日目。

ついに横綱が単独トップとなった。

もう余程のことがない限り優勝は間違いないだろう。

それにしても優勝戦線から大関陣が全員脱落してしまった。関脇小結すらいない。情けないというほかない。

露鵬は9勝目、筆頭で9番、大関も3人倒している。来場所の三役は確定である。問題は現三役も全員勝ち越しそうなことである。琴光喜、稀勢の里はあと一番。雅山、黒海は星は五分だが上との対戦は終わっている。おそらくなんとか勝ち越すだろう。来場所は久しぶりに張出関脇が番付に登場しそうである。3枚目の安美錦も現在9勝で3大関2関脇を破っている。もう一番勝てば小結だろう。来場所は1横綱5大関3関脇3小結...というのもまんざら夢でなくなってきている。

番付編成会議も頭を悩ませそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

いよいよ明日は関東進出-FC岐阜

いよいよ明日ですね、天皇杯2回戦。FC岐阜、関東地方での公式戦です。

ぜひとも、勝ち進んで10/1の岐阜での試合は笑顔で凱旋してもらいたいものです。

FC岐阜のサポ(特にコアサポさんたち)は比較的年齢層が高く、森山世代とそのお子さん達みたいなパターンが多いようです。仕事の都合だったり(何しろこのところ毎週試合があったりするため、そうそう休みは取れない)、学校行事があったり(運動会シーズンなので)、様々な事情もあって、明日の試合はいつものように大量の応援団を出せないようです。関東地区在住の岐阜出身者の方、興味本位でもかまいません。ぜひ応援に加勢をお願いします。天皇杯岐阜県代表が勝ちあがれますように応援をお願いします。

さて、今朝の中日新聞で東海三県に別冊折込が入りました。「地域の発展を地域とともに」というタイトルの特集なのですが、その一番後ろのページ(裏表紙)がFC岐阜の特集でした。東海地区の方はぜひ読んでみてください。東海地区以外にお住まいで入手できない方は、弊HPの14号館へ一度お立ち寄りください。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/21

意気消沈-大相撲秋場所2006・11日目

大相撲秋場所11日目。

...二人とも負けてしまいました...。白鵬も雅山も...。残念ですが振り出しに戻ったと考えていいでしょう。一からやり直しです。白鵬はまだ若いのでいいのですが、雅山のほうは...おそらく最後のチャンスだったような気がしてなりません。

2敗勢も次々に負けていなくなってしまいました。トップは1敗で横綱と安馬。どう考えても横綱有利な展開です。優勝争いはもう面白くなくなりつつあります。

把瑠都は上位に歯が立たないまま怪我で休場。琴光喜も前半は良かったのにこのところ不調。白鵬・雅山は重圧に負けたのか、調子の波が悪いところにはまってしまったのか。魁皇は既に不在。琴欧州・千代大海・栃東も体調が万全でなく精細に欠ける。黒海・露鵬・稀勢の里もがんばってはいるが、横綱と並走するほどの安定感はまだない。

安馬はきょう白鵬戦である。白鵬が万全でないだけに楽しみな一番ではある。そして、先場所の因縁の一番、千代大海-露鵬。口ではなんといっても、心中穏やかでないに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

10/1優勝報告会について-FC岐阜

10/1の最終戦の後、グランドホテルで優勝報告会なるものが行われる。

本来、選手・スタッフ・関係者・スポンサー・来賓で行われるはずの行事なのだが、今回はサポーターでも参加できることになったようである。ただし有料、しかも一人1万円とたいへん値も張る。行事の趣旨からいって服装も正装でいくに越したことはないだろう。

それでも行きたいという方はFC岐阜公式ページに詳細が載っておりますのでご覧ください。

ただ、ここで1万円使うくらいなら、これから始まる重要な遠征に一人でも多くのサポが駆けつけたほうが、選手のためになるような気もするのですが...。まあ考え方は人それぞれですので...。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/1の最終戦について-FC岐阜

10/1にメドウで行われる、FC岐阜の今季リーグ戦の最終戦。今年岐阜で観られる最後の試合でもあり、また東海リーグ優勝の凱旋試合でもあるのだが、いつもと違い入場整理券が必要である。もう手に入れられた方が多いと思うが、たいへん関心をもたれた方が多いようで、チケットの配布がほぼ終了となったようである。ということは、当日は満員の大観衆になることが予想される。

さて、今回の試合は入場するのにチケットがいるというだけでもいつもと違うのだが、それに伴って会場での出入り口も変更になっている。メインスタンドは両端の階段が入り口となり、いつものメインスタンド裏側の階段は招待客等指定エリア席の専用入り口となる。このためメインスタンド東西の行き来は出来ませんので注意が必要です。バックスタンドも入り口は西側の(トイレのあるほう)一箇所だけになるようです。保安上やむをえないこととはいえ、入り口が狭いためハーフタイム時には特に混雑が予想されます。また図面のとおり、招待客・関係者用のエリアが5/14の試合のときよりも多く仕切られていますので、その分自由席が少なくなっております。メインスタンドでの観戦をされる方は早めの来場をおすすめします。

もうひとつお願いですが、チケットを余分に入手された方、都合で人数が減り余ってしまった方、余ったチケットは必ず現地までお持ちください。観戦したいにもかかわらずチケットの入手がかなわなかった方が大勢いらっしゃいます。もし当日現地でチケットを求めている方に出会われましたら余った分を渡してあげてください。一人でも多くの観衆で選手を激励しましょう。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top060917002_3 20061001mapimg001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/1ダイヤ改正・第2報-樽見鉄道

先日お伝えしたとおり、樽見鉄道のダイヤが10/1に改正される。

この種のローカル鉄道にしては異例の増便ダイヤである。

新しいダイヤの時刻表が公表された。

早い話が「モレラ列車」の増発なのである。通勤客の見込める朝の時間帯の増発と、恒常的に土日に運行されてきたいわゆる「モレラ臨」を土日運行の定期列車として固定化することが柱である。

このほかにも朝夕のダイヤの微調整、通学列車の一部区間延長などが行われる。

詳細は樽見鉄道公式ページまで

【関連ページ kojiro-railway1~13号館 樽見鉄道ほか画像と動画公開中】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

大関陣、ずるずる後退-大相撲秋場所2006・10日目

大相撲秋場所10日目。

結び、横綱-琴光喜...なにも出来なかったに近い。琴光喜の調子が良かっただけにどうかとも思っていたのだが、横綱のほうが何枚も上だった。

栃乃洋がこれほど後ろの取り組みで相撲をとるのはいつ以来だろう。やっとここまで帰ってきたという感じである。負けこそしたが、まだ6勝4敗。がんばって勝ち越して、さらに上へ..。

雅山-把瑠都。注目の一戦。雅山、吹っ切れたかのように自分の相撲をとる。把瑠都は相手を捕まえられず、ずるずる後ろへ...ん!。足首がおかしくなかったか?変な倒れ方をした。案の定すぐには起き上がれず。大事に至らなければ良いのだが。ここまで4勝6敗。休場となると、せっかく三役目前まできながら、また番付を下げることになる。しかし、体が大きいだけに足の怪我を無理すると致命的にもなりかねない。本人は出たがるだろうが、休ませたほうが良いのではなかろうか。

安馬、元気いっぱいといったところですね。相撲をとるのが楽しくてしょうがないといった感じに見てとれる。11日目は、本人が一番楽しみにしている対戦のひとつ「萩原(稀勢の里)」戦。おもしろくなりそうである。

中盤が終わって、トップは横綱と安馬が1敗で並走。1差で露鵬、安美錦...大関も関脇もいないってどういうこと?!2差の3敗勢でようやく大関陣登場、白鵬、千代大海、普天王、北勝力の4人。一応このあたりまでは優勝の可能性ありだが、現実的には横綱が圧倒的有利である。今日横綱は雅山戦。雅山が意地を見せられるか?

