« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の49件の記事

2006/04/29

513は金公園に-岐阜の路面電車

岐阜の路面電車で最後までぽつんと市ノ坪に残っている513。

静態保存の場所が公式発表された。

場所は「金公園」

岐阜市のど真ん中、柳ヶ瀬の南側の公園である。

表をかつてこの電車が走っていた縁の深い場所である。

5月に地鎮祭を行い、設置場所の整備にはいるとのことである。

場所が場所だけに夜中に落書きされたりしないか心配ではあるが、とりあえず縁のある場所での保存となりよかったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モレラ岐阜-樽見鉄道、大繁盛

モレラ岐阜のグランドオープンを見に行ったついでに樽見鉄道の利用客がどれくらいのものか覗いてみた。

すごい!

大繁盛である。

大垣方面からの列車が着くたびに、どっと降りる乗客。都市部のラッシュ並みの混雑である。なにしろ1両なのでぎゅうぎゅうづめである。

今日からGW中モレラ対策で臨時列車も組まれているが、大正解である。

臨時列車からもどっと人が...。

列車が着くたびにモレラへと続く歩行者の波。

今日一日で普段の何日分くらいの運賃収入があるのだろう。かなりのものなのではないだろうか。

なんにせよ利用客があるというのはよいことである。

2006042910583kd 200604291101kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モレラ岐阜-グランドオープン、行ってきました

今日いよいよグランドオープンとなった「モレラ岐阜」

プレオープンにも覗きに行きましたが、今日は家電のエイデンの限定数量の品に欲しいものがあったため早朝よりモレラへ行ってまいりました。

現地には07:30頃到着しました。エイデンの店頭には予想通り徹夜組がでていて、この時点ですでに100番目くらいでした。並んでいる方々を見渡すと都市部のオープンに比べ年齢層が若干高めに感じました。とりあえず希望の品の整理券が回ってくるよう祈りつつ並ぶことに。

そうこうしているうちに08:15に駐車場が開放され(それより早く来た人は北側の臨時駐車場に車を入れて並んだのです)、エイデンの前あたりから埋まり始め、あっというまにエイデン付近の駐車場は埋まってしまいました。結局開店時間は今日も早まり、09:30全館オープンとなったのですが、おそらくここが一番並んだのではないでしょうか。

並んでいる方々の希望商品が割りと分散したため整理券も無事手に入り、速攻でほしいものだけ精算をして表に出たとき(開店10分後くらいです)のエイデン前はまだ人だかりでした。(画像①)

このときすでに東側の平面駐車場はすでに満車状態になっていました。(画像②)

このあとせっかく来たので館内を一巡りしてから樽見鉄道の様子を見に行き(別記事)、

再び戻ってくると屋上駐車場も満車状態になっていました。(11:00くらいのことです)(画像③)

館内は人!人!人!

朝方エイデンにたまっていた人たちばらけ、館内が混雑し始めていました。

そしてこの時間、11:00くらいには飲食関係はすでに大混雑、フードコートもあらかた満席で、外側のテラス席もあらかた埋まっていました。(画像④)

とても食事をできそうな様子ではなかったので、12:00すぎに早々に退散することにしました。

車で外に出ると、駐車場の入り口が規制され、入場制限をしているようでした。

国道を岐阜方面からむかって、最初の入り口(桜入り口)と2番目の信号の入り口(正面入り口)が入れないように規制され、ぐるっと北側の入り口に回しているようでした。まあ、満車状態なのだから仕方ないでしょうね。

ちなみに12:30頃のモレラ渋滞の最後尾は北方真桑の駅あたり(リカーマウンテンの前)まで伸びていました。お昼時でこれですから、ピーク時はもっと長かったんでしょうね。

このあと隔地駐車場として臨時に駐車場となっている「一日市場駐車場」がどんなもんかのぞいてきました。ここはプロ野球や花火などのときに駐車場となるところですのでご利用になったことがある方もあるでしょう。鏡島大橋の北側の広大な駐車場です。モレラまでは10KM弱くらい離れています。ここからオープン当初の混雑日のみ無料シャトルバスで結ぶという混雑緩和策なのです。よもやこんな遠くに車を置いていく人もいないだろうと思っていたのですが、覗いてみたら200台程度の車がとまっていました。あら、結構利用している人が...。まあシャトルバスも30分毎で無料のようですから便利かもしれませんね。大きい買い物をしなければの話ですが。少なくともむこうで駐車場の空きを探してウロウロはしなくて済みますよね。

簡単ですが今日のグランドオープン初日のレポートでした。

200604290942kd 2006042909444kd 200604291119kd 200604291110kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

モレラ岐阜グランドオープンにあわせ臨時列車-樽見鉄道

明日いよいよグランドオープンを迎えるモレラ岐阜であるが、すぐ横に新駅のできた樽見鉄道がオープン当初の土日祝日に3往復半の臨時列車を運転することが決まった。

従業員はもとより、渋滞を避けた来店客による利用がこの2日間のプレオープンで予想以上に多かったための措置であろう。利用客が多いこと自体は樽見鉄道側にとってはうれしい誤算だが、積み残しが出るほどになっては本末転倒なので賢明な措置と思う。うれしい悲鳴といったところか。

臨時列車のダイヤは樽見鉄道公式ホームページへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココフラッシュ(ココログ)のランキングが

相変わらずおかしそうです。

前回ランク外に外れた私の記事がまたランク内に戻ってきました。スポーツカテゴリーの30位だそうです。ちなみに記事の内容は相撲の春場所の記事、もう一月以上前の記事です。閲覧者数もそう多くありません。

アクセス解析でデータを取っていますが、この記事のここ数日の閲覧者数は一日あたりで次のとおりです。

最初がデータを取り始めた今月18日、以後一日毎の数値です。

(0-3-2-3-7-4-5-4-11-8-2)

こんな程度しか見る人がいない記事がランクインしているのです。

そして監視している25のカテゴリーのすべてで、いまだに4月2日以降の記事というのはひとつもランクインしていないのです。

前回ランキングが動いたのがおととい(26日)でした。今日の変動が表記どおりの一日おきの更新が自動的に作動してのものであったとすれば、4月2日以降の記事のすべてがランキングの集計に反映されていないことになります。

今日の更新がココログ側によるサーバー調整などによる手動操作によるものであれば、ランキング機能が動いていないことに。

いずれにせよ正常には動作していなさそうです。

4月2日以降にランクインしてもおかしくない来訪者のある記事を書かれた方、多いのではないでしょうか。「ランキングは昨日一日のアクセス数が多い順に..」と明記されているのですから、少なくとも30位の私の記事よりアクセス数が多い記事はランクインしているはずなのに入っていないという可能性があるのですよ。私の記事は昨日が8、一昨日が11の来訪者でしたから、それより上の記事はすべて可能性があるわけです。なによりも、私の書いているココログランキング不調関連の記事、じつはスポーツカテゴリーで投稿しているのですが、30位の記事よりはるかに多くの来訪者があります。でもランクインしてきません。

どうもこの件でココログを追及している方は皆無のようで、いまだに何のアナウンスもなければ、ココログ側からも正常に動いていますとの返事しか来ていません。われと思わん方はこの件でも問い合わせをされてみてはいかがですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モレラ岐阜-いよいよ明日グランドオープン

