« 土佐電鉄 岐阜からの移籍車両運行開始日決まる | トップページ | 池上宮みそぎまつり(岐阜はだか祭り) »

2005/12/09

高千穂鉄道廃線へ

災害で全線にわたって営業ができなくなっている高千穂鉄道であるが、今日存廃の件で取締役会が開かれた。どうやらこのまま廃線となるようである。公式発表はまだだが、関係者筋の話として南日本新聞が速報として伝えている。宮崎放送も全線復旧断念の速報を流している。部分運行をするかどうかについては、20日に再度取り締まり会を開くようだが、筆頭株主の宮崎県が乗り気でないだけに見通しは厳しい。もともとが車両の更新もままならず存廃の話が出ていたところへ未曾有の天災。復旧には新設と変わらないほどの膨大な費用がかかる見込みのため見通しははなから暗いものだった。災害が起これば即存廃にかかわる。けっして他人事ではない。鉄道という社会資本をどう扱っていくか。国も自治体も金のかかることからはどんどん手を引く方向のようである。移動手段は個人の責任で確保せよという時代が遠からずきそうな気がしてならない。

|

« 土佐電鉄 岐阜からの移籍車両運行開始日決まる | トップページ | 池上宮みそぎまつり(岐阜はだか祭り) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高千穂鉄道廃線へ:

« 土佐電鉄 岐阜からの移籍車両運行開始日決まる | トップページ | 池上宮みそぎまつり(岐阜はだか祭り) »