場外戦が問題になった琴冠佑。残念ながら千秋楽を待たず引退となりました。40歳の最古参力士。長かった相撲人生の最後がこんな形で幕を閉じてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/09/19

2回戦への道part2-FC岐阜

FC岐阜の次の試合、天皇杯2回戦の行われる大和へのアクセスを考える2回目です。

前回は4種類ほどのアクセス方法を考えてみました。

今回は行きまたは帰りを夜行にしてみるルートです。

考えられるのは、JRの夜行バス、岐阜バスの夜行バス、JRのムーンライトながらの3種類です。

しかし、本日9/19 22:20現在の予約状況を調べたところ、行きについてはほぼ満席で利用できそうにありません。

ムーンライトながら東京行き22日発-満席

JRバス(ドリーム号、ラメール号)22日発東京行き・新宿行き・横浜行き-合計7便全て満席

岐阜バス(パピヨン号)22日発新宿行き-残2席のみ

上記のようになっています。既に手配された方はともかく、いまからというわけにはいかなさそうです。

帰りはどうでしょう。

ムーンライトながら23日発大垣行き-禁煙席は満席・喫煙席はまだ発売中。

岐阜バス(パピヨン号)23日発岐阜行き-残わずか。

JRバス(ドリーム号、ラメール号)は、横浜発は残2席、新宿発は1号は残2席、3号は残4席、東京発はなごや1号は満席、それ以外も残りわずかとなっています。

帰りの便もおそらく明日か明後日には埋まりそうな感じです。ご利用を考えていらっしゃる方は早めに手配されたほうが良さそうです。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top060917002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

場外戦はやめよう-大相撲秋場所2006・番外編

昨日、琴欧州が敗戦後判定について文句を言ったことが問題になった。タイミング的には微妙だったが、あの体勢では負けである。本人も判定に納得し反省したようだが、相撲界の頂点に近い場所にいる力士である。若手の見本になるような態度を土俵外でもとるように気をつけて欲しい。

若手の見本といえば、幕下の琴冠佑が支度部屋で、対戦が終わった相手を殴ったようである。取り組みでの相手の張り手に怒ったようではあるが、それとこれとは別だろう。琴冠佑、十両経験もある40歳の大ベテランである。これこそ若手の見本にならなければいけない立場だろうに...。

先場所の露鵬の一件以来、場外戦での良くない話題が続いている。協会からも通達があったはずであるが、土俵外での態度も今一度見直してもらいたいものである。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2回戦への道-FC岐阜

いや、天皇杯2回戦にFC岐阜が進出することは既に決まっていますので、

今回は遥かアウェイへの応援に行く方の道を考察してみました。

2回戦の会場は神奈川県大和市の大和スポーツセンター。たどり着くルートはいくつか考えられます。

新幹線、鈍行列車の乗り継ぎ、高速バス、自家用車といったところでしょうか。

①新幹線利用。一番現実的なルートでしょう。名古屋から2時間半くらいでいけます。ただ、往復で18500円という金額がかかります。

名古屋09:58~11:08小田原11:22~11:48藤沢12:06~12:20大和、ここから徒歩7~8分くらいですから充分間に合います。

もう一つ前、名古屋08:33~10:41小田原11:00~11:24藤沢11:36~11:50大和、これなら少し余裕が出来ますね。

帰りは、大和15:50~16:10藤沢16:17~16:43小田原17:08~(三島でひかりに乗換)~19:05名古屋といったところでしょうか。大和~藤沢は10分間隔くらいで電車があります。

この次だと、藤沢17:23~17:55小田原18:10~19:22名古屋、出発が1時間ほど遅くても名古屋着時間はそれほど変わりませんね、小田原停車のひかりですから。

②鈍行列車を乗り継いでいく。忍耐がいるコースですが、所要時間は比較的堅いでしょう。名古屋から6時間くらいかかります。金額は往復で10980円です。

名古屋06:15~(豊橋、浜松、熱海で乗換)~11:48藤沢12:06~12:20大和。新幹線のモデルコースと同じ時間につきますが、なにしろ朝の出発が早いですし、座れる保障はありません。

次の電車だと、名古屋06:35~(浜松、熱海乗換)~12:18藤沢12:27~12:47大和。駅から走ってぎりぎりでしょうか。

帰りは、藤沢16:30~(熱海、静岡、豊橋乗換)~21:58名古屋。

藤沢17:23~(熱海、三島、静岡、浜松乗換)~22:28名古屋。

夕方の乗継ですので朝以上に座れる確率が低くなります。

忍耐と、根性に自信のあるかたはどうぞ。

③高速バスを使う。東名高速の路線バスを使うコースです。大和の高速バスのバス停は会場から歩いて10分くらいの場所ですので便利なのですが...。なにしろ東名高速ですので時間通り着く保障がありません。渋滞とか事故にはまれば無駄足に終わる危険をはらんでいます。さらに、満席の場合乗車自体を断られる可能性もあります。東名ハイウェイバスが満席になることはめったにないとは思いますが、博打に近いルートです。ただ、金額は往復で9280円と安くおさまることと、乗換が1回で済むこと、乗ることさえ出来れば確実に座れることがメリットでしょうか。運に自信のあるかたはどうぞ。

名古屋06:20~10:17東名御殿場10:38~11:29東名大和、ここから徒歩10分くらい。

名古屋07:00~11:05東名御殿場11:38~12:29東名大和。

帰りは、東名大和16:04~17:00東名御殿場17:39~21:33名古屋。

東名大和17:04~18:00東名御殿場18:19~22:29名古屋。

④自家用車で行く。荷物(ダンマクなど)の多い方等は、このルートになるのかもしれませんが、現地は市街地の会場なので駐車場が空いている可能性が低いのが難点です。岐阜や名古屋のような感覚で行くと痛い目にあうかもしれません。名古屋からの距離は往復で720kmくらいです。東名高速利用で片道4時間半くらいでしょうか。高速料金が往復で13300円、ガソリンが燃費にもよりますが10000円くらいでしょうか。あわせると23300円くらいになるでしょう。仲間で相乗りで行くのならこのやり方が一番安く便利かもしれません。ただ交代で運転することになるでしょうから、勝っても祝杯は挙げられません。現地の駐車場も賭けに近いですね。

想定されるルートはこんなものかと思われます。これを参考に自分にあったルートを探してみてください。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top060917002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大相撲安治川場所-大相撲秋場所2006・9日目

大相撲秋場所9日目。

注目の一番、横綱-露鵬の一戦は、上手出し投げで横綱の勝ち。露鵬もよく攻めたと思うが、横綱のほうが相撲ははるかに上手であった。なんだかんだいいながらも優勝争いの先頭は横綱である。

注目のもう一戦、白鵬-雅山。どちらも負ければそれぞれの昇格を振り出しに戻す形になってしまう重要な一番。結果は白鵬が踏ん張った。内容は今ひとつだがなんとか勝った。雅山は大関とりは振り出しに戻ったと考えていいだろう。5月場所の14勝はつながらなくなった。

さて、安馬が勝ち越し一番乗りを決めた。対戦相手は把瑠都。もうみてからに体格差が...。身長で12cm、体重はなんと59kgもの差がある。力いっぱい攻める安馬、相手が小さすぎてやりにくそうな把瑠都。土俵際まで押し込んだ安馬。振り回す把瑠都。安馬が軽々と振り回され土俵の外へ...と思ったが、把瑠都、詰めが甘く自分の足を土俵の外へ踏み出してしまう。安馬、白星を拾った。攻め込んだからこそである。

同じく安治川部屋の安美錦も今場所好調の琴光喜を破り7勝目。今場所は横綱にこそ敗れたものの3大関2関脇に勝っている。安馬ともども大旋風になっている。まさに安治川場所といった感じになってきている。

さて、10日目。結びは横綱-琴光喜。現在のほかの力士の調子から見て、横綱に土をつける可能性が多少でもあるのが琴光喜かと思う。今日土をつけておかないとまた横綱の独走になりそうである。

もう一番楽しみというか嬉しいというか..栃乃洋が結び前の一番に登場する。怪我から低迷していたが、ようやくここまで戻ってきた。白鵬との3敗同士での対決、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/09/18

こちらも後がない・雅山-大相撲秋場所2006・8日目

秋場所8日目。

白鵬は把瑠都との対戦を冷静にとり白星。でも、内容は決してよくない。なぜあの位置でまわしを取りにいこうとするのだろう。確かにあそこを掴めば強いのは確かだが...。理事長から「優勝すれば全く可能性がないわけでもない」なるコメントもあったが、現実問題難しい。

雅山。こちらは11勝あればなんとか話題には...という状態だったのだが、千代大海に負けてしまった。この一番勝てば印象も良くなり追い風が期待できた。負けたことで4敗目、もう後がない。今日は白鵬戦、この後横綱戦も残っている。こちらも出直しになる公算が強い。雅山の体力年齢から言ってほぼラストチャンスに近い状況なだけに、このまま復帰ならずとなってしまうのかもしれない。

今日の注目は、白鵬-雅山の後がないもの同士の対決。こんな形で迎えたくはなかったというのが正直なところ。そして結び、横綱-露鵬、首位脱落をかけた取り組みである。

いよいよ今日から後半戦である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゴンゴール!記録ずくめ

真打登場!

やっぱりこれがないとね。

今年も遅ればせながら決まりました、ゴンゴォ~ル。

ジュビロ磐田の中山選手がやってくれました。

なんでもJ1の得点者として日本人選手史上最年長記録だそうで、38歳11ヶ月...あぁもうそんな歳になるんやね。磐田がJのチームになる前から好きで観てた選手なので、いまだピッチに立つ姿を観られるのはうれしいですね。

最年長ゴールはもちろん記録更新。ジーコの41歳3ヶ月を目指せるのではないか。

13年連続ゴールも史上3人目である。来年もゴールを決めれば新記録の14年連続となる。

精神的支柱というか、いるだけで違いますよね、チームの雰囲気も気合も。

がむしゃらにゴールを目指す姿勢。観客を楽しませる喋り。まさにエンターテイナー、プロ中のプロ。さすがに体力的には衰えも見えるが、まだまだ引退するような状態でもない。Jの創成期からリーグを引っ張ってきた一人である。まだまだがんばって欲しい。今年も、そして来年も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/17

天皇杯1回戦各地の結果-FC岐阜

天皇杯1回戦は長崎開催の1試合が順延されたほかは各地で実施された。

それぞれの結果はJFAの公式サイトか私のHPの14号館で見ていただくとして、今日は結果を楽しみにしていた試合がいくつかあった。

一番関心を持っていたのは、VV長崎-バンデ神戸だったのだが、これは順延。

あとは、松本山雅-同志社、ロッソ熊本-カマタマーレ讃岐、TDK-JSCといったところが、FC岐阜の今後を考える上で注目していた。

松本-同志社は1-1で延長に入り、延長でも1点ずつ取り合って、結局PK戦の末松本が勝ったそうである。松本レベルで同志社相手だと綱渡りのようである。

熊本-カマタマは、5-0で熊本が圧勝。やはり今年にもJ2昇格を決めようかというチーム相手では、カマタマでは歯が立たなかったようである。

TDK-JSC。こちらはもうFC岐阜にとっては目の前のライバルである。結果は2-0でTDKの勝ち。

う~ん...FC岐阜は今日は5点取ったが、つまらぬミスから失点もしたし微妙...。

一発勝負の試合体系ではなにが起こるかわからない面もあるし、やはり気を引き締めて当たるに越したことはないかな。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回戦の相手は神奈川大学-FC岐阜

さて、FC岐阜の天皇杯2回戦の相手は神奈川大学。少しだけ調べてみた。

神奈川大学、関東大学リーグ2部所属。

なぁんだ2部かぁ..というなかれ、関東の2部はあなどれないですよ。

関東2部の所属チームは、神奈川大・東海大・国際武道大・青学大・日体大・日大・帝京大・拓殖大・慶應大・亜細亜大・立正大・尚美学園大の12チーム。

なんか聞いたことある名前がいっぱいです。青学って北村選手や松江選手の出身校ですよね。これらのチームの中で神奈川大は今季首位を走っているのです。つまり結構強いわけですよね。(ちなみに関東1部は流経・駒沢・法政・早稲田・国士舘・明治・中央・順天堂・筑波・専修・東農・東京学芸の12チーム...すごい面々ですね)

今日の試合でもちょっとしたミスからの失点がありました。おそらく次の神奈川大学戦では命取りにもなりかねないでしょう。今一段気を引き締めて、連携を深める必要があるでしょう。

さてこのチーム全国のサッカー強豪高出身者が多いだけでなく、Jリーグのユース出身者もぞろぞろいるのが特徴です。いまからプロを狙おうという選手も多いでしょうし、決して油断できるような相手ではありません。現にDFの石神君はJ1鹿島アントラーズの入団内定を貰っているそうです。得点者リストを見ると、米山(FW&MF・清水東高)、鴨志田(MF・座間高)、三平(FW・秦野南が丘高)、林田(MF&FW・国見高)、宮下(MF・桐光学園高)といった名前を良く見かけます。このあたりが攻撃の最前線でしょう。松永(DF・主将・横浜東高)、岡田(DF・副将・仙台ユース)、堀(GK・副将・武相高)、石神(DF・鹿島高)が守りや攻撃の起点であろうと思われます。

いずれにせよ格上のチームと試合をするつもりくらいの心構えで臨んだほうが良さそうです。

勝って当たり前という感覚は持たないほうがいいような気がします。

がんばって2回戦も突破しましょう。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top060917002_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは1回戦突破-FC岐阜

FC岐阜、天皇杯1回戦。長良川メドウで行われました。

心配された天候もなんとか持ちこたえ、暑くなく寒くなく絶好の曇天の中の試合でした。

詳しい内容はHさん他の書かれているブログでご覧いただくとして、結果は5-1での圧勝でした。得点者は小島×2、片桐、森山、李でした。失点のほうはパスミスから曽我部が1対1の場面になってしまい、ああなってはさすがに仕方がないでしょう。次回までに修正すべき課題です。

今日は新加入したDF山田正道選手の岐阜デビューの試合となりました。もちろんスタメン。すっかりチームに溶け込んでいる感じに見えました。

後半途中からはお約束の「ゴリさん投入!」盛り上がりも最高潮といった感じでした。随所で見せる気迫のプレー。ゴリさんならではのチームへの気合注入といった感じでした。

気になったのは前半での平岡選手の負傷交代。大事に至らなければ良いのですが、ちょっと気になるところです。一応なんとか歩けてはいたみたいですので、それほど心配しなくてもいいのかもしれませんが...。

さて来週は神奈川大和にて2回戦、神奈川大学との戦いです。ぜひがんばって勝利をおさめ、「Jとの戦い」3回戦のザスパ草津戦へ駒を進めてもらいたいものです。

さあ、岐阜で行われる試合は10/1のリーグ最終戦のみとなりました。ぜひ満員のスタンドで選手を応援しましょう。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

(メインスタンドとバックスタンドの入り具合です。メインは8割強くらいでしょうか、バックは程々といった感じでした。JFLより高いくらいの入場料でしたがなんとか格好がつく程度の入りでした。)

2006091713403kd 2006091713404kd 2006091713412kd

| | コメント (2) | トラックバック (0)

90000アクセス御礼

多くのご来訪ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯に台風襲来-FC岐阜

天皇杯に台風襲来。

いや、ホントはこのタイトルで別の内容の記事にするつもりだったのだが、本物の台風が来てしまった。今日行われる天皇杯1回戦のうち、台風直撃コースに当たる長崎開催の試合が明日に順延された。VV長崎-バンデ神戸という注目のカードのひとつだったのだが、さすがにあの大きさの台風が相手ではいたしかたない。宮崎開催の試合も現在開催の可否を協議中との事である。

岐阜開催の試合は実施できそうである。昨日の午前中は小雨が降りしきっていたのだが、その後は特に雨も降らずに今日を迎えた。現在曇り、気温22度である。少し肌寒いくらいである。この後は雨が降ったりやんだり、気温は27度くらいまで上がり、湿度はなんと90パーセント近くまで上がるようである。合羽を着ての観戦になると相当蒸し暑くなりそうである。

FC岐阜が出場する天皇杯1回戦。広島経済大学をむかえ、長良川メドウにて本日13:00キックオフである。(当日券 大人1500円です、小学生以上有料)

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top0609172_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マサ・ノーヒットノーラン!マジック15に-ドラゴンズ

いやぁ、圧巻。マサこと中日ドラゴンズの山本昌広投手がノーヒットノーランを達成した。史上73人目(84度目)、なんと41歳での達成である。もちろん史上最年長である。いやぁ見事である。なんと無四球。失策のランナーが一人出ただけの、あわや完全試合という内容だった。しかも相手は優勝争いの相手阪神タイガース。相手に与える精神的ショックも相当なものだろう。

決して剛球で押すタイプではない。打たせておいて守りきるタイプである。それがかえって長持ちさせているのかもしれない。そしてたゆまぬ努力。引退の危機に何度も直面しながらも、新しいことへのチャレンジと努力でここまできたのである。筋力や急速がいまだに伸びているという信じられないような事実。ドラゴンズのエースとして、そして精神的支柱として後輩達に与える影響は大きい。

さて、阪神との天王山2戦目をこのような形で勝利をおさめ、マジックはいよいよ15!

いよいよ優勝が近づいてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

出直し、白鵬-大相撲秋場所2006・7日目

秋場所7日目。

注目の対決一つ目、白鵬-琴光喜。あぁぁ~....やはり負けてしまった白鵬。これで3敗目、13勝に届かず綱とりは絶望である。コンスタントに勝ち続けること、集中力を切らさないこと、そして体調を維持し続けることの難しさをいまさらながらに感じさせられる。まだ若いことだしもう一度綱とりをスタートさせても遅くはない。来場所までに完調に戻して欲しい。

それにしても琴光喜はどうしてしまったのだろうという元気さである。4大関を撃破、琴欧州は同部屋で当たらないので、残った上との対戦は横綱だけである。雅山、露鵬、把瑠都あたりとの対戦もどちらが勝ってもおかしくない取り組みだが、今場所の琴光喜の調子だと勝ち進む可能性大いにありである。今場所も優勝戦線に顔を出しそうである。鬼門の名古屋場所を勝ち越したことで吹っ切れた何かがあるのかもしれない。

注目の対戦二つ目、横綱-把瑠都。把瑠都が横綱を捕まえられるかどうかが鍵だったのだが....把瑠都は何もさせてもらえずに土俵を割った。なんともすさまじい速攻であった。ゆるぎない集中力。横綱さすがである。

ただ一人全勝だった安馬にも土がつき、中日まで持たずに全勝が消えた。これで横綱が再びレースを引っ張る形となった。

今日の注目は、雅山-千代大海。雅山、この一番に勝つと負けるとでは大きな違いが出る。比較的好調な千代大海を破れば印象が変わる。こちらはまだ夢がつながっているのだからがんばってもらいたい。

白鵬-把瑠都、こんな状況のときでなく白鵬全勝の状態で見られればもっと良かったのだが...。まあ楽しみな一番ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006/09/15

大波乱・横綱大関全滅-大相撲秋場所2006・6日目

秋場所6日目。

誰がこんな展開を予想しただろうか。

横綱大関、6人も揃って...全滅!

そりゃぁ、横綱の調子は万全ではない。白鵬は言わずもがな。栃東は両足を怪我。魁皇は体調不良。それでも千代大海と琴欧州は今場所は割りとまともな出来だった。ましてや、いくら調子が悪いからといっても全敗するようなほど悪いわけでもなく、同じ日に全員が負けるなど予想だにしなかった。

1横綱5大関全滅。もちろん史上初である。まあ、大関が5人もいること自体長い相撲の歴史から見れば珍しい部類なのだから当然であろう。横綱大関陣全滅は2004年夏場所に1横綱3大関が敗れて以来だが、このときは大関が一人休場していた。全員そろっていながら全滅したのは1993年以来である。いずれにせよ不名誉な記録には違いない。

魁皇は明日から休場だそうである。今場所の内容では仕方あるまい。来場所地元九州で進退を懸けて臨むそうである。

栃東の足も思わしくなさそうである。今日も全く足がついていけなかった。勝ち越しは難しそうである。

琴欧州、千代大海はなんとか勝ち越しまではいけそうだが、優勝争いとなると微妙な感じである。

白鵬...なんとも精彩がない。横綱と1差だから、まだまだ優勝の目もなくはないが、今場所の内容ではたとえ優勝しても横綱の声はかからないような気がする。

横綱朝青龍、今日の取り組みでひざをぶつけたように見えたが大丈夫だったろうか。明日は怪物把瑠都が相手である。なんともなければよいのだが。

6日目を終わって、全勝はなんと安馬ひとりきりになってしまった。1敗は朝青龍、琴光喜、露鵬、春日王の4人。あとはそれ以下である。大関陣の名前が一人もない。なんとも情けない。

明日7日目注目の取り組みは「朝青龍-把瑠都」だろう。把瑠都にまわしを与えてしまえば横綱といえどもかなり危ないだろう。なんとなくバルトが勝ってしまいそうな予感がしてならない。

白鵬は今場所好調の琴光喜。これも今の状態からいくと琴光喜に分がありそうな気がする。雅山も今場所好調の稀勢の里が相手。これもどちらが勝っても不思議でない組み合わせ。白鵬、雅山どちらも明日負ければ昇進問題は振り出しである。明日の後半も見逃せない取り組みが続く。

| | コメント (1) | トラックバック (7)

養老線存廃問題・その後

存廃問題が持ち上がっている近鉄養老線。昨日大垣市議会の委員会において、協議の進捗状況について説明があったようである。

6月に近鉄側から運行会社と資産保有会社に分けた上下分離式の運行を提案され協議が続けられている。もちろんこれは存続の道を選んだ場合の話であって、自治体が非協力的なら廃止もありうるというニュアンスを含んでいる。

この形式にすれば、年間15億ほどが見込まれる赤字が半分程度に抑えられるらしい。そのうちの約半分、3億9千万を沿線自治体で負担するよう近鉄側は要請していたらしいが、自治体負担の上限は3億というところで調整が進んでいるらしい。運行会社のほうも当面は近鉄の100%出資でいくようである。

来年4月にも近鉄本体からの切り離しを予定しているようだが、間に合うかどうかは微妙な情勢である。市議会内部からさえ「存廃そのものを判断すべき。」との声があるようで、最悪廃線という可能性も捨てきれない。

いずれにせよ、養老線そのものが大きな岐路に立たされていることに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/1ダイヤ改正-樽見鉄道

樽見鉄道のダイヤが10/1に改正される。前回の改正で大幅に減便された樽見鉄道だが、今回は逆に増便である。ローカル鉄道が増便改正するだけでも異例かもしれない。

改正の柱は、上下あわせて10本の列車を増便することである。この中には土日のみ運転の列車も含まれる。といえば、勘のいいかたはおわかりだろう。モレラである。

本数こそ一時より減ったものの、いまだに土日祝日にはモレラ用の臨時列車が運行されているのである。ついに定期列車化されるようである。平日こそ客足が落ち着いたモレラだが、映画館があることもあって土日はまだまだ集客がある。典型的なサンデーストアである。当然あれだけの施設なので従業員も多く、出勤時間に合わせたダイヤさえ組んであればそれなりに利用もある。鉄道の経営状態が少しでも良くなるのならこの機会を逃す手はない。

ほかにも中学生の部活に合わせた下校時間にも増発するようである。生活密着型のダイヤ、いい傾向である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魁皇・背水の陣-大相撲秋場所2006・5日目

5日目。序盤が終わった。全勝は既に横綱朝青龍と安馬の二人のみとなってしまった。

横綱は万全とは行かないまでも、やはり破格の安定感。負けそうな気がしない。

白鵬は勝ってはいるものの内容的にはぜんぜん良くない。

雅山は早くも3敗目。今後の対戦相手のことも考えると大関獲りは相当厳しくなった。

昨日褒めた露鵬は、今日は立会いに失敗。まあ、そんな日もあるだろう。

さて千代大海が今場所も好調である。足もそこそこ出ているし、突き押しも効果的に決まっている。この人の難点は崩れ始めると一気に崩れてしまうこと。他の力士が今ひとつぱっとしないので最後までがんばって欲しいところ。

さあ、問題は魁皇。足が動いていない。正直なところ大関相撲には程遠い。「ふがいない相撲が続けばいろんな人に迷惑をかけるし...。」という弱気な発言が本人から飛び出すあたり、いよいよ来るべきときが近づいているのかもしれない。なんとか九州までは、故郷に帰るまではがんばって欲しいと思うのだが...。6日目は雅山戦。決断のときとなるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

チャンス到来-FC岐阜

またとないチャンスがやってきた。既に東海リーグを制覇し地域決勝への進出を決めているFC岐阜。各地域の優勝チームなどが集まる地域決勝リーグで2位までに入ればJFLとの入替戦に臨める....というシステムだったのだが、JFLに空席が出来たため1位通過のチームは入替戦なしに自動昇格できることとなった。

突然こうなったのは、JFLに現在所属している二つのチームが合併することになったからである。佐川東京と佐川大阪である。前々から噂が流れていたとはいえ、本当に合併するとは思わなかった。しかもチーム名としては双方消滅となり、新たに「佐川急便SC」として滋賀県に移転するそうである。滋賀といえば佐川のお膝元であり立派なグラウンドも元々ある。どちらかに贔屓目にならぬよう中立地を選んだのか、トップチームは会社のステータスでもある地にあるべきと考えたのか...。いずれにせよ様々な事情があるのだろう。現在4位と5位のチームの合併...。当然いいとこ同士を集めることになるのだから、とんでもなく強いチームになるに違いない。本気で上を目指すのか、はたまたHondaと双璧の最強の門番となるのか。手強い相手ができたことだけは間違いない。

さてこの2チームの合併により必然的に出来た空白を埋めるべく、地域決勝1位チームの自動昇格が昨日発表されたわけである。しかも今年はJFLの「ロッソ熊本」がJ2入りを目指しており、熊本が見事JFL2位以内で昇格すればさらにひとつ空席が出来る。もちろんそうなれば地域決勝2位通過でも自動昇格となる。熊本は現在JFL3位、この後も強い相手が残っており予断は許さないが、がんばって欲しい。

さて、FC岐阜としては絶好の昇格のチャンスである。そう毎年こんなチャンスが訪れるわけではない。もちろん他のチームもこのチャンスを逃すまいと目の色を変えて戦ってくるに違いない。当然今後のFC岐阜の戦いも段違いに厳しいものになる。地域決勝の1次リーグは是が非でも1位通過、決勝リーグも1位通過を目指して全力で戦っていこう。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top0609172_1

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/14

別人・露鵬-大相撲秋場所2006・4日目

秋場所4日目。

雅山早くも2敗目である。相手が調子の良い黒海とはいえ、大関を狙う身でこの時点での2敗は痛い。なにが悪いというのでもないのだが、なんとももったいない星を落としたものである。

白鵬は勝ったが、やはり内容は褒められたものではない。早く立ち直ってもらいたい。

さて圧巻は露鵬-把瑠都の怪力対決。熱戦を期待させる取り組みそのままの熱い試合だった。結果は露鵬が把瑠都をねじ伏せる形となった。なんとも冷静な取り口であった。先場所前代未聞の大暴れをした人物と同じとは思えない。今場所は別の意味で、良い意味で大暴れとなりそうな予感である。ここまで4連勝。全勝は既に横綱を含め4人だけである。

さて、5日目注目の取り組みは、雅山-琴欧州、白鵬-黒海だろう。現在の調子を見ている限りどちらが勝ってもおかしくない。栃東は稀勢の里、魁皇は安美錦、両大関が踏みとどまれるかも見ておくべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

限定Tシャツ販売-FC岐阜

先日の藤枝での試合で、終了後選手が着ていた「挑戦権獲得」のTシャツ。

100枚限定で販売されることになった。

発売日は16日、最終戦のチケット配布日と同じである。

場所は岐阜駅アクティブGグリーンスクェアのみである。

記念に欲しい方、これを着て長距離遠征に行こうという方、なにしろ100枚だけですのでチケットを貰いがてら16日は岐阜駅へどうぞ。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

News_img0120060911_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたイベント-FC岐阜

FC岐阜、またまたイベントがあります。

今月、9月24日14時。ヒマラヤ本店にてトークショー。なんと選手8名参加予定!

参加予定選手は、森山・伊藤・吉田・平岡・片桐・小島・中尾・佐藤....豪華すぎる!

日時がまた絶妙ですね。前日は順調に勝ち進んでいたとすれば天皇杯2回戦「神奈川遠征」。勝って帰ってくれば3回戦、いよいよ「J」のチームとの対戦へ向けての決起集会にもなりかねません。ただでさえ次週は岐阜での最終戦。盛り上がるのは必至ですね。

当日は「ゴリゴール」なる新商品の発売会も開かれるそうで、こちらはなんと当日はサイン入りだそうです。ゴリさんファンの方はぜひともお早めに。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯日程・戦績など】

Top0609172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

家本主審にレッドカード

家本主審、日本のサッカー界の審判の中でトップランクに位置する「スペシャル・レフェリー」に名を連ねる方である。いわばプロ審判とも言われるこのランクにはたった6人しかいないのである。つまり他の審判の模範ともならなければいけない立場なのである。

この家本主審が1ヶ月の再研修処分を受けることになった。事実上の出場停止処分である。試合中のプレーに対する判定が一定でなく、試合をコントロールできていないと判断されたようである。以前からこの審判の判定に対しては様々な方向から異議、疑問が持ち上がっていた。厳しいなら厳しい、甘いなら甘いでその試合の中で判断基準が一定であればそれはそれであきらめもつくが、時と場合によって、さっきはカードが出たのに、今度は同じケースで流されたなどというようでは不公平感も生まれるし、当然試合にならない。8月の名古屋-鹿島戦などはひどいものだった。カードは乱れ飛ぶわ、退場者は出るは...。試合をコントロールするどころかぶち壊しであった。あの試合が全国的にマスコミはじめ物議をかもしたことが今回の処分の直接的な起因になったことは否めない。事がこれだけ大きくなったこともありやむをえない処分ともいえる。観戦する側としても判定がぶれないようになっていただけるのならそれに越したことはない。精神的に自信を持って判定できないといったこともあったのだろうから1ヶ月じっくり研修にあたり、模範となりうる審判として戻ってもらえるのならと思う。もちろん、そのレベルに達しなければ潔く身を引いてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内容は最悪・白鵬、雅山-大相撲秋場所2006・3日目

秋場所3日目。話題の二人、白鵬、雅山ともに白星。

しかし内容は最悪といってもいい。特に白鵬、なんとなく上の空で相撲をとっているように見える。集中力が欠けているというか、精神的に不安定というか。とても横綱を狙おうという相撲ではない。せっかく場所前に「目安は13勝。」と優勝にはこだわらないようなニュアンスの言葉を貰っていたのに、こんな相撲をとっているようでは印象も悪くハードルが上がってしまうだろう。自分で自分の首を絞めているようなものである。調整が万全でないのはわかるが、なんとか気を取り直して厳しい相撲をとってもらいたい。

雅山も勝つには勝ったが、満身創痍の栃東相手であの内容では前途多難である。足が動いていない。ハードルが白鵬ほど高くなく、大関陣も決して万全な調子とは言いがたいだけに今場所はチャンスなのだが、この内容だと12勝ぐらいしないと話題にしてもらえないかもしれない。精彩のある相撲を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/09/12

初志貫徹・進学へ-早実・斎藤

異様な雰囲気であった。一人の高校生の進路発表に群がるマスコミ。そしてそれを見守る日本中の人々。

ハンカチ王子なるニックネームまでついてしまった、早実の斎藤君。

「進学を希望します。」

やっぱり、そうだわな。

おそらく大多数の方がそう思ったのではないだろうか。

実際そのほうがいいだろうとも思うし...。

そりゃぁプロの世界で早く見たい気持ちはある。

しかし、斎藤君の人生を決めてしまう決断なのである。本人自身が早実になぜ入ったのかという初心に立ち返って進路を決めたこと。支持したいと思う。別に野球界からいなくなるわけではないのだから。

技術的レベルだけ見れば充分今でもプロでやっていけるだろうし、使い減りしない体力もプロ向きだろう。しかしまだまだ線は細く見えるし、4年後に評価が下がるとも思えない。文武両道を全うしてからでも遅くはないだろう。

しかしそれにしても、なんとも類まれなる実力とアイドル性を兼ね備えた選手。4年後はとんでもない争奪戦になりそうである。その前に大学野球がいままで関心を持たなかったような人々にまで注目を浴びるだろう。

野球界の人気復権にむけて、またとない機会である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気を取り直して・白鵬、雅山-大相撲秋場所2006-2日目

2日目。昨日黒星発進だった白鵬、雅山ともに白星を挙げた。まだ硬さがないといえばうそになるような状態だが、勝ちは勝ちである。これから先連勝を重ねて欲しい。

要は気の持ちようだと思う。普通に取れれば充分届く目標である。がんばれ。

心配なのはむしろ他の大関陣。栃東、魁皇ともに連敗である。しかも、まったく相撲になっていない。栃東はもともといためていた右ひざに加え、初日に右ひざも怪我をしたことで全く踏ん張りが利かない。歩くのも辛そうである。正直なところ、進退の危機といったくらい状態が悪そうに見える。魁皇も全く動けていない。あれだけの体がありながら全く何も出来ていない。こちらもかなり思わしくなさそうに見える。がんばって欲しいとは思うのだが、観ていて痛々しい...。

把瑠都は白星を挙げた。やはり怪力は桁外れのものである。あとは技術を早く身につけることだろう。

さて、今日は雅山-栃東の一戦が組まれている。まさかこれが引導をわたす一戦になりはしないかという不安が....。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

最終戦のチケット配布場所-FC岐阜

今季の東海一部リーグ優勝を決めたFC岐阜。

凱旋試合ともなるリーグ戦の今季最終戦が長良川メドウで10月1日に行われる。

もちろん無料なのだが、最終戦な事に加え、優勝報告のセレモニーも催される予定のため、大入り満員が予想される。そのため先日お知らせしたように入場券が配布されることになった。前回の長良川陸上競技場のときのような抽選券的なものではなく、今回はこの券がないと入場することが出来ないのである。

今日配布場所が公式ページで発表された。

配布時期は今週土曜16日から。

配布場所は下記のとおり

岐阜駅アクティブG3階グリーンスクェア

ヒマラヤ本店

ヒマラヤモレラ店

スルタン

ドコモインフォレスト

岐阜県内ドコモショップ

以上である。

各配布場所とも枚数が限られており、なくなり次第終了である。

お早めに入手ください。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

News_img0120060911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

あぁ...やはり黒星スタート・白鵬、雅山-大相撲秋場所2006-初日

大相撲秋場所が始まった。

今場所も先場所に引き続き話題満載。白鵬の綱とり、雅山の大関とりは先場所に引き続き今場所も一番の話題である。把瑠都がどこまで通用するかも見所のひとつ。

そんななか、皇太子ご一家を迎えての初日であった。なんでも愛子様がまだあんなに幼いのに相撲通だそうで、見ていて微笑ましかった。

さて、注目の人雅山。なんか見た感じ硬い。緊張するなというほうが無理だろうが、合口の悪い相手だったことから迷いがあったのだろうか。踏み込まれ空回り、足がついていかず土俵に落ちてしまった。あぁ...今場所も黒星スタートである。前途は多難といった感じである。

白鵬は、まだ万全ではないのだろうか。場所前の稽古でも精彩がなかったと聞く。相手は稀勢の里。力をつけてきており決して楽な相手ではない。立会い...たった!白鵬有利な展開!寄り切った~...かと思われた一瞬...稀勢の里が白鵬の頭を苦し紛れに押さえつける。白鵬..顔面から土俵に押し付けられる。軍配は...稀勢の里!物言いはつかない...。白鵬も黒星スタートである。なんだろう、優勢だったと思ったのだが...詰めが甘かった。勝負が決するまで気を抜いてはいけないのだが。まさかああいう形になるとは本人も思っていなかったのかもしれない。

二人とも先場所と同じような展開になってきてしまった。苦しい戦いになりそうである。

把瑠都は千代大海にまったく歯が立たなかった。突き飛ばされたといった感じであった。まだまだ技術的には未熟さを露呈した形となった。

時天空が栃東に勝ち大関戦の初勝利を挙げた。露鵬も魁皇に勝ち元気そうである。

初日は3大関に土、雅山も負けるという幕開けとなった。横綱も決して万全とは言い難そうであるし、今場所も荒れそうな気配である。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

メディア露出-FC岐阜

昨日は新聞各紙にFC岐阜優勝の記事が載っていた。1面にカラー写真を載せていただいているものもあった。ありがたいことです。

さて、今日はテレビに注目。まず岐阜放送(37chほか)17:25からの夕方のニュース番組(らぶらぶワイド)に「FC岐阜生出演」とありますので誰かがゲストとして出るのだろうと思われます。また試合後の月曜恒例のNHK岐阜局の18:30からのニュース(ほっとイブニング岐阜)でもなんらかの映像が流れるのではと思います。他の名古屋局(CBCほか)のローカル枠の時間も要チェック。「イッポウ」や「どですか」をはじめグランパス系の番組などもひょっとするととりあげていただけるかもしれませんね。

さあ、先の話ですが、10/1の最終戦は岐阜放送の生中継が入るようです。またその関連で9/28 21:30から特別番組が編成されるようです。詳しくはFC岐阜公式ページへどうぞ。

また9/24にヒマラヤでなにかイベントを企画しているようです。まだ発表されていませんが、こちらも気になるところです。10/1のチケットのこともありますし、しばらくは毎日公式ページをのぞいたほうが良さそうですね。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

とりあえず今日は素直に優勝を喜ぼう-FC岐阜

FC岐阜は、本日の中央防犯戦に無事勝利をおさめ、今シーズンの東海一部リーグ優勝を決めました。

おめでとうございます。

そしてお疲れ様でした。

今日はとにかくこの喜びをかみしめましょう。

そして明日からは次のステップへ向けて、一段と気を引き締めましょう。

試合は6-0での勝利でした。湿度が高く、たいへん蒸し暑い中での試合でした。

得点者は、片桐×3、松江、中尾、李 でした。

細かい結果はほかのブログを探してみてください。

さあ来週の天皇杯もがんばろう!

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

(画像①熱戦の模様、②バックスタンドにはメインスタンドより多いくらいの観客、③優勝を決め歓喜のサポ席、④試合後の選手達、Tシャツに注目)

2006090915182kd 2006090915202kd 200609091545kd 2006090915487kd

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/08

いよいよ明日、優勝決定?!-FC岐阜

さあ、いよいよ明日です。FC岐阜は明日の試合に勝てば、東海一部リーグ優勝です。今季の目標の一つであるJFL昇格へ向けて、また一歩近づくことになります。

さて前回の続き、藤枝からの帰りの時刻を調べてみました。

バスツアーで参加される方は、現地を試合終了50分後発ということですから、岐阜到着はおそらく21時ごろになると思われます。

さて自力で電車で行かれた方。

まず現地から駅までのバスの時間。

志太温泉16:06~16:21駅

志太温泉16:39~16:48駅

この他、保健センターまで歩けば、毎時02、22、42発の駅行きのバスがあります。所要は8分ほどです。

さて藤枝駅からのJRの時間です。

①藤枝16:33~浜松乗換~豊橋乗換~19:18岐阜(16:06発のバスに乗れれば間に合うと思います)

②藤枝16:44~浜松乗換~19:33岐阜

③藤枝16:59~浜松乗換~豊橋乗換~20:03岐阜(16:39発のバスに乗るとこの列車になります)

④藤枝17:32~豊橋乗換~20:18岐阜

⑤藤枝17:53~浜松乗換~20:33岐阜

多治見方面への方は、いずれも金山乗換となります。

③の電車からは、セントラルライナーに乗り換えて多治見20:07、中津川20:44。

④からは、多治見20:36。

⑤からは、多治見20:44、中津川21:22となります。

さて、18きっぷは手に入りましたか?手に入れられた方は現地のバス代を合わせても3000円くらいで往復できるはずです。

手に入れられなかった方、まともに切符を買ってしまうと結構な金額になります。岐阜から藤枝までだと片道3260円、名古屋からでも片道2940円かかります。さらに現地でバスが片道200円です。

ここで裏技。JRの発売しているお得な切符を組み合わせて行く手があります。

まず名古屋地区で使える「青空フリーパス」を駅で購入します。ハイキングツアーなどで宣伝しているやつです。2500円で指定区間内乗り降り自由という切符です。名古屋を中心に、米原・下呂・中津川・飯田・鳥羽・豊橋あたりまでが範囲内ですので、この切符でまず豊橋まで行きます。

豊橋でいったん改札を出て、静岡地区の「休日乗り放題切符」を購入します。2600円で豊橋から先静岡県内のJR乗り放題の切符です。豊橋から藤枝まで普通に切符を買うと片道1620円往復で3240円ですから、充分元は取れます。

両方の切符をあわせて5100円。岐阜から普通に切符を買って往復すると6520円ですから1420円お得になります。熱田より遠い方(岐阜・名古屋・多治見など)はこの組み合わせのほうが安くなります。豊橋でいったん改札を出なければいけないので面倒だと思われるかもしれませんが、岐阜あたりからだと昼食代が充分浮くくらい差がでますよ。

フリー切符二つで5100円、現地のバス代400円、計5500円といったところです。多治見方面からセントラルライナーを使われる方は一回当たりプラス310円かかります。

さあ、めったに観られるものではありません。優勝の瞬間を観に行ってみませんか?

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若の里、間に合わず-大相撲秋場所2006

先場所怪我で休場した若の里。秋場所も休場することが発表された。

秋場所の出場にむけて懸命の努力をしたようだが、残念ながら間に合わなかったようである。稽古を出来るようにはなっているらしいが、とても復調というには程遠いそうである。年齢も年齢だけに一度怪我をすると治りにくいこともあるだろう。重量陥落を恐れて中途半端な状態で出場し、さらに怪我を悪化させるなんてことになるよりは、思い切って休んで出直すという今回の決断はよい判断なのではないかと思う。今場所全休となると来場所は十両の中~下位まで番付が落ちる。来場所勝ち越せる程度まで復調させないと十両からも陥落...最悪の場合は引退の文字もちらついてくるかもしれない。全盛期ほどの力はないにせよ、まだまだ調子さえよければ充分幕内で通用する力を持っている。ぜひ体調を整えて出直して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/06

徹明町・線路撤去はじまる-岐阜の路面電車

先日お伝えした、岐阜の路面電車廃線跡のレールの撤去。予定通り今日9/6、徹明町交差点の工区で撤去工事が始まりました。

今日工事が行われていたのは、美濃町線徹明町駅電停の一番端の部分。ちょうど清水スタジオの前、関方面行きバスのりばのあたりです。工事規制時間が昼と夜に分断される関係でしょうか、少しずつ掘り返して撤去しては埋め戻していくようです。

徹明町の交差点部分は線路の配置が途中で変更されたこともあり、岐阜の路面電車の軌道の中でも比較的新しい部分だったのですが、一番最初に撤去されてしまいます。

工事期間は1ヶ月程度かかる見込みのようです。来週には長森本町も工事開始予定です。

いよいよ本格的に電車の痕跡が消えていくようです。

【関連ページ kojiro-railway 1~13号館 市内線ほか画像や動画】

【kojiro-railway9号館にて、ここで紹介したもののほかにも廃線跡画像公開中】

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

2006090611573kd 2006090611584kd

| | コメント (0) | トラックバック (2)

優勝の瞬間を観に行こう-FC岐阜

9/9土曜、FC岐阜の東海一部リーグ優勝が決まると思われる。引き分け以上で優勝なのだからまず確実だろう。相手は中央防犯藤枝。現在リーグ最下位のチーム。前回の対戦では4-0でFC岐阜が勝利をおさめている。

さて、どうやって藤枝まで観に行くか。観には行きたいけど二の足を踏んでいる方も多いだろう。静岡と聞いて遠いと感じる方も中にはおみえになるでしょう。

そんな方のためにFC岐阜のクラブのほうで、公式バスツアーが組まれています。岐阜駅、岐阜県庁、東名上郷SAで乗車できるようで往復で4000円ポッキリ!中高生2000円、小学生1000円。かなり割安です。

岐阜駅08:00、県庁08:30、上郷09:20発の予定だそうです。12時ごろ現地着。各自昼食などの後14:00から試合。岐阜着は21:00くらいでしょうか。岐阜からだと自力で電車で行こうとすると片道で同じくらいの金額がかかります。小旅行気分で参加されてみてはいかがでしょうか。定員は90人だそうですのでお問い合わせはお早めに。詳しくはFC岐阜公式ホームページをご覧ください。

さて、東濃地方だからバスに乗れない、バスは苦手だ、8:00には集合できない....などといった方。ぜひお近くの金券ショップをのぞいてみてください。JRの青春18切符が残っているかもしれません。普通列車なら一日乗り放題の切符で、今年の有効期間は9/10まで。利用しない手はありません。ただし駅では既に発売していません。これを1日分(1回分)ゲットしましょう。2500~2800円くらいが相場のようです。乗り換えの手間がかかり、座れる保障もありませんが、時間的にはツアーバスと同程度の所要時間。運賃はツアーより安く上がるくらいです。出発時間も多少遅めでもぎりぎり試合に間に合うように到着できます。こちらもご検討されてみてはいかがでしょう。

参考にJR利用での現地への時刻を載せておきます。もちろんこれより早い電車に乗れば余裕を持って到着できますよ。

①岐阜10:07~11:45浜松11:52~12:43藤枝、駅前の3番バス停から志太温泉線大手1丁目行き13:00発のバスで8つ目、志太温泉下車13:08到着予定200円、下りたらすぐに会場です。

東濃方面から①のコースへ 多治見09:54のセントラルライナーで金山まで行けば、①の電車に乗れます。

またこのコースは名古屋10:27、豊橋だと11:14です。ご参考までに。

②もっとぎりぎりでよい方

岐阜10:22~豊橋乗換え~浜松乗換え~13:03藤枝、駅前1番バス停から駿河台方面行き13:20発のバスに乗車。7つ目保健センター下車、13:26着予定200円。ここから約800m、15分ほどの歩きです。道は一本道ですので迷うことはないと思います。

多治見からだと10:07発の電車で金山乗換えとなります。

このコースは乗り換えも多く、おそらく座れないと思われることが難点です。

③さらにもっと遅くないと無理な方

岐阜10:35~豊橋乗換え~浜松乗換え~13:23藤枝、1番バス停から駿河台方面行き13:40発、保健センター13:46。急いで歩けばぎりぎり間に合うかなといった感じです。

多治見からだと10:18の電車で金山乗換えで間に合います。

さて帰りは、目の前の志太温泉バス停からは16:06発駅行き、16:39駅行きのバスがあります。06分のバスは循環バスのため行きと同じ側のバス停なのでご注意ください。保健センターまで歩けば20分ごとにバスがあります。

帰りの電車及びその他の方面は、また別記事で書こうと思います。

電車で行こうとお考えの方は、まずはお早めに18切符を手に入れましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯の対戦相手は...-FC岐阜

無事天皇杯への出場を決めたFC岐阜。

1回戦の相手は広島経済大学。

どんなチームなのだろう?と思って、少しだけ調べてみた。

まずは今回の広島県大会の内容。

1回戦 2-0高陽東高校

2回戦 4-0広島修道大学

準決勝 1-0広島大学

決勝 4-0福山大学

なんと無失点である。先発メンバーもほぼ固定に近い形のようで3-5-2のシステムのようである。県大会の先発メンバーは次のとおり。

GK 相原(2・広島観音)

DF 香川(4・広島観音)、岡田(2・松江商)、竹岡(副将4・沼田)

MF 中村(4・沼田)、山下(3・広島観音)、長谷川(2・広島観音)、竹崎(主将4・境)、【5人目は相手によって替えるようです】

FW 池水(3・広島観音)、小道(2・広島観音)

(カッコ内は学年と出身校) 

ご覧のとおり広島観音高校(今年インターハイを制した学校ですね)をはじめ県内出身者が軸になっています。

県大会での得点者は、池水・1、小道・5、長谷川・2、山下・1、中村・1、村山・1、の計11点。FWの小道がフィニッシュを決めることが多いようです。

春の中国大学選手権もほぼ同じメンバーで望んでいるようです。

2回戦 1-0広島工業大学

3回戦 2-1広島大学

準決勝 0-1徳山大学

準決勝でこの大会を制した徳山大学に1点差で敗れているようです。徳山大はこのあと決勝で福山大を2-0でやぶっています。

広島県大学リーグやユースフェスはBチームで臨んだようなので参考にはならないでしょう。

むしろ参考になるのは練習試合でしょうか。

9/2 3-5サンフレッチェ(サテライト) 得点者長谷川×3

8/17 2-0FCセントラル中国 得点者中村、小道

8/9 1-3佐賀大学 得点者小道

8/8 0-4サガン鳥栖(トップチーム)

7/16 5-6広島ユース 得点者長谷川、村山、池水×2、綿地

7/8 0-12サンフレッチェ(トップチーム)

経験はいろいろつんできているようです。決して弱いチームというわけではなさそうです。はまれば怖いといった感じでしょうか。

FC岐阜も決して楽観視することなく、気を引き締めて試合に臨んで欲しいものです。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

Top060827_3 Top060917_1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

全社の組み合わせ-FC岐阜

天皇杯に先だって全国社会人選手権の本大会への出場を決めているFC岐阜。

リーグ戦で優勝することで地域決勝への道が出来ることがほぼ確実になった今、全社で勝ちあがることは必ずしも必要ではなくなってきている。というのは今年は全社で優勝すれば地域決勝へいけるという、地域1部以外のチームにとってはまたとない、また1部リーグで優勝を逃したチームにとっては敗者復活戦的な意味合いも持った大会なのである。

というわけで、リーグ戦で優勝してしまえば、無理に全社を勝ち上がる必要はないのである。

しかし地域決勝へ向けて、自らのチームレベルを再確認したり、出場機会に恵まれてこなかった控え選手達に試合感を取り戻させること、地域決勝へ出てくるであろうチームの偵察など、出場して損はない大会である。ただ優勝しようとなると5日間連戦という超ハードな日程である。無理して勝ち上がることで調子を崩したり、最悪故障者を出したりしたんでは本末転倒である。1回戦は新日鉄大分が相手なので、力試し意味合いでぶつかり、2回戦あたりは控え選手中心に臨むのも悪くないかもしれない。いいとこ3回戦くらいまでにしておいたほうがいいような気もするのだが...。

長期化すれば遠征費も...まだその先地域決勝でも遠征費がかさむわけだし..台所事情が苦しいときだけに...むずかしいところですね。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

Top060827002 Top060917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹明町・線路撤去・第二報-岐阜の路面電車

岐阜市内線廃線跡、徹明町交差点一帯の線路撤去工事予告の看板の画像です。

9月6日工事着手予定。朝夕のラッシュ時をのぞき日中・夜間両方の工事になるようです。

工事区間は金町5丁目~金園町3丁目となっていますので、金町電停から金園町4丁目電停までと思ってもらえればよいかと思います。この区間の工事期間は来年3月までとなっていますが、先に示されている方針通り交通量の多い徹明町交差点直近の部分が最初に行われるもようです。最初に工事が行われるのは徹明町交差点を中心にして南(新岐阜側)は富士屋精肉店前あたりから、西(千手堂側)は徹明郵便局あたりまで。美濃町線側は清水写真館の前あたりまでのようです。この部分は1ヶ月くらいの工期のようです。

また長森本町(併用軌道から専用軌道の境界点付近)も9月15日着手予定のようです。こちらは夜間のみの工事のようです。

このほか冬までに優先的に撤去工事を行う主要交差点は、金町交差点、千手堂交差点、忠節橋南詰交差点、忠節橋北詰交差点、早田大通交差点の計7箇所とのことです。

これらの主要交差点の処理が終わると、次は岐阜市内路面部分の残りの区間、そして日野橋周辺(タイムリー付近から156バイパスの交差点付近まで)、白金付近(156手前の路肩を線路が走っている部分)、赤土坂付近(156小屋名交差点から赤土坂駅付近まで)、関駅付近(関駅手前の県道踏切周辺)が順次撤去予定です。

昨日(9/4)日中に、徹明町交差点へ名鉄の工事担当部署の方が作業前写真を撮影にきておられました。いよいよ本当になくなるのだと実感させられる場面でした。

【関連ページ kojiro-railway 1~13号館 市内線ほか画像や動画】

【kojiro-railway9号館にて、ここで紹介したもののほかにも廃線跡画像公開中】

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

2006090413063kd 2006090413004kd 2006090413042kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新岐阜駅前-2006.09月その1

パルコ閉店からはや2週間。パルコ跡の玄関にはバリケードがされ、現在はカラフルなペイントがされている。このペイントは岐阜出身の芸術家、日比野克彦氏が中心となって現在岐阜で進行中のイベントの告知を兼ねたものである。殺風景な廃墟を多少なりとも明るくさせている。

さて、新岐阜の駅ビルのほうはいま、外壁に沿って足場を組み、建物全体を囲いつつあるところである。内部は既に徐々に取り壊されているようで、囲いの設置が終わればいよいよ建物本体の解体となりそうである。

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

200609041320kd 200609041319kd 2006090413176kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳ヶ瀬 近況-2006.09月

柳ヶ瀬の人通りが減ってきている。というのは誰の目にも明らかなのだが...。

電車がなくなってから、通学の高校生すら寄り付かなくなり人通りの減少に拍車がかかったように思える。

平日の日中だとそれなりに人がいるのは高島屋の周辺くらいのもの。(画像①)

メインストリートであったはずの柳ヶ瀬本通はガラガラで目も当てられない。(画像②)

客足が減ったことで閉店する店が相次ぎ、さらに客が減るという悪循環はいまだ断ち切れていない。レンガ通りと呼ばれる神室町の東端あたりは特にひどい。メルサの裏..古くから岐阜になじみのあるかたにはベンテンドーの裏といったほうがわかりやすいか..。

釜飯萬両、ウォッチマン、センサ1、センサ2、マルトミ、長崎屋....比較的間口も大きく目立つ建物が連続するように並んでいたのだが、いまはすべて廃墟。再開発されるでもなく、借り手もつかず、何年もシャッターを下ろしたままの状態が続いている。間口が広いだけに余計に荒涼感が漂う。(画像③)

映画館の衰退...こちらは郊外のシネコンにまけた形なのだが、もう残っているのは東宝の火災後に建て替えられたシネックスとロイヤルだけである。東宝、松竹、豊富東映、ピカデリー、衆楽、自由、柳ヶ瀬劇場、ペルル...どこも残っていない。衆楽の跡地は高島屋の別館を建設中である。(画像④)

【関連ページ kojiro-railway16~20号館 岐阜の街いろいろの館】

200609041335kd 200609041333kd 2006090413282kd 200609041337kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/03

さあ天皇杯へ-FC岐阜

今日9月3日、天皇杯岐阜県予選の決勝が行われました。

FC岐阜は帝京可児高校を3-1で下し、無事天皇杯へ駒を進めることとなりました。

試合内容の詳細は既にあちらこちらで記事が上がっているようですし、NHKで生中継もされていましたのでので省きます。

3-1...1点失ったというのが...まあしかたないですね。相手の帝京可児高校も東海プリンスリーグを戦っているチームですし、そう簡単にはいかなかったというところですか。

むしろ、あれだけ攻めていてこれだけしか点をとることが出来なかったことのほうが、今後の課題として残ってくるような気はします。確実な決定力...以前から言われている部分なのですが、やはりここは克服を急がないとまずそうです。

さて、本戦の1回戦は岐阜へ広島代表の広島経済大学を迎えての試合となります。大学チームといっても、中国地区の大学1部リーグのチームですし、広島の予選を勝ち抜いてきたわけですから実力は相当なものでしょう。決して油断は出来ません。

9月17日 13:00キックオフ 場所は今日と同じメドウです。

この試合は小学生以上から有料となりますので、あらかじめ割安な前売り券を購入しておかれることをおすすめします。

FC岐阜、最初の全国大会の晴れ舞台です。ぜひ皆さんで応援に行きましょう。

(画像①メインスタンドは両端や前のほうは空席が目立ちました、にもかかわらず上方は立ち見の方が結構おられました。34度くらいの気温でしたから日向を避けた方も多かったようです。ゴール裏近辺にはじめての観戦といったような方が見受けられたのも日陰を求めてだったのかもしれません。②バックスタンド。帝京可児の応援団も結構がんばっていました。スポンサー看板も無事に立っていました。③試合中の選手達。④ゴール裏のサポさんたち。⑤無事優勝を決め声援にこたえる選手達)

2006090315263kd 2006090315265kd 2006090315266kd 2006090316592kd 2006090316582kd

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/02

徹明町・線路撤去9/6着手へ-岐阜の路面電車

先日、線路の撤去方針が示された岐阜の路面電車の廃線跡。いよいよ来週から撤去工事が本格化する。

先日撤去方針が示されたのは主に岐阜市内線と美濃町線のいわゆる路面電車だった部分、道路の真ん中に線路があったりする部分である。揖斐線や美濃町線の専用軌道部分、早い話が踏み切りの存在したような区間は当面後回しのようである。路面電車部分の中でも、カーブや渡り線などが存在する交差点や、交通量が多い交差点が優先的に撤去されるようである。主要交差点は冬が来る前に撤去工事完了予定である。

さて、最初に撤去され姿を消すことになりそうなのが、岐阜の路面電車の顔、代表的な交差点の筆頭であった徹明町の交差点である。交差点内のカーブ、分岐ポイント、渡り線などが集まっている交差点である。岐阜市のど真ん中で、交通量も多い。この交差点近辺に工事予告の看板が数多く立てられた。

「線路撤去および撤去後の道路舗装」

作業開始日は9月6日。来週の水曜日である。

決して道幅は広くないため工事中は片側交互通行になるようである。あの交通量で交互通行...。しばらく街中は渋滞しそうである。

往年はダイヤモンドクロッシングの交差点を次々に電車がとおり、街もにぎわしかった。岐阜の顔とも言えた交差点から線路が消える日は近い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これも知名度が上がった弊害なのか-FC岐阜

FC岐阜の知名度が上がってきた弊害というかなんというか...。

某板のFC岐阜スレで、匿名性を武器にして言いたい放題、無理難題や誹謗中傷をする方が増えてきているようである。あの板は速報性は高く、情報を集めに時々のぞきにいくのだが、板の特性もあって様々な発言がある。考え方が人それぞれなのはわかるが、最近の発言内容を見ていると目に余るものが時々見受けられる。もちろん真面目な意見も数多くあるし、全ての発言者がどうというわけでは決してないのだが、少しひどいような気がする。

コアサポを代表するような形で様々な発言に応対しておられた方がいるのだが、さすがにあのやり取りを見ているとかわいそうである。現地でお会いになったことがある方はおわかりと思うが、たいへん一生懸命応援されている。少しでもリピーターを増やそうと声掛けも積極的になさっている。試合を見に来ることかなわなかった方々のために試合内容の速報もしていただいている。そのうえ某板の発言の対処までされているのである。頭が下がる思いで見ていた。コアサポでもなく、試合も必ず毎試合観に行くというわけにはいかない私のような、「ただのサポ」があまり踏み込んだ意見を言うのもなんだと思うのだが、あまりにも目に余ったため今回は記事にすることにした次第である。

同様に某板で誹謗中傷を受けておられる某氏。彼の存在がなければ、そもそもこのチームが現在の位置にいることすら出来なかったという現実を、無責任な発言をしている方々はご存知なのだろうか。様々な経緯があったにしろなんにしろ、スポンサーを集め、選手を集め、自治体と交渉し、金銭的に足りない部分の立替までしてチームをここまで持ってきたのは間違いなく彼の手腕によるところが大きいと思う。少なくとも非難されるべきではないだろう。

意見や考え方をチームやコアサポの方々などに発言すること自体は悪くない。というより、それは必要なことだと思う。しかし、匿名性を利用して無責任な発言をするのは控えられたほうがよいのではないだろうか。決してチームにプラスにならないような気がする。もちろん某板の意見の中でもコアサポの方やチームスタッフの方の目に留まるような意見もあるだろう。真面目な意見であれば参考にはしていただけるだろう。ただし、全ての意見が通るわけでは決してないし、もちろん返答を期待するものでもないだろう。匿名の意見はあくまで匿名の意見でしかないのである。

かくいう私も、かつて私のホームページの内容(そのころはまだFC関連の記事はなく鉄道系中心で骨格を組上げている頃だったが)に関していろいろ書き込まれたこともあれば、URL・メアドまでさらされたこともある。好意的にのものもあれば、逆に批判的なもの、なかには明らかに悪意をもってと見受けられるものもあった。いろいろな受け止め方があるものだと思い、基本的に返答等はしなかったが、やはりいい気のしないことは多々あった。今回槍玉に上がってしまった方々も、決してくじけないでほしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

西濃運輸、力尽きる-都市対抗野球2006

都市対抗野球に東海地区の代表のひとつとして参加した西濃運輸。

残念ながら昨日の2回戦で敗れたそうだ。

1回戦では白熱した投手戦を見せた西濃運輸。2回戦の相手は初戦で16安打17点と大爆発の強力打線を誇るJFE東日本。この苦戦が予想された相手に対し投手陣が踏ん張り、3-0と絶好の形で9回2死までこぎつけ、あとアウトひとつで8強...。

ここで相手打線が爆発。9回2死から3点を取られ延長に。

そして11回裏2ランホームランを打たれ、西濃運輸の熱い夏は終わった。

まるで熱戦の続いた今年の甲子園のような劇的な幕切れだった。

結果は残念だったが充分全国大会で力は発揮できたと思いたい。

また来年...がんばろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯、県予選は最終盤-FC岐阜

天皇杯の各県予選も最終盤。今日明日で全ての都道府県の代表が出揃う。

近県では愛知県は今日、三重・滋賀・長野・北陸三県などは明日が決勝である。

岐阜は明日9月3日が決勝。FC岐阜と帝京可児高校が代表の座を賭けて戦う。

実力的に見てどう考えてもFC岐阜有利だとおもうのだが、相手もプリンス二部で戦っているチームでもあり決して楽はさせてもらえないだろう。西濃運輸廃部以来、二種のチーム(高校生)が天皇杯の県代表の時代が続いたが今年は久しぶりに一種チームが代表になりそうである。

決勝戦は明日9月3日、15:00キックオフ。長良川球技メドウ。入場料は高校生以上800円、中学生以下無料。お近くの方はぜひ現地まで。

現地への都合がつかない方は、NHKの生中継で応援しましょう。

がんばれFC岐阜。

【これまでの試合結果と今後の日程詳細をチャート化したもの】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

Top060828_2 Top060827_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/01

名鉄八百津線跡テレビ放映予定

レールバスの走る路線として知られた名鉄八百津線が廃止されて5年。

CBCテレビにて廃線跡の映像が流されるようです。

本日9月1日、夕方の「イッポウ」内、おそらく以前から鉄道系の話題が数多く流されてきた時間帯(18:20ごろ)だろうとは思いますが番組の編成上時間が前後するかもしれません。番組自体は16:54スタートですので場合によっては17時台の放映ということもあるかもしれません。

CBC放送エリア内の方で興味をお持ちの方はぜひ録画のじゅんびを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »