« 次は決勝-FC岐阜 | トップページ | 番付発表-大相撲秋場所 »

2006/08/28

西濃運輸・投手戦を制す-都市対抗野球2006

都市対抗野球ではおなじみのチームといってもいい西濃運輸が今年も東海地区の代表として出場している。昨日27日に初戦を戦った。

相手は優勝候補の一角といわれているJR九州。不利な戦いになるかと思われたが、走者を出しながらもお互いの投手が要所を締め、1点を争う投手戦となった。0の行進が続き、6回裏、西濃清原選手のソロホームランが結局そのまま決勝点となった。ヒットは両チームあわせても9本という締まった試合だった。

西濃運輸、次戦は9月1日第一試合。JFE東日本と日本新薬の勝者と対戦である。

甲子園と同様に地域対抗のスポーツは、なんとなく地元のチームが出ていると応援してしまいますよね。

|

« 次は決勝-FC岐阜 | トップページ | 番付発表-大相撲秋場所 »

スポーツ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81310/11642563

この記事へのトラックバック一覧です: 西濃運輸・投手戦を制す-都市対抗野球2006:

» ■都市対抗野球を考える■ [■今の世界と野球界と私を考える■]
________________________________ 「名球会へのカウントダウン!」 前田智徳 通算2000本安打まで、あと135安打 新井貴浩?通算2000本安打まで、あと1223安打 東出輝裕 通算2000本安打まで、あと1453安打 栗原健太 通算2000本安打まで、... [続きを読む]

受信: 2006/08/28 10:04

« 次は決勝-FC岐阜 | トップページ | 番付発表-大相撲秋場所 »