モレラ岐阜。いよいよ明日グランドオープンです。

昨日からはプレオープンが始まっています。建前上、近隣の方を対象にとはなっていますが、行けば誰でも入ることができます。モレラ側によれば昨日は5万人の来店客があったそうです。予定ではプレオープンの2日間で5万人という見込みだったそうですから、倍の来店数ということになります。とりあえず見てみようという来店が多かったでしょうから、滞在時間は2~3時間の方が多かったのではないでしょうか。それでもお昼時の飲食部門は賑わっていました。グランドオープンの来店数見込みは6~7万人ということですが、おそらく超えるでしょうし、滞在時間もはるかに長くなることが予想されますので、駐車場はおそらく午前中に満車、周辺道路も渋滞が予想されます。

今日の新聞には前日折込分のチラシがいくつか入っていました。相当早くから人が並びそうな目玉商品があるのは家電のエイデンでしょうか。限定数量の商品や整理券配布などが載っていました。ちなみに整理券配布はムーンゲート東入り口の横にあるエイデンの専用入り口のようです。

明日も当日折込でいくつかチラシが入るだろうと思われます。

TOHOシネマズは折込ではなく新聞紙面に全面広告を出していました。もちろん明日からの内容でですが。こちらは今日のプレオープンは昨日に引き続き1000円均一で上映作品が見られます。営業時間が19:00までじゃ間に合わないと思われる方もいるかもしれませんが、映画館だけは20:00過ぎスタートの回まで上映があります。お子様方が学校を帰ってきてからでもいけますよ。19:00以降はムーンゲート東入り口(映画館の真下の玄関)から出入りができます。

ちなみに昨日は昼間は結構込み合いましたが営業時間が19:00までなこともあり、仕事帰りに来店とかいうパターンは思ったより少なかったようです。道路も特に込み合うでもなく(さすがに出口は信号待ちで並びますが)、駐車場も夕方は平面でも5~6割といったところでした。駐車場自体が大きいので5割でも結構な数には違いありませんが、待たずにとめることができる状態でした。さすがに今日の夕方は、明日の買い物の下見にみえる方が多いかと思われます。入る玄関を間違えると目的の店舗までがものすごく遠いということになりかねませんしね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/27

モレラ岐阜-オープンしました

モレラ岐阜がオープンしました。

朝まで降り続いた小雨も開店する頃にはあがり、絶好の開店日和となりました。

今日はプレオープンということもあり、とくに大々的にチラシがうたれたわけでもありませんが、それでも朝から結構な賑わいとなりました。

今朝は10:00開店のところを25分繰上げで09:35にオープンとなりました。

午前中特ににぎわっていたのは、今日明日1000円均一の映画館、家電のエイデン、あとは靴屋さんなども結構人だかりができていました。ひととおり駆け足で回っても2時間はみておかないといけないかと思います。ゆっくり各店舗に入ってみるならそれ以上ですね。映画も食事もとなるとそれこそ6時間コースになってしまうかもしれません。

今日明日はプレオープンということでそれほど目玉になる特売品や福袋などが出ているわけではありません。グランドオープンの日には各店舗が目玉商品を出してくることでしょう。

館内のフロアマップ、モレラまでのアクセスマップ等は、今朝方更新されたモレラの公式サイトでご覧になれます。

今日明日の営業時間は19:00までと短いので今から訪れられる方はご注意ください。

余談ですが、NHKを含め各放送局が撮影されておりましたので、今日の夕方のニュースでモレラの様子が流されると思います。

(画像左、桜ウォークからみたサンゲート東入り口、ここが正面玄関的位置づけと思われる。入ると正面がインフォメーションカウンターである。画像2番目、午前中にほぼ満車となった東側駐車場。画像3番目、同じく満車となった西側駐車場。住宅の後ろに見えるのが樽見鉄道の新駅です。画像最後、昼頃のリーフプラザ付近、平面駐車場が満車で屋上駐車場にも車が上がっていたので3000台を超える車がすでに入っているはずなのだが、建物が何しろ広いので通路は比較的すいているように見える。ちなみにお昼時なのでフードコートは満席、1階のレストラン街もかなり賑わっていた。)

20060427_021kd 20060427_041kd 20060427_049kd 20060427_058kd

| | コメント (0) | トラックバック (1)

モレラ岐阜-全景

今日オープンした「モレラ岐阜」の建物です。

開店の1時間ほど前に現地についてしまったため、まだ駐車車両もまばらでした。

下の画像は東側駐車場の桜パークのあたりから建物を写したものです。

高さこそ2層ですが、長さはとてつもなく長いのがおわかりかと思います。

この2フロアに240もの専門店が入っています。

20060427_012kd 20060427_013kd 20060427_014kd 20060427_015kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モレラ岐阜、オープン

モレラ岐阜。いよいよオープンです。

駐車台数5000台。このてのSCにありがちな立体駐車場等はありません。平面と屋上のみでこれだけの数です。敷地の広さが伺われます。

またイオン系のSCなどで見られるようなジャスコのような総合スーパーは入っていません。それぞれの特徴を生かした240もの専門店が入っています。キーテナントのひとつ食料品はバローが担当しています。

もちろん映画館も入りますが、TOHOシネマズとしては異例の12スクリーンで展開します。TOHOの標準は10スクリーンですが、同じ商圏内にあるリバーサイドモールの16面を意識してあえて増やしたようです。今日のプレオープンは1000円均一で上映するようです。駐車場の動きの無さに拍車がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

モレラ岐阜、いよいよ明日営業開始

糸貫のツヅキボウ跡地に建設されてきた巨大SC「モレラ岐阜」

いよいよ明日営業開始である。

グランドオープンは29日だが、おおきなSCでは当たり前となったプレオープン(内覧会のようなもの)である。「近隣のお客様対象」と建前上はなっている。工事中、そしてこれからの交通、環境面でご迷惑をかけるからという意味合いである。しかし実質上は営業開始である。10KM以上離れたところまで新聞折込でプレオープンのチラシがはいっているのだから、誰でもはいれると思っていいだろう。当然明日から周辺はかなりの混雑が予想される。駐車場が5000台あるから満車になるまでは道路もそれなりに動くだろう。問題はそのあとか。周りの道路は決して広くない。チラシにはアクセス道路は国道157は基本的に案内されていない。おそらく警察かどこかから国道を案内しないように言われたのだろう。国道が渋滞で動かなくなれば問題となるだろうからこれは当然かもしれない。が周辺の対して広くもない生活道路が案内されているのもいかがなものだろう。

現実問題としては、あれだけの施設であるから国道沿いに立地していることはみんな知っているわけで、案内されていなくても大半の来店客は国道側から進入することになるだろう。カーナビを頼りに走っていればなおさらである。

5000台の車、来店すれば当然お帰りにもなる。つまり逆方向もかなり交通量が増えるだろう。このあたりは住友セメントのトラックや長瀬の砕石ダンプなども頻繁に通る場所である。国道ですら片側1車線、事故が多発しないことを祈るしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ緊急メンテナンスは2時間半超過

今日未明に緊急で行われたココログのメンテナンス。

レスポンスの悪化を改善するために行われたようである。

ここ数日深夜帯(日付をまたぐあたりが特に)のレスポンスがすこぶる悪かった。管理画面に入れないのである。もちろん記事も書けなければTBを送ることもできない状態であった。

今日のメンテナンスは02:00~06:00の予定で告知され、実際は2時間半超過して08:32に終了したようである。本当に改善されたのだろうか。今夜また同じようなことがおきはしないだろうか。

メンテナンスを行ったときに、私がこのところ指摘し続けているランキングも少し変動があったようである。今監視している25カテゴリーのランキングを見てみたが若干変動があった。

しかし、あいかわらず4月2日以降の記事というのはひとつもランクインしていないようである。もう4月も終わろうというのに不自然である。スポーツ関連なら「新庄引退」「J1の監督交代」「ワールドカップ関連」、ニュース関連だと「岐阜少女殺人」「千葉補選」「山手線事故」など世間の話題になったような記事が多く投稿されているが、ランキングには姿も見せていない。鉄道関連だと「銀河線廃止」「富山ライトレール」「尼崎事故から1年」「山手線事故」といったあたりがひとつくらい入ってきてもよさそうなものである。

ランキングに若干の変動があったのは、修復したからなのか、それともメンテナンスであちこちいじっているときになにかのひょうしに偶然変動したものなのか。どうも後者のような気がしてならない。

残念ながら長々と閲覧者もいないのにランクインし続けてきた私の記事はランク外に外れてしまったので、アクセス解析のデータを元にココログを追及していくのはこれで終わりになりそうである。数値を示さなければ「お客様の思い違い」で済まされてしまうに違いない。

まだ上記のように異常があるであろうとは思われる。現在ランクインしている記事をお持ちの方で解析データを元にココログを追及してみようという方がおられるのであれば、今後の成り行きを拝見させていただこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

神岡鉄道の訴訟は取り下げ

神岡鉄道廃線の件で、東京のとある団体が株主代表訴訟をおこしていたのだが、2月に取り下げていたことが明らかになった。

裁判所から「被害が確認できない」と指摘されて取り下げたということらしい。

廃線の撤回などを求める動きがあること自体は悪くないことだと思うが、ことここに至って訴訟とかごたごたするのもちょっと...という気もする。

神岡鉄道。現実問題として貨物線がついでに旅客を運んでいるような路線であった。貨物が無くなれば廃止もやむをえないと思わなくも無い。まあ個人的には好きな路線のひとつなのだが...。

この山里に列車が走るのもあと半年少々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金華山を走って登る

岐阜公園から金華山(岐阜城)まで走って登る。

もちろん私ではない。さすがに走って登ろうとは思わない。

今日偶然出くわしたのが、警察学校の恒例行事となっている今年の新入生の登坂競争である。

金華山はたかだか300M少しのそれほど高い山ではない。ふもとの岐阜公園からでも30~40分くらいで登れるような山である。道のりにして2KM弱くらい。が、走って登り続けるとなると結構な体力が必要である。女性の方も4~5人おられたように思う。さすがにきつそうであった。ともあれ全員完走されたようである。任官後も頑張ってほしいものである。

【4/26 10:00 今日付けの新聞記事で報道されたこともあり学校名を伏せる必要がなくなりましたので記事を更新しました】

20060425_183kd2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのランキングがすでに11日も更新されていない件で

昨日サポセンに問い合わせをしたのだが、今日返信が届いた。

サポセンのほうも毎回返事をいただく担当の方がころころ変わるようなので、今までのやり取りの全文を添え、ここ数日のアクセス解析データとともに問い合わせをした。

サポセンからの返事は

「今までご連絡をいただきました内容につきまして、あらためて担当部署で確
認をさせていただきたく存じますので、今しばらくお待ちいただけますようお
願いいたします。」

というものだった。

いつものような「正常に動作している」の一点張りではなく、担当部署(技術系のセクションのことだと思うが)に問い合わせて返事をくれるそうだ。

前回このパターンで待たされた挙句、一週間返事が無く、こちらから改めて問い合わせた結果が「正常です」だったことを考えると眉唾物ではあるが、とりあえずまた2~3日待ってみようと思う。

今日で11日目。相変わらずランキング順位に変動は無い。もちろん4月2日以降の記事はひとつも入っていない。多くの方が投稿された「新庄電撃引退」「岐阜少女殺人事件」「千葉補欠選挙」など閲覧者の多そうな話題の記事すらである。ちなみに私が先月書いた「春の甲子園」の記事などがいまだに入っている。閲覧者数なんて毎日ひとけたあるかないかなのに...。

ランキングが正常に作動しているとしたら、先ほど挙げた話題になっている記事の閲覧者数はそれ以下なのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/24

番付発表-大相撲夏場所

夏場所の番付が発表された。

大関「白鵬」...まあここに名前があるのは既定の事実だったのであたりまえなのですが、やっぱりいいもんですね新たに昇進を果たした力士の新番付。頑張ってほしいものです。ぜひとも今度は優勝を目指して。

小結「安馬」...体が小さいことをものともせずの三役です。小さな力士が大きな相手を負かすのも相撲の醍醐味のひとつですよね。今場所も跳びまわってくれるでしょうか。

さあ実力者「若の里」が上位に帰ってきました。役力士もうかうかしてられませんね。

「黒海」「露鵬」はこの位置だと上位戦は少ないかもしれません。となると場合によっては大勝するかも。いい体を持っているだけに稽古さえきちんとやればそこそこ勝てると思うのですが...。

そして今場所の中入り後の楽しみ、新入幕「把瑠都」。

先場所はなんと十両を全勝で通過。番付を一気に16枚もジャンプアップさせ前頭11枚目となりました。勢いはどこまで行くのでしょう。星勘定によってはいきなり上位戦が組まれる可能性も...。楽しみですね。

さあGWが終われば熱い戦いが始まります。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

ココログ(ココフラッシュ)のランキングは

相変わらず順位に変動が無い。すでに10日目である。

私の記事(スポーツカテゴリーの62位と72位)も相変わらずランクインしている。

62位の記事のここ数日の閲覧者数は(0-2-0-1-3-6)

72位の記事は(0-3-2-3-7-4)

一週間で20人以下しかこの記事に来訪された方はいません。

そりゃぁ、春の甲子園ネタを今頃見に来る人ってそんなにはいませんよね。

解析の数値とともにサポセンに問い合わせのメールを送ってみました。

今度はどんな返事が来るでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兄弟対決はAチームの勝ち-FC岐阜

社会人トーナメント県大会も準々決勝。

FC岐阜のAチームとBチームの直接対決となった。

J経験者など今年の大型補強で入った実力者が中心のAチーム。

もともとこのチームをここまで引っ張ってきたメンバーや若手のBチーム。

Aの圧勝かと思われた。

先制点はA。しかし、そのあとB、B。前半はBのリードで折り返し。

おいおい。

終わってみれば後半に3点を入れたAが勝ち進んだのだが、いくら身内が相手でやりにくいとはいえちょっと心配になってしまう。

必ずしも実力が上のチームが勝つとは限らないのがサッカーであるが、目標を高く置いているこのチームには、ここでそんな言い訳は通用しない。気を引き締めて頑張ってもらいたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

ココログ(ココフラッシュ)のランキング、すでに8日も変化なし

なんか毎日同じような内容でこの文面を書いているような気がします。

ココフラッシュのランキング順位は今日もまったく変動がありません。

監視している25のカテゴリーの順位は、すでに8日間微動だにしません。ずっと同じ順位に同じ記事がランクインしています。そして相変わらず4月2日以降投稿の記事はひとつもランクインしていません。

スポーツカテゴリーにランクインしている(62位と72位)私が先月投稿した記事は、ここ数日来訪者が一日あたり0~6程度しかないのですが(春の甲子園ネタなんて今頃読みに来る人がそれほどいるわけでもないので)、いまだに同じ順位にランクインしています。新庄選手のネタの記事とかのほうがよっぽど読まれている方も多いはずなのですが、ひとつもランクインしてきませんね。

週があけたら私の記事の解析データをもとに、もう一度サポセンに追求してみようと思っています。どうせ返ってくる答えは「正常に動作しています」の一点張りでしょうが。

そういえば、発生した障害一覧なるものがココログに表示されていますね。馬鹿にしてますよね。「ご案内します。」だなんて。

ふつう冒頭に「ご迷惑をおかけして..」などのお詫びがはいるものなんではないのでしょうか。どこにもお詫びの言葉なんて無いですね。ユーザーを馬鹿にしてるとしか思えません。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2006/04/21

ココログのランキング、順位変動なしついに7日目

ココログ内のココフラッシュのランキング。

現在の順位がついに7日目に突入している。

25カテゴリーの順位が7日間すべての記事が順位変動なし。もう4月も21日なのに4月2日以降に投稿された記事というのはひとつもランクインしていない。

ちなみに私の書いた古い記事がふたつスポーツのランキングにはいっているが、

62位の記事はここ数日の来訪者数が、0-2-0-1。

72位の記事は、0-3-2-3。

4日間で10人以下の来訪者数である。でもずっと同じ順位でランクインしている。

おかしい。絶対に新庄選手の電撃引退について皆さん方が書かれた記事などのほうが読まれているはずである。

なにより、私が書いているここ数日のココログ不調関連の記事もスポーツのカテゴリーで投稿しているのだが、上記の二つの記事よりはるかに多い(1日あたり100アクセスくらい)来訪者があるのだ。

いまココログからのお知らせという欄に「検索障害が50分間ほど起きたが復旧しました」というお知らせが載っている。発生日時は今日のようである。

ということは、ランキングは正常に動作していると今でもココログ側が思っているのか、それとも事態を認識していないのか、もうひとつ考えられるのは復旧に成功したこと以外は公表しないということかのどれかなのではないだろうか。このところのココログの公表はいつも復旧が終わってからである。復旧対処中にこそアナウンスが必要なのではないだろうか。ユーザーを何だと思っているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆楽解体中-跡地に建設予定の施設に良品計画が出店検討中

先日閉館となった柳ヶ瀬の映画館「衆楽」。

現在内部から取り壊しが進んでいる。そう遠くない時期に更地となりそうです。

さて、跡地には所有者である土地興が商業施設を建設する予定ですが、テナントとして良品計画(無印良品)が出店を検討しているようです。今年の夏に駅前のパルコが閉店するため、入居している無印良品も閉店となります。その代替店舗として検討しているようです。岐阜県に2店舗しかない無印側としてはせっかく掴んだお客さんをみすみす逃したくないということもあるでしょうし、土地興や高島屋にとっては知名度のあるテナントが入れば相乗効果で集客が見込めるということがありそうです。まだ決定というわけではないようですが、双方にメリットがありそうなのでさほど出店に障害はないだろうと思われます。これで少しでも柳ヶ瀬の客足の減少に歯止めがかかるなら悪い話ではないでしょう。

(内部の解体が進む衆楽)

20060419_005kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

ココログのランキングは今日もひとつも順位変動なし-やはりおかしいのでは

ココログの検索やランキングのシステムであるココフラッシュ。

新着記事の掲載はたまにはじかれたりすることこそあれ、まあ動いているようである。

しかし、ランキングのほうは今日も更新されていないようである。もう現在の順位が表示されて6日目になる。

前にも書いたように25のカテゴリーの順位を監視しています。スポーツやニュースのランキングも含め今日もまったく順位に変動がありません。あいかわらず4月2日以降投稿の記事はひとつもランクインしていません。

スポーツ関係だと新庄選手の電撃引退宣言の話題で記事を投稿された方も多いでしょう。かなり注目を集めていますからそれらの記事を閲覧された方も当然多いと思われます。でもひとつもランクインしていないんですね。

ちなみにスポーツランキングの62位と72位に私の投稿した記事が入っているのですが、62位のほうは本日の来訪者0名、昨日2名、一昨日0名。

72位のほうは本日2名、昨日3名、一昨日0名でした。

じつは前回サポセンから「正常に動作しています」との返事が来て、そんなはずはないと思い、検証するため独自に他社のアクセス解析を埋め込んで監視しているのです。

で、こんな来訪者数でランクインがつづいているのです。ココログのサポートセンターが断言されたように、これで正常にランキングが動作しているのなら、多くの方々が投稿されているような新庄選手関係の記事とかは来訪者はほとんど誰もいないということなのでしょう。そんなことありえるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと銀河線廃止

ふるさと銀河線が最後の夜を迎えている。

第三セクター化された国鉄路線の全廃。

ついにそういう時期が来てしまった。

今年は神岡鉄道の全廃も決まっている。

北条、三木あたりもおそらくだめであろうし、他も経営は行き詰る寸前のところが多い。国鉄民営化路線以外でも桃花台、宮地岳ほか消え行くことが決まっているところもある。今後もこういった話題が続きそうである。

北見発の最終列車に合わせて、つい今しがたまでNHKのニュースの中でじつに15分ほどにわたって生中継を交えて特集を組んでいた。ご覧になっていた方も多いかと思います。一時間の番組の中で15分を占める特集というのはほとんどトップと同列の扱いということにも思えます。あさかぜとかが廃止されたときも特集を組まれていましたが、時間的にはもっと短かったはずです。明日の朝のニュースでもおそらく何らかの形で放送されるでしょう。先だって放送された保線担当の方をクローズアップした特集番組とあわせてNHKは1時間近くの放送時間を割いたわけです。

あと一時間少々で銀河線のすべての営業が終わります。一世紀近く地域の足として活躍した鉄路。長い間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日テレビ中継あり-ふるさと銀河線

本日の運行を最後に廃止となる、北海道の第三セクター鉄道「ふるさと銀河線」

NHKがテレビで中継するようです。

14時からの番組内で特集として取り上げられるほか、

21時からのニュース内では、最終列車の生中継を行うようです。

関心のある方はご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/19

ココログのランキングは正常に動作しているんだそうです

現在表示されている順位のランキングになってすでに6日目となりました。

25のカテゴリーのランキングを毎日ウォッチしていますが、この6日間これらのランキングでひとつも順位の変動がありません。

今日、きのう問い合わせた件で返信がサポートセンターから届きました。

「 前回のご案内は、ココフラッシュのカテゴリランキングについて最近の記事
が表示されるようなっている旨のご案内となります。」

だそうです。

つまり、ニュースやスポーツなど時事的な話題の多いカテゴリーも含め、順位はひとつも変動していないし、4月2日以降投稿された記事はひとつもランクインしていないんだそうです。

へ~!そうなんだぁ。

これで来週になっても変動がなかったらどう説明してくれるんでしょうかね。楽しみですね。

ちなみに昨日サポセンはおおよそ次のような内容をメールしたのです。

「カテゴリー別のランキング確認されましたか。
25種類ほどのカテゴリーを検証しましたが
4月1日未明投稿の記事までしかランキングに反映されてないですよ。

検証した内容です。

日記コラム/100位まで掲載中最も新しい記事は4/1-01:11
映画テレビ/100位まで掲載中最も新しい記事は4/1-01:11
音楽   /99まで4/1-01:11
旅行地域 /58まで4/1-00:23
グルメクッキング/85まで4/1-00:55
スポーツ/76まで4/1-00:42
パソコンネット/100まで4/1-00:43
書籍雑誌/79まで4/1-00:48
趣味 /76まで4/1-00:58
心と体/82まで4/1-01:32
ニュース/88まで4/1-01:26
ブログココログ/82まで4/1-01:32
ゲーム /100まで4/1-01:00
ペット /41まで4/1-01:34
文化芸術/25まで4/1-00:59
経済政治/61まで4/1-00:37
アニメコミック/100まで4/1-00:53
おすすめサイト/36まで4/1-01:32
美容コスメ/28まで4/1-01:11
日記 /30まで4/1-01:08
サッカー/15まで4/1-00:41
野球 /13まで4/1-00:44
鉄道 /22まで3/31-08:33
料理 /3まで3/30-22:50
プロ野球/2まで4/1-00:54

もうこのランキングになって5日目になります。
その間どのランキングも順位がまったく変動がありません。
25種類ものランキングが、ものによっては100位まで表示されているのに
5日間変化がないということはあるのでしょうか。
ニュースやスポーツのように、時事的な話題のカテゴリーすら変化がないのですよ。
カテゴリー別ランキングの冒頭に「一日おきに更新」とうたっておられますよね。
正常に作動していないのであれば、一切ランキングを表示しないとか、
調整中の旨を明示するべきではないでしょうか。
まさかとは思いますが、更新されていないことに気づいておられないとすれば、そちらの管理体制を疑わざるを得なくなってくるのですが。」

で、返ってきた返事が、正常に作動しているということだったので、しばらく監視を続けようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

ココログのサポートセンターって..-とんちんかんな答えが

昨日メールした、ココフラッシュのランキングの件でココログのサポートセンターから返信が来た。

「 ココフラッシュにつきましては、現在記事が反映される状態となっており、
現在の「鉄道」の最新新着記事も4月18日付となっております。

 しかしながら、夜間など投稿数の急増や、トラックバックスパムの影響など
によりサーバーに一時的な高負荷がかかり、新着記事一覧へ掲載されない場合
や、反映までに時間がかかる場合がございますことを、何卒、ご了承ください。」

だれが新着記事の話で問い合わせしたん?!

こっちが問い合わせたのはランキングがとまっとる件についてやろが。

サポートセンターって、問い合わせの文面もまともに理解できんのやろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/17

ココログの不具合はいったいいつまで続くのか

このところ不具合続きのココログ。

運営されてるほうもたいへんなのでしょうが、使っている側としてはたまったものではありません。

当初多発していた、コメントできない、TBできない、そもそもつながらない、などといった大きな障害は収束しつつあるようですが、まだ本来あるべき姿ではないようです。

「ココフラッシュ」という検索やランキングの機能がココログにあるのですが、ランキングが正常に機能していないことに気づいたかたおられますか。

全記事ランキング(総合ランキングのようなもの)だけが動いていて、個別のカテゴリー別のランキングが正常に動いていません。先々週あたりはランキングに載っている最も新しい投稿記事でも元旦の未明に投稿されたものという状態でした。野球もサッカーも開幕しておりますし、ましてやニュースのランキングまで元旦以降の投稿記事がランクインしないなんてありえないことですね。

もちろんこの件でサポートセンターにメールしたのですが、最初に帰ってきた答えは、

「 ココフラッシュに掲載されるランキングにつきましては、固定リンクごとに
昨日一日でアクセス数が多かった記事を多い順に掲載されます。

 なお、ランキングに掲載対象となる記事には、投稿日時についての制限等は
ございませんため、古い日時に投稿された記事がランキングを占めることもご
ざいます。その点、ご了承ください。」

寝ぼけとんのか!という感じでした。

改めて、元旦以降の記事が一つも入っていないのはおかしいのでは、とメールしたところ

「ココフラッシュのランキングの更新状況については、他の会員様からも同様
のお問い合わせをいただいており、現在担当部署にてへ確認中となっておりま
す。

 更新状況についての結果がわかり次第、別途メールにてご連絡をいたします
ので、恐れ入りますが今しばらくお待ちいただくようお願いいたします。」

つまり最初のメールをしたときにはきちんと確認していなかったのだろうかと疑念を抱いてしまう。

そしてこのメールをもらってすでに一週間。何の連絡もない。

肝心のランキングがその後どうなったか。

先週なかば、個別カテゴリーのランキングが白紙になったことがあった。

翌日に覗くと、ランキングが変わっていた。

ようやく修復したのかと思った。

がその後ランキングにまったく変動がないので不審に思い、カテゴリー別のランキングを25種類ほど検証してみた。一番新しい投稿記事は4月1日の未明のものであった。

なおってないじゃん!

もちろん先ほどメールをうった。返事はたぶん明日以降だろう(前回前々回も翌日しか返事は来なかった)

覗いてみたランキングは次のとおり。

日記コラム、映画、音楽、旅行、グルメ、スポーツ、パソコン、書籍、趣味、心と体、ニュース、ブログ、ゲーム、ペット、文化芸術、経済政治、おすすめサイト、サッカー、野球、鉄道、料理、プロ野球、アニメ・コミック、美容・コスメ、日記

スポーツやニュースのランキングに4月2日以降の記事がひとつもランクインしていないなんてありえないと思いませんか。

もう一連のトラブルが始まって三週間近くなるというのにどうなっているのでしょうか。

ランキングが正常に動いていないなら表示するのをやめるなり、調整中などとその旨を明示されるべきではないかと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週は兄弟対決-FC岐阜

社会人トーナメントの県大会。FC岐阜がAチームBチームともに順調に勝ち進んでおり、次週いよいよお互いがあたります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

ハイモ180も出動中-樽見鉄道

根尾の淡墨桜がいま見頃を迎えている。

最寄の交通機関である樽見鉄道。例年この季節は客車による臨時列車を増発して輸送にあたってきたが、今年は客車も引退してしまいレールバスだけで運行を行っている。例年のような大掛かりな臨時ダイヤも組めず、通常ダイヤに土日のみ臨時列車を1往復、車両増結を2往復設定しただけのダイヤである。冬に引退したハイモ180まで引っ張り出しても、小規模な鉄道としてはこれで目一杯の対応なのである。

今日は小雨が降り続くあいにくの天気だったが、鉄道を利用した観光客もそれなりにおみえになっていた。むしろ車が少なく感じた。道路は渋滞なし。観光バスは常時10台くらいいたようである。天候がよくないため桜の前でお弁当というわけにもいかず、見てすぐに帰られた方も多そうにみえた。駐車場は割りとすいていた。

今日は車で桜を観に行ったのだが、行きかえりに通った日当駅、結構カメラマンが出ていたようである。かなりの車が停まっていた。時間の都合もあり今日は樽見に到着した増結列車(モレラ+180)と昼寝中の車両たちだけ撮影して帰途についた。

(画像、増結列車-モレラ+180、昼寝中の車両たち)

200604151220kd 200604151238kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡墨桜-ほぼ満開に

淡墨桜がほぼ満開となり見頃を迎えている。

岐阜県西部、根尾にあるこの淡墨桜。樹齢およそ1500年という老木である。過去に枯死しかけたこともあった。不死鳥のごとくよみがえり守り続けられているこの桜、幹周りは10M弱、高さ16M、枝ぶりは東西26M南北20Mという立派なものである。

木も立派だが、花がまたなんともいえない風合いである。ピンクのつぼみが白い花となって開き、散り際には淡い墨色を帯びるという風流なものである。もちろんこの独特な花がこの桜の名前の由来でもある。

今日はあいにくの小雨模様であったが、県内外より多くの観光客が訪れていた。晴れの日はもちろん美しいが、雨の日もこれはこれで幻想的で美しいと思います。

【関連ページ kojiro-railway-19号館にて 淡墨桜の動画と画像公開中】

http://www.geocities.jp/kojiro_railway019/index.html

(淡墨桜の公式HPは、本巣市のHP内にあります。伝説なども載っていますし、毎年開花情報も掲載されています)

(画像、いずれも本日4/15撮影)

2006041510504kd 200604151115kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手力の火祭-全国ネットのテレビで放映されました

<

p>先日行われた手力の火祭に関した特集が今朝、全国ネットのテレビ番組で放映されました。TBS系列の「知っとこ」という番組でとりあげられました。朝の9時前くらいでしたのでご覧になられた方も多いかと思いますが、火祭りに参加している町内(野一色)の次世代を担う(おそらくあと数年後には担ぎ手となっているであろう)子供たちから見た目線で撮影されておりました。手筒花火が映っていなかったり、本番でのシーンのカットが少し少なかったような気はしますが、なかなかの内容だったと思います。伝統を受け継いでいくというのはたいへんですね。いつまでも続いてもらいたい祭りのひとつです。

番組をご覧になって、生で見てみたいと思われた方、来年までお待ちください。

待てない方、少し観光用な雰囲気のものではありますが、夏に長良川でも手力火祭参加の町内によって(残念ながら全町内ではありませんが)火祭りが行われます。そちらへお越しください。

取材を受けられた野一色はじめ、参加された町内の皆様おつかれさまでした。また夏も、そして来年も頑張ってください。楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/14

平野部の桜は落花盛ん-岐阜公園一帯

岐阜周辺の平野部では今年の桜の季節も終わろうとしている。

桜の名所として知られる長良川畔~岐阜公園一帯の桜も、盛りを過ぎ半分くらいの花はもう落ちたように見える。葉桜となった木も見受けられる。

公園内の池には花びらが舞い、水面を埋めている。

水路を流れ行く花もまた美しい。

週末は雨予報である。大半の花が落ちてしまいそうである。

淡墨桜はじめ山間部では今週末あたりが満開の見込みだが、天気が心配である。

(画像は岐阜公園一帯にて、水面を埋め尽くした桜、ほどよく漂う桜、水路を流れる桜、好みはいろいろあるでしょうがどれも美しいですね。)

2006041411503kd 200604141151kd 2006041411035kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

腕木式信号機、展示用に復活-明知鉄道

中部地方で最後まで現役として活躍をしていた明知鉄道の腕木式信号機が、展示用として復活となった。

2004年まで現役として活躍したこの信号機。多くの要望と鉄道の文化遺産としての観点から復活することになったそうである。

駅員さん等の指導に従って、取り扱い操作もできるようである。もちろん構内なので入場券は必要である。

詳細は明知鉄道のホームページへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/11

手力の火祭-続報

先日行われた、手力の火祭りの模様がテレビで全国放映されるようです。

TBS系列、土曜朝の番組「知っとこ」(オセロが司会をやってるやつです)内でとりあげられるそうです。あくまでも予定ですが。放映予定日は今週土曜(4/15)とのことです。

(私のweb版サイト kojiro-railway 14号館でも 今年の祭りの動画公開中です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

手力の火祭

毎年恒例の手力の火祭が今日行われました。

今年はたいへん風が強く(時折10mくらいの風が)、午前中には雨が降り、夕方宮入れの前にも小雨がぱらつくという天候でした。黄砂混じりの雨でカメラなどについた水滴は白く残るほどでした。また風が吹き続いたため体感的には結構寒く感じました。

さて、祭り自体は例年同様たいへん熱いものでした。ただ今年は観ている方も熱かった(笑)。冗談抜きで熱かったのです。強風にあおられ、滝花火がかなり奥まで流れ観客の上に降り注いだのです。立ち木に燃え移って消防隊が放水して消すというアクシデントまでありました。あまり風が強いのも考え物ですね。

【関連ページ  kojiro-railway-14号館にて、2006年版の動画 公開中】

http://www.geocities.jp/kojiro_railway014/

【関連ページ  kojiro-railway-17号館にて、動画と画像 公開中】

http://www.geocities.jp/kojiro_railway017/index.html

(画像、いずれも本日2006.04.08.手力雄神社にて)

2006040820132kd 200604082039kd 200604082052kd

| | コメント (5) | トラックバック (1)

日野橋-美濃町線跡2006.04月⑤

このあたりもそれほど大きな変化はない。歩道橋が塗りなおされてきれいになったことくらい。

2006040511443kd 200604051145kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芥見-美濃町線跡2006.04月④

下芥見、上芥見ともに建物はもうありませんが、線路やホームは残っています。上芥見より北の区間は構造上バリケードなどが設置されていない部分が多く、今電車が来てもおかしくない雰囲気をもっています。

200604051209kd 2006040513553kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

手力の火祭、いよいよ明日

いよいよ明日である。

心配された天気も、先ほどの予報では夕方には大丈夫そうである。

ただ10度そこそこの気温で風が7~10mくらいらしい。これはひょっとして寒い?!

あまり風が強いのも、内容が内容なだけに考え物である。

滝花火が思わぬところまで流れる可能性も...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にそうか?-忠節橋北詰交差点

忠節橋北詰交差点の交通事故件数が2004年の28件から2005年は46件と6割り増しで増えたそうである。県内の交差点の年間事故件数で60位から9位に上がったようである。こんな順位は上がらないにこしたことはない。

ベスト10にはいっているほかの交差点はすべて幹線国道のいわゆるバイパスの交差点ばかりである。

中日新聞の記事では電車が走らなくなった軌道敷を無秩序に走る車が増えたことと、電車再生の協議のため線路が取り払われずにそのままになっていることが原因のように書いてあった。

たしかに軌道敷をあたかも追い越し車線のように走る車が増えたことは確かである。電車が走っていた頃は意識するしないは別としてある程度抑止効果があったのだと思う。軌道敷をスピードを出して走る車は今ほどは多くなかったように思う。結局は一番の原因は運転する側の意識の問題なのではないだろうか。

電車がなくなり、さらに市街地の空洞化で流入する車自体も減りつつある。市街地の駐車場案内システムも不要になり先月末で役目を終えた。

道路がすいていることでスピードを出す車は増える。ある程度混んでいたほうが逆に安全だったりもする。ただ混んでいれば利便性は落ち、ストレスが事故を誘発するという考え方もできる。なかなかうまくはいかないものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津保川-美濃町線跡2006.04月③

津保川の鉄橋の前後は美濃町線の中でも特に景観の美しいところだった。

電車は走らなくなったが、美しい景色は健在。今年も桜が見ごろを迎えている。

200604051342kd 2006040513472kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧美濃駅-美濃町線跡2006.04月②

<

p>文化財として保存されている旧美濃駅。

かつて活躍していた車両たちも保存されている。

この春新たに593が仲間入り。保存車両は計3両となった。

870形の頭の部分も同時に運び込まれ、仮設置されている。

200604051306kd 2006040513094kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

県域統合型GIS

タイトルを見ただけでは何のことやら、と思うのが普通でしょう。

今月から本格運用が始まった、岐阜県の地図運用システムです。

県の出先機関が運営しています。

行政上の利便性、共通図面を使うことによる情報の共有や迅速な情報伝達などを目的に研究開発が進められたシステムらしいのですが、閲覧だけなら県民の誰でも可能なのです。

実際閲覧したこともありますが、500分の1縮尺まで拡大でき便利には違いありません。

ところが今朝、中日新聞にこのことが記事となり、しかもネット版にも掲載されたことからアクセスが集中、激重どころかサイトにつながらないこと多数という状態になってしまいました。物珍しさからでしょうからじきに落ち着くであろうとは思いますが、もう少し容量を大きくとったほうがいいのではと思ったりしてしまいます。これでは災害時などには同じような状態が懸念されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の花の満開の下-美濃町線跡2006.04月①

岐阜は今、桜が満開の季節となりました。

桜は今年もきれいに咲いています。

桜の下の線路はもう誰が走るでもなく、夏には線路を覆っていた草も今はなく、ただ赤錆びた姿を見せています。

もうあれから一年がたってしまいました。

(画像、沿線で桜がきれいなところといえばやはりここでしょうか。芥見と津保川。)

2006040513492kd 200604051403kd 2006040513412kd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

手力の火祭り準備進む-手力雄神社

今年もこの季節がやってまいりました。

天下の奇祭、手力火祭

会場の手力雄神社では着々と準備が進んでいます。

今週土曜、手力一帯は爆竹と花火の音が鳴り響きます。

名鉄各務原線手力駅下車すぐ。現地に駐車場はありません。

(画像左-準備の進む会場、右-昨年の様子)

2006040511264kd 20050409010k

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勝ってしまった-FC岐阜

FC岐阜。なにそれ?といわれる方も多いかもしれない。サッカーチームである。

東海社会人リーグ1部所属。わかりやすくいえばJ4である。プロ契約の選手もいるが、地域リーグ所属の一応アマチュアチームである。アマチュアチームなのだがメンバーを見れば驚かれる方も多いだろう。

まあそれはさておいて、昨日(4/4)このFC岐阜と名古屋グランパスの練習試合が行われた。グランパス、誰もが知っているJ1のチームである。なんと無謀な(笑)。

相手はサテライト主体のメンバーとはいえ、藤田や楢崎も出ていた。もちろん全員プロである。明らかに格が違う、普通なら。

試合は開始早々グランパスが先制点。まあ当然のことで。

ところがその後主導権を握ったのは岐阜。前半のうちに追いついてしまった。

後半、楢崎が退いて、試合は岐阜ペース。結局3-1でFC岐阜が勝ってしまった。

J4のチームがサテライト中心とはいえJ1のチームに勝ってしまったのである。

FC岐阜にとっては、今週から始まる社会人選手権に向けて最高のスタートとなった。

対して名古屋...大丈夫か?。プロのトップリーグなのに。そっちのほうが心配である。いくら調整がてらとはいえ、まずいだろうこれは。

さて、このFC岐阜というチーム2001年にできたばかりの比較的新しいチームです。JFLだった西濃運輸のチームが解散してしまい、岐阜に受け皿がなくなってしまったことから作られたチームなのです。県サッカー協会のバックアップのもと地元大学を活動拠点とした総合地域型スポーツクラブの象徴となるトップチームがこのFC岐阜なのです。

「ゆとりある地域社会の実現と個性豊かな地域文化の創出」を理念に掲げたSSCという特定非営利団体法人が運営母体であり、チームも茶髪、ロン毛、ピアスなどを禁じ、地域の模範であろうとしている。

創設からまだ5年。2001年県1部リーグ2位、2002、2003年県1部リーグ連覇。2004年東海2部リーグ3位。そして2005年東海2部リーグ2位を獲得1部への昇格を決めた。今年はさらに上JFL(J3)への昇格を狙う。チームは今年大きな転機を迎えた。去年から残ったメンバーは10人程度。40名あまりを新規加入させ、リーグ戦を戦うAチームと育成に主眼を置いたBチームに分けた。監督も交代した。

監督は戸塚哲也。読売クラブ-ヴェルディー川崎の黄金期を支えた人です。日本リーグの得点王2回、日本代表として国際Aマッチでも活躍した戸塚氏、サッカー好きの方なら知らない人はいないでしょう。

そしてチームを引っ張っていくコーチ兼選手として、元名古屋の森山泰行の存在が大きい。選手としてのピークはとうに過ぎ、往年の勢いがないとはいえこのクラスのリーグでは別格といえる。そして今年はJ1各チームで活躍した小島宏美が加入、攻撃力も大幅アップが期待される。ほかにも広島からの高木和正をはじめ、清水、徳島、名古屋などから続々と補強された。顔ぶれはJ4としては豪華絢爛、すでにJ2格と遜色ないであろう。

リーグ戦を戦うAチームのメンバーは下記のとおり。あなたの知ってる名前があるかも。

GK-田中慎太郎、海野剛、曽我部巧、

DF-伊藤哲也、平岡直起、小峯隆幸、津島三敏、橋本圭一郎、李成浩、高木成太、高木政人、

MF-小島宏美、高木和正、北村隆二、田中大輔、吉田康弘、岩田昌浩、中尾康二、杉山琢也、岩田卓也、高木陽平、佐藤聡、

FW-森山泰行、片桐淳至、酒井啓輔、田澤勇気、

監督-戸塚哲也、

さあ今年も快進撃なるか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/04

熱戦、閉幕-選抜高校野球

春の甲子園が熱戦の幕を閉じた。

決勝は東の王者横浜と九州地区優勝の清峰の対戦。

清峰有迫君がいかに横浜打線に立ち向かうかが注目された。

徐々に調子を上げてきた横浜打線。細かくつなぐチームプレー、足で塁を稼ぐ機動力。歯車さえかみ合ってしまえばいまの横浜に勝てるチームはそうそうない。ここまでエースとして清峰を引っ張ってきた有迫君はついに力尽きた。有迫君の今回の甲子園での投球数は665球、2完封を含み十分に頑張ったと思う。それにしても今日の横浜は圧巻であった。安打数は14と横浜としては想定内の本数だが、これに四死球17、盗塁9、犠打6。今日は長打は2本しかなかった。細かくつなぎ走り回る。足で塁を稼ぎ、相手を引っ掻き回し浮き足立たせる。その結果が春の決勝として新記録となる21得点、21点差の勝利となった。あまりにもすごかった。見事である。

さて、夏も当然連覇が期待されるところだが、ご存知のように神奈川は激戦区。出場校数も多く試合数もこなさなければならない。ある意味県大会を勝ち抜くだけでも一苦労である。もともと強豪校の多い県である。甲子園までたどり着ければ優勝候補になるだろうが、道のりは大変である。

さあ今回の大会では、有迫君、前田君、川角君、浦川君、斎藤君、尾藤君...。投手の頑張りが目に付き、当然話題も投手中心となることが多かった。そんな中でよく頑張ったというか、おそらく近い将来プロの世界で活躍する姿を見れるのではないかと思うのが横浜の野手、白井君と高浜君である。守備のセンスもよくそこそこ打てる。チャンスにも強いし、白井君の足の速さと流れを引き寄せる運のようなものはすごいと思う。中日の二遊間コンビのようにこのふたりがプロで守るのも面白いかもしれないと思うのだが。

さて、今回甲子園にこれたチームもそうでないチームも夏への戦いは既に始まっている。今回のチームが夏も甲子園にこられるとは限らない。もう一度見たいと思うチームはたくさんあるが、いくつここまでたどり着けるだろう。いずれにせよ熱い戦いはひと段落。一回り大きくなって再び熱い戦いを見せてほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (16)

2006/04/03

決勝は横浜と清峰-選抜高校野球

順延された準決勝が行われた。

第一試合は横浜と岐阜城北。たちあがりから岐阜の尾藤君の制球が定まらない。疲労が取れていないというか調子が悪そうに見える。周りが守り1、2回をのりきる。

試合が動いたのは3回。2死後、横浜の打線が爆発。きっかけは横浜白井君の打球。打球はライト線へ、ライト飛びつくが届かない。ボールはフェンスへ転々。俊足の白井君は一気にダイヤモンドを一周。本塁クロスプレーになるも生還。なんとランニングホームランである。これで岐阜尾藤君に精神的動揺が走る。ここからなんと7連続安打。横浜は足でもかき回す。岐阜の守備陣は浮き足立ち不要な進塁を次々と許す。この回一挙5点。前の試合まで今ひとつだった横浜強力打線が一気に爆発した。初戦から一人で投げ抜いてきた尾藤君はこの回限りでマウンドを降りた。

4回、マウンドに上がったのは昨日先発予定だった山下君。さすがに初登板が準決勝で相手が横浜では荷が重すぎたか1安打3四死球1犠打と散々、押し出しで点を失う。続いて登板した種田君もアウトはひとつとったものの3安打2四球で追加点を奪われる。そしてまたも投手交代。マウンドに上がったのはなんと三塁手でキャプテンの太田君、選手宣誓をした彼である。なんとか抑えこの回は6点奪われて終わった。

11点のビハインド、横浜相手に...。ベンチもアルプスも雰囲気は推して知るべし。それでも岐阜城北にとってはこの大会ははじめから負けてもともとの気持ちでここまで勝ち上がってきた。最後まであきらめない。マウンドでは太田君が力投。このあとは1点を失っただけである。その間に岐阜も4点を返した。

勝ちこそできなかったがここまでできたという自信、そして克服しなければならない問題点の発見。夏に向けて得たものは大きい。このチームにとっての戦いはまだまだ続く。夏再びここで戦うために。

第二試合。旋風は台風になった。

なんとあのPLが完封負け。前田君も力投むなしく涙を飲んだ。投手戦になるであろうとは予想されていたが、よもや6-0でPLが負けるとは思わなかった。初出場の清峰にとってはもちろん、長崎県勢としても初の決勝である。

明日、いよいよ春最後の試合となる。王者復活か、台風が吹き荒れるか。頂点に立つのはどちら。

| | コメント (3) | トラックバック (13)

柳ヶ瀬からまたひとつ消える灯-映画館衆楽閉鎖へ

<

p>衰退のとまらない岐阜の中心部柳ヶ瀬。すでに繁華街と呼ぶにはあまりにも惨めな状態になりつつあるのだが、またひとつ永年親しまれてきた灯が消える。

高島屋の横にある、衆楽が今月10日で閉鎖となることが発表された。

かつて柳ヶ瀬には映画会社の冠をつけた映画館を始め数々の映画館が建ち並んでいた。娯楽の少なかった時代には映画館があること自体が柳ヶ瀬の集客に一役買っていた。しかし娯楽の多様化、レンタルビデオやケーブルテレビなどの普及。そしてなによりも郊外の巨大SCに併設された大規模シネコンの進出により、無料駐車場を持たず映画のあとの動線の組みにくい柳ヶ瀬ではたちゆかなくなったのである。岐阜はご存知のように車中心の街になってしまい。中心部は空洞化、買い物も郊外のSCへ車で行くのが当たり前になってきている。当然のように映画も車で行きショッピングと一緒にということになっていってしまう。一箇所で済ませられる巨大SCに利用者が流れるのは当然のことである。

柳ヶ瀬が映画を理由ににぎわったのは「E・T」の頃までだったような気がする。その後はそれほど爆発的なヒット作も少なかったし、ジブリ系のアニメやハリーポッターなどが大当たりとなった頃には既にシネコンに客は流れてしまっていた。

当たり前にそこにあった衆楽。数少なくなった街中の映画館としてもだが、柳ヶ瀬を見守り続けてきたものがまたひとつ消えていく。残念である。

2006040516162kd

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/04/02

準決勝は雨天順延に-選抜高校野球

今日予定されていた準決勝2試合は雨天順延となりました。

雨もですが雷も心配なので順延になってよかったと思います。どうせやるならコンディションのいいときに試合をさせてあげたいですよね。

これでそれぞれのチームにとって、疲れを休める中日ができたことのなります。

連投の続くそれぞれのエースも明日は疲れも取れていい投球を見せてくれるでしょう。

「未来に語り継がれる大会に」

選手宣誓で誓ったチームが自ら旋風を巻き起こしている。もうすでに十分に語り継がれるような大会になりつつある。残り3試合。熱戦は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/01

ベスト4出揃う-選抜高校野球

春の甲子園も終盤。ベスト4が出揃った。

昨日の岐阜城北、横浜につづいて勝ち進んだのは、清峰とPLである。

初出場同士の対戦となった第一試合は、清峰のピッチャー有迫君が日本文理打線を4安打完封に抑え込み、春夏通じて初のベスト4、長崎県勢として47年ぶりの春4強となった。昨日進出を決めた岐阜も県勢として47年ぶり、くしくも同じ31回大会以来となった。このところ低迷気味だった県の久しぶりの活躍である。

第二試合は、PLが終始押し気味に試合を進め4-1で秋田商を下した。甲子園の常連PLだが春4強は7年振りである。

さあ明日は準決勝。二試合とも甲子園常連の強豪高と初出場の新鋭の対戦となった。新鋭とはいえ岐阜城北は秋季大会東海地区1位、清峰は九州地区1位である。岐阜城北は智弁和歌山にすら勝ったチームである。横浜といえど気を抜けばやられかねないだろう。

さあ岐阜と長崎からの公立高による旋風は明日も吹くか。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »