« ローソンでサイン会-FC岐阜 | トップページ | 楽勝とはいかず、駒苫-高校野球・夏の甲子園2006 »

2006/08/10

オシム・ジャパン初戦

オシム・ジャパンの初戦、トリニダード・トバゴ戦が行われた。

2-0の勝利。

あちこちで山のように書かれているので、感想だけ。

前半は、集まってから日数が短い割りによくがんばってるという印象だった。

後半は、う~ん...

あれでは、もう少し格上の相手だったらまず勝てないのではないだろうか。

終わりが近づくにつれて足が止まってくる..。

いつぞやの試合のように、魔の数分のパターンではないか。

まだまだ問題点は多そうである。

むしろ、初戦の昨日は負けたほうが良かったのではないかという気がする。

「まったく歯が立たなかった」というところからスタートしたほうが最終的には強くなれるような気もする。

とにかく船出である。

狭く高いハードルを目指して。

|

« ローソンでサイン会-FC岐阜 | トップページ | 楽勝とはいかず、駒苫-高校野球・夏の甲子園2006 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

褒めて鼓舞することも必要だと思いますし、決してそれが悪いことでもないのですが、船出したばかりの体制ですし厳しい見方をして、より高いレベルを目指して欲しいと思ったりします。
あのチームはあくまでも世界レベルで通用するようにならなければならないですからね。

投稿: kojiro-railway | 2006/08/11 23:27

こんばんは~

あの試合を見ていた感じは、相手も弱そうに見えましたよ。
日本もスピードは無かったけど、相手も無かった。
やっぱり格下の相手でしたか?
見ててもそんな感じでした。
あまりメディアの褒め言葉に乗らないほうが良いかもしれませんね。

投稿: まるこ姫 | 2006/08/11 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81310/11363779

この記事へのトラックバック一覧です: オシム・ジャパン初戦:

» オシムジャパン、白星発進! [Dra☆mode]
{/star/}日本2−0トリニダード・トバゴ 試合経過ゎ{/arrow_r/}こちら{/arrow_l/} {/shootingstar/}日本代表 出場メンバー{/shootingstar/} GK:川口能活(cap) DF:田中マルクス闘莉王、坪井慶介→栗原勇蔵(後半16分) MF:田中隼麿、駒野友一、鈴木啓太、長谷部誠→中村直志(後半29分)、山瀬功治→小林大悟(後半11分)、三都主アレサンドロ→坂田大輔(後半41分) FW:我那覇和樹→佐藤寿人(後半21分... [続きを読む]

受信: 2006/08/10 22:57

» ≪オシムジャパン≫三都主の2得点で初陣飾る [局の独り言。]
サッカー:オシムジャパン、三都主の2得点で初陣飾る 【日本・トリニダードトバゴ】前半17分、フリーキックを決める三都主(左)  サッカーのキリンチャレンジカップ2006は9日、雨の東京・国立競技場で行われ、日本代表は2-0でトリニダード・トバゴ代表を降し、... [続きを読む]

受信: 2006/08/11 08:02

« ローソンでサイン会-FC岐阜 | トップページ | 楽勝とはいかず、駒苫-高校野球・夏の甲子園2006 »