« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の41件の記事

2006/07/29

仕掛け花火-FC岐阜

今日、岐阜長良川河畔で中日花火大会が行われ、キリンビール様提供による「FC岐阜仕様」の仕掛け花火が行われました。

動画を撮影してきましたのでよろしければごらんください。

【関連ページ kojiro-railway14号館 仕掛け花火動画 公開中】

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

静岡FC引き分ける-FC岐阜

2位の静岡FCが引き分けました。

FC岐阜が東海地域1位通過にむけて一歩前進した形になります。

現在の勝ち点差は8。残り試合は岐阜が3、静岡が4。岐阜が3試合中2勝すれば、もう追いつかれることはありません。

マジック2です

仮にこの先1勝1分1敗などということになったとしても並ぶだけ。得失点差は11岐阜がリードしています。

まだまだ気は抜けませんが、全国大会がもうすぐそこまで迫ってきました。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シード校全滅-高校野球岐阜大会

高校野球岐阜大会は準々決勝が行われた。

シード校が全滅となり、4強に残ったのは公立校ばかりとなった。

注目の県岐阜商-中京の試合は追いつ追われつの展開の上、結局県岐阜商が勝利を手にした。エース金森君は連投であったが、さすがに消耗しているように見えるもののなんとか乗り切った。

ここまで打線爆発だった清翔は2点に抑えられ敗退。可児がここまで勝ち残ったのは10年ぶり。進学校であり文武両道といったところ。

大垣商は最初中津商に0-4とリードされたが、逆転勝利。市岐阜商は大垣日大を無得点に抑え勝ち上がった。

準決勝の組み合わせは今日29日に抽選される。今日は休養日である。

準決勝は明日。決勝は31日である。どちらもNHKで中継される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/28

いよいよレールが撤去されるようである-岐阜の路面電車

岐阜の街から路面電車が消えて、1年半近くがたとうとしている。痕跡はレールと郊外部分のホーム、路面部分の電停の緑色のペイントぐらいになってきている。

名鉄600V線区としての役目を終え廃止され、その後復活を目指すグループの動きもあるものの、名鉄・自治体ともに難色を示し実現は困難である。

そんななか、昨日7/27に「レールの撤去について近々名鉄側と合意の見通し」であることが岐阜県側からあきらかになった。安全上放置できないとの理由で撤去に踏みきるようである。レールの撤去は名鉄負担、道路舗装は県負担ということで合意となるようである。協議は最終的な詰めの段階まで来ているという。

復活を目指した申請の審査にも大きく影響するだろう。撤去が合意となった時点で申請は却下となる公算が大きい。

廃線跡の姿を記憶にとどめたい方はお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/07/27

尾藤、散る-高校野球岐阜大会

岐阜大会は4回戦が行われ、注目のカード「岐阜城北-県岐阜商」の試合が行われた。

結果は5-3で県岐阜商の勝ち。尾藤の奮闘むなしく逆転サヨナラホームランによる幕であった。7回までは3-0で岐阜城北がリード、このままいけるのかともおもったが8回に尾藤が捕まり3-2に、そして9回サヨナラ3点ホームランを打たれたのである。

春に続けての旋風を起こすことは出来なかった。故障上がりの尾藤も残念ながら万全の調整が出来たわけでもなかった。決して満足のいく出来で望めたわけでないのは確かである。4回戦という位置で県岐阜商と当たるというくじ運もあった。本来なら決勝や準決勝で当たるような組み合わせである。

全国の尾藤ファンの皆さん。残念ですがもう尾藤が三振をとる姿を見ることはかないません。

今日の試合では残念なことがひとつ。最後のホームランの走塁について、判定の解釈から少しもめたようです。バッターランナーがホームインする前にベンチから喜びで飛び出した選手と触れたことを巡っての判定に、異議を唱えた城北が挨拶の整列もせずベンチに下がって抗議を行い、30分ほどもめたようです。一応審判団の見解としては、「ホームランということもあり選手のプレーに手助けしたわけではない」ということで判定が覆ることはなかった。判定が覆ったところで点差が1点縮まるだけ。サヨナラ負けには変わりはないのですが、この抗議を見苦しいととるか、当然の主張ととるかは意見の分かれるところでしょう。なおこの件については両校が県高野連から厳重注意の処分を受けました。

さて今日行われた試合はこの試合を含め8試合あったのですが、予想外の展開になった試合もあり、コールドゲームも4試合ありました。中でも岐阜総合がよもや5回コールドで負けるなどとは予想だにしませんでした。清翔の打線、はまると怖いですね。

さあ、明日は準々決勝です。県岐阜商-中京、可児-清翔、市岐阜商-大垣日大、中津商-大垣商の4試合です。注目はやはり県岐阜商-中京なのですが、岐阜第一、岐阜城北と有力校と連戦してきた県岐阜商の消耗度が鍵となってきそうな気もします。

29日はお休み。30日準決勝。そして決勝は31日の予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/07/26

あと4つの白星-高校野球岐阜大会

夏の甲子園、高校野球岐阜大会は3回戦が終わり16強が出揃った。

おおよそ予想された面子が勝ち進んできたといえる。組み合わせに恵まれず、勝ち進む力がありながら消えていったチームは2~3あるが、さほど大きな番狂わせはここまで起きていないといっても良いだろう。

さて、明日は4回戦8試合である。組み合わせは下記のとおり。

岐阜城北-県岐阜商

中京-麗澤瑞浪

岐阜総合-清翔

可児-各務原

大垣日大-大垣西

市岐阜商-本巣松陽

美濃加茂-中津商

大垣商-武儀

注目はやはり岐阜城北-県岐阜商の試合だろう。こんなところで当たるのはもったいないような組み合わせである。どちらが勝ってもおかしくないといったところなのだが、勝ち進むとおそらく次は中京と当たることになるだろう。決勝にたどり着く前に消耗しきってしまうのではないかと心配である。昨日は32度、今日35度、今日は最高気温のベスト10に岐阜県内が5地点も入っている。明日も35度くらいまで上がりそうである。猛暑の中連戦が続く。

あと4つ白星を並べたチームが、夢舞台に立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/07/23

昇進は見送り-大相撲名古屋場所千秋楽

白鵬・雅山。ともに勝ちました。

星勘定的には二人とも基準はクリアしました。

しかし昇進は見送られました。

「もう一場所様子を見る。」放駒審判部長談。

ふたりとも、あとひとつの星があれば...文句なしだったのですが。

来場所こそは文句なしに決めてもらいたいところです。

しかし、結びの一番はいい勝負でしたね。白鵬がもう立派に横綱相撲を取れることを実証したようなものでした。館内を舞う座布団の雨。割れんばかりの大歓声。誰もが横綱誕生と思ったことでしょう。見送りの発表には、賛否両論あるかと思います。横審内からすら「かわいそうだ」の声がでるほどなのですから、心情的には上げても良かったのではと思います。朝青龍はともかくとして、それ以前に横綱となった数人や、現大関陣のように頻繁に負け越したりするようなことがあり、昇進に慎重にならざるを得ないのもわからないでもない。いわば二人は、割りと近い過去に昇進を果たし、そして満足のいく結果を出すことができなかった先輩達の犠牲になったともいえなくはない。数字的にはその先輩達と同レベルかそれ以上なのだから。協会側も、過去の失敗を反省して、数字がクリアしただけでは上げないという断固とした姿勢を打ち出したといえる。今後の昇進はかなりのレベルが要求されることになるだろう。

しかし、個人的には二人とも上げて欲しかった...

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今日は8-0で勝利-FC岐阜

タイトルにありますように、今日名古屋で行われたFC岐阜-中京大の試合は、FC岐阜が8-0で勝利をおさめたそうです。

得点者は和正・片桐・森山・田澤・片桐・小島・片桐・田澤とのことです。

片桐選手ハットトリックですね。今夜の柳ヶ瀬のトークショーが見ものですね。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柳ヶ瀬は大騒ぎ

今日..いや、日付が変わってしまったので昨日ですか。柳ヶ瀬はサマーフェスタなるイベントでたいそうな賑わいでした。

FC岐阜のトークショーは別記事にしましたのでそれ以外のところでは、浴衣コンテストに吹奏楽の演奏、中日ビル(元近鉄百貨店)付近では盆踊り大会。

そして一番大騒ぎだったのが阿波踊り!柳ヶ瀬のアーケードの中を練り歩いての大騒ぎでした。ギャラリーもここが一番多かったような(笑)。

普段は店の閉まる時間が早くて不評な商店街もこの日は申し合わせて9時まで営業。日ノ出町通りは照明をわざと落としてキャンドルがともしてあったり、あちこちに屋台がでたりしてお祭り気分一色でした。

ひさしぶりに活気のある柳ヶ瀬を見た気がしました。

2006072219243kd 200607221926kd 200607222023kd 200607221919kd 200607221922kd 2006072219242kd 200607222026kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/22

今日のイベント-FC岐阜

今日は午後にインフォレストというドコモのショップでFC岐阜のトークショーとサイン会が行われました。もともとここにはFC岐阜関連のブースがあって、情報発信がされているのですが、今日は選手4名を招いてのイベントと相成りました。

ちょっと早すぎるかなぁとか思いつつ、13時すぎ位にいったのですが、整理券番号がすでに40番!店内には数名しか客は見当たらない(笑)。とりあえず券だけ貰ってオーキッドかどこかで時間をつぶしている方が多いのかな。まあ、とりあえず間に合ってよかった。

さて14時半すぎからイベント開始。参加選手は小峯・小島・片桐・李の4名。トークショー、リフティング大会、サイン会と進み、なんとそのあとは選手と一緒に記念撮影会。いやあなごやかでよかったです。

さて、夜の部。柳ヶ瀬のサマーフェスタのイベントのひとつとして、FC岐阜トークショーが行われ、こちらは平岡・北村の2名。こちらも和やかな雰囲気でした。昼のような色紙を使ったサイン会といった感じではなかったのですが、じゃんけんあり、クイズあり、リフティング大会ありで、当たった人などにはサイン入りのボールがもらえました。もっとも数は少なかったですけどね。もちろん...あたりませんでした(笑)。

でも、ひととおりイベントが終わったあと、即席サイン会状態になり、Tシャツ、レプユニ、そのたもろもろ、思い思いのものにサインしてもらう観客。笑顔で全て対応してくれた両選手。記念撮影にも気軽に応じておみえでした。

こうやって少しずつ地域に根付いていくっていいですね。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

200607221524kd 2006072219283kd 200607221943kd 200607222002kd 200607222020kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あら、びっくり-FC岐阜

久しぶりに晴れたので、近所の公園で先日の抽選でいただいたフラッグを開封してみた。天気がずっと悪かったこともあり、貰ってきてから封もあけずに放置してあったのである。貰ったときに係りの人がサイン入りだと言ってみえたので、誰のサインかなぁと期待して広げてみたのだが...

びっくり!

いや、ほんとに...。あら、あら..。

数えたら13個もサインが...。

背番号の判別できるものはどの選手のものかわかるのですが...

すいません、判らないのもいくつかあります。

大事に使わせてもらいます。というか、すでにチビたちが振る気でいます。

「こっちの旗と交換しない..?」

「やだ!」

「...」

やぶらんといてやぁ...

2006072211055kd

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日は大勝負-大相撲名古屋場所14日目

朝青龍が千秋楽を待たずに優勝を決めた。やはり2場所連続で優勝を逃すことはない。体調が万全でなかったのにこの成績である。さすがとしか言いようがない。

さて、白鵬は追走かなわず優勝することはできなかった。現時点で横綱と2差である。しかし単独で2位の位置につけていることも確かである。今年の白鵬が実に安定していることは誰もが認めるところ。昇進のラインは13勝以上での優勝もしくはそれに準ずる成績。明日、横綱との直接対決に勝てば13勝で星の差ひとつでの2位。これをどうみるか?

北の湖理事長は「審判部から話が来れば考える」とのこと。つまりまだ余地はあるということだろう。放駒審判部長も「明日勝てば話は出るだろう」とのスタンスである。つまり大方が白鵬は横綱の地位に耐えうると思っているということである。白鵬は明日の一番がまさに大勝負である。

さてもう一人の昇進がかかった力士、雅山のほうも明日勝てば10勝に到達する。星勘定からいけば、大関に昇進してもおかしくない数になる。そこで問題になるのは相撲内容だろう。今場所は大関陣が比較的好調なうちに取り組みが組まれた上、本人が妙に緊張していたため先場所までのような大関キラーぶりは充分には発揮できなかった。それでも白鵬・把瑠都・琴光喜・栃東などに土をつけており、先場所までの数場所を観てのとおり、実力的にはカド番が頻繁にやってくるいまの大関陣より余程安心してみていられる。そういったことも加味すれば、明日勝ちさえすれば充分議題に上ることも考えられる。明日の相手は今場所好調の玉乃島。おそらく三賞がかかってくるであろうとおもわれ相手も必死であろう。雅山、明日が正念場である。

三賞はどうなるだろう?優勝戦線に絡んだということから観れば玉乃島と玉春日なのだが..。玉乃島はあの位置では勝って当たり前な気もするし、玉春日はこのところ星が伸び悩みである。予想では、殊勲賞・技能賞は該当者なし。敢闘賞は玉乃島ともう一人、玉春日と時天空の勝ったほうにといったところではないだろうか。星数からいくと黒海をどうするかである。怪我人とはいえ栃東に勝っている事だし、明日勝てば敢闘賞がもらえるかもしれない。

さあ、明日は千秋楽。優勝が既に決まったあとでこれだけ盛り上がりそうなのも珍しい。終わってみれば皆が嬉し涙...となるといいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/07/21

今週末は-FC岐阜

先週末の長良川競技場はあの天気にもかかわらずいい感じの盛り上がりでした。

余韻もさめやらの中、今週末23日はアウェイといっても比較的近い、名古屋市港サッカー場での試合となります。岐阜からでも1時間くらいでいける場所です。あおなみ線を使って「なんとなくまとまって応援に行こう」という感じの列車ジャック作戦(笑)もあるようです。現地は駐車場もほとんどなさそうですので観戦される方はこの列車に乗ってみてはいかがでしょう。あおなみ線の名古屋駅発09:45の最後尾車両になんとなく集まって行くそうですよ。

さて、今週末は他にもイベントいっぱい。まず22日14:30からはインフォレスト岐阜でトークショーとサイン会。参加選手は片桐・小島・小峯・李の4名の予定。サイン会&握手会は先着100名だそうです。来場者にはもれなく下敷きのプレゼントがあるそうです。場所はオーキッドパーク横のNTTドコモビルのなかです。

同じ22日の19:00からは高島屋前にて柳ヶ瀬商店街のイベントの一環としてFC岐阜選手のトークショー。平岡・北村の両選手が参加予定。

試合後23日の19:00からは同じく高島屋前にて伊藤・片桐両名によるトークショーです。

お近くの方はどうぞ覗いてみてください。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

200607210701101 Natu2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相撲になっていない-大相撲名古屋場所12日目

優勝争いは既に争いという域ではなく、横綱でほぼ決まりであろう。この段階で星の差が2つある上、たとえ白鵬が勝ったとしても魁皇・千代大海の今の調子を見る限り横綱に土はつけれないだろう。

白鵬が横綱にも勝って13勝、現在2敗に並んでいる玉&玉コンビがもう一歩後退して3敗となれば、単独1差なら昇進が話題くらいにはのぼらないものかとかすかに期待している。現実問題としては難しいのかもしれない。あわててあげる必要はないという意見もわかる。ただ、一相撲ファンとしてもうそろそろ横綱は二人になっても良いのではとも思うし、白鵬ならばそう大崩をするでもなく安定しているので、過去にあったような弱い横綱にはならないと思うのだが...。

さて、怪我をした大関二人。まったく相撲になっていない。大関の責任として土俵に上がるという気持ちはわかる。だがあまりにも相撲内容が見苦しい。千終楽のこれより三役で見たくなるようなレベルの相撲はとても取れそうにない。千終楽の結びが白熱しそうなだけに、その前にふがいない相撲を見たくないと思うのは私だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/07/19

天皇杯日程発表-FC岐阜

天皇杯本大会の日程と組み合わせが発表された。

FC岐阜が県大会を無事に突破できれば。いや、まず突破できるだろうとは思うが、あくまでも岐阜県代表のチームがどこと当たるかという組み合わせである。

1回戦は開催場所はメドウ。9月17日である。対戦相手は広島県代表。

2回戦は開催場所大和。9月23日。対戦相手は神奈川県代表。

3回戦は開催場所群馬。10月8日。対戦相手はザスパ草津。

ここまでが発表された。

広島、神奈川...ひょっとするとJ1のユースチームが来るかもしれない。なめてはかかれない。

しかし、もし上手く歯車がかみ合って3回戦も突破などということになれば、10月13日からの全社にむけての勢いが増す。

地域決勝は4回戦のあとである。さすがに4回戦を突破などということはまずないだろうが、地域決勝へ向けてのいい経験にはなるだろう。

県決勝すら終わっていないいまの段階では、まだ絵空事に過ぎない。だが、夢は手が届かない場所にあるわけでもないのである。

がんばろうFC岐阜。岐阜から空前の旋風を巻き起こそう。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

【関連ページ kojiro-railway14号館 天皇杯各県予選戦況】

Top060602_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大幅順延-高校野球岐阜大会

このところの豪雨で、丸二日間全試合が中止となった高校野球岐阜大会。

日程の大幅な組み直しが行われた。

次の開催日は22日。丸5日間隔があくことになる。順延中止の繰り返しだったこともあり、選手の調整しなおしに配慮したためと思われる。開催場所も岐阜、大垣、各務原の3球場に集約。移動を極力抑えた日程となった。

注目の岐阜城北は順当に行けば、県岐阜商、中京と強豪同士のつぶし合いとなる。甲子園はまだまだ遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫か-大相撲名古屋場所11日目

把瑠都が千代大海を破った。これで大関3人と当たって2勝である。立会いからの変化。まあ決して内容的に立派なわけではないのだが、よもや変わるとは思っていなかったため効果覿面。千代大海は勢いあまって体勢を不利にし土俵を割った。このとき千代大海が足を痛めたようで心配である。

白鵬は無難とはいかないまでも琴欧州を寄り倒しての勝利。

朝青龍も栃東を破った。この取り組みでも栃東が土俵を割ったときに足を痛め、こちらは歩くのもままならないほどであった。同じところを痛めたようなので千代大海以上に心配である。大丈夫だろうか。かなり痛そうだったが..。とりあえず勝ち越しは決めていることだし、無理せずに明日から休んだほうがいいような気がする。

さて優勝戦線は、1敗だった3人がそろって破れてしまい朝青龍の独走態勢になってきた。今日栃東が勝っていれば展開は混沌とするところだったのだが...。

残り4日間で横綱が2敗する可能性は限りなく低い。対戦相手は琴欧州、魁皇、千代大海、白鵬の4人だが、横綱に勝てるかもしれないのは白鵬くらいのものだろう。ただ、千代大海がもし休場となった場合おそらく代わりに当たるのは把瑠都。そうなると展開がわからなくなる。万が一ということもありうるだろう。足に不安のある千代大海が横綱と当たっても結果は目に見えている。おそらくファンも把瑠都戦を観たいだろう。白鵬はチャンスをものにできるだろうか。今場所も結局キーマンは把瑠都になってしまったようである。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

いよいよ終盤戦へ-大相撲名古屋場所10日目

名古屋場所も10日目が終わった。名古屋は雨が降り続いている。異常な暑さのあとにきた長雨でやや涼しめの気温である。力士の方々には体調を壊さぬように気をつけてもらいたい。

さて注目の白鵬-把瑠都は白鵬の勝ちとなった。やはりまだまだ総合的に見ると白鵬のほうが上ということか。なんとか首の皮一枚つながった状態が続く。

雅山-朝青龍は...朝青龍の勝ち。当然といえば当然なのだが..。横綱、今場所は取り口がいつもより早いような気がします。万全の体調でないなりに上手にとっていますよね。雅山は横綱を倒していれば印象も変わってきたのでしょうが...これで今場所の大関獲りはほぼ失敗とみていいでしょう。残念ですが...。

下のほうでは、玉&玉コンビが絶好調!どうしちゃったんでしょう。9勝1敗....。玉乃島は番付が番付だけにまあともかく、玉春日がここまで勝ち進むと予想した人はまずいないだろう。おそらく本人や親方が一番驚いているのでは。とにかく、上とそうそう当たる位置でないだけに優勝戦線を面白くしそうである。

トップは横綱一人だけ。1差で千代大海と玉&玉コンビ。2差で白鵬、栃東。

2差...。白鵬自身と栃東または千代大海が横綱に土をつければ...淡い期待である。

さあ残りは5日間である。今日の結びの一番、朝青龍-栃東戦が白鵬の命運を握る。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006/07/18

9人だけの野球部-高校野球岐阜大会

15日に開幕した高校野球岐阜大会。15日は開会式後の一試合のみ、16日は雨の中14試合が行われ、2試合が延期となった。17日は朝から大雨で全試合延期である。今日も雨が降り続いており延期の公算が高い。いきなり日程の消化が心配である。

さて岐阜で注目といえば、やはり春の甲子園で大活躍した岐阜城北だろう。甲子園後に故障で離脱していた尾藤君も戻って来たことであり期待したい。しかい前にも記事にあげたとおり組み合わせがたいへん難しいところである。強豪校がかたよっているのである。最初の試合は16日に行われた。相手が格下だったこともあり尾藤君は温存。種田君-山下君と甲子園でも見た2番手3番手の投手の継投で9-0、7回コールド勝ちをおさめた。2人とも尾藤君のいない間がんばってきただけにだいぶ成長したように思えた。頼もしい限りである。

他には、これまでに県岐阜商、中京、岐阜総合、岐阜第一など甲子園にも出たことのあるような有力校は順当に勝ちあがっている。が、昨秋県大会3位、春の県大会ベスト8の帝京可児が初戦で消えた。意外である。

話題といえば、タイトルにもあるように部員9人だけというチームが16日の試合に登場した。はるか昔甲子園で話題になった中村高校の24の瞳よりはるかに少ない、18の瞳である。

岐阜各務野高校。割と新しい学校である。聞いたことのない方が多いだろう。

岐阜女子商業といえばおわかりだろうか。ホッケーでは全国トップレベル、先日のオリンピックにも選手が出場していた。バレーボールなども全国大会によく出ていたので名前を聞いたことのある方も多いだろう。この女子商業と各務原東が統合されてできた新設校なのである。当然女子が多い。

野球部は昨年夏3年生が抜けたあと、4人となり試合にも出れなくなった。試合に出れないのに嫌気が差して1年生が2人辞め、2年生の2人だけで守ってきたチームなのである。ことしになり新1年生が5人入り、他の部からの助っ人2人をあわせて9人ぎりぎり。なんとか試合に出てきたのである。全員で練習したのはほんの1ヶ月。もちろん勝てるわけがない。それでも2点取った。チームを守ってきた3年生2人の夏が終わった。部員は1年生5人だけになる。このままではおそらく秋の大会にはまた出られない。それでも野球部の灯を消さないために受け継がれていくのだろう。がんばれ岐阜各務野。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鵬がけっぷち-大相撲名古屋場所9日目

白鵬が...2敗目を喫した。負けた相手は、大関獲りががけっぷちに来ている雅山。相手も実力者であることには違いない。白鵬の昇進ラインは13勝以上での優勝もしくは準優勝。もちろん優勝ならば文句なしだが、準優勝だと内容も問われる。初日はプレッシャーということで大目に見られても、雅山戦は評価対象になる。いまから先全て勝つことが絶対条件となる。横綱戦、大関戦の全てにである。そうすれば少なくとも上にいる栃東と千代大海はおなじ2敗のラインまで下がってくる。あとは横綱と下位の2力士。この3人に対しては他力本願となる。つまり可能性は残っているものの、ごくわずかである。黄信号どころか赤の点滅といった感じである。まさにがけっぷち。

雅山もあとがない。残り6日間全勝でないとおそらくだめである。ここまでの4敗が内容が良くないため、10勝ではおそらく見送りである。まだ栃東戦、横綱戦が残っている。こちらもがけっぷちである。

把瑠都は良くも悪くもといったところか。ここまで3敗。かと思えば、今日のように琴欧州に勝ってしまったり。力任せで荒削りだが、やはりあなどれない。まだまだ上位との戦いが見ものである。横綱大関といえども、上手に捌かないと...

下位では玉乃島が元気である。というかこの位置ではさすがに強い。展開しだいでは大関戦ありかも。

さて、露鵬はその後3日間の出場停止処分を受けている。軽いと見るか重いと見るかは人それぞれだろう。もちろん親方も指導責任で減俸3ヶ月の処分を受けた。この件で北の湖理事長が「カメラマンの側にも非があるのでは」と発言したことでまだこの問題、しばらく後日談がつきそうな気配である。

さあ今日10日目は面白い取り組みがいっぱい。

やはり最大の注目は「白鵬-把瑠都」!

他にも千代大海-琴欧州、栃東-魁皇、朝青龍-雅山。

平日の取り組みにはもったいなすぎる感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/07/16

雨中の決戦-FC岐阜

FC岐阜夏祭り20000人動員計画。矢崎バレンテ戦が長良川競技場で行われました。

あいにくの雨模様の天候の中、多くのご声援ありがとうございました。

夜半から降り続いた雨は朝8時半頃まで降り続き、絶妙のタイミングで上がった..かと思われたが、12時半頃にバケツをひっくり返したかのような雷付きの豪雨!

あぁ~...客足がとまるぅ~...

ほんの20~30分くらいのものだったが結構降った。現地ではもうサポさんたちが準備にかかっているはず。大丈夫だっただろうか。

駐車場が既に込み合っているということだったので、バスで現地に向かう。ちょうどチームバスが到着したところだった。試合開始の90分くらい前である。客足は...前回のメモリアルのときよりは多そうだが、出足が遅いのは岐阜の特徴か?ひょっとしてさっきの雨で出かけるのをやめた人が多いのか。心配である。

試合前にも小雨がぱらつく。お客さんは徐々に増えている。このペースなら前回は越えそう。

試合開始。雨は降ったり止んだり、時折傘が欲しいくらいに降るときもある。

スロースターターの岐阜がなんと前半に3点!いい形になってきた。

客足は..なんかどんどん増えてる。メインスタンドは前回並みの入り。屋根のない前のほうも傘を差しての観戦。前回と違うのはバックスタンドが結構な入りなことか。ゆったり観ようという人はあたりまえにバックスタンドへ向かうのだが、それ以外にも屋根を求めて結構早い時間からバックスタンド上段部へ向かう人が多かった。屋根下はぎっしりである。そしてゴール裏の人数が大増殖。前のほうのコアサポさんたちの人数自体もかなり増えているが、その後ろに応援しようとやってくるお客さんが前回とは比べものにならないくらいいた。なんかいい雰囲気である。

後半は、雨の降っている時間のほうが長かった。というかほとんど降っていた。80分過ぎには照明に灯が入るような天候だった。

それにしてもよくカードを出す審判だな。肝心なときは観てないようだし...

FC岐阜に対して4枚の黄紙が飛んだ。中尾、平岡、松江、田中。平岡、松江の両名は累積3枚になってしまったため次節は出場停止である。

チームのほうも攻めるには攻めるが、なかなか点に結びつかず1点どまり。

FC岐阜は無事4-0で勝利をおさめました。

この天気で12600人もの方が集まったのはすごいと思います。12:30頃の土砂降りの雷雨がなければもう少し伸びたと思うのですが、これは恨んでも仕方のないこと。この天気でこれだけ集まったのだから、プロ野球開催の16000人を狙うのはまんざら無理な夢物語でもなさそうである。当然20000人という計画は目標としてはなかなかいい線だったということである。

リーグ戦のほうはしばらくアウェイがつづき、岐阜開催は最終戦の10/1メドウを残すのみ。満員のメドウで歓喜の大合唱といきたいところです。

岐阜で行われるFC岐阜の試合としては8/27と9/3にメドウで行われる天皇杯の予選があります。27日の相手は、片桐の母校「岐阜工業」です。天皇杯も絶対に本大会へ行きましょう。本大会の1回戦はメドウ開催予定のようです。

さて来週23日は名古屋市港サッカー場で中京大学FCとの試合です。お近くの方はどうぞ。金城埠頭の手前ですので岐阜からでもそう遠くはないですよ。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

(画像①悪天候にもかかわらず応援には多数の人がメインスタンドの前のほうは傘を差しての応援、画像②ゴール裏へ行ってみようという人もだいぶ増えてきました、画像③ゆっくり観たい人、屋根を求めての人、バックスタンドも結構な入りでした)

200607161545kd 2006071616084kd 2006071616086kd

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さあ夏祭り-FC岐阜

さあFC岐阜夏祭りの当日になりました。

天候は...まだ雨が止んでません(現在06:30くらい)。天気予報ではこのあと午前中はさらに雨脚が激しくなるとのこと。午後は小康状態、夜からまた雨とのこと。要するに降ったり止んだりらしい。時間別の予報を見ると、15~18時くらいは曇り、前後の時間帯は雨..。

あれ?デジャブ..?

確か前回の矢崎戦(メドウ)も直前まで雨、試合中は雨が止んでいたものの水が浮いた状態、試合後また雨だったような...。ということは、今日も試合中はなんとかもつ?..ことを信じてメモリアルに向かおうと思います。

このあと雨がひどくなるようだと高校野球は中止の可能性あり。駐車場が多少は余裕ができるのか?

いずれにせよ、念のために雨具は持っていったほうがよさそうである。試合の直前まで雨という可能性もある。となると座席に敷く敷物も必要かな?タオルももっていくに越したことはないか。着替えはどうしよう...。チビたちの分はもって行ったほうがいいかな。

こんな天候なので暑さは和らぎそうだけど子供用の水筒はこの季節は必携。

午前中に雨が止まないかな...。こんな天気だから海山系へのおでかけは見合わせた人が多いはず。早い時間に雨が上がりさえすれば、近場で行われるイベントとして客足が期待できる。

あめ~!止めぇ~!

7/16のメモリアルセンター行きバス時刻表、駐車場利用案内、駐車場地図はこちら

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

Top060716c_2 Top060716_5 Top060716b_1 Img002_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがにまずかろう-大相撲名古屋場所7日目

昨日は魁皇以外の上位陣は白星であった。魁皇が負けた相手も三役の稀勢の里であり、そう大きな番狂わせというわけでもない。

それはおいといて、千代大海と露鵬の行動がなんとも残念である。取り組み後に土俵下で口論、露鵬に至ってはその後風呂場のガラスは割るは、カメラマンは殴るは...。おいおい...。心技体はどこへいったねん。

取り組み後に下位力士の挑戦を退けた横綱大関が「出直して来い」的な意味合いで睨みつけることはよくあることだし、逆にこれはあってしかるべきと思う。しかし、昨日の千代大海のように、まるでけんかを売るように言葉を発するのはいかがなものか。大関なのだからあの態度はいただけない。品格を問われても致し方ない行動であった。

露鵬に至っては論外。口でケンカを売られたのだから睨みつけるくらいまでは許せる。しかし、昨日の行動はいくら意識せずにとはいえ相撲のそれも幕内上位にいる力士としてあってはならない行動だった。風呂場のガラスを割ったくらいまでなら「ヒートアップして..」ということで、厳重注意は受けるだろうがここまで大事になるほどではなかっただろう。むしろ武勇伝のひとつくらいになりそうな話である。が、カメラマンを殴ったとなると話は別である。カメラマンのほう側にもまったく非がなかったわけではないのかもしれない。カメラマンも仕事だから相手の不快そうな表情を撮らなければならないのもわかる。もう少し離れて撮れば..とかも思ってしまう。しかし、それで露鵬の行動が正当化されるわけではない。力士として部外者に手を上げるというのはあるまじき行為であることには違いがない。しっかり反省してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/07/15

いよいよ明日は夏祭り-FC岐阜

さあいよいよ明日ですよ!FC岐阜夏祭り!

20000人動員計画!

招待券はもう手に入れましたか?まだの方はお近くの中日新聞販売店まで急いでお訪ねください。当日はいろいろな賞品が抽選で当たりますよ。

おとといの中日新聞はごらんになりましたか?3面ぶち抜きですごかったですね。FC岐阜の選手のコメントも多数載っていて意気込みが感じられましたね。

明日試合当日の岐阜新聞にもFC岐阜の特集が組まれるようですのでご覧くださいね。なんでも日比野克彦氏の描いた「I LOVE FC GIFU」のイメージデザインも掲載されるそうです。ぜひご覧ください。日比野氏は明日の試合も観戦しに来岐されるようです。

さてここで重要なお知らせ。明日の試合ではメインスタンドの一部がスポンサーや来賓の方々用の関係者席として仕切られるようです。メインスタンド中央付近の300席ほどと、メインスタンドアウェイ側の記者席部分。両方あわせると400席くらいだろうと思います。その分一般利用できる席数が減りますのでご注意ください。

もうひとつ重要なお知らせ。明日はFC岐阜の試合は午後からなのですが、メモリアルセンター一帯では朝から様々なスポーツの大会が行われます。それも参加人数・応援の父兄等の数が多そうな競技ばかりです(高校野球・水泳・テニスなど)。駐車場も相当の混雑が予想されます(というか朝から埋まる可能性もあります)。もちろん入れ替わりも多少あるでしょうから運がよければ停めれるかもしれませんが、バスでも来れない事はないという方はよくご検討ください。明日は臨時バスも運行されます。

心配された天気も、今この記事を書いている時点では曇りの予報。週間予報でずっとついていた雨マークは消え去りました。曇りなら屋根のない部分でも観戦しやすいし願ったりかなったりの天気になりそうです。気温もいまのところ30度予想とここ数日の暑さに慣れた身体には逆にすごしやすくすら感じられるかもしれません。

海やプールに遊びにいくなら今日ですよ!

明日は試合を観に行きましょう!

7/16のメモリアルセンター行きバス時刻表、駐車場利用案内、駐車場地図はこちら

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

Top060716_4 Img002_5 Top060716b Top060716c_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森山泰行監修サッカースクール-FC岐阜

元日本代表FWでFC岐阜に所属する森山泰行氏が監修するサッカースクールがこの秋オープンする。FC岐阜のメインスポンサーのひとつであるスポーツクラブアクトスが10月に「アクトス各務原」にジュニアサッカースクールをオープンさせることを発表した。

練習内容を森山氏が構成し、アクトスで勤務するFC岐阜の選手7名が指導に当たる予定という。対象は4歳から小学校6年生まで。年齢にあわせてけり方などの基本動作から、ゲーム中の判断力などを指導していくそうだ。

森山氏が岐阜でやろうとしている、地域に当たり前にサッカーがある状態への挑戦。第2段階のスタートである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大関陣好調-大相撲名古屋場所6日目

大関陣が好調である。とくに栃東などはカド番を思わせないほど元気である。

6日目を終わって全勝は早くも二人だけ。横綱朝青龍と大関栃東。それを追う1敗勢には白鵬、千代大海、魁皇、把瑠都、時天空、玉乃島、玉春日、栃乃花。

把瑠都..不気味ですね。今場所は上位陣が安定しているだけにまさかとは思いますが、怖いもの知らずなだけに不気味な存在に違いありません。

玉乃島の今後の展開も注目でしょう。三役格の実力がありながら今場所はこの位置。上位とは11勝ぐらいになってからしかあたらないでしょう。この位置でそう簡単に負けるとも思いづらいですし注目です。

さて上位陣の好調さに割を喰ったのは大関昇進のかかった雅山。すでに大関陣2人に破れ3敗。あとひとつしか負けられない中で今日は琴欧州戦。まだ朝青龍、白鵬、栃東との対戦が残っている。今場所の昇進は相当厳しい状態である。この4人に全部負けるようなことがあれば、来場所につなぐことすらできず振り出しに戻ってしまう。なんとか意地を見せてもらいたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006/07/14

マッチデイプログラム配布中-FC岐阜

7/16に長良川メモリアルセンター陸上競技場で行われるFC岐阜の試合。

この試合のマッチデイプログラム(公式チラシ)がFC岐阜の公式ホームページで配布されている。今回は要望の多かった背番号順メンバー表も記載されている。

当日会場でもある程度配られるとは思いますが、観に行こうと思っている方は一度FC岐阜の公式ページで閲覧されておいてはいかが?

昨日の中日新聞岐阜版は入手されましたか?

残念ながら手に入れることがかなわなかった方がおみえでしたら、一度下記にリンクを貼ってありますkojiro-railway-14号館までご来訪ください。

7/16のメモリアルセンター行きバス時刻表、駐車場利用案内、駐車場地図はこちら

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

Top060716_3 Img002_4

Top060716c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/13

序盤を終えて-大相撲名古屋場所5日目

ココログのメンテナンスで更新できずにいるうちに5日目となってしまいました。

横綱は決して万全の体調ではない中、それでも全勝を守っています。見た感じではやはり土をつける可能性があるのは、白鵬・把瑠都くらいなものでしょうか。悪いなりにまとめてくる辺りさすがとしか言いようがありません。

白鵬は重圧にやられた初日以降はなんとか持ち直しているようです。このままいけば優勝できるかはともかく13~14勝にはなんとか到達できるような気がします。

把瑠都もさすがに上位戦ではすんなりとは行きませんが、それでもやはり怪力ぶりは群を抜いており、掴まえてしまえばとりあえず勝ちにはつながりそうです。

さて、話題の雅山は見た感じ白鵬以上にプレッシャーがかかっているように見えて仕方ありません。初日はまあ仕方ないにしても、2敗目の相撲は...。なんとか11勝に到達できればと思うのですが...こういうときに限って大関陣も調子がよさそうで厳しそうですね。

上位喰いが得意な若の里が今日から休場してしまいました。安静2ヶ月ということで心配です。朝赤龍も休んでおり、大関陣は少し安心といったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

中日新聞朝刊-FC岐阜

今朝付(7/13)の中日新聞岐阜版。もう入手されましたか?

3ページぶち抜きでFC岐阜の特集が組まれています。

Aチームのメンバーのコメントも掲載されています。

まだ入手されていない方は新聞販売店、コンビニ、駅売店などに急ぎましょう。夕刊が届けば撤収されてしまいますよ。

(ココログが復旧したようなので取り急ぎのアップです。続きは夜に書きます)

(ここより追加分記事です)

いやあ、地域リーグのチームのPRに3面ぶちぬきってすごいことですよね。中日新聞さんありがとうございますって感じですね。意気込みを感じますね。あとは当日の天気がそこそこになってお客さんがおおぜい観に来てくれることを願うのみ。

たとえ雨が降ってもメインスタンドは屋根がありますから、少し早めに来場すれば屋根の下で見られると思います。バックスタンドにも一部屋根がありますから合計で7000席前後くらいにはなるのではと思います。

海なんか行かずに試合観に来てくださいね。

あと、今日の朝刊を残念ながら手に入れることがかなわなかった方がおみえでしたら、一度下記にリンクを貼ってありますkojiro-railway-14号館までご来訪ください。

7/16のメモリアルセンター行きバス時刻表、駐車場利用案内、駐車場地図はこちら

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

Top060716_2 Img002_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/11

ココログ大規模メンテナンス

本日7/11午後より48時間予定でココログの大規模なサーバーメンテナンスが行われます。

期間中は当ブログの更新、新規投稿、コメントやTBのやりとり等が一切できなくなります。既存の記事に対してコメントやTBをされても一切こちらには届かないようですのでご承知おきください。

相撲の期間中でもあり、ましてやFC岐阜は一大イベントの前であり、毎日更新したいところなのですがしかたありません。

ココログのこの数ヶ月ずっと解決できずに続いているトラブルが本当に直ればよいのですが、これで失敗すればココログどころかNifty本体、親会社である富士通そのものの信用問題になってくるでしょう。なにしろ3ヶ月もかかって問題を解決できていないのですから。

無事に2日後、13日に正常に戻っているといいのですが。(なにしろ、メンテナンスの時間延長は毎度のことなので...)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

20000人計画-FC岐阜

いよいよ今週です。

FC岐阜 20000人動員計画!

今週 7/16 15:00キックオフ

岐阜 長良川メモリアルセンター陸上競技場!

入場無料!

当日は臨時バスも運行!

サッカーの試合って観に行ったことないし...と二の足を踏んでいるあなた。

まずは一度足を運んでみましょう。

今回は設備的にもJリーグ規格の長良川陸上競技場です。メインスタンドの屋根も大きく、日差しも雨もものともしません。

お楽しみ抽選会もあります。お近くの中日新聞販売店などで券を配っていますので、お気軽にお訪ねになってぜひ券を手に入れて観にいらしてください。

高校野球とはしごをするもよし。サッカーのあと長良橋周辺で行われている川祭りを観に行くもよし。試合前に芝生広場でお弁当を広げ子供さんと一緒に遊ぶもよし。過ごそうと思えば一日楽しめますよ。

小さなお子さん連れも大歓迎です。芝生席でのんびり過ごすのもOK。入場無料ですから途中での出入りもまったく気にせずにできます。ぜひ気軽に考えてお越しください。

試合をする者、応援する者、のんびり観る者、いろんな形でサッカーを楽しみましょう。

さあ今週の日曜はFC岐阜を観に行こう!

ぜひ一緒に応援しましょう。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

Top060716_1 Img002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず白星-大相撲名古屋場所2日目

横綱大関陣は安泰、両関脇も勝ちました。

雅山、一応一直線に相手を押し出しましたが、まだいつもの勢いはありません。まだ少し硬そうでした。取り組み後のなんともほっとしたそぶりが印象的でした。白星がなによりの薬。ベテランだけに3日目からはいつものように相撲をとってくれるでしょう。

白鵬、こちらも硬さが目立ちました。自分の形に持っていこうとするのですが、なかなか思うようにならず、ぱっと見た目には鮮やかに見えても、とてもいつもの白鵬ではありません。まだまだ緊張が勝っているようです。雅山ほど場数を踏んでいないだけにプレッシャーとの戦いがきつそうです。

さて、朝赤龍が負傷しました。取り組み後病院へ向かったようです。足の親指付近だそうで踏ん張れるかどうかしだいでは出場自体が微妙なようです。期待の新三役なだけに心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

譲らず-FC岐阜

東海リーグトップを走るFC岐阜。8日に行われた藤枝市役所戦は5-1で勝利をおさめた。リーグ戦で久々の失点。タイミング的にはいい時期での失点だったのかもしれない。先週のトーナメントでの苦戦とこの日の失点。いまからの負けられない正念場へ向けて、今一度気を引き締めなおすいい機会になったと思う。時節の長良の試合は1失点が勝敗を左右しかねない。気を引き締めてかかろう。

静岡もまだまだ素直に譲る気はなさそうである。6-1で勝ち勝ち点差3のまま追走してきている。得失点差は再び静岡リードである。やはりFC岐阜は勝ち続けなければならない。

さあ今週7月16日は長良川メモリアルセンター陸上競技場で20000人動員計画である。前回の10000人動員計画は7360人と達成率7割を超えた。先日の長良川球場で行われたプロ野球は16000人あまりの動員だったそうである。ぜひ超えたいものである。岐阜の底力を見せよう。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

Top060716 Img002_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯、熱戦の末

世界中が熱くなったW杯が一月に及ぶ熱戦の幕を閉じた。最後に笑ったのはイタリアであった。フランスとのヨーロッパ決戦となった決勝戦。1-1とがっぷり組んだまま延長に突入、どちらも譲らずPK戦までもつれこんだ。結果イタリアが勝ったわけだが決勝にふさわしいいいゲームであった。この試合に限らず今回の大会では好ゲームがじつに多かった。技術のレベルはもちろんだが、サッカーを楽しむという意味で面白かった。運営面でも目立ったトラブルもなく、毎回問題となるチケットを巡る騒動もだいぶおさまり、まあ良かったほうの部類に入る大会だろう。

さて日本は残念な結果ではあったが、世界との進化のスピードの違いを目の当たりにして、4年後、8年後さらに12年後に向けての取り組みの課題として欲しい。強豪国と同じようなスタイルのサッカーをやろうとしても無理が生じるに決まっている。野球界でイチローがコンパクトベースボールでアメリカに殴り込みをかけたように、なにか違う形があるはずである。独特のスタイルの確立と、あとはやはりサッカーの底辺を広げ、小さい頃から多彩な人材を育成発掘することだろう。

4年後の大会はアジア枠は減り、日本を取り巻く環境は厳しい。本大会出場は微妙を通り越して厳しいといわざるを得ない。あくまで現状のままでの話である。新しい形を確立することが現状打破の鍵となるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレッシャー-大相撲名古屋場所初日

熱い季節がやってきました。高温多湿でただでさえ暑い名古屋が、綱とり、大関とりなどもからみ、いつも以上に熱い場所になっています。

が、初日。二人とも(昇進のかかった白鵬と雅山)黒星スタートとなってしまいました。口では平気なように振舞ってもやはり並々ならぬプレッシャーがあったに違いありません。雅山の一番などまるで別人のようでした。まあここで土がついたことで平常心に戻ってくれさえすれば実力的には十分昇進できるでしょう。変にいろいろ考えないことです。

さて、先場所無念の怪我で途中退場となった横綱が帰ってきました。さすがにまだ万全の状態には程遠そうですが、そこは上手さでカバーできそうな状態までなんとか持ってきたあたりさすがと思います。

話題の把瑠都は...豪快でしたね。いくら軽量の安馬が相手とはいえ、もろ差しになられ土俵際まで追い詰められてもまったくあわてるでもなく、肩越しにまわしをとり片手でぶら下げて吊ってしまう...。なんともはや..片手かよ..すごいですね。やはり今場所も優勝の行方を左右する鍵になってきそうです。大関陣もうかうかしてると喰われますよ。

さて今場所の展開予想は..逃げを打つのが横綱。1差程度で白鵬、雅山、把瑠都、朝赤龍、さらにそれを大関陣、北桜、豪風あたりが追走....だと、後半戦まで楽しめそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/07

リーグ戦再開-FC岐阜

明日からリーグ戦再開である。まずは藤枝市役所戦、アウェイでの試合である。天候は微妙なようである。

さて明日の試合、FC岐阜は主力のうち3人が不在である。小島選手は先日の全社の試合で黄札2枚退場となったため、明日は出場停止。中尾選手も累積3枚で出場停止である。そして吉田選手も明日は不在だそうである。となると、控えの選手陣にとっては絶好のアピールの機会である。杉山選手はじめ活躍が期待されるところである。

さて気になるのは、黄札がたまってきていることである。先に述べたように中尾選手は既にあす出場停止である。他にも片桐、松江のツートップ、平岡、岩田昌の4名がすでに2枚抱えておりリーチ状態である。明日の試合はもちろん落とせないので全力であたらなければならないが、黄札をくらって凱旋の長良川の試合にでられないなどということは、やはり避けたいところでもある。

あすは観に行けないので岐阜の地から勝利を願うことにしよう。

【関連ページ kojiro-railway14号館 累積警告数・動員数・得点数など各種データ】

Img002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わり行く岐阜駅前-2006.07月

岐阜駅周辺の街並みがどんどん変化していっている。JR岐阜駅前に建設中のタワーは4分の3くらいの高さまで組みあがってきた。新岐阜の駅ビルはいよいよ解体工事が始まり、出入り口等が変更された。パルコも8月20日にむけて閉店セールが始まっている。昔ジャスコアレイがあった場所にはホテルが完成間近である。

夏が終わる頃には新岐阜駅ビル本体が壊され始め、慣れ親しんだ建物が消えていく。

【関連ページ kojiro-railway16号館 】

2006063012022kd_1 200606301213kd_1 2006063012163kd_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/06

50000アクセス御礼

おとといの夜あたりにアクセス数が50000を超えたようです。たくさんのご来訪ありがとうございます。カウンターを設置してからまだ2ヵ月半にしかならないのですが、予想外に多くの方々にご来訪いただいているようです。このところFC岐阜がらみの記事が大半を占めてしまっていますが、岐阜の街系、鉄道系の記事も折を見て書いていくつもりです。忘れてしまっているわけではありませんので気長にお待ちください。あとまもなくまた相撲や高校野球の季節がやってきます。これらもできるだけ書いていくつもりですので、ご来訪お待ちします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栃木SC、準加盟申請提出-FC岐阜

FC岐阜と同様に将来のJリーグ入りを目指しているクラブのひとつ「栃木SC」が今日準加盟申請書をJリーグ側に提出した。先に提出済みのロッソ熊本とともに8月の理事会で審査される見込みである。熊本同様、栃木も現在JFLで戦っておりJ2入りに一番近い位置にいるのは確かである。熊本は集客力も高く割りとすんなり通りそうな気がするが、栃木はどうだろうか。とにかくすでに申請を出せる段階にこぎつけたということは岐阜より先を進んでいるということである。

FC岐阜と同じように地域リーグレベルでJを目指して戦っている有力チームのなかでも長崎や岡山が株式会社化までこぎつけている。長崎などは既に今年有料化しているのだが、動員数が無料の岐阜より多い4000平均くらいあるのである。こうしてみるとFC岐阜は戦力的には見劣りはしないものの、体制作りで遅れをとっているように思えてならない。FC岐阜はいつこの準加盟申請にこぎつけられるだろう。まだ法人化すらできていない。スタジアムは大丈夫として、集客はもう少しがんばらないといけないかなという気がする。現時点で弱いのは経営体制か...。可能な限り早く法人化を進め、スポンサーもいまの倍くらいは欲しいところである。後援会(ファンクラブ)などの体制づくりも早いに越したことはないだろう。道は険しいが勝ち進んでいけば来年はJFL。それまでにある程度形ができていたほうがよいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/04

地道に集客作戦-FC岐阜

FC岐阜夏祭り20000人動員計画へ向けて地道に集客作戦が行われています。今日の夕方には選手自らが街頭に立って招待券の配布を行いました。森山、伊藤、平岡、片桐...FC岐阜の中核を担う選手達と広報のお姉さまはじめスタッフの方多数がJR岐阜駅一帯で道行く人々に声をかけ招待券を手配りされました。

反応はまずまずといったところでしょうか。見ていた感じではチームの存在自体よく知らない方もまだまだ多いように感じられました。ということはまだまだ伸びしろも大きいということでしょう。ただ、きょうはあまりにもパフォーマンス的に地味すぎたような感じもしました。画像からもおわかりのように一目で遠くからでもFC岐阜とわかるのはフラッグ1本のみでした。選手がユニフォーム、スタッフがTシャツ、フラッグももう何本かあればバスターミナルにいる方や離れたところにいる方にも「あそこでなんかやってるな」と思わせることができたような気もします。また名古屋からの勤め帰りの方を狙うには時間が早すぎたこと、高校生に口コミで広めてもらうことを狙うなら新岐阜駅前の4~5番バス停付近のほうが人が多いことなど、私の素人考えではありますがより効果のありそうなパターンもあったのではと思ったりもします。

なんにせよ選手はじめ関係者の皆様おつかれさまでした。がんばって夏祭りを盛り上げましょう。そして大きな夢へ向けての次のステップへ...。

2006070417353kd 200607041753kd

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/02

全社、本大会の切符はなんとか-FC岐阜

全国社会人選手権へ向けて春の県大会を1位で通過したFC岐阜。昨日今日と本大会への切符をかけて東海大会を戦った。

昨日は東芝機械を相手に4-0、そして今日リーグ戦でも戦っている相手である矢崎バレンテを相手に2-1で勝利をおさめ、FC岐阜は無事に本大会の出場権を手にした。

今日の会場となった長良川メドウは朝から天候が思わしくなかった。9時ごろから本格的に降り始めた雨は10時ごろには雷を伴った土砂降りとなりグラウンド状態は一気に悪化した。気象台によると1時間で25mm降ったそうである。重馬場を通り越して不良馬場といった感じ、もう完全に水が浮いた状態でした。そんな雨も試合開始予定時刻11時の数分前には収まったのですが、ラインも完全に消えてしまい引きなおしとなり、30分強遅れてのキックオフとなりました。

FC岐阜は昨日と違い今日はほぼレギュラー陣をそろえたラインナップ。しかし...足元はすべる、踏ん張りは利かない。ボールは転がらない、それも場所によって転がったり、突然止まったり。パスを出すほうも受けるほうもたいへんそうでした。タイミング的に絶妙のはずのパスが途中でとまってしまったりしてなかなかつながりません。まあお互い様なのですが...。攻めつ守りつの展開、足元がすべることもあり相手との交錯もたびたび。前半はお互い得点まで至らず。

後半、グランド状態は若干よくはなったものの水が浮いていることには変わりなく、両チームとも苦戦。そんな中杉山選手のミドルシュートで先制。ここで森山選手がベンチに下がった。

直後、小島選手2枚目の黄札で退場!一人少なくなってしまった。それもこともあろうに攻撃の要...。決して小島選手を攻められはしない。ミスなどからでなく、悪コンディションで苦戦している中必死に戦ってのことである。

このあと矢崎のCKからゴール前混戦となり同点となる。いやなムードが漂う。こっちは一人少ない...。なにより残り時間がもうない。

後半ロスタイムは4分の表示。まだ同点。まずくないかこの展開...。

けりをつけたのは「王様片桐」!

既にロスタイムに入っている。あと2分くらい。そしてホイッスル...

薄氷ではあったがFC岐阜は本大会の切符を手に入れた。まさに冷や汗ものであった。

矢崎も手の届きそうなところまで来て残念ながら本大会の切符は逃したが、悪コンディション、また途中から1人多かったということこそあれ十分がっぷり四つな内容だった。試合後矢崎イレブンにも大きな拍手が沸いたのが印象的だった。

今日同じ時間帯に行われた静岡FC-大垣コーガンズの試合は3-2で静岡が勝ち、こちらも本大会の切符を手に入れたようである。なんだかんだいっても勝ち上がってくるあたりやはり強いチームには違いない。本大会でも当たるかもしれません。  

さて、来週からは再びリーグ戦である。ひとつも落とせない戦いはまだまだ続く。

そして再来週7・16は長良川競技場で20000人動員計画。相手は今日がっぷりの試合となった矢崎バレンテ。楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »